裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
宅地建物取引業法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
31 件中 1/1 ぺージ
破棄
人が,宅地建物取引業法(以下「宅建業法」という。)25条1項に基づき供託し
宅地建物取引業法30条1項前段所定の事由が発生した場合において、同条2項本文所定の公告がされなかったときにおける営業保証金の取戻請求権の消滅時効の起算点
控訴を棄却
控訴人は,平成元年3月31日付けで,東京都知事により宅地建物取引業法
宅地建物取引業の免許を受けて宅地建物取引業を営んでいた者が、宅地建物取引業法25条1項に基づき供託した営業保証金について、同保証金につき同法27条1項の権利を有する者に対して6月を下らない一定期間内に申し出るべき旨を公告しなかった場合において、同保証金の取戻請求権の消滅時効が、その取戻事由が生じた後、上記公告で定め得る最低限の期間である6月を経過した日の翌日から進行するとされた事例
却下
月20日,宅地建物取引業法(以下「宅建業法」という。)25条1項に基づ
宅地建物取引業の免許を受けて宅地建物取引業を営んでいた者が、宅地建物取引業法25条1項に基づき供託した営業保証金について、同保証金につき同法27条1項の権利を有する者に対して6月を下らない一定期間内に申し出るべき旨を公告しなかった場合において、同保証金の取戻請求権の消滅時効が、その取戻事由が生じた後、上記公告で定め得る最低限の期間である6月を経過した日の翌日から進行するとされた事例
上告を棄却
宅地建物取引業法2条2号にいう宅地又は建物の「売買」に当たるとして,被告人
民事執行法上の競売手続により宅地又は建物を買い受ける行為と宅地建物取引業法2条2号にいう宅地又は建物の「売買」
棄却
 (2) 控訴人の被控訴人に対する宅地建物取引業法64条の10に基づく還付充当金100... (3) 控訴人の被控訴人に対する宅地建物取引業法64条の10に基づく還付充当金100... (4) そうとすれば,控訴人の「控訴人の被控訴人に対する宅地建物取引業法64条の10
1 宅地建物取引業保証協会の社員と宅地建物取引業に関し取引をした者が当該社員に対する債権を有していなかったにもかか わらず上記債権を有するものとして宅地建物取引業法64条の8第2項所定の認証を受けた上で弁済業務保証金の還付を受 けた場合における同法64条の10第1項所定の「第64条の8第1項の権利の実行により弁済業務保証金の還付があった とき」の該当性 2 宅地建物取引業保証協会の社員との間で宅地建物取引業に関して取引をした者の申出を受けて宅地建物取引業法64条の8 第2項所定の認証をした同保証協会が当該社員に対する不法行為責任を負うとされた事例
上告を棄却
弁済業務保証金による弁済の対象である宅地建物取引業法(以下「法」という。)
一 宅地建物取引業保証協会の社員との間の宅地建物の取引に係る契約における損害賠償額の予定又は違約金に関する定めに基づく債権と宅地建物取引業法六四条の八第一項所定の「その取引により生じた債権」 二 宅地建物取引業保証協会がその内部規約において弁済業務保証金による弁済の対象となる損害賠償債権又は違約金債権の内容及び範囲に制限を加えて宅地建物取引業法六四条の八第二項所定の認証を拒否することの許否
控訴を棄却
額の予定に基づくもの)を有するとして、宅地建物取引業法六四条の八第一、二項... (一) 被控訴人は、宅地建物取引業法(以下「法」という。)六四条の二の規...万円であり(宅地建物取引業法施行令二条の四)、訴外会社が被控訴人の社員でな
一 宅地売買契約の特約に基づく代金額の二割相当額の違約金債権と宅地建物取引業法六四条の八第一項にいう「その取引により生じた債権」 二 宅地建物取引業法六四条の八第一項にいう「その取引により生じた債権」の内容及び範囲を宅地建物取引業保証協会の規約によって限定することの可否
上告を棄却
 宅地建物取引業法(昭和五五年法律第五六号による改正前のもの。以下「法」と
一 宅地建物取引業法所定の免許基準に適合しない免許の付与ないし更新をした知事の行為と国家賠償法一条一項の違法性 二 宅地建物取引業者に対する知事の監督処分権限の不行使と国家賠償法一条一項の違法性
上告を棄却
宅地建物取引業法についての違憲の主張が欠前提処理された事例
上告を棄却
 なお、本件宅地建物取引業法違反の事実のうち、株式会社Aが設立された昭和五...六年三月六日以降の事実において、宅地建物取引業法一二条一項の規定に反した者
法人の代表者がその法人の行為に関して宅地建物取引業法七九条二号の違反行為をしたときの罰条
上告を棄却
 なお、本件において、宅地建物取引業法四七条の規定に違反して同条一号に掲げ...べきである。したがつて、原判決が被告人の本件各所為のうち宅地建物取引業法違
宅地建物取引業者である法人の代表者がその法人の業務に関し、宅地建物取引業法四七条に違反する行為をしたときの罰条
上告を棄却
という)宅地建物取引業法一三条の規定に違反した者はA株式会社であり、被告人
宅地建物取引業者である法人の代表者がその法人の業務に関し、宅地建物取引業法一三条(昭和五五年法律第五六号による改正前のもの)に違反する名義貸し行為をしたときの罰条
上告を棄却
 弁護人東俊一の上告趣意第一は、憲法三一条違反をいうが、宅地建物取引業法四... なお、宅地建物取引業法四九条にいう「帳簿」とは、本人の意思並びに客観的な
宅地建物取引業法四九条にいう「帳簿」の意義
上告を棄却
宅地建物取引業法(昭和五五年法律第五六号による改正前のもの)七九条一号にいう「不正の手段」の文言が不明確で憲法三一条に違反するとの主張が欠前提とされた事例
破棄
 本件事件受理申立の理由は、宅地建物取引業法(以下「宅建業法」という。)一
宅地建物取引業法一三条一項、七九条三号の法意
棄却
 (二) 右特約は、宅地建物取引業法(以下、「宅建業法」という。)第四二条
一 宅地建物取引業者がみずから買主となる宅地等の売買契約と宅地建物取引業法四二条の適用(消極) 二 宅地建物取引業者がみずから買主となる宅地等の売買契約と宅地建物取引業法三八条の適用(消極)
取り消す
のうえ、弁論の全趣旨によれば、本件土地は宅地建物取引業法の適用を受ける宅...及び同規定を受けた「宅地建物取引業法の規定により宅地建物取引業者が受けるこ...が一方当事者から受けることのできる最高額は宅地建物取引業法の規定により四九
1 法人がその所有する土地を売却するに際し仲介料を支払ったがその額が証拠上認定できない場合に、宅地建物取引業法の規定により宅地建物取引業者が受けることのできる報酬の額(昭和45年建設省告示第1552号)に定める最高額の限度で、右仲介料の損金算入を認めた事例 2 青色申告法人に対する更正処分の更正通知書の理由付記に不備はないとした事例
棄却
存在するとしても、それは宅地建物取引業法に定められている報酬額算定基準を適
1 土地売買契約に付随して締結された、売主が私道を建設し、これを買主に無償で使用させる旨の特約に基づき、売主が支出した右道路建設費用が、譲渡所得の計算上控除される譲渡費用に当たるとされた事例 2 土地売買に際し、売主が宅地建物取引業免許を有しない者に支払った仲介手数料が、「宅地建物取引業法の規定により宅地建物取引業者が受けることのできる報酬の額」(昭和45年建設省告示第1552号)に定める額の限度で、譲渡所得の計算上控除される譲渡費用に当たるとされた事例
破棄
宅地建物取引業法四九条、八三条一項四号にいう帳簿にあたると解されるから、帳...に備え付けていなかつた」旨を認定し、宅地建物取引業法四九条、八三条一項四... ところで、宅地建物取引業法四九条は、「宅地建物取引業者は、建設省令の定め
宅地建物取引業法四九条、八三条一項四号にいう帳簿の意義
破棄
内所を設置したところ、右案内所について宅地建物取引業法五〇条二項で命ぜられ...いる「現地案内所」とは、宅地建物取引業法五〇条にいわゆる建設省令である宅地...から、たとえ地続きでなくても、宅地建物取引業法施行規則一九条一項所定の「一
宅地建物取引業法施行規則一九条一項にいう「一団の宅地」に当たらないとされた事例
上告を棄却
 原審は、宅地建物取引業法(昭和四六年法律第一一〇号による改正前のもの)一
宅地建物取引業法(昭和四六年法律第一一〇号による改正前のもの)一一条の二第二項にいう「その者が、みずから主として業務に従事する事務所」の意義
控訴を棄却
1 課税処分の取消訴訟において所得の種類の認定に誤りがあっても、その課税の対象とされる総所得金額及び税額が減少しない限り、これを理由として課税処分を取り消すことはできないとした事例 2 土地売買の仲介による事業所得の算定上、右仲介を更に不動産仲介業者に依頼してこれに支払った報酬は、宅地建物取引業法の定める額を超えるため法律上支払義務のなかった部分についても、経費であるとした事例
上告を棄却
法四〇五条の上告理由にあたらない。なお、宅地建物取引業法一二条一項(昭和四...営利の目的で反復継続して行う意思のもとに宅地建物取引業法二条二号所定の行為
宅地建物取引業法(昭和四六年法律第一一〇号による改正前のもの)一二条一項にいう「宅地建物取引業を営む」の意義
上告を棄却
かつ、昭和四六年法律第一一〇号による改正前の宅地建物取引業法二三条により、
営利の目的のあることが宅地建物取引業法一二条一項、二四条二号(後者は昭和四六年法律第一一〇号による改正前のもの)の各規定に違反すると認めるための要件か
棄却
の三%以内と定められており(本件取引当時施行の宅地建物取引業法一七条、同法...ところで、本件各取引当時施行されていた宅地建物取引業法一七条および同法施行...末端の買主が仲介人に支払つた手数料の額を基準とし、前記宅地建物取引業法およ
土地売買の仲介による事業所得の算定上、右仲介を更に不動産仲介業者に依頼してこれに支払った報酬は、宅地建物取引業法の定める額を超えるため法律上支払義務のなかった部分についても、経費として認定すべきであるとした事例
破棄
 検察官の控訴趣意は要するに、宅地建物取引業法(以下単に本法という。)第二
宅地建物取引業法二条一号にいわゆる宅地の意義
上告を棄却
ない(なお、宅地建物取引業法一二条一項にいわゆる宅地建物取引業を営むとは、
宅地建物取引業法第一二条第一項にいう「宅地建物取引業を営む」の意義
控訴を棄却
被告人の原判示所為をもつて、宅地建物取引業法第一二条第一項に違反し、同法第...建物取引業を営んだものと認定し、宅地建物取引業法第二四条第二号を適用して処
農地が宅地建物取引業法にいわゆる宅地に該当する事例
上告を棄却
三巻六号一九九頁)とするところであつて、所論の宅地建物取引業法の一部を改正
宅地建物取引業法の一部を改正する法律(昭和三二年法律第一三一号)所定の営業保証金に関する各条項を適用して宅地建物取引業者の登録を取り消すことと憲法第三九条。
上告を棄却
を課した昭和三二年法律第一三一号(宅地建物取引業法の一部を改正する法律)附...三一号(宅地建物取引業法の一部を改正する法律)は、かかる業者に対し、従来の
宅地建物取引業法の一部を改正する法律(昭和三二年法律第一三一号)附則第七項および第八項と憲法第二二条、第一三条。
破棄
 宅地建物取引業法の目的は同法第一条に規定するところであつて宅地建物払底の... 被告人の前記所為は宅地建物取引業法第十二条に違反し同法第二十四条第二号に
宅地建物取引業法第二条のいわゆる「建物売買」の意義
31 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in