裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61805 
刑事21925民事39880
法律
建築士法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
7 件中 1/1 ぺージ
取り消す
項に違反する設計を行ったとする,建築士法10条1項1号に基づく懲戒処...国土交通大臣は,建築士法10条4項に基づき,平成24年8月30日,...かかる事実関係を踏まえれば,本件懲戒処分は建築士法が処分行政庁であ
2階及び3階部分が、その中央付近に設置された階段、吹抜き及びエレベーターによって東西の各部分に分けられた構造の居住用建築物を設計した一級建築士に対して、複数の直通階段の設置を求める建築基準法35条、建築基準法施行令121条1項6号及び2項に違反する居住用建築物の設計であり、建築士法18条1項に違反する事由があるとして国土交通大臣がした業務停止処分が取り消された事例
破棄
X1が,国土交通大臣から,建築士法(平成18年法律第92号による改正前のも...このことは,建築士法第10条第1項第2号及び第3号に該当し,一級建築士に...建築士法10条1項は,建築士が「この法律若しくは建築物の建築に関す
公にされている処分基準の適用関係を示さずにされた建築士法(平成18年法律第92号による改正前のもの)10条1項2号及び3号に基づく一級建築士免許取消処分が、行政手続法14条1項本文の定める理由提示の要件を欠き、違法であるとされた事例
棄却
行ったとの事実を認定し,この事実認定を前提として,建築士法10条1...算書に偽装が見られる不適切な設計を行ったことが,建築士法10条1項2号
建築士法(平成18年法律第92号による改正前)10条1項2号及び3号に基づき、国土交通大臣が、設計者として建築基準法令に定める構造基準に適合しない設計を行い、それにより耐震性等の不足する構造上危険な建築物を現出させ、また、構造計算書に偽装の見られる不適切な設計をした者に対してした一級建築士の免許取消処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
なった。国土交通大臣は,平成18年1月24日,建築士法10条1項2号に...とおり,名義貸しが建築士法違反とされるのは,個々の建築物の設計図書
1 一級建築士であった者が、いわゆる名義貸しをしたとの理由で、建築士法(平成18年法律第92号による改正前)10条1項2号に基づく一級建築士の免許取消処分をするに当たり、国土交通大臣がした、免許取消しの日から起算して4年を経過するまでその免許を与えない旨の告知が、抗告訴訟の対象となる処分に当たらないとされた事例 2 自ら設計及び工事監理を行う意思がない建築物の建築確認申請書の設計者欄及び工事監理者欄並びに設計図書に自己の建築士としての名義を記載することを承諾(いわゆる名義貸し)した者に対し、建築士法(平成18年法律第92号による改正前)10条1項2号に基づき、国土交通大臣がした一級建築士の免許取消処分の無効確認請求及び取消請求が、いずれも棄却された事例
棄却
事実についての平成18年法律第92号による改正前の建築士法(以下,...単に「建築士法」という。)10条1項の懲戒処分に関し,原告Aに対す...する原告Bに対する建築士法26条2項4号に定める監督処分事由に該当
建築士法(平成18年法律第92号による改正前)10条1項2号及び3号に基づき、国土交通大臣が、設計者として建築基準法令に定める構造基準に適合しない設計を行い、それにより耐震性等の不足する構造上危険な建築物を現出させ、また、構造計算書に偽装の見られる不適切な設計をした者に対してした一級建築士の免許取消処分の取消請求が、棄却された事例
却下
平成18年法律第92号による改正前の建築士法( 以下単に「 建築士法 」...建築士法10条1項の規定により免許を取り消され,その取消しの日か...建築士法若しくは建築物の建築に関する他の法律又はこれらに基づ
1 一級建築士であった者が、いわゆる名義貸しをしたとの理由で、建築士法(平成18年法律第92号による改正前)10条1項2号に基づく一級建築士の免許取消処分をするに当たり、国土交通大臣がした、免許取消しの日から起算して4年を経過するまでその免許を与えない旨の告知及び当該告知を受けた日から10日以内に一級建築士の免許証を地方整備局長に返還せよとの告知が、いずれも抗告訴訟の対象となる処分に当たらないとされた事例 2 自ら設計及び工事監理を行う意思がない建築物の建築確認申請書の設計者欄及び工事監理者欄並びに設計図書に自己の建築士としての名義を記載することを承諾(いわゆる名義貸し)した者に対し、建築士法(平成18年法律第92号による改正前)10条1項2号に基づき、国土交通大臣がした一級建築士の免許取消処分の無効確認請求及び取消請求が、いずれも棄却された事例
上告を棄却
 2 本件は,被上告人らが,上告人に対し,Dは建築士法(平成9年法律第95... 3 建築士法3条から3条の3までの規定は,各規定に定められている建築物の...れている(法99条1項1号)。そして,建築士法18条の規定は,建築士は,そ
1 建築士が建築士法3条から3条の3まで及び建築基準法(平成10年法律第100号による改正前のもの)5条の2の各規定等による規制の実効性を失わせる行為をした場合における建築物の購入者に対する不法行為の成否 2 建築確認申請書に自己が工事監理を行う旨の実体に沿わない記載をした一級建築士が建築主に工事監理者の変更の届出をさせる等の適切な措置を執らずに放置した行為が当該建築主から瑕疵のある建物を購入した者に対する不法行為となるとされた事例
7 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in