裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61764 
刑事21914民事39850
法律
取締法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
取締法の判決統計
74
16
70
97
81
101
42
13
281 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6
控訴を棄却
刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)11条1項1号に基づき,本
他人による指定射撃場以外での射撃行為等を幇助する行為をした場合は、銃砲刀剣類所持等取締法11条1項1号にいう「この法律・・・の規定・・・に違反した場合」に当たるか
取り消す
告が,愛知県公安委員会から銃砲刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)...以外の行政取締法規においても,免許ないし許可を受けた者が違反行為を幇助し,...に含めて解釈することは,他の行政取締法規における行政上の不利益処分の対象と
他人による指定射撃場以外での射撃行為等を幇助する行為をした場合は、銃砲刀剣類所持等取締法11条1項1号にいう「この法律・・・の規定・・・に違反した場合」に当たるか
控訴を棄却
偽の記載」(銃砲刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)5条1項柱...類所持等取締法施行令14条が掲げる事情のいずれにも当たると解することがで
銃砲刀剣類所持等取締法11条7項の規定による猟銃所持許可の更新の申請をした者につき申請書提出先の警察署がその者に配偶者暴力のおそれがある旨の情報を得ていた場合において、申請書添付書類の同居親族書に別居中の妻子が同居親族として記載されていたことが、同法5条1項に規定する重要な事項についての虚偽の記載に該当しないとされた事例
却下
類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)所定の更新不許可事由又...する(銃砲刀剣類所持等取締法施行規則11条1項)。
(1) 銃砲刀剣類所持等取締法11条7項の銃砲の仮領置がされた後に許可の効力が期間満了により失われた場合における上記仮領置の効力の帰趨 (2)  銃砲刀剣類所持等取締法11条7項の規定による猟銃所持許可の更新の申請をした者につき申請書提出先の警察署がその者に配偶者暴力のおそれがある旨の情報を得ていた場合において、申請書添付書類の同居親族書に別居中の妻子が同居親族として記載されていたことが、同法5条1項に規定する重要な事項についての虚偽の記載に該当しないとされた事例
上告を棄却
取締法は,貨幣の信用を維持し,経済取引の円滑を期するとの見地から,貨幣を損
手品ないしマジック用に変造された貨幣(いわゆるギミックコイン)を貨幣損傷等取締法及び関税法が規制することは、憲法21条1項に含まれる手品ないしマジックを演じる自由を侵害するとの主張が、欠前提処理された事例
上告を棄却
為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下
薬物犯罪の幇助犯から「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」11条1項、13条1項により没収・追徴できる薬物犯罪収益等の範囲
上告を棄却
判決判示第3の事実(以下「本件」という。)について,覚せい剤取締法41条の
いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
判決判示第3の事実(以下「本件」という。)について,覚せい剤取締法41条の
いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
いう。)について,覚せい剤取締法41条の輸入罪及び平成17年法律第22号に
船舶から海上に投下し回収する方法により覚せい剤を輸入しようとした行為につき、覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
却下
農薬取締法2条1項は「製造者(注・農薬を製造し、又は加工する者)又は...ものでないことは、農薬取締法2条3項、3条1項の規定する事由に...は違法・無効である(農薬取締法2条2項の「試験成績を記載した書
農薬取締法2条に基づく農薬登録申請時に提出された試験成績の利用権の帰属に関する情報が記載された文書の開示請求に対し、その存否を答えるだけで行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条2号イ所定の不開示情報(法人等情報)を開示することになるとして、同法8条に基づき農林水産大臣がした不開示決定が、適法とされた事例
棄却
から保護されるべき法律上の利益を有するものとまではいい難く,農薬取締法や
農林水産大臣が他の業者に対してした農薬取締法2条に基づく農薬登録処分の取消しを求める訴えにつき、当該他の業者が申請に際して農薬の販売等を行う者らの出資に係る組合に帰属する試験成績を無断で当該申請の試験成績に代えて提出したと主張する当該農薬の販売等を行う者らの原告適格を否定した事例
却下
保有する農薬の試験成績を,他の業者が利用して農薬取締法(以下,単に...「法」ともいい,農薬取締法施行令を「法施行令」と,同法施行規則を「法施...薬取締法2条2項に反しており,被告において,原告らの申出により同意書の
農林水産大臣が他の業者に対してした農薬取締法2条に基づく農薬登録処分の取消しを求める訴えにつき、当該他の業者が申請に際して農薬の販売等を行う者らの出資に係る組合に帰属する試験成績を無断で当該申請の試験成績に代えて提出したと主張する当該農薬の販売等を行う者らの原告適格を否定した事例
上告を棄却
る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例
「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」5条違反の罪の公訴事実が多数回にわたり多数人に譲り渡した旨の概括的記載を含んでいても訴因の特定として欠けるところはないとされた事例
上告を棄却
薬取締法等の特例等に関する法律2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た
規制薬物の譲渡を犯罪行為とする場合における「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に係る同法11条1項1号の没収及び同法13条1項前段の追徴に当たり取得費用等を控除することの可否
懲役2年6月
国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律11条、13条1項により没収・追徴すべき犯人の範囲
上告を棄却
認められるから,被告人の行為が銃砲刀剣類所持等取締法3条の13,31条のけ
道路を走行中の普通乗用自動車内におけるけん銃発射行為が銃砲刀剣類所持等取締法3条の13、31条のけん銃等発射罪に当たるとされた事例
控訴を棄却
麻薬及び向精神薬取締法64条のジアセチルモルヒネ等輸入罪におけるジアセチルモルヒネ等であることの認識の内容、程度
上告を棄却
為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「...第1042号覚せい剤取締法違反被告事件の判決において没収が言い渡され,この
国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義
上告を棄却
薬取締法等の特例等に関する法律(以下「改正前の麻薬特例法」という。)2条3
1 「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 薬物犯罪を遂行する過程において費消・使用されるものとして犯人が他の共犯者から交付を受けた財産と「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」 3 犯罪を実行した翌日に我が国を出国するため所持していた航空券が刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物」に当たるとされた事例 4 薬物犯罪の犯罪行為を遂行するために費消した上その残額を同行為の報酬として取得することとして共犯者から交付を受けて犯人が所有する金員を全額没収することの可否
上告を棄却
取締法41条1項の覚せい剤輸入罪は,領土への陸揚げの時点で既遂に達すると解
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
取締法41条1項の覚せい剤輸入罪は,領土への陸揚げの時点で既遂に達すると解
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
取締法41条1項の覚せい剤輸入罪は,領土への陸揚げの時点で既遂に達すると解
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
せい剤取締法41条1項の覚せい剤輸入罪は,領土への陸揚げの時点で既遂に達す
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
【要旨】覚せい剤取締法14条,41条の2第1項にいう「所持」とは,人が物を...認めた原判決は,覚せい剤取締法41条の2第1項の解釈適用を誤ったものといわ
覚せい剤取締法41条の2第1項にいう覚せい剤の所持に当たらないとされた事例
懲役3年6月
する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律...を輸入した点は刑法60条,大麻取締法24条2項,1項に,輸入禁制品である大麻を輸...貨物であって,犯人の所有するものであるから,大麻取締法24条の5第1項本文及び
1 国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特例法」という。)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 大麻密輸を遂行するため共犯者から受領した往復航空券が、麻薬特例法2条3項にいう「薬物犯罪収益」に該当するとされた事例
控訴を棄却
覚せい剤の営利目的輸入(覚せい剤取締法四一条二項、一項)の公訴事実につい...剤の営利目的輸入の予備罪(覚せい剤取締法四一条の六、四一条二項、一項)の成...覚せい剤の営利目的所持の罪(覚せい剤取締法四一条の二第二項、一項)により公
覚せい剤取締法四一条の輸入罪に当たらない場合
控訴を棄却
を認定判示した上、この事実が銃砲刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」とい
適合する正規の実包が入手不能な改造モデルガンにつき銃砲刀剣類所持等取締法所定の「けん銃」に当たるとされた事例
控訴を棄却
との事実を認定した上、右小分けが毒物及び劇物取締法三条一項にいう劇物の「製...「製造」に「小分け」が含まれる旨、また、覚せい剤取締法二条二項は覚せい剤の...日・刑集七巻一〇号一九五二頁参照)。しかも、毒物及び劇物取締法三条一項及び
トルエンの「小分け」と毒物及び劇物取締法三条一項にいう劇物の「製造」
上告を棄却
助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法
国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律8条の規定があいまいであるとして憲法31条違反をいう主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
び向精神薬取締法等の特例等に関する法律四条等に基づいていわゆるコントロール...罪につき有罪の認定を受けているため、一罪として重い大麻取締法違反罪の刑によ
国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律四条に基づくいわゆるコントロールド・デリバリーの実施と関税法上の禁制品輸入罪の既遂の成否
上告を棄却
年法律第八九号による改正前の銃砲刀剣類所持等取締法三一条の二第二項(以下「
平成7年法律第89号による改正前の銃砲刀剣類所持等取締法31条の2第2項の規定違憲の主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
国税犯則取締法に基づいて犯則嫌疑者の取引金融機関において差し押さえた多数の帳簿書類等の中に相当の時間をかけて平穏な状況の下で差押物件の選別を行うことができたならば犯則事実との関連性ないし差押えの必要性がないという判断をすることが可能な物件が含まれていたとしても右差押えに違法がないとされた事例
上告を棄却
等取締法(平成三年法律第五二号による改正前のもの)三条一項にいう「刀剣類」...銃砲刀剣類所持等取締法(平成三年法律第五二号による改正前のもの)三条一項に
包丁儀式に使用するものとして所持されていた刃物が銃砲刀剣類所持等取締法(平成三年法律第五二号による改正前のもの)三条一項にいう刀剣類に当たるとされた事例
上告を棄却
防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特...規制する麻薬及び向精神薬取締法、大麻取締法、あへん法及び覚せい剤取締法(以
覚せい剤の譲渡代金で購入された覚せい剤と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律にいう「不法収益に由来する財産」
破棄
 論旨は、原判示犯罪事実第二記載の銃砲刀剣類所持等取締法(以下、単に「銃刀...せい剤取締法違反の罪による起訴後の勾留中の平成六年六月一〇日に、取調...剤取締法四一条の二第一項に、同第二の行為は銃刀法三一条の二第一項、三条一項
銃砲刀剣類所持等取締法三一条の四にいうけん銃の提出に当たるとされた事例
上告を棄却
大麻取締法違反の規定違憲の主張が前提を欠くとされた事例
破棄
防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特...る覚せい剤譲渡という麻薬特例法二条二項五号所定の薬物犯罪(覚せい剤取締法四...一方、覚せい剤等の規制薬物それ自体については、従前から別途覚せい剤取締法等
覚せい剤の讓渡代金で購入された覚せい剤と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律にいう「不法収益に由来する財産」
上告を棄却
 なお、平成二年法律第三三号による改正前の麻薬取締法六四条二項にいう「営利
外国でジアセチルモルヒネ等の麻薬を売却して財産上の利益を得ることを目的とする場合と麻薬取締法(平成二年法律第三三号による改正前のもの)六四条二項の「営利の目的」
取り消す
判決添付別紙記載の八本が銃砲刀剣類所持等取締法によって所持を禁止された刀剣
1 銃砲刀剣類所持等取締法4条所定の刀剣類の所持の許可は、関税法76条1項、4項の準用する同法70条1項にいう許可に当たるとした事例 2 銃砲刀剣類所持等取締法2条2項にいう「あいくち」の意義 3 フィンランド国において一般家庭の調理用等として製造、販売されているナイフが、銃砲刀剣類所持等取締法2条2項にいう「あいくち」に当たらないとされた事例
破棄
めの麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「特例法」という。)...ば、本件のような覚せい剤取締法四一条の二の罪が右「薬物犯罪」に当たること明
覚せい剤を譲渡しその対価として受領した金員を全額入手先に支払った場合と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律一七条一項による追徴の要否
控訴を棄却
類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)二条二項、三条一項、三一条の四第一
一 日本料理の儀式用包丁として製作された刃物が銃砲刀剣類所持等取締法三条一項により所持の禁止される刀に当たるとされた事例 二 日本料理の儀式用包丁として刀を製作して所持した行為につき違法性の意識の欠如に相当の理由があるとはいえないとされた事例
破棄
行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下...とおり、麻薬特例法二条二項五号は、覚せい剤取締法四一条の二の各罪を営...取締法四一条の八第一項本文を適用してこれを没収することとし、被告人が原判示
営利目的のない覚せい剤讓渡事犯において讓渡の対価として得た金員と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律にいう「不法収益」
上告を棄却
るときであっても、もはや火薬類取締法二一条八号の除外事由には該当せず、同条
火薬類を適法に所持していた者がその残量について火薬類取締法二二条の措置を採ることなくいずれ譲渡又は廃棄をする意思でその所持を継続する場合と同法二一条違反の罪の成否
控訴を棄却
1 国税犯則取締法2条に基づく臨検・捜索・差押許可状に基づき収税官吏がした差押えの対象物がすべて還付された場合における当該差押処分の効力 2 国税犯則取締法2条に基づく臨検・捜索・差押許可状に基づき収税官吏がした帳簿書類等に対する差押処分のうち、収税官吏においてその複写物を作成してこれを占有した上で原本を還付した差押物に係る部分の取消訴訟の訴えの利益 3 国税犯則取締法2条1項による強制調査は、犯則嫌疑者以外の第三者に対しても許されるか 4 国税犯則取締法2条に基づく臨検・捜索・差押許可状の発付並びにその請求及び強制調査に違法がないとした事例
棄却
類所持等取締法によって所持を禁止された刀剣類に該当する旨の通知(東関郵入第...の八本のナイフを「本件ナイフ」という。)が銃砲刀剣類所持等取締法(昭和三七...ともに、刃渡りによる制限を廃止し、銃砲刀剣類所持等取締法(昭和三三年法律第
1 銃砲刀剣類所持等取締法2条2項に規定する「あいくち」の意義 2 フィンランドで一般家庭の調理用等として製造、販売されているナイフを輸入しようとした者に対して、税関外郵出張所長がした、前記ナイフが銃砲刀剣類所持等取締法によって原則としてその所持が禁止されている同法2条2項に規定する「あいくち」に該当する旨の通知が、適法であるとされた事例
控訴を棄却
しうる状態ではなかつたのであるから、被告人の行為は銃砲刀剣類所持等取締法二...会的危険性の程度は高く、銃砲刀剣類所持等取締法二二条がこのような場所におけ
自己が日常生活の場としている普通乗用自動車内に鉈及び鎌を置いていた行為が銃砲刀剣類所持等取締法二二条にいう刃物の「携帯」に当たるとされた事例
控訴を棄却
原告は、昭和五七年一〇月二八日、被告に対し銃砲刀剣類所持等取締法(昭和三三年法律...日から現行の銃刀法(たたし、当時は「銃砲刀剣類等所持取締法」といい、昭和四〇年法
1 銃砲刀剣類所持等取締法14条1項にいう「美術品として価値のある刀剣類」の意義 2 刀剣類の鑑定基準として、「日本刀」との要件を定める銃砲刀剣類登録規則(昭和33年文化財保護委員会規則第1号)4条2項の規定が、立法の経緯、目的を踏まえて銃砲刀剣類所持等取締法14条1項の趣旨を明確にしたにすぎず、何ら同条5項の委任の範囲を超えるものではないとされた事例 3 外国製サーベルが、銃砲刀剣類登録規則(昭和33年文化財保護委員会規則第1号)4条2項にいう「日本刀」に当たらないとされた事例
棄却
 本件抗告の趣意のうち、大麻取締法により大麻の所持等を処罰することの違憲を
保護観察付執行猶予中に大麻を所持したことなどを理由とする執行猶予取消決定に対する特別抗告において、大麻取締法の違憲をいう主張が欠前提とされた事例
控訴を棄却
同枚目裏七行目の「同法施行条例」を「京都府の風俗営業等取締法施行条例」と改め...風俗営業等取締法(昭和二三年法律第一二二号。ただし、昭和五九年法律第七六号による...許可処分は、京都公安委員会が風俗営業等取締法及び同法三条により委任を受けた風俗営
風俗営業等取締法(昭和59年法律第76号により風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律と題名改正。同法による改正前。以下同じ。)2条に規定する営業許可制度は、同法及び同法3条に基づく府条例の営業許可に関する諸規定からすると、社会の「善良の風俗を害する行為を防止する」という一般的利益(公益)の保護を目的とし、第三者である近隣住民を個別に保護するためのものとはいい難いから、同法2条によりしたパチンコ店の営業許可処分の取消訴訟について、その営業予定場所から約80メートルの距離にある診療所の日常的利用者、右営業予定場所の隣接居住者等には原告適格は認められないとした事例
上告を棄却
 収税官吏が犯則嫌疑者に対し国税犯則取締法に基づく調査を行つた場合に、課税
課税処分及び青色申告承認の取消処分に国税犯則取締法に基づく調査により収集された資料を利用することの許容性
281 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in