裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61805 
刑事21925民事39880
法律
執行法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
36 件中 1/1 ぺージ
棄却
本件競売手続に売却に伴う権利の消滅等に関する民事執行法59条の準用が...は与えられているともいい得る。売却の必要性を重視して民事執行法59条の準用...本件競売手続にいわゆる剰余主義に関する民事執行法63条の準用があるか
民法258条2項所定の競売を命ずる判決に基づく不動産競売と民事執行法59条及び63条の準用の有無
取り消す
民事執行法189条,113条は,船舶競売については開始決定の時の...舶国籍証書等の引渡命令の申立てにおいては,民事執行法189条,11
民事執行法189条、115条1項の「船舶競売の申立て前に船舶国籍証書等を取り上げなければ船舶競売が著しく困難となるおそれ」の有無を判断するために考慮すべき事項
上告を棄却
なお,刑法96条の2にいう「強制執行」には,民事執行法1条所定の「担保権
刑法96条の2にいう「強制執行」と民事執行法1条所定の「担保権の実行としての競売」
却下
に関する法律19条の8第5項,行政代執行法5条の規定に基づく79万64...により硫酸ピッチ等を撤去し,平成20年5月7日,同条5項,行政代執行法5条に基づき,原告に対し,その費用のうち79万6470円の納付を命...しかし,廃棄物処理法19条の8第5項が準用する行政代執行法5条に基づ
廃棄物処理法19条の8第5項が準用する行政代執行法5条に基づく代執行費用の納付命令を受けた者が提起した、前記納付命令の取消しを求める訴えが、適法とされた事例
破棄
担保権の実行としての競売の例によるところ(民事執行法195条),本件確定判...の競売に準用される民事執行法181条1項1号所定の「担保権の存在を証する確定判決」に当たると主張している。...されているとはいえず,本件確定判決は,民事執行法181条1項1号所定の「担
登録自動車を目的とする民法上の留置権による競売において民事執行法181条1項1号所定の「担保権の存在を証する確定判決」に該当するための要件
破棄
 (2) 抗告人は,本件決定によって,民事執行法151条の2第1項2号に掲げ... ア 民事執行法151条の2第1項に掲げる婚姻から生ずる費用の分担の義務等...づき継続的に発生するものであり,民事執行法151条の2第2項に規定する「継
保険医療機関、指定医療機関等の指定を受けた病院又は診療所が社会保険診療報酬支払基金に対して取得する診療報酬債権と民事執行法151条の2第2項に規定する「継続的給付に係る債権」
破棄
 民事執行法(以下「法」という。)181条1項(平成16年法律第124号に
根抵当権者が競売の申立ての際に提出した当該根抵当権の登記のほかに譲渡担保を原因とする同人への所有権移転登記が記載されている登記簿謄本とみなされる登記事項証明書と民事執行法(平成16年法律第124号による改正前のもの)181条1項3号の文書
上告を棄却
 なお,【要旨】民事執行法上の競売手続により宅地又は建物を買い受ける行為は
民事執行法上の競売手続により宅地又は建物を買い受ける行為と宅地建物取引業法2条2号にいう宅地又は建物の「売買」
取り消す
(民事執行法一六一条一項)、「支払に代えて」とは、執行債務者について執行裁
一 民事執行法一六一条一項にいう「支払に代えて」の意義 二 株式の価額を零円と定めて発令された民事執行法一六一条一項に基づく譲渡命令が違法とされた事例
上告を棄却
執行法二四条に基づき執行判決を求めた事案である。民事執行法二四条三項は、本... 民事執行法二四条所定の「外国裁判所の判決」とは、外国の裁判所が、その裁判...ついては調査し得ないものというべきである(民事執行法二四条二項)。
一 香港高等法院がした訴訟費用の負担を命ずる裁判と民事執行法二四条所定の「外国裁判所の判決」 二 併合請求の裁判籍が存在することを根拠に香港の裁判所に民訴法一一八条一号所定の「外国裁判所の裁判権」が認められた事例 三 司法共助に関する条約に定められた方法によらない送達と民訴法一一八条二号所定の「訴訟の開始に必要な呼出し若しくは命令の送達」 四 香港在住の当事者から私的に依頼を受けた者が我が国でした直接交付の方法による送達と民訴法一一八条二号 五 弁護士費用を含む訴訟費用全額の負担を命ずる裁判と民訴法一一八条三号所定の「公の秩序」 六 中国に返還される前の香港と我が国との間における民訴法一一八条四号所定の「相互の保証」の有無
取り消す
た上、同年五月一五日、民事執行法六三条二項に基づき本件強制競売手続を取り消... <要旨>2 しかしながら、民事執行法六三条にいう「差押債権者の債権に優先す...て扱わないこととすると、民事執行法六三条の適用に関しては優先債権でないとし
不動産の強制競売手続において仮登記担保権の付着する債権として届け出られた債権が差押債権と同一である場合と民事執行法六三条にいう「差押債権者の債権に優先する債権」の範囲
上告を棄却
分があるので検討するに、民事執行法九〇条六項が配当期日から一週間以内に執行...をもってしてはいまだ民事執行法九〇条六項所定の証明をしたとするに足りないも
民事執行法九〇条六項にいう執行裁判所に対する配当異議の訴えを提起したことの証明
破棄
機会があったということができるときは、民事執行法一八四条の適用を認めるのが...ともなるので、民事執行法一八四条は、この難点を克服するため、手続上、所有者
民事執行法一八四条の適用と競売不動産の所有者が不動産競売手続上当事者として扱われたことの要否
控訴を棄却
 2 被控訴会社による右所有権の取得は、本件競売手続に民事執行法一八四条が...設定も無効である。ところで、民事執行法一八四条は、目的不動産の真実の所有者...のであるから、本件競売手続については民事執行法一八四条が適用されると解すべ
不動産所有者が競売手続上当事者として扱われなかった場合と民事執行法一八四条
棄却
も、民事執行法による不動産競売事件における引渡命令は、当事者の主張する実体
民事執行法八三条による引渡命令の裁判と憲法三二条、八二条
破棄
 五 次に、本件配当異議の訴えの適否について判断する。 1 民事執行法一五九条三項は、「転付命令が第三債務者に送達される時までに、...けた第三債務者が民事執行法一五六条二項に基づいてした供託は、転付命令が効力...を期待することは困難であるから、本件供託は、民事執行法一七八条五項において
一 先取特権者による物上代位権行使の目的となる債権について一般債権者が差押又は仮差押の執行をしたのちの先取特権者による物上代位権の行使 二 優先権を有する債権者の得た転付命令が第三債務者に送達される時までに転付命令に係る金銭債権について他の債権者が差押、仮差押の執行又は配当要求をした場合における転付命令の効力 三 差押命令の送達と転付命令の送達とを競合して受けた第三債務者が民事執行法一五六条二項に基づいてした供託の効力 四 差押命令の送達と転付命令の送達とを競合して受けた第三債務者のした供託に基づき転付命令が効力を生じないとの解釈のもとに配当表が作成された場合と効力の生じた転付命令を得た債権者の不服申立方法
控訴を棄却
行政代執行法3条1項の戒告につき、義務を課する行政処分と同一の文書でされ、また、その文書が戒告書である旨表示されていなかったとしても、同項所定の内容が記載され、同項の戒告であることが義務者に容易に理解されものであれば、右文書でされた戒告に瑕疵があるとはいえないとした事例
棄却
 本件抗告理由は、民事執行法一一条の執行異議申立棄却の決定に対する即時抗告
民事執行法一〇条一項、一一条、一二条一項と憲法三二条
取り消す
 1 民事執行法一九三条によれば、同法一四三条に規定する債権及び同法一六七
一 被担保債権の存在の証明は民事執行法による担保権実行開始の要件か(消極) 二 保証を提供させたうえ強制執行の停止を命ずる決定の正本は民事執行法一九三条一項の担保権の存在を証する書面に該当するか(積極)
込みのないことは明白であるから、執行裁判所は民事執行法一八八条、六三条によ... <要旨>しかしながら、民事執行法一八八条の準用する同法六三条は優先債権者の
民事執行法六三条違反を看過してされた売却許可決定を優先債権者の不服申立なくして取り消すことの可否
上告を棄却
は執行手続の性質上、強制執行法に定める救済の手続により是正されることが予定...ては強制執行法上の異議の訴えを起し執行停止決定を得てその正本を執行裁判所に...提出するなど強制執行法上の手続による救済を求めるべきものであつたのである。
不動産の強制競売事件における執行裁判所の処分が実体的権利関係に適合しないことにより自己の権利を害される者が強制執行法上の手続による救済を求めることを怠つた場合と国に対する損害賠償請求の可否
却下
されているに過ぎないから、行政代執行法上の正当な義務者に対する送達を欠くも...2 一般に、行政代執行法に基き、物件の除却命令が発せられ代執行をなすため、
1 前主又は前々主を名あて人としてされた行政代執行法に基づく建物除去命令に対する効力停止の申立てにつき、申立人の右建物取得が専ら行政庁の処分を免れる目的の下に仮装してされた無効のものであるとして、行政事件訴訟法25条3項にいう「本案について理由がないとみえるとき」に当たるとした事例 2 前主又は前々主を名あて人としてされた行政代執行法に基づく建物除去命令に対する効力停止の申立てにつき、右建物は都市計画法上の市街化調整区域に建築されているため近い将来における除去を免れず、また右除去に至るまでの損害も金銭的賠償によって十分償うことができるとして、行政事件訴訟法25条2項にいう「回復の困難な損害」は生じないとした事例
上告を棄却
て無制限に許されるべきものでないことも同条二項及び警察官職務執行法一条など
一 交通の安全及び交通秩序の維持などに必要な警察の諸活動と警察法二条及び警察官職務執行法一条との関係 二 警察官による交通違反の予防、検挙を目的とする自動車の一せい検問の適法性
棄却
とともに、あわせて、原告がこれに応じなければ、行政代執行法の規定に基づき代...(一) 行政庁が行政代執行法に基づき、代執行をなす場合には、その事前手続と...む命令文言に引続き「この義務を履行しない場合は、行政代執行法(昭和二三年法
行政代執行法3条1項の戒告につき、同項所定の内容が記載され、同項の戒告であることが義務者に容易に理解されるものであれば、義務を課する行政処分と同一の文書でされ、また、その文書が戒告書である旨表示されていなかったとしても、右戒告に瑕疵があるとはいえないとした事例
却下
本件代執行命令は、行政代執行法二条の要件を欠く違法なものである。すなわち、...いないのである。これを要するに、本件除却命令については行政代執行法二条にい...原告は、代執行令書を送達して代執行命令を発した旨主張する。行政代執行法によ
1 都市公園法5条2項ないし同法6条1項に基づく許可なしに公園地内に存在している工作物に対して公園管理者が同法11条1項1号に基づいてする除却命令は、右工作物の所有者から同法5条2項に基づく許可申請中にされたとしても特段の事情がない限り、原則として違法となることはないとされた事例 2 不作為の違法確認の訴えの要件としての「法令に基づく申請」の意義 3 行政代執行法3条2項にいう通知は、取消訴訟の対象となる行政処分か
破棄
執行法五条後段所定の要件が存しなかつたとし、警察官の本件実力行使は適法な職...る客観的状況が生じていたことは証拠上明白であり、警察官職務執行法五条後段の...し、ただ本件の場合警察官の実力行使は警察官職務執行法(以下「警職法」とい
一、 組合員の就労を阻止したピケツテイングが労働組合法一条二項にいわゆる正当性の範囲を逸脱したものとして威力業務妨害罪が成立するとされた事例 二、 現に犯罪が行なわれている場合における警察官の制止行為と警察官職務執行法五条との関係
却下
う命令し、さらに、同年七月一九日付戒告書で、申立人らに対し、行政代執行法三...管第六二二号の二をもつて、行政代執行法第三条第一項に基づく戒告をなした。し...り、しかも行政代執行法による代執行をなすべき旨の戒告がなされている。
いかだ運送事業を営む者が、木材いかだのけい留場として使用してきた河川の占用水面について原状回復命令を受け、更に行政代執行法3条1項に基づく戒告を受けたので、右戒告に続く代執行手続の続行の停止を求めてした申立てにつき、回復困難な損害があることについての疎明がなく、かつ、公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれのあることが明らかであるとして却下した事例
控訴を棄却
 論旨は、都公安条例四条は警察官職務執行法(以下「警職法」という。)五条の
一、 昭和二五年東京都条例四四号(以下「都公安条例」という。)三条一項但書と憲法二一条 二、 都公安条例五条のうち東京都公安委員会かつけた条件の違反を処罰する部分と憲法三一条 三、 集団示威運動につき付された交通秩序維持に関する条件の違反を処罰することと憲法三一条二一条 四、 都公安条例四条は警察官職務執行法五条との関係で憲法九四条地方自治法一四条一項に違反するか
却下
付建関水第一五九号戒告書をもつて、申立人Aに対し、行政代執行法三条一項の規
1 河川法に基づく工作物設置許可申請をするとともに、その許可を待たずに土地の利用、工作物の設置等をしている場合に、右許可申請を不許可とした処分に対する執行停止の申立てが、執行停止がなされても単に申請が存する状態に復するのみで、これにより工作物を設置する権限を付与されるものでないから、執行停止を求める利益がなく不適法であるとされた事例 2 行政代執行法第3条第1項に基づく戒告が行政処分とは解されないとされた事例 3 河川法第75条第1項に基づく監督処分のうち許可を待たずに設置した工作物の除去を命じた部分の効力の停止を求める申立てが、右処分により被ることあるべき損害は執行停止という緊急措置による救済に値する程度の損害とは認められないとして却下された事例
破棄
官職務執行法第五条後段所定の要件たる人の生命若しくは身体に危険が及ぶ虞があ...務執行法第五条後段の要件を具備していたことが明らかであるにも拘らず、右の要... 論旨は、原判決は、警察官職務執行法第五条後段にいう「財産に重大な損害を受
一、 郵便局における労働争議に際し、違法なピケッティングによつて当該郵便局の一切の業務が停止された場合と右警察官職務執行法第五条後段の「財産に重大な損害を受ける虞があつて急を要する場合」との関係 二、 ピケッティングが威力業務妨害罪を構成する場合におけるピケ隊員に対する警察官の引き抜き行為の適法性
上告を棄却
執行につき執行法上の救済方法があるからといつて、被告の右利得が法律上の原因
不当な強制執行により利得をえた場合、右強制執行につき執行法上の救済方法がある場合と不当利得の成否。
上告を棄却
 同第二点は、違憲をいうが、その実質は、原判決は警察官職務執行法五条の解釈、
一 公務執行妨害罪の職務行為の根拠となるべき法令を訴因として示すことの要否 二 警察官等職務執行法第五条の解釈、適用に誤ありと認められない事例 三 刑訴法第四〇〇条但書に違反しない事例
上告を棄却
いから、右警察員の措置は所論警察官等職務執行法五条に反するところもなく、本
掏摸現行犯逮捕手続において警察官等職務執行法第五条に違反しないと認められる場合
却下
の訴の提起が本件行政代執行につき行政代執行法第七条の規定により訴願を提起...わゆる訴願前置主義に則り行政代執行法第七条の規定により訴願裁決又は異議の決
行政代執行法第七条第三項と行政事件訴訟特例法第二条との関係
上告を棄却
為は警察官職務執行法二条による適法な公務執行々為と認むべきである。論旨は、
警察官等職務執行法第二条にいう「職務質問」は公務執行妨害における公務か
控訴を棄却
 警察官等職務執行法第五条が、その前段において「警察官等は、犯罪がまさに行...ずと考え、警察官等職務執行法第五条の規定に基き、遂に同日午後七時過頃警察隊...による虞危険行為の排除としてまさに警察官等職務執行法第五条後段に該当する適
一、 争議行為として行われるピケツテイングの合法性の限界 二、 警察官等職務執行法第五条後段にいわゆる「その行為を制止すること」の意義
36 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in