裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
国家公務員法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
国家公務員法の判決統計
0
0
0
42 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
国家公務員法違反被告事件...弁護人小林容子ほか及び被告人本人の各上告趣意のうち,国家公務員法11...た。」というものであり,これが国家公務員法(以下「本法」という。)110条
1 国家公務員法(平成19年法律第108号による改正前のもの)110条1項19号、国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号による政党の機関紙の配布の禁止と憲法21条1項、15条、19条、31条、41条、73条6号 2 国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号により禁止された政党の機関紙の配布に当たるとされた事例
上告を棄却
国家公務員法違反被告事件...(『憲法問題特集』で始まるもの)及びしんぶん赤旗2003年11月号外を配布した。」というものであり,これが国家公務員法(以下「本法」という。)110...国家公務員法は,専ら憲法73条4号にいう官吏に関する事務を掌理する基準を
1 国家公務員法102条1項にいう「政治的行為」の意義 2 人事院規則14−7第6項7号、13号に掲げる政治的行為の意義 3 国家公務員法(平成19年法律第108号による改正前のもの)110条1項19号、国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号、13号による政党の機関紙の配布及び政治的目的を有する文書の配布の禁止と憲法21条1項、31条 4 国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号、13号により禁止された政党の機関紙の配布及び政治的目的を有する文書の配布に当たらないとされた事例
上告を棄却
上告理由のうち,国家公務員法76条,38条2号が憲法13条,14条1...国家公務員法76条,38条2号は,禁錮以上の刑に処せられた者が国家公務員...のために勤務しなければならず(憲法15条2項,国家公務員法96条1項),ま
郵政事務官として採用された者が、禁錮以上の刑に処せられたという失職事由が発生した後も約26年11か月にわたり事実上勤務を継続した場合に、国(旧日本郵政公社、郵便事業株式会社が逐次その地位を承継)において上記の者が国家公務員法76条、38条2号に基づき失職した旨を主張することが、信義則に反し権利の濫用に当たるということはできないとされた事例
破棄
上告人が,D郵便局長から,国家公務員法78条3号の規定に該当するとして分限...として,国家公務員法78条3号,人事院規則11-4に基づき,本件処分をした。...これに対し,被上告人は,同9年7月9日,国家公務員法90条に基づき,不服申
長期にわたり非違行為等を繰り返した郵政事務官が国家公務員法78条3号に該当するとしてされた分限免職処分に裁量権の逸脱、濫用の違法があるとはいえないとされた事例
上告を棄却
といつて、直ちに国家公務員法八二条三号所定の非行あるいは同法九九条所定の信
当該公務員の職務と関連のない行為が国家公務員法八二条一号及び三号所定の懲戒事由にあたるとされた事例
上告を棄却
三のうち、違憲をいう点は、国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四―七・五...禁止が憲法二一条に違反しないこと、国家公務員法一一〇条一項一九号の罰則が憲...法二一条、三一条に違反しないこと、国家公務員法一〇二条一項における人事院規
一 国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四―七第五項一号、第六項八号による特定の候補者を支持する政治的目的での投票の勧誘運動の禁止と憲法二一条 二 国家公務員法一一〇条一項一九号の罰則と憲法二一条、三一条 三 国家公務員法一〇二条一項における人事院規則への委任の合憲性 四 国家公務員法一一〇条一項一九号、一〇二条一項、人事院規則一四−七第五項一号、第六項八号と市民的及び政治的権利に関する国際規約(昭和五四年八月四日公布条約第七号)一八条、一九条、二五条 五 国家公務員法一一〇条一項一九号、一〇二条一項、人事院規則一四−七第五項一号、第六項八号により禁止された投票勧誘運動にあたるとされた事例
破棄
五項四号、六項一三号に該当し国家公務員法(以下「法」という。)一〇二条一項に違反するから、被上告人は法八二条一号及び三号に該当するとして、同年一一月
一 国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四‐七第五項四号、第六項一三号の規定の違背を理由とする懲戒処分と憲法二一条 二 一般職の国家公務員がメーデーの集団示威行進に内閣打倒等と記載された横断幕を掲げて行進する行為が人事院規則一四‐七第五項四号、第六項一三号に該当するとされた事例
上告を棄却
止を犯して争議行為を行つた場合には、法令遵守義務を定めた国家公務員法(以下
一 郵政職員が公共企業体等労働関係法一七条一違反の争議行為を行つた場合と国家公務員法八二条の規定による懲戒処分 二 いわゆる春闘の際に郵便局におけるストライキを実施させるなどの違法行為をしたことを理由としてされた郵政職員に対する懲戒免職処分が懲戒権者に任された裁量権の範囲を超えたものとはいえないとされた事例
上告を棄却
 一 国家公務員法一〇九条一二号、一〇〇条一項にいう秘密とは、非公知の事実...主張する所論はその前提を欠き、右電信文案が国家公務員法一〇九条一二号、一〇... 二 国家公務員法一一一条にいう同法一〇九条一二号、一〇〇条一項所定の行為
一 国家公務員法一〇九条一二号、一〇〇条一項にいう秘密の意義 二 国家公務員法一〇九条一二号、一〇〇条一項にいう秘密の判定 三 外交交渉の概要が記載された電信文案が国家公務員法一〇九条一二号、一〇〇条一項にいう秘密にあたるとされた事例 四 違法秘密にあたらないとされた事例 五 国家公務員法一一一条にいう同法一〇九条一二号、一〇〇条一項所定の行為の「そそのかし」の意義 六 国家公務員法一一一条、一〇九条一二号、一〇〇条一項の「そそのかし」罪の構成要件にあたるとされた事例 七 報道機関による公務員を対象とした秘密の取材と正当業務行為 八 正当な取材活動の限界 九 正当な取材活動の範囲を逸脱しているとされた事例 ―いわゆる外務省秘密漏洩事件―
上告を棄却
法律第六九号による改正前の国家公務員法九八条二項但書は憲法二八条に違反する...体協約締結権を認めていない国家公務員法(以下「国公法」という。)の当該規定をもつて憲法二八条に違反するものではないとする理由を、専ら、「国家公務員に
国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの)九八条二項但書の合憲性
破棄
 (1) 前記一の(一)の八月一九日の被上告人B1の行為は、国家公務員法(以下
一、職員の行為が国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの)九八条五項に違反する場合と同法九八条一項、一〇一条一項、人事院規則一四―一第三項違反 二、公務員に対する懲戒処分の適否に関する裁判所の審査 三、争議行為等の禁止規定違反などを理由としてされた税関職員に対する懲戒免職処分が裁量権の範囲を超えこれを濫用したものとはいえないとされた事例
上告を棄却
 なお、国家公務員法一〇〇条一項の文言及び趣旨を考慮すると、同条項にいう「
一 国家公務員法一〇〇条一項にいう「秘密」の意義 二 国家公務員法一〇〇条一項にいう「秘密」にあたるとされた事例
上告を棄却
一条、、三一条、四一条、一一条、一三条違反をいう点は、国家公務員法一〇二条
国家公務員法一〇二条一項、一一〇条一項一九号、人事院規則一四―七・五項一号、六項一三号と憲法二一条、三一条、四一条、一一条、一三条
破棄
一、 報道のための取材の自由と憲法二一条 二、 国家公務員法一一一条所定の同法一〇九条一二号、一〇〇条一項に掲げる行為の「そそのかし」の意義 三、 右「そそのかし」の罪の構成要件該当性阻却の可能性
破棄
 国家公務員法(以下「国公法」という。)一〇二条一項は、一般職の国家公務員
一、国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四―七・五項三号、六項一三号による特定の政党を支持する政治的目的を有する文書の掲示又は配布の禁止と憲法二一条 二、国家公務員法一一〇条一項一九号の罰則と憲法三一条 三、国家公務員法一一〇条一項一九号の罰則と憲法二一条 四、国家公務員法一〇二条一項における人事院規則への委任の合憲性 五、国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四―七・五項三号、六項一三号の禁止に違反する文書の掲示又は配布に同法一一〇条一項一九号の罰則を適用することが憲法二一条、三一条に違反しないとされた事例
破棄
すなわち、国家公務員法(以下「国公法」という。)一〇二条一項及び規則は、一
一 公職選挙法一四六条一項における候補者の氏名を表示する文書の意義 二 公職選挙法一四六条一項における候補者の氏名を表示する文書にあたるとされた事例 三 人事院規則一四―七・五項一号にいう特定の候補者の意義 四 国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四―七・五項一号、六項一三号及び公職選挙法一四六条一項に各違反する文書の配布が国家公務員法一一〇条一項一九号及び公職選挙法二四三条五号の各罪の違法性を欠くものでなくそのように解することが憲法二一条、三一条に違反しないとされた事例
破棄
国家公務員法(以下「国公法」という。)一一〇条一項一九号を被告人の本件政治
一、国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四―七・五項一号、六項八号による特定の候補者を支持する政治的目的での投票の勧誘運動の禁止と憲法二一条 二、国家公務員法一〇二条一項、人事院規則一四―七・五項一号、六項八号の禁止に違反する投票の勧誘運動に同法一一〇条一項一九号の罰則を適用することが憲法二一条、三一条に違反しないとされた事例
上告を棄却
 2 ところで、本件処分が国家公務員法(以下「国公法」という。)八九条一項
一、現業国家公務員に対する国家公務員法八九条一項所定の処分の法的性質 二、不当労働行為に該当する現業国家公務員に対する国家公務員法八九条一項所定の処分の効力 三、現業国家公務員に対する国家公務員法八九条一項所定の処分につき裁判による取消を求める方法 四、上告審が下級審の訴却下の判断を違法であると認めたにもかかわらず事件を下級審に差戻すことなく上告を棄却した事例
上告を棄却
昭和三八年五月一日付で上告人から国家公務員法(以下「国公法」という。)八二
一、現業国家公務員に対する国公務員法八九条一項所定の処分の法的性質 二、不当労働行為に該当する現業国家公務員に対する国家公務員法八九条一項所定の処分の効力 三、現業国家公務員に対する国家公務員法八九条一項所定の処分につき裁判による取消を求める方法
破棄
 所論は、要するに、国家公務員法一〇〇条一項にいう「秘密」の意義に関し、国...ものであることを肯認しながら、国家公務員法一〇〇条一項にいう「秘密」に当ら... ところで、国家公務員法一〇〇条一項は「職員は職務上知ることのできた秘密を
一、 国家公務員法一〇〇条一項にいう「秘密」の意義 二、 国家公務員法一〇〇条一項に違反するとされた事例
上告を棄却
 所論は、原判決が国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの。...国家公務員法(以下、単に改正国公法という。)一〇八条の二第三項)、さらに、...の理由を総合して国家公務員法(以下、国公法という。) の規定する公務員の労
一、国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの)九八条五項、一一〇条一項一七号の合憲性 二、国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの)一一〇条一項一七号にいう「あおり」および「企て」の意義 三、国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの)九八条五項、一一〇条一項一七号の法意 四、政治的目的のための争議行為と憲法二八条
破棄
文書を配布した所為に対し、国家公務員法一一〇条一項一九号、一〇二条一項、人... 二、 次に国家公務員法違反の点であるが、人事院規則一四―七、五項一号は政... 先ず、国家公務員法違反の点から按ずるに、国家公務員が他の公務員と異なり政
公職の選挙において国家公務員が候補者の推薦通知のビラを配布した行為が公職選挙法及び国家公務員法に違反しないとされた事例
上告を棄却
 所論は、原判決には国家公務員法一〇〇条一項の解釈適用を誤つた違法があると... 所論は、原判決には、国家公務員法七八条三号の適用を誤つた違法があるという。...うまでもなく、本件著書等を刊行した上告人は、国家公務員法七八条三号に該当す
国家公務員法七八条三号に定める免職事由に該当するとされた事例
控訴を棄却
る。国家公務員法七四条一項は、すべて職員の分限、懲戒及び保障については、公
一、 国家公務員法七九条二号の法意 二、 公職選挙法及び国家公務員法違反の罪で起訴された農林技官に対してなされた国家公務員法七九条二号にもとづく休職処分が違法であるとして取消された事例
控訴を棄却
る。国家公務員法七四条一項は、すべて職員の分限、懲戒及び保障については、公
1 国家公務員法第79条第2号により職員を休職するかどうかの判断基準 2 農産物検査官である職員が、法定外選挙運動文書を1回配布したため、公職選挙法および国家公務員法違反の罪により起訴されたことを理由にされた休職処分が、職員の地位、職務内容、起訴事実の内容等につき、個別的具体的に判断することなくされたものとして、任命権者の裁量の範囲をこえ違法とされた事例
上告を棄却
 所論は、国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの。以下国公...て来ると、本件で問題となつている国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による...り、国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの。以下国公法とい
一 国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの、以下同じ)九八条五項一一〇条一項一七号の合憲性 二 国家公務員法一一〇条一項一七号にいう同法九八条五項前段の違法な行為の遂行をあおつた罪が成立するとされた事例 三 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(昭和三五年六月二三日条約第六号、以下新安保条約という)は違憲であることが明白か
控訴を棄却
 所論は、原判決が原判示第三の電信文を国家公務員法上の秘密に当たると認定し...定できるとして、それが国家公務員法所定秘密に当たるとした点は、つぎの点を加...えるほか、相当として是認することができる。すなわち、国家公務員法上の秘密を
一、 国家公務員法第一〇九条第一二号にいう秘密の意義 二、 右秘密の実体が刑罰の保護に値するか否かの証明方法
破棄
文書をもつてC1中央執行委員長宛てに、一一月五日の職場大会は国家公務員法違...いい難く、弁護人の主張するとおり本件国家公務員法違反事件としては、あおり行...二条第六項により同法律による改正前の国家公務員法第九八条第五項、第一一〇条
一、 昭和四〇年法律第六九号による改正前の国家公務員法第一一〇条第一項第一七号にいわゆる「あおり」行為及びあおりを「企てた」行為の意義 二、 あおり行為を「企てた」場合にあたる一事例 三、 「あおり」行為にあたる一事例 四、 非現業の国家公務員の組織する団体ないし組合の行なう争議行為について政治的目的を有するものと解すべき一事例
控訴を棄却
て、郵便法八〇条二項の信書の秘密を侵すとともに、国家公務員法一〇〇条一項の...を侵したとはいえない。(二)国家公務員法一〇〇条一項の秘密とは、客観的にみ... 次に国家公務員法一〇〇条一項に職務上知ることのできた秘密を漏らしてはなら
郵便法第八〇条第二項国家公務員法第一〇九条第一二号各違反の罪の成立する一事例
上告を棄却
国家公務員法一〇二条一項の委任に基き制定せられたものであり、そして国家公務...は、右国家公務員法一〇二条一項に基き、一般職に属する国家公務員の職責に照ら...人事院規則には国家公務員法の規定によつて委任された範囲を逸脱した点も何ら認
人事院規則一四―七の趣旨および国家公務員法第一〇二条第一項との関係
上告を棄却
 被告人らは島根食糧事務所邑智支所の職員として、国家公務員法に規定する一般...的且つ能率的に行わるべきものであるところ、国家公務員法の適用を受ける一般職...これが即ち、国家公務員法一〇二条が一般職に属する公務員について、とくに一党
一 国家公務員法第一〇二条と憲法第一四条 二 国家公務員法第一〇二条と憲法第二八条
上告を棄却
 被告人等は島根食糧事務所浜田支部の職員として、国家公務員法に規定する一般...且つ能率的に行われるべきものであるところ、国家公務員法の適用を受ける一般職...営せらるべき行政の継続性と安定性も確保されうみものといわなければならない。これが即ち、国家公務員法一〇二条が一般職に属する公務員について、とくに一党
国家公務員法第一〇二条の合憲性
破棄
 原判示第二の事実(国家公務員法違反)に関する控訴趣意第一点(不法に公訴を... 昭和二十九年十月八日付起訴状記載の国家公務員法違反の公訴事実によると、被...いないことは所論のとおりである。しかしながら国家公務員法第百条第一項にいわ
一、 国家公務員法第一〇〇条第一項にいわゆる「秘密」の意義 二、 いわゆる「秘扱」の表示の附してある文書と同法条項にいわゆる「秘密」
破棄
 被告人等四名の上告趣意中国家公務員法並びに地方公務員法違反に関する点につ... 所論は、国家公務員法一一〇条一七号及び地方公務員法六一条四号の規定が、そ...た点は、刑法六〇条、国家公務員法一一〇条一七号に、地方公務員に対し怠業的行
国家公務員法第一一〇条第一七号および地方公務員法第六一条第四号の合憲性
棄却
選挙法や旧衆議院議員選挙法の諸規定と本件で問題となつている国家公務員法の規... 所論は、国家公務員法第一一〇条第一項第一七号、同法第一一一条の規定を根拠...として、国家公務員法違反の罪については、刑法第六五条の適用がないと主張す
一、 人事院規則一四―七第五項第一号「特定の候補者」の意味 二、 国家公務員法第一〇二条第一項第一一〇条第一項第一九号違反の罪に刑法第六五条の適用ありや 三、 国家公務員法第一〇二条第一項第一一〇条第一項第一九号の合憲性の有無
棄却
ではなく国家公務員法第三条により設置された人事院がその課せられた法的責務か...国家公務員法第二十七条違反といわねばならない。...より明であつて、国家公務員法第二十七条第九十八条第三項第七十四条等に違反し
国家公務員法第七八条第四号に基く免職処分は自由裁量行為か
上告を棄却
 昭和二三年法律第二二二号(国家公務員法の第一次改正法律)附則八条二項は、
昭和二三年法律第二二二号(国家公務員法の一部改正法律)附則第八条第二項と講和条約発効との関係
上告を棄却
 国家公務員法が憲法に違反しないことは、当裁判所大法廷判決の趣旨とするとこ...律附則二、三項には、この法律の施行前にした公社の職員に関する国家公務員法の
国家公務員法違反の行為をした電気通信管理所職員が公社の職員となつた場合の同法罰則適用の有無
控訴を棄却
地方警察の職員は、国家公務員法の規定に基き、警察法の規定に徒つて任命され、...これに専念しなければならないものである(国家公務員法第九十六条第一項、第九...い。然らば、原判決が、原判示事実に対して、国家公務員法第九十八条第五項後
一、 国家公務員法第九八条第五項後段の違法な行為をそそのかしたものと認めた一事例 二、 国家公務員法第九八条第四項および第五項の規定と憲法第二八条
上告を棄却
サー元帥は、国家公務員法の改正についてその方針を指示した上、「本改革の成功...が占領政策の第一義的目標の一つ」であると言い、次いで「余が国家公務員法を全...来の国家公務員法の欠陥として、「少数者が団結して政府の権限と権威に加える圧
一 昭和二〇年勅令第五四二号と日本国憲法との関係 二 昭和二三年政令第二〇一号は昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令か 三 (イ)昭和二三年七月二二日付連合国最高司令官の内閣総理大臣宛書簡は連合国最高司令官の要求といえるか。 四 (ロ)昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令を発し得るのは国会の議決を求めるいとまのない場合に限るか。 五 (ハ)書簡にいわゆる公務員の意義。 六 (ニ)政令第二〇一号が当時係属中の国又は地方公共団体を当事者とする労働争議の斡旋、調停または仲裁に関する手続を中止したことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 七 (ホ)政令第二〇一号が公務員の団体交渉権を禁止しながらその労働条件の改善について別途の措置を講ずるとしたことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 八 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二八条。 九 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第一八条。 一〇 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二五条。 一一 昭和二三年政令第二〇一号第二条第一項にいわゆる争議手段にあたる一事例。 一二 昭和二三年政令第二〇一号と労働組合法、労働関係調整法との関係。 一三 昭和二三年一二月三日法律第二二二号国家公務員法の一部を改正する法律附則第八条の意味。 一四 昭和二三年政令第二〇一号にいわゆる業務の運営能率を阻害する行為の意義。
上告を棄却
脅迫の認定に対し国家公務員法第一一〇条第一項第八号にあたるとして被告人から控訴するのは適法な控訴理由となるか
上告を棄却
ては、右は明らかに国家公務員法一〇〇条にいわゆる職員の職務上知得した秘密に...上知得した秘密を第三者に漏洩した国家公務員法違反罪の嫌疑が生じたものとして
一 新聞記者の取材源についての証言と刑訴法上の証言拒絶権 二 憲法第二一条と新聞記者の取材源に関する証言拒絶権 三 憲法第三八条第一項と刑訴第一四六条および第一四七条との関係 四 被疑者不特定の被疑事件につき刑訴第二二六条に基き証人を尋問することと刑訴第一四六条および憲法第三八条第一項 五 刑訴第二二六条による証人尋問の請求と被疑事実の存在 六 逮捕状の請求発付の国家公務員法第一〇〇条にいわゆる「職務上知ることのできた秘密」
42 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in