裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
平成20年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
17 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
所論に鑑み,第1審判決判示第3の金融商品取引法(平成20年法律第65号に
1 金融商品取引法(平成20年法律第65号による改正前のもの)166条1項1号にいう「役員、代理人、使用人その他の従業者」の意義 2 金融商品取引法(平成20年法律第65号による改正前のもの)166条1項1号にいう「その他の従業者」に当たるとされた事例
控訴を棄却
得(平成20年法律第23号による改正前の法人税法138条。以下,「法人税法...原判決53頁8行目の「法人税法66条1項」を「平成20年法律第2...原判決55頁10行目の法人税法52条を「平成20年法律第23号に
英国領ケイマン諸島に本店を有し国内源泉所得を有する外国法人が租税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前のもの)66条の6第1項の特定外国子会社等に該当するとされた事例
棄却
税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前のもの。以下「措
英国領ケイマン諸島に本店を有し国内源泉所得を有する外国法人が租税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前のもの)66条の6第1項の特定外国子会社等に該当するとされた事例
控訴を棄却
(平成20年法律第23号による
公益法人に対し株式の寄附をした者がした、租税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前)40条1項後段の規定による譲渡所得の非課税の承認申請を不承認とした処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
年11月19日にした租税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前の
公益法人に対し株式の寄附をした者がした、租税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前)40条1項後段の規定による譲渡所得の非課税の承認申請を不承認とした処分の取消請求が、棄却された事例
取り消す
法人税法(平成20年法律第23号による改正前のもの。以下「法」と...に伴う社員のホテル宿泊代であり,租税特別措置法(平成20年法律
外国法人が外貨建社債に係る外国為替の変動に伴って生ずるおそれのある損失の額を減少させるために行った通貨オプション取引について、法人税法(平成20年法律第23号による改正前)61条の6第1項所定のいわゆる繰延ヘッジ処理の適用がないとされた事例
棄却
う。)につき,航空法(平成20年法律第75号による改正前のもの。以下同...9条1項又は環境影響評価法(平成20年法律第75号による改正前のもの。
国土交通大臣が航空法(平成20年法律第75号による改正前)38条1項に基づいて県に対してした飛行場の設置の許可処分について、同法又は環境影響評価法(同年法律第75号による改正前)の規定に違反する瑕疵があるなどとして、同飛行場の敷地の一部に土地を共有する者らがした同処分の取消しを求める請求が、棄却された事例
控訴を棄却
部が他の部分と区別されて労働基準法(平成20年法律第89号による改正前のも
基本給を月額で定めた上で月間総労働時間が一定の時間を超える場合に1時間当たり一定額を別途支払うなどの約定のある雇用契約の下において、使用者が、各月の上記一定の時間以内の労働時間中の時間外労働についても、基本給とは別に、労働基準法(平成20年法律第89号による改正前のもの)37条1項の規定する割増賃金の支払義務を負うとされた事例
却下
(平成20年法律第75号による改正前のもの。以下同じ。)又は環境影響...知事は,平成20年法律第75号による改正前の空港整備法5条1項
国土交通大臣が航空法(平成20年法律第75号による改正前)38条1項に基づいて県に対してした飛行場の設置の許可処分について、同法又は環境影響評価法(同年法律第75号による改正前)の規定に違反する瑕疵があるなどとして、飛行場の敷地の一部に土地を共有する者らがした同処分の取消しを求める請求が、棄却された事例
破棄
ならないとした地方自治法(平成20年法律第69号による改正前のもの。以下同
1 普通地方公共団体の臨時的任用職員に対する手当の支給が地方自治法204条2項に基づく手当の支給として適法といえるための要件 2 市の臨時的任用職員に対する期末手当に該当する一時金の支給が地方自治法204条2項の要件を満たさないとされた事例 3 普通地方公共団体の臨時的任用職員の給与について条例において定められるべき事項 4 市の臨時的任用職員に対する期末手当に該当する一時金の支給が地方自治法(平成20年法律第69号による改正前のもの)203条5項、地方自治法204条3項に違反するとされた事例 5 市が地方自治法204条2項に規定する同条1項の常勤の職員に該当しない臨時的任用職員に対し期末手当に該当する一時金を支給した場合において、市長が補助職員の専決による上記支給を阻止しなかったことに過失があるとはいえないとされた事例 6 市が地方自治法(平成20年法律第69号による改正前のもの)203条5項、地方自治法204条3項に違反して臨時的任用職員に対し期末手当に該当する一時金を支給した場合において、市長が補助職員の専決による上記支給を阻止しなかったことに過失があるとはいえないとされた事例
取り消す
法(平成20年法律第69号による改正前のもの。以下「法」という。)20
県議会の定例会等の会議に出席した県議会議員に日額8700円から1万8000円の範囲内で一定額の費用弁償を支給する旨の当該県の特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の定めが、地方自治法(平成20年法律第69号による改正前)203条に違反して違法であるとして、同法242条の2第1項4号本文に基づき、前記費用弁償を受けた各県議会議員に対その一部の不当利得返還の請求をすることを県知事に対して求める請求が、棄却された事例
破棄
は高額に過ぎ,地方自治法(平成20年法律第69号による改正前のもの。以下
政令指定都市である市の議会における定例会等の会議に出席した議員に対し費用弁償として日額1万円を支給する旨の当該市の条例の定めが、地方自治法(平成20年法律第69号による改正前のもの)203条が普通地方公共団体の議会に与えた裁量権の範囲を超え又はそれを濫用したものとして違法、無効であるとはいえないとされた事例
棄却
議会について規定し,平成20年法律第69号による改正(以下「本件
府議会議員らに対し、地方自治法(平成20年法律第69号による改正前)に規定されていない会議又は委員会に出席したことに対する費用弁償を支給したことに関して、府において、前記議員らに対し、不当利得返還請求権を行使すべきであるにもかかわらず、これを怠っているのは違法であるとして、地方自治法242条の2第1項3号に基づき、府知事に対して前記怠る事実の違法確認を求める請求が、棄却された事例
棄却
(1) 平成20年法律第69号による改正前の地方自治法(以下「旧地自法」と...自治法は,平成20年法律69号によって改正され,公開性・透明性の一...なお,平成20年法律第69号による地方自治法の改正により,議会は,
府議会議員らに対し、地方自治法(平成20年法律第69号による改正前)に規定されていない会議又は委員会に出席したことに対する費用弁償を支給したことに関して、府において、前記議員らに対し、不当利得返還請求権を行使すべきであるにもかかわらず、これを怠っているのは違法であるとして、地方自治法242条の2第1項3号に基づき、府知事に対して前記怠る事実の違法確認を求める請求が、棄却された事例
取り消す
介護保険法(平成19年法律第110号による改正前)77条1項に基づく指定居宅サービス事業者に係る指定の取消処分、同法(同改正前)84条1項に基づく指定居宅介護支援事業者に係る指定の取消処分及び同法(平成20年法律第42号による改正前)115条の8第1項に基づく指定介護予防サービス事業者に係る指定取消処分の各効力停止の申立てが、認容された事例
控訴を棄却
公益法人に対して贈与を行った者が、租税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前)40条1項後段に規定する国税庁長官の承認決定がされていないとして、所得税法59条1項1号の適用を前提とする更正処分を受け、これに基づく納税をしたところ、その後、前記承認決定がされ、これに基づく減額更正がされた場合における還付加算金の起算日は、国税通則法58条5項、国税通則法施行令(平成11年政令第122号による改正前)24条5項及び国税通則法施行令(平成18年政令第132号による改正前)6条1項1号の規定により、「減額更正があった日の翌日から起算して一月を経過する日の翌日」と解すべきであるとされた事例
棄却
公益法人に対して贈与を行った者が、租税特別措置法(平成20年法律第23号による改正前)40条1項後段に規定する国税庁長官の承認決定がされていないとして、所得税法59条1項1号の適用を前提とする更正処分を受け、これに基づく納税をしたところ、その後、前記承認決定がされ、これに基づく減額更正がされた場合における還付加算金の起算日は、国税通則法58条5項、国税通則法施行令(平成11年政令第122号による改正前)24条5項及び国税通則法施行令(平成18年政令第132号による改正前)6条1項1号の規定により、「減額更正があった日の翌日から起算して一月を経過する日の翌日」と解すべきであるとされた事例
17 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in