裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
所得税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
所得税法の判決統計
13
2
10
0
295 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6
上告を棄却
所得税法上,利子所得,配当所得,不動産所得,事業所得,給与所得,...て,所得税法35条1項にいう雑所得に当たると解するのが相当である。...所得税法は,雑所得に係る総収入金額から控除される必要経費について,
1 競馬の当たり馬券の払戻金が所得税法35条1項にいう雑所得に当たるとされた事例 2 競馬の外れ馬券の購入代金が雑所得である当たり馬券の払戻金を得るため直接に要した費用として所得税法37条1項にいう必要経費に当たるとされた事例
控訴を棄却
が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの。以下同じ。)2条...処分(以下「本件告知処分」という。)を受けたことに対し,①Aは所得税法上の「非居住者」に該当しない,②仮に該当するとしても,控訴人は,通常行...内に居所を有していなかったので,所得税法上の非居住者であったと認定した
1 日本国内にある不動産を譲渡した者が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)2条1項5号の非居住者に該当するか否かについて判断した事例 2 日本国内に住所があると説明して住民票を提出するなどしていた売主に対する不動産の売買代金の支払につき、買主である不動産会社が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)212条1項に基づく源泉徴収義務を負うか否かについて判断した事例
棄却
所得税法の定め...ある支出が所得税法37条1項に規定する「総収入金額に係る売上原価...ある費用が,所得税法37条1項に規定する「総収入金額に係る売上原
納税義務者が弁護士に委任して提起した所得税に関する訴訟の判決の確定後に過納金の還付及び還付加算金の支払を受けた場合において、弁護士費用の金額を上記過納金と上記還付加算金の各金額に応じて按分した上記還付加算金に対応する金額が、所得税法37条1項前段に規定する必要経費である「総収入金額を得るため直接に要した費用」に該当しないとされた事例
棄却
までに,これを国に納付しなければならず(所得税法(平成26年法律第...上記2(1)の所得税法210条等...所得税法210条,
破産するに至った営業者が匿名組合契約を締結した匿名組合員に対して利益の分配として支払をしていた金銭につき、当該支払が「匿名組合契約に基づく利益の分配」(所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)210条、161条12号、174条9号)に該当し、営業者には、同法210条、212条1項、3項の規定に基づき、源泉徴収義務があるとされた事例
棄却
P1に支払ったところ,処分行政庁から,P1が所得税法(平成26年法律第1...を受けたことに対し,P1は所得税法上の「非居住者」には該当せず,仮に該当...P1の非居住者(所得税法2条1項5号)該当性
1 日本国内にある不動産を譲渡した者が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)2条1項5号の非居住者に該当するか否かについて判断した事例 2 日本国内に住所があると説明して住民票を提出するなどしていた売主に対する不動産の売買代金の支払につき、買主である不動産会社が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)212条1項に基づく源泉徴収義務を負うか否かについて判断した事例
取り消す
所得税法34条1項は,一時所得について,「一時所得とは,利子所得,...雑所得については,所得税法37条1項の必要経費に当たる費用は,同法3
1 競馬の当たり馬券の払戻金が所得税法上の一時所得ではなく雑所得に当たるとされた事例 2 競馬の外れ馬券の購入代金について、雑所得である当たり馬券の払戻金から所得税法上の必要経費として控除することができるとされた事例
控訴を棄却
1 本件は,所得税法上の非居住者として,アメリカ合衆国(以下「米国」...原審は,①控訴人が,租税条約の実施に伴う所得税法,法人税法及び地方
1 租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律の施行に関する省令(平成22年総務省、財務省令第1号による改正前のもの)9条の2第1項又は7項による届出書の提出は、租税条約に基づく税の軽減又は免除を受けるための手続要件となるか。 2 ある場所が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約(平成16年条約第2号)5条4項各号に該当するとして恒久的施設から除外されるためには、当該場所での活動が準備的又は補助的な性格であることを要するか。 3 所得税法上の非居住者である甲がアメリカ合衆国から本邦に輸入した自動車用品をインターネットを通じて専ら日本国内の顧客に販売する事業の用に供していたアパート及び倉庫が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約5条の規定する恒久的施設に該当するとされた事例 4 所轄税務署長が、上記3の販売事業における平成17年分ないし平成20年分の各収入金額(売上金額)に、甲の平成16年分の事業所得に係る青色申告特別控除前の所得金額の総収入金額に占める割合を乗じる方法によって、上記販売事業につき、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約に基づき恒久的施設に配分される課税所得となる所得金額を推計したことについて、推計の必要性及び合理性があるとされた事例
棄却
本金の額を除いた分を所得税法25条1項3号のみなし配当金として配当所得...また,被控訴人は,後記(2)イのとおり,所得税法67条の4を根...タルゲインが実現したものである。所得税法60条は,課税の繰延べを定
清算手続結了前の株式を相続した場合に当該株式について相続税を課すことと、清算後に生じる留保利益の分配を原因として所得税法25条1項3号所定のみなし配当課税をすることが同法9条1項16号の規定によって禁止される二重課税に当たらないとされた事例
控訴を棄却
原判決は,本件株式譲渡の時点において,本件株式は,所得税法33条1項...が確定していたとはいえず,本件株式は,所得税法33条1項の規定する譲...時点においては,未だ所得税法33条1項の規定する譲渡所得の基因となる
極めて多額の債務超過状態に陥っていて預金保険法74条1項の規定する管理を命ずる処分を受けた株式会社の株式が所得税法33条1項の規定する譲渡所得の基因となる「資産」に該当しないとされた事例
破棄
免除益は,これを役員の役務の対価とみることは相当ではなく,所得税法28条1...所得税法28条1項にいう給与所得は,自己の計算又は危険において独立して行...したがって,本件債務免除益は,所得税法28条1項にいう賞与又は賞与の性質
権利能力のない社団の理事長及び専務理事の地位にあった者が当該社団からの借入金債務の免除を受けることにより得た利益が、所得税法28条1項にいう賞与又は賞与の性質を有する給与に当たるとされた事例
破棄
により生じた所得が同人らの不動産所得(所得税法26条1項)に該当するとして,その所得の金額の計算上生じた損失の金額を同人らの他の所得の金額から控除...ら,本件における上記の所得の帰属を判断するに当たっては,本件各LPSが所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号(以下「所得税法2条1項7号等」とい...が国の課税権が及ぶ範囲を決する問題であることや,所得税法2条1項7号等が法
1 外国法に基づいて設立された組織体が所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号に定める外国法人に該当するか否かの判断の方法 2 米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたリミテッド・パートナーシップが行う不動産賃貸事業に係る投資事業に出資した者につき、当該賃貸事業に係る損失の金額を同人の所得の金額から控除することができないとされた事例
棄却
所得税法上の非居住者として,...各係争年」という。)において,所得税法上の非居住者(同法2条1項5...原告は,平成16年11月19日,処分行政庁に対し,所得税法施行規
1 租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律の施行に関する省令(平成22年総務省、財務省令第1号による改正前のもの)9条の2第1項又は7項による届出書の提出は、租税条約に基づく税の軽減又は免除を受けるための手続要件となるか。 2 ある場所が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約(平成16年条約第2号)5条4項各号に該当するとして恒久的施設から除外されるためには、当該場所での活動が準備的又は補助的な性格であることを要するか。 3 所得税法上の非居住者である甲がアメリカ合衆国から本邦に輸入した自動車用品をインターネットを通じて専ら日本国内の顧客に販売する事業の用に供していたアパート及び倉庫が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約5条の規定する恒久的施設に該当するとされた事例 4 所轄税務署長が、上記3の販売事業における平成17年分ないし平成20年分の各収入金額(売上金額)に、甲の平成16年分の事業所得に係る青色申告特別控除前の所得金額の総収入金額に占める割合を乗じる方法によって、上記販売事業につき、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約に基づき恒久的施設に配分される課税所得となる所得金額を推計したことについて、推計の必要性及び合理性があるとされた事例
棄却
る所得のうち資本金の額を除いた分を所得税法25条1項3号(なお,平成2...用されるのは同改正後の所得税法25条1項3号...の所得税法9条1項16号の規定(現行法と同じ。)である。)の規定(以下
清算手続結了前の株式を相続した場合に当該株式について相続税を課すことと、清算後に生じる留保利益の分配を原因として所得税法25条1項3号所定のみなし配当課税をすることが同法9条1項16号の規定によって禁止される二重課税に当たらないとされた事例
棄却
しており,所得税法33条1項の規定する譲渡所得の基因となる「資産」に該...れる可能性が全くないような無価値なものは, 所得税法33条1項の...ではなかったから,所得税法33条1項の規定する譲渡所得の基因と
極めて多額の債務超過状態に陥っていて預金保険法74条1項の規定する管理を命ずる処分を受けた株式会社の株式が所得税法33条1項の規定する譲渡所得の基因となる「資産」に該当しないとされた事例
上告を棄却
所得税法違反被告事件...書を期限までに提出しなかったという所得税法違反の事案である。...検察官は,本件には,当たり馬券の払戻金が所得税法上の一時所得に当たるか雑
1 競馬の当たり馬券の払戻金が所得税法上の一時所得ではなく雑所得に当たるとされた事例 2 競馬の外れ馬券の購入代金について、雑所得である当たり馬券の払戻金から所得税法上の必要経費として控除することができるとされた事例
控訴を棄却
継ぐこととされているが,これは,あくまでも所得税法制の例外を定め
所得税法60条1項1号所定の事由により取得した減価償却資産から生じる不動産所得の金額の計算において償却費算定の基礎となる耐用年数と減価償却資産の耐用年数等に関する省令3条1項
控訴を棄却
たことは,所得税法の解釈適用を誤った違法な処分であると主張して,国であ...得た所得は,所得税法33条1項所定の「資産の譲渡による所得」である...は,(a)の立場によらない以上,(b)であることが明らかである。所得税法
個人がその有する資産を法人に対し有償譲渡した場合において、当該資産の譲渡の「対価」たる性質を有しない部分の金額が所得税法34条1項の一時所得に該当するとされた事例
控訴を棄却
麻布税務署長及び日本橋税務署長は,本件各リグは所得税法161条3号の...本件は,控訴人が,本件各リグは所得税法161条3号にいう「船舶」には...(1) 以下の事情によれば,本件各リグは所得税法161条3号にいう「船舶」
海洋掘削等の事業を行う株式会社に対し、海洋掘削の作業の用に供する「リグ」の賃借料が、所得税法161条3号が国内源泉所得と定める「船舶」の貸付けによる対価に該当し、同法212条1項により源泉徴収の対象になるとしてされた所得税の納税告知処分及び不納付加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
本件は,控訴人が,平成21年分の所得税について,所得税法(平成21年...そして,所得税法上,確定申告書と「外国税額控除に関する明細書」は
所得税法(平成21年法律第13号による改正前)95条2項に基づき、外国税額控除を受けようとする場合における同条6項にいう「各年」とは、「繰越控除限度額に係る年のうち最も古い年」、すなわち、同条2項に基づく控除を受けようとする年の前年以前3年以内であって所得税法施行令(平成21年政令第104号による改正前)224条1項に基づきその年の控除限度超過額に充てられることとなる国税の控除余裕額の存在する年のうち最も古い年を始まりとして、それ以後同法95条2項に基づく控除を受けようとする年までの各年を意味すると解すべきであるとして、税務署長がした所得税の更正処分及びこれに伴う過小申告加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
とする(所得税法(以下「法」という。)26条)。...(所得税法施行令(以下「施行令」という。)120条1項)。
所得税法60条1項1号所定の事由により取得した減価償却資産から生じる不動産所得の金額の計算において償却費算定の基礎となる耐用年数と減価償却資産の耐用年数等に関する省令3条1項
控訴を棄却
分については所得税法(平成22年法律第6号による改正前のもの。以下同...上がり益部分」に,同22行目の「上記規定」を「所得税法60条1項」に,...の担税力を増加させる経済的利得をいうところ,所得税法においては,所得
相続により取得された不動産に係る譲渡所得のうち被相続人の保有期間中の増加益に相当する部分が所得税法(平成22年法律第6号による改正前)9条1項15号所定の非課税所得に該当するか
棄却
本件は,原告が,平成21年分の所得税について,所得税法(平成21年法...原告は,平成19年分の所得税について,所得税法95条1項の所得税の...申告書に所得税法95条5項に規定する金額の記載や書類の添付がなか
所得税法(平成21年法律第13号による改正前)95条2項に基づき、外国税額控除を受けようとする場合における同条6項にいう「各年」とは、「繰越控除限度額に係る年のうち最も古い年」、すなわち、同条2項に基づく控除を受けようとする年の前年以前3年以内であって所得税法施行令(平成21年政令第104号による改正前)224条1項に基づきその年の控除限度超過額に充てられることとなる国税の控除余裕額の存在する年のうち最も古い年を始まりとして、それ以後同法95条2項に基づく控除を受けようとする年までの各年を意味すると解すべきであるとして、税務署長がした所得税の更正処分及びこれに伴う過小申告加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
(所得税法28条1項に規定する給与...し,独立性があると評価できるから,本件各金員に係る所得は,所得税法...所得税法の改正経緯,通達及び課税実務の取扱い(甲66,67),
教育機関等から講師による講義等の業務を、一般家庭から家庭教師による個人指導の業務をそれぞれ受託した株式会社が、講師又は家庭教師として前記株式会社と契約を締結して、前記各業務を行った者に対して当該契約所定の各金員を支払ったことについて、当該各金員の支払が所得税法28条1項に規定する給与等に該当し、また、前記講師等から前記各金員を対価とする役務の提供を受けたことが課税仕入れに当たらないとして税務署長がした源泉徴収に係る所得税の納税告知処分等及び消費税の更正処分等が、適法とされた事例
棄却
所得税法の規定...所得税法33条1項は,譲渡所得とは,資産の譲渡による所得をいう旨...所得税法34条1項は,一時所得とは,利子所得,配当所得,不動産所
個人がその有する資産を法人に対し有償譲渡した場合において、当該資産の譲渡の「対価」たる性質を有しない部分の金額が所得税法34条1項の一時所得に該当するとされた事例
棄却
会社であり,所得税法2条1項6号の内国法人に該当する。...人であり,所得税法2条1項7号の外国法人に該当する。...ある法人であり,所得税法2条1項7号の外国法人に該当する。
海洋掘削等の事業を行う株式会社に対し、海洋掘削の作業の用に供する「リグ」の賃借料が、所得税法161条3号が国内源泉所得と定める「船舶」の貸付けによる対価に該当し、同法212条1項により源泉徴収の対象になるとしてされた所得税の納税告知処分及び不納付加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
よって「退職により支払われるもの」(所得税法施行令72条2項4号)で...本件各一時金の所得の帰属年分,すなわち,所得税法36条1項に規定す...所得税法施行令72条2項4号にいう「適格退職年金契約に基づいて支給
1 適格退職年金制度の終了に伴い支払われた一時金が所得税法(平成18年法律第10号による改正前)31条1項3号、同法施行令(平成18年政令第124号による改正前)72条2項4号所定のみなし退職所得には該当せず、同法34条1項所定の一時所得に該当するとされた事例 2 適格退職年金制度に基づく退職年金制度の終了に伴い支払われた一時金に関する収入の原因となる権利が確定した時期が、使用者が前記年金制度の終了に伴い年金信託契約を解約した時点とされた事例
棄却
所得税法(平成22年法律第6号による改正前のもの。以下同じ。)9条1項...原告は,亡AとBとの間の子である。原告は,所得税法16条2項の規...所得税法は被相続人の保有期間中の増加益を所得税の課税対象とするこ
相続により取得された不動産に係る譲渡所得のうち被相続人の保有期間中の増加益に相当する部分が所得税法(平成22年法律第6号による改正前)9条1項15号所定の非課税所得に該当するか
控訴を棄却
本件は,土木建築工事の請負を業とする株式会社であり,所得税法(平成2...各従業員)に係る経済的利益の供与は所得税法28条1項の「給与等」の支払...に対する本件旅行に係る経済的利益の供与は所得税法28条1項の「給与等」
会社の従業員らに対する慰安旅行に係る経済的利益の供与が、所得税法(平成22年法律第6号による改正前)28条1項に規定する「給与等」の支払に当たるとされた事例
棄却
控除し得る「その収入を得るために支出した金額」(所得税法34条2項)に...損金処理保険料についても,所得税法34条2項の「その収入を得るために支...所得税法,同法施行令,通達の文言解釈との関係等
自らが経営する法人が契約者となり保険料を支払った養老保険契約に基づいて支払を受けた満期保険金の金額を一時所得に係る総収入金額に算入した上で前記法人の支払った前記保険料の金額を一時所得の金額の計算上控除し得る「その収入を得るために支出した金額」(所得税法34条2項)に当たるとして所得税の確定申告をした者に対し、前記保険料の一部は前記「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとしてされた過少申告加算税賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
(所得税法34条2項)に当たるとして,所得税(平成17年分)の確定申告を...料のうち,法人負担分についても,所得税法34条2項の「その収入を得るた...所得税法,同法施行令,通達の文言解釈との関係等
自らが経営する法人が契約者となり保険料を支払った養老保険契約に基づいて支払を受けた満期保険金の金額を一時所得に係る総収入金額に算入した上で前記法人の支払った前記保険料の金額を一時所得の金額の計算上控除し得る「その収入を得るために支出した金額」(所得税法34条2項)に当たるとして所得税の確定申告をした者に対し、前記保険料の一部は前記「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとしてされた過少申告加算税賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例
却下
ついて,西川口税務署長から,所得税法(平成18年法律第10号による改正...いるところ,所得税法は,納税義務者を居住者,非居住者等の類型に分けて,...する個人をいう(2条1項4号)。)は,国内源泉所得(所得税法161条)
1 所得税法2条1項3号所定の日本の居住者であったか否かが判断された事例 2 原告が所得税法2条1項4号所定の「国内に永住する意思がなく」という非永住者の要件を満たしていたということができるとされた事例
棄却
(2) 本件は,①原告が,本件講師等に対して支払った本件各金員が所得税法2...(1) 本件各金員に係る所得が所得税法28条1項に規定する給与等に係る所得...本件各金員に係る所得が所得税法28条1項に規定する給与等に係る所得に
教育機関等から講師による講義等の業務を、一般家庭から家庭教師による個人指導の業務をそれぞれ受託した株式会社が、講師又は家庭教師として前記株式会社と契約を締結して、前記各業務を行った者に対して当該契約所定の各金員を支払ったことについて、当該各金員の支払が所得税法28条1項に規定する給与等に該当し、また、前記講師等から前記各金員を対価とする役務の提供を受けたことが課税仕入れに当たらないとして税務署長がした源泉徴収に係る所得税の納税告知処分等及び消費税の更正処分等が、適法とされた事例
棄却
本件は,土木建築工事の請負を業とする株式会社であり,所得税法(平成2...に係る経済的利益の供与は所得税法28条1項の「給与等」の支払に該当する...与は所得税法28条1項の「給与等」の支払に該当し,原告は同法183
会社の従業員らに対する慰安旅行に係る経済的利益の供与が、所得税法(平成22年法律第6号による改正前)28条1項に規定する「給与等」の支払に当たるとされた事例
棄却
来,所得税法30条1項に規定する退職手当等に該当しない。...法31条3号及び所得税法施行令72条2項4号は,「適格退職年金...もの」(所得税法施行令72条2項4号)ではないから,退職所得に
1 適格退職年金制度の終了に伴い支払われた一時金が所得税法(平成18年法律第10号による改正前)31条1項3号、同法施行令(平成18年政令第124号による改正前)72条2項4号所定のみなし退職所得には該当せず、同法34条1項所定の一時所得に該当するとされた事例 2 適格退職年金制度に基づく退職年金制度の終了に伴い支払われた一時金に関する収入の原因となる権利が確定した時期が、使用者が前記年金制度の終了に伴い年金信託契約を解約した時点とされた事例
取り消す
争点(1) 本件各支出を所得税法37条1項に規定する必要経費に算入するこ...所得税法37条1項の解釈,本件各支出の内容等について...あると主張する。しかし,所得税法施行令96条1号が,家事関連費のうち必要経
弁護士業を営み、仙台弁護士会会長や日本弁護士連合会副会長等の役員を務めた者が、これらの役員としての活動に伴い支出した懇親会費等を事業所得の金額の計算上必要経費に算入し、また、消費税及び地方消費税の額の計算上課税仕入れに該当するとしてした確定申告に対し、前記懇親会費等は所得税法37条1項に規定する必要経費に算入することができず、また、消費税法2条1項12号に規定する課税仕入れには該当しないとしてされた更正処分の一部取消請求が、一部認容された事例
控訴を棄却
台湾法人からの当期利益の資本組入れに伴う新株の無償付与に関して同法人から徴収された台湾の所得税法に基づく源泉徴収税が、法人税法69条1項、法人税法施行令141条1項にいう外国法人税に当たらないとしてされた更正処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
所得税法33条は「譲渡所得とは,資産の譲渡……による所得をい...所得税法は,対価が具体的に定まらないまま複数年にわたって所得計上...許を受ける権利」の特殊性から生じたものである。所得税法がこのような
特許法(平成16年法律第79号による改正前)35条3項にいう職務発明に係る相当の対価を求める訴えにおいて受領した和解金について、当初申告の雑所得ではなく、譲渡所得に該当するとしてされた更正の請求に対し、当該和解金は所得税法上の譲渡所得には当たらず、雑所得に該当するとしてされた、更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、棄却された事例
破棄
た金額」(所得税法34条2項)に当たるとして,所得税(平成17年分)の確定...所得税法34条2項は,一時所得の金額は,その年中の一時所得に係る...所得税法施行令183条2項2号は,生命保険契約等に基づく一時金に係る一時
1 所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」の支出の主体 2 法人が保険料を支払った養老保険契約に係る満期保険金を当該法人の代表者が受け取った場合において、上記満期保険金に係る当該代表者の一時所得の金額の計算上、上記保険料のうち当該法人における保険料として損金経理がされた部分が所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとされた事例 3 国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
た金額」(所得税法34条2項)に当たるとして,所得税(平成13年分から同1...所得税法34条2項は,一時所得の金額は,その年中の一時所得に係る...所得税法施行令183条2項2号は,生命保険契約等に基づく一時金に係る一時
1 所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」の支出の主体 2 会社が保険料を支払った養老保険契約に係る満期保険金を当該会社の代表者らが受け取った場合において、上記満期保険金に係る当該代表者らの一時所得の金額の計算上、上記保険料のうち当該会社における保険料として損金経理がされた部分が所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとされた事例
控訴を棄却
査試験費(以下,併せて「本件除去費用等」という。)を,所得税法72条の...損控除制度について定める所得税法72条が,控除し得る損失の発生原因と...要件が必要であるとする判例も見あたらない。このように,所得税法72条
所得税法72条に定める雑損控除に関して、自宅建物の取壊しに伴い支払ったアスベスト除去工事費用及びアスベスト分析検査試験費につき、同法施行令9条所定の「人為による異常な災害」による損失に当たらないとしてした所得税の更正処分が、適法とされた事例
棄却
(1) 所得税法33条1項は,譲渡所得とは,資産の譲渡による所得をいう旨規...なお,所得税法施行令82条は,所得税法33条3項1号に規定する政令...譲渡所得とは,資産の譲渡による所得(所得税法33条1項)であると
特許法(平成16年法律第79号による改正前)35条3項にいう職務発明に係る相当の対価を求める訴えにおいて受領した和解金について、当初申告の雑所得ではなく、譲渡所得に該当するとしてされた更正の請求に対し、当該和解金は所得税法上の譲渡所得には当たらず、雑所得に該当するとしてされた、更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
所得税法(平成16年法律第14号による改正前)2条1項5号所定の「非居住者」に当たる者に対して支払われた不動産の譲渡対価が、所得税法(平成17年法律第21号による改正前)161条1号の2所定の国内源泉所得に当たり、所得税法(平成16年法律第14号による改正前)212条1項により源泉徴収の対象になるとして、前記譲渡対価の支払をした者に対してされた所得税の納税告知処分が、適法とされた事例
棄却
所得税法2条1項6号)に係る外国関係会社(内国法人と,措置法66...をいう。以下同じ。措置法2条1項2号,所得税法2条1項7号)をい...当たり,台湾の所得税法に基づき,その支払総額を●台湾ドルとして,
台湾法人からの当期利益の資本組入れに伴う新株の無償付与に関して同法人から徴収された台湾の所得税法に基づく源泉徴収税が、法人税法69条1項、法人税法施行令141条1項にいう外国法人税に当たらないとしてされた更正処分が、適法とされた事例
棄却
費(以下,併せて「本件除去費用等」という。)を,所得税法72条の雑損控...(1) 雑損控除(所得税法72条)...所得税法2条1項27号は,
所得税法72条に定める雑損控除に関して、自宅建物の取壊しに伴い支払ったアスベスト除去工事費用及びアスベスト分析検査試験費につき、同法施行令9条所定の「人為による異常な災害」による損失に当たらないとしてした所得税の更正処分が、適法とされた事例
棄却
移転登記手続をしたところ,処分行政庁において,Aが所得税法上の非居住者...に当たり,原告は所得税法(平成16年法律第14号による改正前のもの)2...所得税法
所得税法(平成16年法律第14号による改正前)2条1項5号所定の「非居住者」に当たる者に対して支払われた不動産の譲渡対価が、所得税法(平成17年法律第21号による改正前)161条1号の2所定の国内源泉所得に当たり、所得税法(平成16年法律第14号による改正前)212条1項により源泉徴収の対象になるとして、前記譲渡対価の支払をした者に対してされた所得税の納税告知処分が、適法とされた事例
破棄
たところ,所轄税務署長から,上記支払には所得税法204条1項2号の規定が,...弁護士である破産管財人が受ける報酬は,所得税法204条1項2号にい...は,所得税法199条にいう退職手当等の支払に当たり,当該配当においても,上
1 弁護士である破産管財人は、自らの報酬の支払について、所得税法204条1項2号所定の源泉徴収義務を負うか 2 弁護士である破産管財人の報酬に係る源泉所得税の債権は、旧破産法(平成16年法律第75号による廃止前のもの)47条2号ただし書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たるか 3 破産管財人は、破産債権である所得税法199条所定の退職手当等の債権に対する配当について、同条所定の源泉徴収義務を負うか
取り消す
所得税法施行令183条2項2号が...所得税法34条2項の解釈...所得税法(以下,単に「法」という。)34条2項は,「一時所得の金額
養老保険契約に基づいて受領した満期保険金の額から自己が負担した保険料及び自己の経営する法人が負担した保険料の合計額を控除した額を一時所得として所得税の確定申告をした者に対し、前記法人が負担した保険料の額は所得税法34条2項にいう「収入を得るために支出した金額」に当たらないから一時所得の金額の計算上控除することはできないとしてされた更正処分が、適法とされた事例
破棄
以下に摘示する相続税法及び所得税法の各規定は,それぞれ別表記載のものをい...保険金に該当し,いわゆるみなし相続財産に当たるから,所得税法9条1項15号...所得税法9条1項15号は,相続,遺贈又は個人からの贈与により取得し又は取
1 相続税法(平成15年法律第8号による改正前のもの)3条1項1号の規定によって相続により取得したものとみなされる生命保険契約の保険金であって年金の方法により支払われるもののうち有期定期金債権に当たる年金受給権に係る年金の各支給額は、そのすべてが所得税の課税対象となるか 2 所得税法(平成18年法律第10号による改正前のもの)207条所定の生命保険契約等に基づく年金の支払をする者は、当該年金が同法の定める所得として所得税の課税対象となるか否かにかかわらず、その年金について所得税の源泉徴収義務を負うか
棄却
(1) 所得税法の定め...所得税法23条1項は,利子所得につき,公社債及び預貯金の利子並び...所得税法35条1項は,雑所得につき,利子所得,配当所得,不動産所
外国為替証拠金取引により生じた売買差損益金及びスワップ金利差調整額を収入金額とする帳尻金が所得税法35条所定の雑所得に当たるとしてした所得税の更正処分及び所得税に係る更正の請求に対する更正をすべき理由がない旨の通知処分が、適法であるとされた事例
控訴を棄却
これも,所得税法9条1項10号により非課税となるのである。株式発行...さらに,みなし配当の支払者であるAは,所得税法181条1項の定め...の債務を負担した。所得税法9条1項10号の適否は,本件担保権実行時
所得税法(平成18年法律第10号による改正前)25条1項5号に定めるみなし配当所得に関して、同法9条1項10号に定める非課税所得に当たらないとしてした所得税の更正処分が、適法とされた事例
295 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in