裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
医療法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
45 件中 1/1 ぺージ
破棄
本件は,医療法人である被上告人に雇用されていた医師である上告人が,被
医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意がされていたとしても、当該年俸の支払により時間外労働等に対する割増賃金が支払われたということはできないとされた事例
取り消す
居宅介護サービス費の不正請求を理由に医療法人に対してされた介護保険法(平成23年法律第72号による改正前)77条1項5号に基づく指定通所リハビリテーション事業者の指定取消処分が、行政手続法14条1項本文、3項の定める理由提示の要件を欠き、違法であるとされた事例
控訴を棄却
科専門医の属する眼科診療所を擁する医療法人が,自ら主導す...る形で,同眼科診療所の隣に,医療法人グループのコンタクト
眼科診療所の経営を目的とする医療法人が負担した、眼鏡及びコンタクトレンズの販売を目的とする関連法人の広告宣伝費用の一部が、法人税法(平成18年法律第10号による改正前)37条に規定する寄附金に当たり、また、その負担が、消費税法2条1項12号所定の課税仕入れに当たらないとしてされた、法人税、消費税及び地方消費税の更正及び重加算税賦課決定又は過小申告加算税賦課決定の取消請求が、棄却された事例
棄却
いない民間の病院や診療所等の開設者である事業者を「医療法人等」とい...う。また,医療法人等以外の事業者を「一般の事業者」ということがあ...被告は,社会保険診療等に係る医療法人等の課税仕入れにつき,同仕入先
1 社会保険診療等を非課税取引と定めた上、課税期間における課税売上割合が95パーセントに満たない事業者には、その非課税取引の仕入れに係る消費税額について仕入税額控除を認めないという消費税法6条1項、別表第1の6号、7号、30条1項、2項の仕組みが、診療報酬の額を公定価格とする健康保険法76条2項、診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)とあいまって、医療法人等について、一般の事業者と異なり、仕入税額控除あるいは価格の引上げによる転嫁を採ることができないとしていることと憲法14条1項 2 平成20年度及び平成22年度の厚生労働大臣の告示による診療報酬改定行為につき、医療法人等が負担する仕入税額相当額の適正な転嫁という点に配慮しているとして、国家賠償請求が棄却された事例
棄却
本件は,眼科診療所の経営を目的とする医療法人である原告が,眼鏡及びコ...れた医療法人である。(乙1)...医療法上の広告規制との関係
眼科診療所の経営を目的とする医療法人が負担した、眼鏡及びコンタクトレンズの販売を目的とする関連法人の広告宣伝費用の一部が、法人税法(平成18年法律第10号による改正前)37条に規定する寄附金に当たり、また、その負担が、消費税法2条1項12号所定の課税仕入れに当たらないとしてされた、法人税、消費税及び地方消費税の更正及び重加算税賦課決定又は過小申告加算税賦課決定の取消請求が、棄却された事例
棄却
とに伴い医療法人G(以下「G」という。)の社員たる資格を喪失したところ,...第1事件原告らが,①Gは,持分の定めのある社団である医療法人ではなかっ...た,②Gが持分の定めのある社団である医療法人であったとしても,本件社員
1 医療法人の定款に、社員資格を喪失した者は拠出した資金の返還を請求することができる旨及び解散時に資金拠出者に対して資金を返還することは差し支えない旨の各規定がある場合に、同法人が、持分の定めのある社団である医療法人に当たるとされた事例 2 持分の定めのある社団である医療法人の定款に、社員の退社時や同法人の解散時に払戻しを受け得る額を自らの払込出資額の限度とする旨の定めがある場合に、同法人の社員が死亡し、社員たる資格を喪失したことに伴い、他の社員の持分の価額が、同法人の財産全体を基礎として出資割合に応じて算定される額だけ増加したとして、この金額につき、相続税法(平成19年法律第6号による改正前)9条の規定により、他の社員が贈与により取得したものとみなしてされた相続税の更正処分が、適法とされた事例
破棄
本件は,社団たる医療法人(以下「社団医療法人」という。)の増資に当た...医療法人A会(以下「本件法人」という。)は,Bによって昭和30年...に設立された社団医療法人であり,後記オの増資がされる直前の平成10年3月末
社団たる医療法人の定款に、出資した社員が退社時に受ける払戻し及び当該法人の解散時の残余財産分配はいずれも当該法人の一部の財産についてのみすることができる旨の定めがある場合において、当該法人の増資時における出資の引受けに係る贈与税の課税に関し、当該法人の財産全体を基礎として当該出資を評価することに合理性があるとされた事例
破棄
本件は,上告人が,医療法人である被上告人に対し,被上告人に出資したB...20万円をそれぞれ出資して設立された社団たる医療法人であり,B及びCは,被...基本財産を維持し,医療法54条が剰余金の配当を禁止している趣旨を踏まえ,剰
医療法人の定款に当該法人の解散時にはその残余財産を払込出資額に応じて分配する旨の規定がある場合における、同定款中の退社した社員はその出資額に応じて返還を請求することができる旨の規定の解釈
棄却
本件は,相続開始時に特別医療法人に貸借されていた別紙1物件目録記載の...昭和58年12月13日,B,C,D,E及びAを理事として,医療法...人社団Fが設立された。同法人は,平成15年4月3日,特別医療法人社団
相続開始時に特別医療法人に貸借されていた土地に係る被相続人の共有持分について、土地の無償返還に関する届出書が提出されている場合の貸宅地の評価に関する特例を定める通達の定め(「相当の地代を支払っている場合等の借地権等についての相続税及び贈与税の取扱いについて」(昭和60年課資2−58(例規)、直評9。平成17年課資2−4外による改正前)8)に基づき、自用地として評価した価額の80パーセント相当額を評価額としてされた相続税の更正処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
6日付けで病院開設に係る医療法(平成9年法律第125号による改正前のも...医療法は,同法に適合する病院の開設許可申請に対する許可を義務づけ...病床調整,病床配分は,医療法30条の7に基づく勧告を回避するため
医療法(平成9年法律第125号による改正前)30条の7に基づき、県知事が病院の開設を申請した者に対してした病院開設中止の勧告の取消請求が、認容された事例
棄却
とを目的とする医療法人であり,東京都杉並区α×番3号において,医療法...人財団B病院,医療法人財団B病院附属C及び医療法人財団B病院附属Dを...告に係る医療法人設立認可の申請をし,東京都知事は,同年8月12日,
新設された医療法人が宗教法人から寄付により取得した不動産に係る不動産取得税賦課処分に対し、当該不動産の取得は、地方税法73条の7第2号所定の非課税事由に当たるので、同処分は違法であるとしてしたその取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
に係る医療法(平成11年法律第87号による改正前のもの。以下同じ 。 7...控訴人は,本件勧告は行政手続法,医療法及び茨城県行政手続条例(平成...い者,改善指導に従わない者に対して,医療法30条の7の勧告ができる旨を
医療法(平成12年法律第141号による改正前)30条の7の規定に基づき県知事が病院を開設しようとする者に対してした病床数削減の勧告が違法であるとして、県知事に対してした同勧告の取消請求が、棄却された事例
棄却
管理する旨の医療法12条2項に基づく許可申請を不許可とした処分を取り消す。...の医療法12条2項の許可を申請したところ(以下,1人の医師等が2か所以上の...長であり,愛知県知事の委任を受けて医療法12条2項の許可を行う権限を有する
医療法12条2項に基づく診療所等の兼任管理の許可申請に対し、県知事から委任を受けた保健所長がした不許可処分が、適法とされた事例
棄却
県知事から介護保険法103条1項に基づく勧告を受けた、介護老人保健施設を開設している医療法人社団がした、同条2項に基づく公表及び同条3項に基づく措置命令又は業務停止命令の仮の差止めを求める各申立てが、いずれも却下された事例
上告を棄却
爆医療法」という。)に基づき被爆者健康手帳の交付を受けた者が我が国の領域を...(以下「原爆特別措置法」といい,原爆医療法と併せて「原爆二法」という。)は...原爆医療法について
国の担当者が、原爆医療法及び原爆特別措置法の解釈を誤り、被爆者が国外に居住地を移した場合に健康管理手当等の受給権は失権の取扱いとなる旨定めた通達を作成、発出し、これに従った取扱いを継続したことが、国家賠償法1条1項の適用上違法であり、当該担当者に過失があるとされた事例
棄却
から,医療法30条の7の規定に基づき,病床数を308床から60床に削減...続法,医療法及び茨城県行政手続条例(平成7年茨城県条例第5号。以下「行...原告は,被告に対して本件申請をしたところ,本件勧告を受けた医療法
医療法(平成12年法律第141号による改正前)30条の7の規定に基づき県知事が病院を開設しようとする者に対してした病床数削減の勧告が違法であるとして、県知事に対してした同勧告の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
本件は,被上告人がした医療法(平成18年法律第84号による改正前のもの。...行為をする医療法人,社会福祉法人及び医師並びに同市内の医師等の構成する医師
医療法(平成18年法律第84号による改正前のもの)7条に基づく病院の開設許可の取消訴訟と同病院の開設地の付近において医療施設を開設し医療行為をする医療法人等の原告適格
取り消す
9年3月6日付けで病院開設に係る医療法(平成9年法律第125号による改...書が送付されたが,原告が,被告に対し,本件勧告は医療法30条の7に反す...6日,医療法7条に基づく病院開設の許可を受けた者である。
医療法(平成9年法律第125号による改正前)30条の7に基づき、県知事が病院の開設を申請した者に対してした病院開設中止の勧告の取消請求が、認容された事例
控訴を棄却
医療法30条の7に定める知事の勧告の要件...医療法30条の7の規定は,都道府県の団体委任事務である地域医療計...ほかならない。したがって,病床調整は医療法30条の7による知事の勧
医療法(平成18年法律第84号による改正前)30条の7(現行法30条の11に相当)の規定に基づき県知事が行った病院開設中止の勧告の手続に重大かつ明白な違法があるなどとしてした同勧告の無効確認請求が、棄却された事例
却下
本件は,介護保険法に基づき介護老人保健施設を開設している医療法人社団...ーションの業務を行う医療法人社団であり,介護保険法94条1項の知事
県知事から介護保険法103条1項に基づく勧告を受けた、介護老人保健施設を開設している医療法人社団がした、同条2項に基づく公表及び同条3項に基づく措置命令又は業務停止命令の仮の差止めを求める各申立てが、いずれも却下された事例
棄却
(1) 本件は,医療法人である原告が,香川県観音寺市内における病院の新規開...設を計画して,被告に対し,医療法7条1項に基づく病院開設の許可を申請...大阪府大東市に置き,全国各地に病院等を開設する医療法人である。
医療法(平成18年法律第84号による改正前)30条の7(現行法30条の11に相当)の規定に基づき県知事が行った病院開設中止の勧告の手続に重大かつ明白な違法があるなどとしてした同勧告の無効確認請求が、棄却された事例
破棄
,平成11年10月4日付けで,病床数を308床とする病院の開設に係る医療法... (2) 被上告人は,上告人に対し,同年12月9日付けで,医療法30条の7の... 医療法30条の7に基づく勧告は,医療計画の達成を推進するため,病院の開設等についてされる行政指導にすぎない。健康保険法(平成11年法律第87号によ
医療法(平成12年法律第141号による改正前のもの)30条の7の規定に基づき都道府県知事が病院を開設しようとする者に対して行う病床数削減の勧告と抗告訴訟の対象
棄却
  「 医療法人徳洲会(以下「徳洲会」という。)は,平成15年9月16日,被控訴人に対し,α病院(所在地 
医療法7条1項及び4項に基づく病院開設許可処分の取消しを求める訴えについて、周辺で医療施設を開設する法人、医師及び同医師らが加入する医師会には原告適格が認められないとされた事例
上告を棄却
設に関し,医療法(平成9年法律第125号による改正前のもの。以下同じ。)7... (2) 鹿児島県は,医療法30条の3第1項に基づいて,医療計画を定め,同条... (3) 県知事は,上告人に対し,平成9年12月1日付けで,医療法30条の7
1 病床過剰地域であることを理由としてされた医療法(平成9年法律第125号による改正前のもの)30条の7に基づく病院開設中止の勧告に従わずに病院が開設された場合と健康保険法(平成10年法律第109号による改正前のもの)43条ノ3第2項にいう「其ノ他保険医療機関若ハ保険薬局トシテ著シク不適当ト認ムルモノナルトキ」 2 病床過剰地域であることを理由としてされた医療法(平成9年法律第125号による改正前のもの)30条の7に基づく病院開設中止の勧告に従わずに開設された病院について健康保険法(平成10年法律第109号による改正前のもの)43条ノ3第2項に基づき保険医療機関の指定を拒否することと憲法22条1項
破棄
,平成9年3月6日付けで,病床数を400床とする病院開設に係る医療法(平成... (2) 被上告人は,上告人に対し,同年10月1日付けで,医療法30条の7の...富山県厚生部長名で,上告人に対し,「医療法を遵守し,富山県地域医療計画の達
医療法(平成9年法律第125号による改正前のもの)30条の7の規定に基づき都道府県知事が病院を開設しようとする者に対して行う病院開設中止の勧告と抗告訴訟の対象
却下
   被告が、平成16年1月26日付で医療法人徳洲会に対してした別紙許可目...  本件は、医療法7条1項及び4項に基づく病院開設許可処分について、当該開...が加入する医師会である原告らが、当該許可は医療法の病院開設許可の要件を満た
医療法7条1項及び4項に基づく病院開設許可処分の取消しを求める訴えについて、周辺で医療施設を開設する法人、医師及び同医師らが加入する医師会には原告適格が認められないとされた事例
破棄
たる医療法人である。被上告人の設立時の出資者はD及び上告人の2名であるとさ... (2) 医療法の規定によれば,社団たる医療法人の定款には,その開設しようと...医療法人において,社員及び理事の各氏名,人数等は,登記事項ではなく,本件入
社団たる医療法人の社員の入社承認、理事選任及び診療所の開設に係る定款変更の各社員総会決議不存在確認の訴えにつきいずれも確認の利益があるとされた事例
控訴を棄却
おいて病院の開設を企図し,平成9年9月4日,鹿児島県知事に対し,医療法7条...開設の必要を認めない。」との理由を付して,医療法30条の7の規定により,...し(甲5),鹿児島県知事は,同年12月25日,医療法7条3項により,本件病
医療法(平成12年法律第141号による改正前)30条の7に基づく開設中止勧告を拒否して開設された病院のした健康保険法(平成10年法律第109号による改正前)43条の3第2項による保険医療機関の指定申請に対して県知事がした拒否処分が、適法とされた事例
棄却
おいて病院の開設を企図し、平成九年九月四日、被告に対し、医療法七条一項によ...めない。」との理由を付して、医療法三〇条の七の規定により、「病院開設を中止...4 被告は、同年一二月二五日、医療法七条三項により、本件病院の開設許可をし
1 健康保険法(平成10年法律第109号による改正前)43条の3第2項による保険医療機関指定申請に対し県知事がした許否処分が、行政処分に当たるとされた事例 2 県知事が、医療法(平成12年法律第141号による改正前)30条の7に基づいてした開設中止の勧告を拒否して開設された病院のした健康保険法(平成10年法律第109号による改正前)43条の3第2項(現行法65条3項3号に相当)による保険医療機関の指定申請に対し、同病院は同項所定の「保険医療機関(中略)トシテ著シク不適当ト認ムルモノナルトキ」に該当するとしてした許否処分が、適法とされた事例
棄却
 さらに、剰余金の配当を禁止した医療法五四条の規定の趣旨は、退会に伴う持分...を経営する医療法人社団であること、被控訴人が昭和四五年五月二六日に五〇万円... 1 医療法は、医療事業の経営主体に対して、法人格を取得する途を拓き、これ
社団たる医療法人に途中入会した社員の退会に伴う出資持分の払戻額の算定
棄却
2 被控訴人が訴外Aに対してなした昭和六三年一月七日付医療法七条による病院...(一) 病院開設許可においては、医療法(以下、単に「法」という。)七条三項...すなわち、医療法は、医療を提供する体制の確保を図り、もって、国民の健康の保
病院開設予定地の付近住民らの提起した県知事による医療法7条1項に基づく病院開設許可処分の取消しを求める訴えが、同法及び同法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)の定める病院開設の許可基準は国民医療的観点に立って定められており、病院外部に対して配慮する内容の規定も一般的な公益保護の見地から定められたもので、付近住民の利益を個別的具体的に保護する趣旨と解することはできないから、前記住民らは原告適格を欠くとして、却下された事例
上告を棄却
医療法人による建物の不法占有について理事個人の不法行為責任が認められた事例
控訴を棄却
1 医療法上、出資持分の払戻しを禁止する明文の規定は存在しないが、もし仮り...に医療法が払戻しを容認しているとするなら、これに伴なつて債権者保護の規定を...2 医療法人は、医療法第五四条の規定により剰余金の配当を禁止されているた
出資持分の定めのある社団たる医療法人に対する右出資持分の時価は、課税時期における当該法人の純資産価額を基礎にして、出資の持分に応ずる価額によって評価するのが合理的であるとした事例
棄却
決定の経緯は別表一及び二記載のとおりであり、相続財産中医療法人社団応仁会...であるが、いわゆる出資持分の定めのある社団たる医療法人(すなわち、解散時に...2 もし純資産価額方式による評価額が、医療法人に対する出資の客観的価額であ
出資持分の定めのある社団たる医療法人に対する右出資持分の時価は、課税時期における当該法人の純資産価額を基礎にして、出資の持分に応ずる価額によって評価するのが合理的であるとした事例
上告を棄却
 地方税法七二条の一四第一項但書の規定は、そこに定める医療法人等について事...業税の課税標準を算定するにあたり、当該年度における右医療法人等の社会保険診...きであり、このように解したからといつて、直ちに、医療法人等の事業税の税負担
医療法人の法人事業税の課税標準と地方税法七二条の一四第一項但書
控訴を棄却
のであるから、右通達の趣旨は当然医療法人にも及ぼされるべきものである。...は医療法人より優遇されていたが、昭和三二年の地方税法施行令の改正により公益...所得についても課税されることになり、従来とは逆に公益法人等が医療法人より重
医療法人が、地方税法72条の14第1項ただし書所定の社会保険診療等で欠損を生じた場合において、その法人事業税の課税標準たる所得金額を算定するに当たっては、右欠損をいわゆる自由診療部門の所得から差し引くことはできないとした事例
棄却
と解される。したがつて、それは具体的な納税者である医療法人に対し右優遇措置...(二) 前記法条項の本文と但し書の関係は、本文により医療法人等の全事業の益...したがつて、医療法人に対しては、その総所得のうち社会保険診療等による所得以
医療法人が、地方税法72条の14第1項ただし書所定の社会保険診療等で欠損を生じた場合において、その法人事業税の課税標準たる所得金額を算定するに当たっては、右欠損をいわゆる自由診療部門の所得から差し引くことはできないとした事例
控訴を棄却
仮に相続税法六六条四項が租税法律主義に違反しないとしても、医療法人は「公益...を目的とする事業を行う法人」に該当せず、医療法人に対してなされた寄附行為に...財団医療法人に対して相続税法六六条四項を適用するのは、信義則または禁反言の
1 相続税法(昭和37年法律第67号による改正前)36条1項の贈与税額決定処分の通知書の「相続税法66条により申告義務があるにもかかわらず申告がないから決定する」との理由附記には不備があるが、当該処分を違法とするほどの瑕疵に当たらないとされた事例 2 医療法人は、相続税法66条4項所定の「公益を目的とする事業を行う法人」に当たるとした事例
取り消す
一 原告医療法人財団Aの昭和二八年分の贈与税について、被告大森税務署長が昭...二 原告医療法人財団Bの昭和二七年分の相続税について、被告荒川税務署長が、...三 原告医療法人財団Bのその余の請求並びに同塩田会、同C及び同Dの各請求を
1 相続税法(昭和37年法律第67号による改正前)36条1項による相続税額決定処分及び贈与税額決定処分の各通知書の「相続税法66条4項により申告義務があるにもかかわらず申告がないから決定する」との理由附記に不備がないとされた事例 2 相続税法(昭和37年法律第67号による改正前)36条1項による相続税額決定処分の通知書の「申告しょうようせるも申告書提出せざるため」との理由附記に不備があるとされた事例 3 相続税法66条4項所定の「相続税又は贈与税の負担が不当に減少する結果となると認められるとき」の意義 4 医療法人は、相続税法66条4項所定の「公益を目的とする事業を行う法人」に当たるとした事例 5 相続税法66条4項所定の「相続税又は贈与税の負担が不当に減少する結果となる」場合に当たるとした事例 6 相続税法66条4項所定の「相続税又は贈与税の負担が不当に減少する結果となる」場合に当たらないとした事例
棄却
一 原告は医療法三九条一項の規定に基づき東京都知事の認可を受け昭和二八年九...月三日設立した財団形態の医療法人であり、その資産の総額は一三一一万七七〇〇...1 医療法人は、相続税法六六条四項に規定する「公益を目的とする事業を行う法
1 相続税法(昭和40年法律第36号による改正前)第66条第4項の立法趣旨 2 医療法人は、相続税法(昭和40年法律第36号による改正前)第66条第4項の「公益を目的とする事業を行う法人」に当たるとした事例 3 「相続税法第66条により申告義務があるにもかかわらず申告がないから決定する」との記載が、相続税法(昭和37年法律第67号による改正前)第36条第1項の贈与税額決定処分の理由附記の要件を充足するとされた事例
却下
 案ずるに、記録に徴すると、債権者A外一名対債務者医療法人社団馬込病院外三...法にもとずき設立せられた社団法人であつて右医療法中には右商法の規...法第二七一条、非訟法第一三二条ノ五の規定は本件医療法人に準用さるべきもので
医療法人の理事者に対する職務執行停止代行者選任の仮処分と商法第二七一条
控訴を棄却
所は右B会が医療法に準拠して知事の許可を得て開設したもので、被告人は診療所...長として医療法に基いて右診療所の管理者となり、開設着たる前記組合連合会に代...も所論のとおりである。(医療法第十条第十五条第十七条、同法施行規則第十四条
医療法に依拠して開設された診療所の所長たる医師が麻薬管理者または麻薬施用者の免許を有しない場合における麻薬の自己施用のための持出と窃盗罪の成否
上告を棄却
的とせず特殊な希望者だけを対象として行つたとしても国民医療法八条一項にいわ
国民医療法第八条第一項の医業に当る事例
控訴を棄却
は所論のとおりである。しかし国民医療法にいわゆる医業とは常業として医行為を...ころであるから、被告人の所為が国民医療法にいわゆる医業を為したものというに
国民医療法第八条第一項にいわゆる医業の意味
控訴を棄却
年十月二十七日)前で、同所為は同医師法第四十条によつて、国民医療法(昭和十...れるのであるから、旧医師法(前示国民医療法第八十三条によつて廃止せられた明... 各被告人の本件麻薬取締規則違反及び国民医療法違反の犯行は数個の麻薬取締規
数個の麻薬取締規則違反行為が同時に非医師の医業(国民医療法違反の罪)に該当する場合の擬律
45 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in