裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61816 
刑事21926民事39890
法律
平成22年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
18 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
度」という。)に係る法人税の確定申告に当たり,法人税法(平成22年法律第6
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 甲社が乙社の発行済株式全部を買収して乙社を完全子会社とし、その後乙社を吸収合併した場合において、甲社の代表取締役社長が上記買収前に乙社の取締役副社長に就任した行為が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
上告を棄却
により設立された上告人が,本件分割は法人税法(平成22年法律第6号による改
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 新設分割により設立された分割承継法人の発行済株式全部を分割法人が譲渡する計画を前提としてされた当該分割が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
上告を棄却
法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」(平成22年法律第26号。平成22年
公訴時効を廃止するなどした「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」(平成22年法律第26号)の経過措置を定めた同法附則3条2項と憲法39条、31条
控訴を棄却
商号変更の前後を通じて「d」という。)から分社型分割(平成22年法律
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義 2 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義 3 適格分割に関する要件(法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)2条12号の11の規定に基づき定められた法人税法施行令(平成22年政令第51号による改正前のもの)4条の2第6項1号に規定する「当事者間の完全支配関係が継続することが見込まれている場合」という要件)を形式的には充足せず非適格分割となるように計画された新設分割が同法132条の2にいう「その法人の行為(中略)で、これを容認した場合には、(中略)法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に該当し、同条の規定に基づき否認することができるとされた事例
控訴を棄却
業年度に係る法人税の確定申告に当たり,法人税法(平成22年法律第6号に
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義 2 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義 3 適格合併に関する要件(法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)57条3項の規定に基づき定められた法人税法施行令(平成22年政令第51号による改正前のもの)112条7項5号に規定する要件)を形式的に充足する特定役員就任が同法132条の2にいう「その法人の行為(中略)で、これを容認した場合には、(中略)法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に該当し、同条の規定に基づき否認することができるとされた事例
控訴を棄却
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
棄却
し,資産調整勘定の金額が生じたとして,法人税法(平成22年法律第6号に...平成22年法律第6号による改正前の法人税法...を分割承継法人とする分社型分割(法人税法(平成22年法律第6号に
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義 2 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義 3 適格分割に関する要件(法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)2条12号の11の規定に基づき定められた法人税法施行令(平成22年政令第51号による改正前のもの)4条の2第6項1号に規定する「当事者間の完全支配関係が継続することが見込まれている場合」という要件)を形式的には充足せず非適格分割となるように計画された新設分割が同法132条の2にいう「その法人の行為(中略)で、これを容認した場合には、(中略)法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に該当し、同条の規定に基づき否認することができるとされた事例
棄却
係る法人税の確定申告に当たり,法人税法(平成22年法律第6号による改正...平成22年法律第6号による改正前の法人税法...法(平成22年法律第6号による改正前のもの)57条2項の規定に基づ
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義 2 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義 3 適格合併に関する要件(法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)57条3項の規定に基づき定められた法人税法施行令(平成22年政令第51号による改正前のもの)112条7項5号に規定する要件)を形式的に充足する特定役員就任が同法132条の2にいう「その法人の行為(中略)で、これを容認した場合には、(中略)法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に該当し、同条の規定に基づき否認することができるとされた事例
取り消す
平成22年法律第6号による改正(以下「平成22年改正」とい
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
控訴を棄却
本件は,障害者自立支援法(平成23年法律第37号及び平成22年法律第
障害者自立支援法(平成23年法律第37号及び平成22年法律第71号による各改正前)に基づき、支給量を1月当たり744時間(1日あたり24時間)とする重度訪問介護の介護給付費支給決定を受けていた者が、入院期間中にも重度訪問介護事業所による1日24時間の重度訪問介護サービスを受けたところ、市から、入院期間中は1日当たり4時間分を超えては介護給付費を支給されないこととされ、入院期間中の介護給付費が支給されない1日4時間分を超える部分の介護利用料を前記事業所に支払ったことによる、前記支給決定障害者の市に対する、①同法29条1項に基づく前記支払済みの介護利用料と同額の介護給付費の支給を求める主位的請求が棄却され、②市が同人に対してした同法に基づく介護給付費支給申請を棄却した処分の取消しを求める予備的請求に係る訴えが却下された事例
控訴を棄却
分については所得税法(平成22年法律第6号による改正前のもの。以下同
相続により取得された不動産に係る譲渡所得のうち被相続人の保有期間中の増加益に相当する部分が所得税法(平成22年法律第6号による改正前)9条1項15号所定の非課税所得に該当するか
棄却
所得税法(平成22年法律第6号による改正前のもの。以下同じ。)9条1項...本件非課税規定(平成22年法律第6号による改正前の所得税法9条1...所得税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)の定め
相続により取得された不動産に係る譲渡所得のうち被相続人の保有期間中の増加益に相当する部分が所得税法(平成22年法律第6号による改正前)9条1項15号所定の非課税所得に該当するか
控訴を棄却
会社の従業員らに対する慰安旅行に係る経済的利益の供与が、所得税法(平成22年法律第6号による改正前)28条1項に規定する「給与等」の支払に当たるとされた事例
棄却
本件は,被告から平成23年法律第37号及び平成22年法律第71号によ...平成23年法律第37号及び平成22年法律第71号による各改正前のもの
障害者自立支援法(平成23年法律第37号及び平成22年法律第71号による各改正前)に基づき、支給量を1月当たり744時間(1日あたり24時間)とする重度訪問介護の介護給付費支給決定を受けていた者が、入院期間中にも重度訪問介護事業所による1日24時間の重度訪問介護サービスを受けたところ、市から、入院期間中は1日当たり4時間分を超えては介護給付費を支給されないこととされ、入院期間中の介護給付費が支給されない1日4時間分を超える部分の介護利用料を前記事業所に支払ったことによる、前記支給決定障害者の市に対する、①同法29条1項に基づく前記支払済みの介護利用料と同額の介護給付費の支給を求める主位的請求が棄却され、②市が同人に対してした同法に基づく介護給付費支給申請を棄却した処分の取消しを求める予備的請求に係る訴えが却下された事例
棄却
会社の従業員らに対する慰安旅行に係る経済的利益の供与が、所得税法(平成22年法律第6号による改正前)28条1項に規定する「給与等」の支払に当たるとされた事例
棄却
本件は,処分行政庁から,障害者自立支援法(ただし,平成22年法律第71号...障害者自立支援法(ただし,平成22年法律第71号による改正前のもの。
障害者自立支援法(平成22年法律第71号による改正前)21条1項に基づいてされた障害程度区分を区分1とする障害程度区分認定処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
宗教法人が動物専用墓地として使用している土地は地方税法(平成22年法律第4号による改正前)348条2項3号所定の「宗教法人が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当しないとしてした固定資産税及び都市計画税の賦課処分が、適法とされた事例
棄却
3号(平成22年法律第4号による改正前のもの。以下同じ。)所定の「宗教
宗教法人が動物専用墓地として使用している土地は地方税法(平成22年法律第4号による改正前)348条2項3号所定の「宗教法人が専らその本来の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内地」に該当しないとしてした固定資産税及び都市計画税の賦課処分が、適法とされた事例
18 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in