裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
平成21年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
11 件中 1/1 ぺージ
破棄
措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの。以下「措置法」という。)
1 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項にいう株式の保有に係る事業に含まれるとはいえないとされた事例 2 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項及び4項にいう主たる事業であるとされた事例
控訴を棄却
所得税法(平成21年法律第13号による改正前)95条2項に基づき、外国税額控除を受けようとする場合における同条6項にいう「各年」とは、「繰越控除限度額に係る年のうち最も古い年」、すなわち、同条2項に基づく控除を受けようとする年の前年以前3年以内であって所得税法施行令(平成21年政令第104号による改正前)224条1項に基づきその年の控除限度超過額に充てられることとなる国税の控除余裕額の存在する年のうち最も古い年を始まりとして、それ以後同法95条2項に基づく控除を受けようとする年までの各年を意味すると解すべきであるとして、税務署長がした所得税の更正処分及びこれに伴う過小申告加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
本件は,原告が,平成21年分の所得税について,所得税法(平成21年法...所得税法(平成21年法律第13号による改正前のもの。本判決において同
所得税法(平成21年法律第13号による改正前)95条2項に基づき、外国税額控除を受けようとする場合における同条6項にいう「各年」とは、「繰越控除限度額に係る年のうち最も古い年」、すなわち、同条2項に基づく控除を受けようとする年の前年以前3年以内であって所得税法施行令(平成21年政令第104号による改正前)224条1項に基づきその年の控除限度超過額に充てられることとなる国税の控除余裕額の存在する年のうち最も古い年を始まりとして、それ以後同法95条2項に基づく控除を受けようとする年までの各年を意味すると解すべきであるとして、税務署長がした所得税の更正処分及びこれに伴う過小申告加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
公正取引委員会が発したいわゆる見切り販売に対する制限行為の取りやめ等を命じる排除措置命令が確定したことから、加盟店基本契約を締結してコンビニエンス・ストアを営業している者らが、見切り販売の妨害行為によって損害を被ったとしてした、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(平成21年法律第51号による改正前)25条に基づく損害賠償請求が、一部認容された事例
棄却
原告は,独禁法の一部を改正する法律(平成21年法律第51号。以下
私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(平成21年法律第51号による改正前)7条の2第1項、同法施行令5条1項及び6条1項に基づく課徴金の額を算定するに当たり、違反行為に係る事業活動が小売業又は卸売業以外の業種に該当するとされた事例
取り消す
行政庁)に対し,農地法(平成21年法律第57号による改正前。以下,特に断る...2)を不許可事由として,不許可処分(平成21年法律第57号附則2条1項によ
法人が、永年生の植物の苗木を肥培植栽し、成育した苗木を顧客に賃貸してこれを記念樹として植え替えた上、更に生育させる事業のために農地の所有権を取得しようとしてした農地法(平成21年法律第57号による改正前)3条の規定による許可申請に対する不許可処分の取消しを求める請求が、棄却された事例
取り消す
の所有権を取得することについての農地法(平成21年法律第57号による改正...号の2)との各不許可事由があるとして,不許可処分(平成21年法律第57号
法人が、永年生の植物の苗木を肥培植栽し、成育した苗木を顧客に賃貸してこれを記念樹として植え替えた上、更に生育させる事業のために農地の所有権を取得しようとしてした農地法(平成21年法律第57号による改正前)3条の規定による許可申請に対する不許可処分の取消しを求める請求が、認容された事例
控訴を棄却
(平成21年法律第9号による改正前のもの。
不動産を信託財産とする、委託者のみが受益者となるいわゆる自益信託契約の締結後、委託者兼受益者が、受益権の準共有持分を第三者に譲渡した後、同持分を買い戻した上で、同信託契約の終了を原因として同不動産を取得したことが、地方税法73条の7第4号(平成21年法律第9号による改正前)所定の不動産取得税を課することができない場合に当たるとして提起された不動産取得税賦課処分の取消請求が、前記買戻しに係る受益権の準共有持分に対応する前記不動産の共有持分相当分を超える部分につき認容された事例
控訴を棄却
地方税法(平成21年法律第9号による改正前)700条の4第1項5号に該当するのに申告書を提出しなかったとして軽油引取税に係る課税標準量、税額及び不申告加算税額の決定処分を受けた者がした、同処分の取消請求が、棄却された事例
破棄
仕入れた重油及び灯油を石油精製工場に持ち込み、同工場を設置する会社に委託してこれらを軽油にし、販売先に譲渡する取引を行っていた業者について、上記業者が当該軽油の所有権を原始取得していなかった疑いがあることのみを理由として、上記業者は地方税法(平成21年法律第9号による改正前のもの)700条の4第1項5号にいう「軽油の製造」を行ったとはいえないから上記業者を同号に基づく軽油引取税の納税義務者であると解する余地はないとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
平成14年4月1日から同15年3月31日までの事業年度につき平成21年法律第13号による改正前の
内国法人によりチャネル諸島ガーンジーに設立された子会社において、0%超30%以下の範囲で税務当局に申請し承認された税率が適用税率になるとの制度に基づき26%の税率でガーンジーに納付した所得税が、法人税法(平成13年法律第6号による改正前のもの、平成14年法律第79号による改正前のもの及び平成21年法律第13号による改正前のもの)69条1項、法人税法施行令141条1項にいう外国法人税に該当しないとはいえないとされた事例
11 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in