裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
宗教法人法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
21 件中 1/1 ぺージ
棄却
供する宗教法人法第3条に規定する境内建物及び境内地」に該当し,固定資産...の用に供する宗教法人法3条に規定する境内建物及び境内地(旧宗教法人...(2) 宗教法人法について
宗教法人が納骨堂として使用している土地及び建物の一部が地方税法348条2項3号所定の「宗教法人が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内建物及び境内地」に該当しないとしてされた固定資産税及び都市計画税の賦課処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
人が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当す...の本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」には該当しないとし...(宗教法人法3条4号)として,地方税法348条2項3号の「宗教法人法第
宗教法人が動物専用墓地として使用している土地は地方税法(平成22年法律第4号による改正前)348条2項3号所定の「宗教法人が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当しないとしてした固定資産税及び都市計画税の賦課処分が、適法とされた事例
棄却
法人が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当...が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当する...来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当するから,本件
宗教法人が動物専用墓地として使用している土地は地方税法(平成22年法律第4号による改正前)348条2項3号所定の「宗教法人が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当しないとしてした固定資産税及び都市計画税の賦課処分が、適法とされた事例
平成元年8月25日,東京都知事から宗教法人法に基づく規則の認証を受け...P3については,平成7年12月19日,宗教法人法に基づく解散命令...た宗教法人法に基づく解散命令に対する即時抗告が東京高等裁判所で棄
1 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律5条4項に基づく観察処分の期間更新決定に当たり新たに同条3項6号所定の報告義務を課すことの可否 2 公安審査委員会が、宗教法人法に基づく解散命令を受け、これが確定した後に存在している団体に対してした無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律5条4項に基づく観察処分の期間更新決定の取消請求が、棄却された事例
破棄
石川県知事は,Aからの申請に基づき,同年11月28日,宗教法人法
宗教法人の規則で財産の処分に関する事項を明示的に定めた規定が存在しないものは宗教法人法12条1項8号に違反するか
控訴を棄却
県内に住所を有する第三者の請求により,同第三者に対し,宗教法人法25条4項...宗教法人法25条4項の規定により宗教法人から所轄庁に提出された書類につい...宗教法人法で,都道府県への書類提出制度を設けた時点で,法人内部の管理運営に
宗教法人法25条4項に基づき宗教法人から所轄庁に提出された書類の管理事務の法定受託事務該当性
控訴を棄却
教会代表役員のいずれの同意もなくして行われたから,宗教法人法28条1項2号...条1項1号,2号に違反するから,宗教法人法28条1項1号の法令適合性の要件...宗教法人法は,宗教法人には,3人以上の責任役員を置き,そのうち1人を
1 宗教法人甲が、自己の被包括宗教法人であった宗教法人乙が当該被包括関係を廃止し、規則を変更したことにつき、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項2号が規定する「その変更の手続が第26条の規定に従つてなされていること」という要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるなどとしてした前記処分の取消請求が、棄却された事例 2 宗教法人「天理教」が、自己の被包括宗教法人であった宗教法人甲が、当該被包括関係を廃止して名称を「天理教水京教会」とする旨規則を変更したことにつき、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項1号が規定する「その変更しようとする事項がこの法律その他の法令の規定に適合」しているとの要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるなどとしてした前記処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
役員全員の同意,天理教甲府大教会代表役員の同意なしに行われたから,宗教法人法2...号,2号に違反するから,宗教法人法28条1項1号の法令適合性の要件を欠くと主張して,...で定める手続を経たことを証する書類」(宗教法人法27条1号)として,平成14年11月10
1 宗教法人甲が、自己の被包括宗教法人であった宗教法人乙が当該被包括関係を廃止し、規則を変更したことにつき、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項2号が規定する「その変更の手続が第26条の規定に従つてなされていること」という要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるなどとしてした前記処分の取消請求が、棄却された事例 2 宗教法人「天理教」が、自己の被包括宗教法人であった宗教法人甲が、当該被包括関係を廃止して名称を「天理教水京教会」とする旨規則を変更したことにつき、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項1号が規定する「その変更しようとする事項がこの法律その他の法令の規定に適合」しているとの要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるなどとしてした前記処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
ら,宗教法人法28条1項1号が規定する「その変更しようとする事項がこの法律...    しかして,被控訴人においては,宗教法人法27条に基づき提出された書...    そうすると,本件認証申請に係る規則の内容が宗教法人法28条1項1号
1 包括宗教法人が、自己の被包括宗教法人であった訴外宗教法人が当該被包括関係を廃止した後、その名称の一部に自己の名称を使用する名称に変更する旨規則を変更することについて、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項1号が規定する「その変更しようとする事項がこの法律その他の法令の規定に適合」しているとの要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるとしてした前記処分の取消請求が棄却された事例 2 宗教法人甲が、自己の被包括宗教法人であった訴外宗教法人乙が当該被包括関係を廃止し、その後に規則を変更したことについて、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項2号が規定する「その変更の手続が第26条の規定に従つてなされていること」という要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるとしてした前記処分の取消請求が棄却された事例
棄却
し,不正競争防止法2条1項1号,2号に違反するものであるから,宗教法人法2...「天理教甲府大教会代表役員の同意」を得ていないから,宗教法人法28条1項2...則」という。甲1)第1条には,「この教会は,宗教法人法による宗教法人であっ
1 「天理教」という名称の宗教法人が、自己の被包括宗教法人であった訴外宗教法人が当該被包括関係を廃止し、その後「天理教豊文教会」との名称とする旨規則を変更したことについて、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項1号が規定する「その変更しようとする事項がこの法律その他の法令に適合」しているとの要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるとしてした前記処分の取消請求が棄却された事例 2 宗教法人甲が、自己の被包括宗教法人であった訴外宗教法人乙が当該被包括関係を廃止し、その後に規則を変更したことについて、知事がした認証処分が、宗教法人法28条1項2号が規定する「その変更の手続が第26条の規定に従つてなされていること」という要件が具備されていないことを看過してされたもので違法であるとしてした前記処分の取消請求が棄却された事例
破棄
宗教法人法七八条一項の趣旨を潜脱する処分を許容することとなり、法的正義の観... 宗教法人法七八条一項は、他の宗教法人を包括する宗教団体(以下「包括宗教団...るべきものとすることは、妨げられるものではなく(宗教法人法一二条一項五号、
宗教団体がその包括する宗教法人の代表役員に充てられていた主管に対してした罷免処分が宗教法人法七八条一項の規定に違反しないとされた事例
棄却
 本件解散命令は、宗教法人法(以下「法」という。)の定めるところにより法人
宗教法人法八一条一項一号及び二号前段に規定する事由があるとしてされた宗教法人の解散命令が憲法二〇条一項に違反しないとされた事例
該宗教法人の行為として、宗教法人法八一条一項一号及び二号前段所定の解散事由
宗教法人の代表役員等のサリン生成行為と宗教法人法八一条一項一号及び二号前段所定の解散事由
上告を棄却
相手方である被上告人の代表者として受諾したことは宗教法人法二一条ないし民法
宗教法人の代表役員個人がその宗教法人に単純に贈与をする場合と宗教法人法二一条
上告を棄却
月七日、宗教法人法二三条および宗教法人A院規則一九条所定の手続を履践するこ...右賃貸借は、宗教法人法二四条本文の規定により、無効であるというべきである。
宗教法人法二四条但書と重大な過失のない相手方または第三者
上告を棄却
したがつて、右譲渡は、宗教法人法二四条本文の規定により、無効であるというべ
宗教法人法二四条但書と重大な過失のある相手方または第三者
上告を棄却
 宗教法人法(以下、法という。)は、宗教法人の財産の保全を図り、それが不当
一、宗教法人法第二三条および宗教法人の規則の定と相違する公告の効力 二、総長の承認を要する寺院の行為と事後の承認 三、寺院が総長の承認の欠缺による行為の無効をもつて右行為の相手方に対し対抗できないとされた事例
上告を棄却
の設立登記があつたため、宗教法人法附則一八項により、旧D寺は解散となり、そ...たならば、新C寺の設立はなく、旧D寺は、たとえ宗教法人法附則一七項により解...みならず、後者の点において、宗教法人法七八条を適用して右罷免を無効としなか
宗教法人法第一四条による規則認証のための審査の範囲
控訴を棄却
 宗教団体内の紛争のうち裁判所が判断できる法的紛争は、宗教法人法によつて規...法的規範ではなく、宗教法人法に基づく規則のみが法的規範である。被控訴人Aの... 被控訴人Aが宗教法人法に基づき設立された宗教法人であることは当事者間に争
一、 宗教法人法第八五条の法意 二、 宗教団体の主宰者たる地位の確認請求と法律上の争訟の成否
取り消す
れい岩」採取契約が宗教法人法第一九条、第二三条、宗教法人宝泉寺規則第一〇条
宗教法人法第二三条に違反して代表役員のなした境外地不動産処分行為の効力
上告を棄却
昭和二六年四月三日施行の宗教法人法においては、本件の土地賃貸借契約の如き財
一 いわゆる連合国財産返還命令による財産権の喪失につき直接憲法第二九条第三項の規程を根拠として国に対し補償を求めることの当否 二 宗教法人令第一一条の不動産処分にあたるとされた事例 三 宗教法人令による法人が宗教法人法による法人に組織変更した場合と宗教法人令当時なした同令第一一条所定の主管者の承認をえない不動産長期賃貸借契約の効力
21 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in