裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61818 
刑事21927民事39891
法律
売春防止法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
売春防止法の判決統計
0
3
0
35 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
うのである。所論は,そのような事実関係の下では,売春防止法6条1項の周旋罪...は成立しないという。しかし,売春防止法6条1項の周旋罪が成立するためには,
遊客において周旋行為の介在を認識していなかったことと売春防止法6条1項の周旋罪の成否
上告を棄却
由に当たらない(被告人の本件行為が売春防止法五条三号前段の「客待ち」に当た
売春防止法五条三号前段の「客待ち」に当たるとされた事例
破棄
いたにすぎないのに、原判決は、被告人について、Aの原判示第一の売春防止法違...をもって足りると考えているものと解される。ちなみに、売春防止法は、売春場所...法的作為義務が認められないので、被告人に対し売春防止法違反幇助罪の成立を認
売春防止法一一条二項違反の罪につき不作為による幇助犯が成立しないとされた事例
破棄
ぎないのに、これを売春防止法六条二項三号に該当するとした原判決は、事実を誤... 所論は、いわゆるピンクビラの貼付行為に売春防止法(以下単に「法」ともい...に、本件はいわゆる売春広告ビラ二枚を公衆電話ボックス内に貼付した売春防止法
売春周旋の目的を有する他人のためにいわゆるピンクビラを貼付した行為につき売春防止法六条二項三号所定の罪が成立するとされた事例
上告を棄却
例は、いずれも売春防止法一三条一項の「情を知つて」に関して所論のいうような... なお、売春防止法一三条一項の「情を知つて」というためには、同項に規定する
売春防止法一三条一項所定の「情を知つて」と確定的認識の要否
破棄
 所論は要するに、管理売春の罪(売春防止法一二条)が成立するためには、売春...ては、A嬢らの売春行為に関し被告人の支配が存在し、被告人は売春防止法第一二...売春防止法一二条に該当するところ、被告人には原判示の前科があるので刑法五六
トルコ風呂の経営者に売春防止法一二条違反の罪の成立を認めた事例
上告を棄却
処罰することにあるのに対し、売春防止法一〇条は、同法一条の趣旨に照らせば、...は、売春防止法一〇条の適用される本件には適切でなく、その余は、事実誤認、量
売春防止法一〇条の法意
上告を棄却
 弁護人伊藤静男の上告趣意のうち、売春防止法は女性蔑視の思想に基づく法律で
売春防止法違反事件につき、憲法一四条違反をいう論旨が前提を欠き不適法とされた事例
上告を棄却
法四〇五条の上告理由にあたらない(記録によれば、Aにつき売春防止法一二条違... 多数意見は、「記録によれば、Aにつき売春防止法一二条違反の罪が成立するこ...は、正当である」と判示し、Aにつき売春防止法一二条にいわゆる管理売春の成立
いわゆる通い売春につき売春防止法一二条違反の罪が成立するとされた事例
上告を棄却
して客室を提供した行為につき、売春防止法一〇条一項および一一条二項各違反の
売春防止法一〇条一項違反の罪と一一条二項違反の罪が併合罪の関係にあるとされた事例
控訴を棄却
を蔽い本件を売春防止法第一二条に該当すると認定処断したのは、事実を誤認し法
いわゆる「通い」売春と売春防止法第一二条の成否
上告を棄却
も刑訴法四〇五条の上告理由に当らない(なお、売春防止法一二条にいわゆる「居
売春防止法第一二条にいう「居住させ」の意義
上告を棄却
関係のもとにおいて、被告人の所為を売春防止法一二条に該当するとした原判決の... 多数意見は、「本件事実関係のもとにおいて、被告人の所為を売春防止法一二条... 売春防止法一二条は、「人を自己の占有し、若しくは管理する場所又は自己の指
売春防止法第一二条のいわゆる管理売春の罪が成立するとされた事例
破棄
同弁護人作成名義の控訴趣意書記載のとおりであり検察官の売春防止法違反被告事... <要旨第一>そこで判断するに、売春防止法第一三条第二項は同法第一二条所定の...とるとしても、売春防止法第一三条第二項が、建物を管理売春の用途に使用し得る
一、 売春防止法第一三条第二項の趣旨 二、 賃貸期間中途における知情と同条項の建物の提供 三、 賃貸借契約の更新特に黙示の更新法定更新と同条項の建物の提供
上告を棄却
(売春防止法第一〇条にいう「売春をさせることを内容とする契約」は、売春が婦
売春防止法第一〇条にいう「売春をさせることを内容とする契約」の意義
上告を棄却
売春防止法第一二条違反罪において反復された同種行為が別罪を構成するものとされた事例。
控訴を棄却
 論旨は、原判決には売春防止法第一二条の解釈適用を誤つた違法があると主張...しかし、売春防止法第一二条は「人を自己の占有し、若しくは管理する場所又は自...も本件には適切でない。所論はまた、売春防止法第一二条の「居住」の意義を、文
いわゆる「通い」売春と売春防止法第一二条の成否
上告を棄却
つて刑訴法四〇五条の上告理由に当らない(売春防止法一三条二項によつて懲役刑
売春防止法第一三条第二項によつて懲役刑に罰金刑を併科し更に家賃相当額を追徴することの可否と追徴額の算定。
上告を棄却
なる法令違反の主張であつて、刑訴四〇五条の上告理由に当らない(売春防止法一
売春防止法第一四条により法人を処罰するには行為者が処罰されることを要件とするか。
上告を棄却
売春防止法一二条の規定は、同条に該当する行為をした者は何人であつてもその罪...く、その判旨とするところは、要するに、売春防止法一二条の「売春させる」とい
売春防止法第一二条と憲法第一四条。
上告を棄却
た事実がなくても、売春防止法一一条二項の「売春を行う場所を提供することを業
売春防止法第一一条第二項の「売春を行う場所を提供することを業とした者」にあたるとされた事例。
上告を棄却
告理由に当らない(なお、原判示の被告人の所為が売春防止法六条二項一号にいわ
売春防止法第六条第二項第一号にいわゆる勧誘にあたるとされた事例。
破棄
被告人はさきに昭和三十七年四月十三日東京地方裁判所で売春防止法違反の罪によ... よつて調査すると、被告人が原判決認定のような売春防止法第五条第三号前段に... しかして売春防止法第十六条には、同法第五条の罪を犯した者に対し、その罪の
刑の執行猶予中の被告人に対し売春防止法第五条の罪のみにより懲役刑を言い渡しその刑の執行を猶予しようとする場合の措置
上告を棄却
 売春防止法一四条は、業務主たる人の代理人、使用人その他の従業者が同法九条...七頁参照)。それ故、売春防止法一四条によつて他人の犯罪行為につきなんらの罪...ない本件において、被告人に対し売春防止法一四条の適用を肯定した原判決は正当
売春防止法第一四条のいわゆる両罰規定の法意。
上告を棄却
 所論は、売春防止法五条は女性のみを対象として売春の予備的行為を処罰するも...するが、売春防止法五条は女性のみを処罰の対象とするものではないから、所論違
売春防止法第五条の趣旨
破棄
(以下地裁支部と略称する)にいずれも売春防止法違反で起訴され、昭和三七年七...売春防止法第一二条の罪の法益の差異から見て被告人の行為は一個の行為にして数...祉法違反の罪とその他の罪(本件においては売春防止法違反の罪)が刑法第五四条
家庭裁判所に対し児童福祉法違反の起訴があつた後地方裁判所に対し、この罪と一所為数法の関係にある売春防止法違反の罪の起訴のあつた場合の措置
上告を棄却
認の主張であつて、刑訴四〇五条の上告理由に当らない。(なお、売春防止法一一
売春防止法第一一条第二項にいう「業とする」の法意
破棄
これを包括一罪として売春防止法一二条を適用し被告人を懲役一〇月及び罰金五万...児童福祉法六〇条一項の罪と売春防止法一二条の罪との法益の差異から見て、被告
児童福祉法第六〇条第一項の罪と売春防止法第一二条の罪とが想像的競合となる事例
破棄
決は売春防止法にいわゆる「自己の占有する場所に居住させ、これに売春をさせる...たことが認められるのであつて、以上認定の事実から被告人の行為は売春防止法第...ることを業とした」ということができる。しかし</要旨>て、売春防止法第一二条
売春防止法第一二条の罪が成立するためには売春を勧誘しまたは強要し、あるいは売春の対償を収受することを要するか
控訴を棄却
主体であるとして原判示売春防止法違反の事実を認定した原判決には、判決に影響... <要旨>しかし、売春防止法第十一条第一項にいわゆる「場所を提供した者」と
売春防止法第一一条第一項にいわゆる「売春を行う場所を提供した者」の意義
上告を棄却
売春防止法第一二条の合憲性。
上告を棄却
 けれども原判示の被告人の勧誘行為は売春防止法五条に該当するので原判決は主...文の通り懲役刑およびその執行猶予を言い渡すに際し売春防止法一七条に従い補導
売春防止法第一七条による補導処分と拘留。
破棄
 <要旨>しかし売春防止法第六条第一項所定の周旋とは売春をする者とその相手方... 然るにこの点を看過して被告人に売春防止法第六条第一項所定の周旋罪の成立を
売春防止法第六条第一項所定の周旋罪の構成要件
破棄
万円に処したことは所論のとおりである。しかし、売春防止法第一二条違反の罪...しかるに本件において本件売春防止法第一二条違反の罪の中間に存する確定判決
一定期間に亘る売春防止法第一二条の罪の中間に別種の罪について確定裁判が存する場合と刑法第四五条後段の適用の有無
破棄
 売春防止法第十二条は「人を自己の占有し、若しくは管理する場所又は自己の指...その居住場所に関し何等の支配関係も及ぼし得ない場合には売春防止法の他の法条...とを業としたものであると認定し、売春防止法第十二条により処断し、その別表一
売春防止法第一二条にあたらないとした事例
35 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in