裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
法律
国籍法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
30 件中 1/1 ぺージ
棄却
籍を取得する手続により同国籍を取得したため,国籍法11条1項の規定によ...(1) 国籍法2条は,出生により日本国籍を取得する場合として,子が,①出生...(2) 国籍法11条1項は,日本国籍を喪失する場合として,「日本国民は,自
日本国籍を有する父とロシア連邦国籍を有する母との間に出生して生来的に日本国籍を有する原告らにつき、出生後にロシア国籍を取得し、国籍法11条1項の適用により日本国籍を喪失したものと認められた事例
上告を棄却
日本国籍を留保する意思表示がされず,国籍法12条の規定によりその出生の時か...これを受けて,国籍法は,日本国籍の得喪に関する要件を規定している。憲法10...国籍法12条は,出生により外国の国籍を取得するとともに同法2条1
国籍法12条と憲法14条1項
棄却
かったことにより,国籍法12条に基づき出生の時にさかのぼって日本国籍...また,1審原告Aは,予備的に,国籍法12条が無効でないとしても,同...原審は,①国籍法12条の立法目的が,実効性のない形骸化した日本国
1 国籍法12条と日本国憲法14条1項 2 国籍法12条と日本国憲法13条
棄却
日本国籍を留保する意思表示がされなかったため,国籍法12条の規定により...その出生の時にさかのぼって日本国籍を失ったことから,国籍法12条は日本...Aは,仮に国籍法12条が無効でないとしても,国籍法17条1項に基づく国
1 国籍法12条と日本国憲法14条1項 2 国籍法12条と日本国憲法13条
破棄
国籍法2条1号,3条について...国籍法2条1号は,子は出生の時に父又は母が日本国民であるときに日本国民と...国籍法3条1項は,「父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した
1 国籍法3条1項が、日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子につき、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得した(準正のあった)場合に限り日本国籍の取得を認めていることによって国籍の取得に関する区別を生じさせていることと憲法14条1項 2 日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子は、日本国籍の取得に関して憲法14条1項に違反する区別を生じさせている、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したという部分(準正要件)を除いた国籍法3条1項所定の国籍取得の要件が満たされるときは、日本国籍を取得するか
破棄
国籍法2条1号,3条について...国籍法2条1号は,子は出生の時に父又は母が日本国民であるときに日本国民と...国籍法3条1項は,「父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した
1 国籍法3条1項が、日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子につき、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得した(準正のあった)場合に限り日本国籍の取得を認めていることによって国籍の取得に関する区別を生じさせていることと憲法14条1項 2 日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子は、日本国籍の取得に関して憲法14条1項に違反する区別を生じさせている、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したという部分(準正要件)を除いた国籍法3条1項所定の国籍取得の要件が満たされるときは、日本国籍を取得するか
却下
(国籍法2条1号,昭和59年法律第45号による改正前の国籍法2...条1号 。以下 ,単に「 国籍法2条1号 」という 。 の要件を満たす者として ,...得を認める国籍法3条に基づき日本国籍を取得しうるか。
1 国籍法3条が、「20歳未満のもの」を準正による日本国籍取得の要件としていることと憲法14条1項 2 国籍法19条、国籍法施行規則2条所定の帰化の許可の申請をせずに提起された帰化による日本国籍取得の義務付けを求める訴えが、却下された事例
原告らが国籍法3条1項に規定する国籍取得の条件を備えていないとし...国籍法...国籍法施行規則1条(国籍取得の届出)
1 国籍法3条1項の準正要件の合憲性 2 日本人の父と外国人の母との間に出生した非嫡出子で、その父母が法律上の婚姻をしていない者が、出生後に父から認知を受けたことを理由に提出した国籍取得届が有効とされ、日本国籍が認められた事例
取り消す
的に,(1) 国籍法(以下,単に「法」という。)第2条第1号に基づいて,出生時に...ある旨主張するが,上記のような国籍法の規定内容に照らすと,仮に同項の...においてその解釈が争点とされている国籍法については,規定する内容の性
1 外国人女性を母、日本人男性を父として本邦で出生した後、父から認知を受けた子につき、国籍法2条1号に基づく日本国籍取得が認められないとされた事例 2 外国人女性を母、日本人男性を父として本邦で出生した後、父から認知を受けた子について、国籍法3条1項の拡張ないし類推適用による日本国籍取得が認められないとされた事例
  (2) 国籍法(以下「法」という。)2条は、子は、出生の時に父...  (7) 国籍法改正の経緯...    明治32年制定の旧国籍法は、国籍の生来的取得(出生時点に
1 出生後に認知を受けた非嫡出子であって父母が婚姻に至らない者と国籍法3条1項 2 外国人女性を母とし、日本人男性を父として本邦で出生し、出生後父親から認知を受けて国籍取得届を提出した者が、国に対してした日本国籍を有することの確認請求が、認容された事例
上告を棄却
したがって,後記の国籍法改正による影響を考慮しない限り,内地人母の子が,朝...12日第一小法廷判決・民集52巻2号342頁参照)。 エ 旧国籍法(明治32年法律第66号)23条本文は,「日本人タル子カ認知...和25年7月1日から国籍法(昭和25年法律第147号)が施行され,その附則
内地人女性の嫡出でない子であって国籍法の施行後に朝鮮人男性により認知されたものの平和条約発効後の国籍
破棄
国籍法2条1号の適用を認め,...あるDの子として,国籍法2条1号により日本国籍を取得したものと認めるのが相
韓国人である母の非嫡出子であって日本人である父により出生後に認知された子につき国籍法2条1号による日本国籍の取得が認められた事例
上告を棄却
同小山操子の上告理由のうち,国籍法(以下「法」という。)2条1号の憲法14
国籍法2条1号と憲法14条1項
棄却
嫡出否認の訴えの出訴期間の経過により確定したことにより、国籍法二条一号に基...の子を胎児認知することができ、その届出がされれば、国籍法二条一号により、子...二 本件の争点は、原告が、国籍法二条一号に基づき、日本国籍を取得したものか
フィリピン人である母の離婚後300日以内に出生した非嫡出子であって日本人である父により出生後に認知された子につき、国籍法2条1号により日本国籍を取得したものとは認められないとした事例
上告を棄却
の子を胎児認知することができ、その届出がされれば、国籍法二条一号により、子...には、右胎児認知がされた場合に準じて、国籍法二条一号の適用を認め、子は生来...上の親子関係が出生時からあったものと認められ、国籍法二条一号により、日本国
一 外国人である母の非嫡出子が日本人である父により胎児認知されていなくても国籍法二条一号により日本国籍を取得する場合 二 韓国人である母の非嫡出子であって日本人である父により出生後に認知された子につき国籍法二条一号による日本国籍の取得が認められた事例
取り消す
てはその社会的な地位又は身分にあたる。したがって、国籍法二条一号について、...たものと解すべきである。そうすると、国籍法が、嫡出子であるか非嫡出子である...致しないものであり、現行国籍法が認知による国籍取得を認めないこととした理由
1 韓国国籍を有する母が日本国民である父との婚姻中に懐胎したため、嫡出推定を受ける子であっても、その後、父との間の親子関係が存在しないことの確認の合意に相当する審判が確定したときは、国籍法2条1号所定の「出生の時に父又は母が日本国民であるとき」に該当しないとした事例 2 韓国国籍を有する母が日本国民である父との婚姻中に懐胎した子について、その後父との間に親子関係が存在しないことを確認することの合意に相当する審判が確定し、その時から起算して出生届の提出期間に相当する期間内に、前記母が出生届を、日本国民である実父が認知届出をそれぞれした場合には、前記子は、前記実父の認知により日本国籍を取得するとした事例
破棄
二 上告人は、日本で生まれ、その父母がともに知れないから、国籍法(以下「法」
一 国籍法二条三号にいう「父母がともに知れないとき」の意義 二 国籍法二条三号にいう「父母がともに知れないとき」に当たることの立証
控訴を棄却
(一) 改正前国籍法の下における国籍離脱は、同法一〇条、一二条により法務大...意思行為であるとされている。そして、改正前国籍法が右のとおり国籍離脱の効力...も、改正前国籍法一二条一項の「受理」の法的性質が、右婚姻及び離婚の届出の受
1 国籍法(昭和59年法律第45号による改正前)10条の規定による国籍離脱の効力が生ずるための要件 2 日本国籍の離脱届が受理されたが、届出に係る者がもともと外国国籍を有していなかった場合において、日本国籍離脱の効力が生じていないとして、同人がした日本国籍を有することの確認請求を認容した事例
子として出生し、旧国籍法一二条(明治三二年法律第六六号)に基づき日本国籍を...し、同月二五日、昭和五九年法律第四五号による改正前の国籍法(以下「改正前国...Aの名義で提出された原告の国籍離脱届は、その前提となる改正前国籍法一〇条一
1 国籍法(昭和59年法律第45号による改正前)10条の規定による国籍離脱の効力が生ずるための要件 2 日本人の女性の子として出生し旧国籍法(明治32年法律第66号、昭和25年法律第147号により廃止)3条に基づき日本国籍を取得した者について、その後同人を認知した中華民国国籍を有する男性と前記女性の両名の名義で法務大臣に対し国籍離脱届が提出され、同大臣によって受理及びその告示がされたが、その後前記男性の認知が無効であることを確認する旨の審判により同男性との親子関係が否定された場合、前記の子は、もともと外国の国籍を有する者でなかったのであるから、国籍法(昭和59年法律第45号による改正前)10条の規定による国籍離脱の効力が生ずる余地はないとして、同人がした日本国籍を有することの確認請求を認容した事例
控訴を棄却
裁決定は、事案を異にする上、旧国籍法一条の「父」の概念を不当に拡大するものであ...被控訴人は、旧国籍法一条にいう「父」は自然的血縁関係のある事実上の父で足り、...であるから、旧国籍法一条によつて出生と同時に日本国籍を取得したものというべきであ
1 国籍法(明治32年法律第66号、昭和25年法律第147号により廃止)1条に規定する「父」は、自然的血縁関係だけによるいわゆる事実上の父を含むか 2 日本人男と中国人女が、昭和15年当時中華民国において婚姻したが、その届出をしていなかった場合につき、両者の間の婚姻の成否は、法例13条1項により、実質的要件は各当事者の本国法、形式的要件は婚姻挙行地法である中華民国法により決せられるベきものであるところ、中華民国法が定める形式的要件は満たされており、また、実質的要件である婚姻意思の存在も認められるとして、婚姻の成立を認め、両人間に昭和17年に出生した子は嫡出子であり、日本国籍を有するとした事例
棄却
原告が出生した当時の国籍法(明治三二年法律第六六号。以下「旧国籍法」という。...ど事実上の認知をしていれば、旧国籍法一条の「父が日本人ナルトキ」に当たると解すべ...同5のうち、旧国籍法一条に主張のとおりの文言があることは認め、主張は争う。
1 旧国籍法1条に規定する「父」は、自然的血緑関係だけによるいわゆる事実上の父を含むか 2 日本人男と中国人女が、昭和15年当時中華民国において婚姻したが、その届出をしていなかった場合につき、両者の間の婚姻の成否は、法例13条1項により、実質的要件は各当事者の本国法、形式的要件は婚姻挙行地法である中華民国法により決せられるべきものであるところ、中華民国法が定める形式的要件は満たされており、また、実質的要件である婚姻意思の存在も認められるとして、婚姻の成立を認め、両人間に昭和17年に出生した子は嫡出子であり、日本国籍を有するとした事例
棄却
いし一〇六三条)、出生時に中華民国国籍を取得したことになる(中華民国国籍法...1 旧国籍法一五条は、親の帰化の効力を子にも及ぼしていた(親子国籍同一主...義)が、現行国籍法は、親の国籍変更に伴つて、当然に子の国籍に変動が生ずるこ
1 日本国籍を有しない母に、真実の父ではない者の推定される嫡出子であって日本国籍を有しない子がある場合において、母が自己についてのみした帰化の申請につき、申請者の親権に服する未成年の子がいる場合には原則として親子同時に帰化の申請をさせ、また、表見上の身分関係が真実と合致しない場合にはその身分関係が整序されるまで帰化を許可しないという取扱いに合理性が認められるとして、法務大臣のした右申請に対する不許可決定に裁量権の逸脱ないし濫用はないとした事例 2 国籍法に基づく帰化申請に対する法務大臣の不許可決定は、取消訴訟の対象となる行政処分に当たるか
控訴を棄却
を「(以下「A」という。)」に、五行目から六行目にかけての「旧国籍法(明治...三二年法律第六六号)」を「旧国籍法(明治三二年法律第六六号。以下同じ。)」...1 控訴人の後記当番における主張は争う。旧国籍法四条の規定は、血統主義を貫
1 旧国籍法(明治32年法律第66号)4条前段にいう「日本ニ於テ生マレタル子ノ父母カ共に知レサルトキ」の意義 2 日本で生まれ、出生後間もなく台湾人夫婦に引き取られて同人らの庶子として育てられた者が、旧国籍法(明治32年法律第66号)4条前段にいう「日本ニ於テ生マレタル子ノ父母カ共に知レサル」者に当たり、右出生とともに日本国籍を取得したものとされた事例
棄却
要件として、憲法前文、憲法一三条又は国籍法二条一号の適用により日本国籍を取...3 (一)次に、同控訴人は、国籍法。...或いは、更に進んで、そういう規定を欠いている国籍法全体ないしは日本国籍付与
1 子に対し監護養育する権利を有することを理由に母が提起したその子の国籍確認請求訴訟が、確認の利益を欠くとして不適法とされた事例 2 日本国籍を有する母とアメリカ合衆国国籍を有する父との間に生まれた子が提起した日本国籍を有することの確認請求訴訟において、国籍法2条1号の規定が憲法13条、14条1項、24条2項の各規定に違反するとの主張が、国籍法が日本国籍を有する母と日本国籍を有しない父との間に生まれた子について規定していないことは法の欠缺の一場合であるが、憲法は国籍付与の基準として何ら特定の主義を採用していないから、右法の欠缺をどのように補正するかは国会の立法裁量に任せられているとして、排斥された事例
控訴を棄却
として、憲法前文又は国籍法二条一号の適用により日本国籍を取得した旨主張する...2 (一)次に、控訴人は、国籍法二条一号「出生の時に父が日本国民であると...或いは、更に進んで、そういう規定を欠いている国籍法全体な゜いしは日本国籍付
1 日本国籍を有する母とアメリカ合衆国国籍を有する父との間に生まれた子が提起した日本国籍を有することの確認請求訴訟において、国籍法2条1号の規定が憲法13条、14条1項、24条2項の各規定に違反するとの主張が、国籍法が日本国籍を有する母と日本国籍を有しない父との間に生まれた子について規定していないことは法の欠缺の一場合であるが、憲法は国籍付与の基準として何ら特定の主義を採用していないから、右法の欠缺をどのように補正するかは国会の立法裁量に任せられているとして、排斥された事例 2 日本国籍を有する母とアメリカ合衆国国籍を有する父との間に生まれた子が日本国籍のみならず、アメリカ合衆国国籍をも取得することができず、無国籍者とならざるを得ないとしても、右子が同国国籍を取得することができないのは同国国籍法の規定によるものであるから、国籍法2条1号ないし3号の規定が憲法13条、14条1項の各規定に違反するとはいえないとした事例
却下
入籍させるように申し出た。ところが、国籍法(昭和二五年法律第一四七号)二条...め、前橋市長は、同日付書面をもつて、国籍法二条各号の規定により原告Bは出生...二 しかし、国籍法二条一号ないし三号の規定は、以下のとおり、違憲である。
1 子が提起した自己の国籍確認請求訴訟に、その母が併合提起した子の国籍確認請求訴訟が、訴えの利益を欠くとして不適法とされた事例 2 子は、自己の国籍確認請求訴訟において、父母の性別による差別を理由に、国籍法2条1号ないし3号の規定の違憲性を主張することができるとした事例 3 国籍の取得につき父系優先血統主義をとる国籍法2条1号ないし3号の規定は、父母の性別による差別を設けるものであるが、これは重国籍防止のため必要かつ有用であり、補完的な簡易帰化制度を併せ伴う限り不合理な差別とはいえず、憲法13条、14条、24条2項等の規定に違反しないとした事例
控訴を棄却
つて直ちに日本国籍を取得するものではない。すなわち、国籍法二条一号は、子の
1 韓国で出生以来約28年間生活し結婚した後、日本人である父を探すことをも目的として本邦に不法入国し、その後父によって認知された韓国人とその妻子に対し、法務大臣が在留特別許可を与えなかったことにつき、裁量権の逸脱ないし濫用がないとした事例 2 外国籍を有する者は、出生後日本人である父によって認知されたとしても、国籍法2条1号の適用はなく、当然に日本国籍を取得するものではないとした事例
取り消す
国籍法三条以下および同法施行規則一条の規定を勘案すれば外国人から帰化の申請...一二月一八日国籍法第四条五号に抵触することを理由に帰化を不許可とする決定...ば、原告には国籍法第七条にいう特別許可を与えられてしかるべきであると考え
国籍法に基づく帰化申請に対する法務大臣の不許可決定は、取消訴訟の対象となる行政庁の処分に当たるか
棄却
 抗告人は、旧国籍法第一条にいわゆる「子は出生の時その父が日本人なるときは...つき規定した右旧国籍法第一条が、ひとり、これと異り、抗告人主張のような趣旨...えられない。同国籍法の規定が出生による国籍の取得につきこの場合いわゆる血統
旧国籍法第一条にいう「父」の意義
破棄
帰化申請並にその許可処分のあつた当時施行されていた国籍法(明治三二年法律六...六号、以下旧国籍法という。)七条二項五号の規定によれば、帰化の申請を許可せ...る。それは旧国籍法を貫く二重国籍禁止の精神に基ずくものであつて、この条件の
旧国籍法第七条第二項第五号に違反する帰化許可の効力
30 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in