裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
推計方法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
29 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
れず、他に合理的な推計方法が存在しない場合には、当該調査対象者と近似する条...の推計方法を不合理ならしめるほどに顕著なものということはできない。そして、
1 いわゆる比準同業者の平均値を用いた推計による課税において必要とされる推計方法の合理性の程度 2 納税者が推計課税に対して必要経費についての実額を主張する場合において総収入金額と必要経費とが対応するものであることを主張立証することの要否 3 写真現像焼付取次業、感光材料及びカメラ用品販売業等を営む申告者の事業所得の金額につき、実額で把握した仕入金額等を基に、比準同業者の平均原価率及び平均一般経費率を用いて総収入金額及び一般経費を推計してした所得税の更正が、適法とされた事例
棄却
2 争点2(推計方法の合理性)について...(三) したがって、本件処分における推計方法は合理性がない。...となる推計方法を差し替えて主張することもできると解される。
1 地方税における推計課税の許否 2 バーの経営者の申告に係る利用料金額が過少であるとしてした特別地方消費税の更正の取消請求が、訴訟段階において新たに主張された推計方法に合理性が認められるなどとして、棄却された事例
棄却
ても、その推計方法には合理性がないというべきである。...2 そこで、以下、右の推計方法の合理性について検討する。...したがって、被告の推計方法には合理性があるというべきである。
1 いわゆる比準同業者の平均値を用いた推計による課税において必要とされる推計方法の合理性の程度 2 納税者が推計課税に対して必要経費についての実額を主張する場合において総収入金額と必要経費とが対応するものであることを主張立証することの要否 3 写真現像焼付取次業、感光材料及びカメラ用品販売業等を営む申告者の事業所得の金額につき、実額で把握した仕入金額等を基に、比準同業者の平均原価率及び平均一般経費率を用いて総収入金額及び一般経費を推計してした所得税の更正が、適法とされた事例
棄却
の抽出基準及びその推計方法は次のとおりである。...(2) 推計方法の不合理性...均百分率を求める単純平均の方法は、推計方法として不合理である。
1 推計課税の本質及び推計方法の合理性の意義 2 推計課税における推計方法の合理性について他の推計方法との間の優劣を争う主張の当否 3 建築型枠大工工事業を営む白色申告者につき、売上金額に同業者の平均算出所得率を乗じて事業所得の金額を推計してした所得税の更正が、適法であるとされた事例
棄却
本件各更正に際して被告が用いた推計方法は、原告の営業実態に適合した推計方法...ではなく、不合理な推計方法であり、被告はかかる不合理な推計方法に基づき原告...によって認定する課税方法であり、いかに合理的な推計方法を用いようとも真実の
1 推計課税の必要性の要件及び意義 2 自動二輪車等の販売及び修理を業とする者の事業所得金額について、同人の取引先における反面調査により把握した仕入金額を基礎とし、これに同業者の売買差益率及び一般経費率を適用するという推計方法により算定してした所得税更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分が、推計の必要性が認められ、かつ合理性を有するから適法であるとされた事例 3 自動二輪車等の販売及び修理を業とする者の事業所得金額について、同人の取引先における反面調査により把握した仕入金額を基礎とし、これに同業者の売買差益率及び一般経費率を適用するという推計方法により算定してした所得税更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分が、推計の必要性が認められ、かつ合理性を有するから適法であるとされた事例
棄却
第一に、本件は、いわゆる資産増減法によつたものであり、この推計方法は一般的合理性...を認め、その推計方法が合理性を有することは後記第六のとおり争う。...したがつて、被告の主張する推計方法は合理性がない。
貴金属の加工、販売業者の所得金額を、具体的に把握された資産を基にいわゆる資産増減法を用いて算出する推計方法が、合理的であるとされた事例
棄却
いものと考えられ、被告の用いた推計方法は合理性を有するということができる。なお、
道路舗装業を営む白色申告者の各係争年分の必要経費を、右の者が居住する市内及びこれに隣接する市の税務署管内の同業者1名又は2名の必要経費率を用いて算出した推計方法が、合理性を有するとされた事例
取り消す
各推計方法に基づく算出所得率(同表の(2))を乗じて算出した算出所得金額...主位的にA方式による、予備的にB方式による各推計方法を主張する。...変化がない限り、本人比率の方が推計方法としてより合理的であるということにな
1 国税通則法24条、所得税法234条ないし236条等に基づく調査手続自体が課税処分の要件となることはあり得ないから、右調査手続における違法は、その調査による課税処分に取消事由に当たらないとした事例 2 紙の裁断、加工を業とする白色申告者の一般経費の推計につき、課税庁の抽出した同業者間の一般経費率に相当程度の開差があるから、同業者の一般経費率を基礎として推計する方式より本人比率を用いる方式の方が合理的であり、また、大部分を実額により一部を推計によって算出した係争年度直後の年度における本人の一般経費率を基礎として推計する方式や係争年度の3年ないし7年前の青色申告時であった年度における一般経費率と係争年度直後の年度の一般経費率の平均値を基礎として推計する方式は、係争年度直後の年度における認定された本人の一般経費率が係争年度の数年前の青色申告時であった年度の本人比率や前記同業者比率と比較して著しく低率であるから、合理的ではなく、さらに、右係争年度の3年ないし7年前の年度の本人の一般経費率を基礎として推計する方式は、右係争年度から相当離れた年度の本人比率を用いるものであって、相当でないとして、当事者の主張とは一部異なり、係争年度前5年以内で、かつ、青色申告に係る年度の本人の一般経費率の平均値を基礎とする推計方法を採用した事例
取り消す
1 照明器具等の販売業を営む者の事業所得金額を、同人の取引先における反面調査によって把握した仕入金額を基礎とし、これに同業者の売上原価率を適用するという推計方法により算定してした所得税更正処分の取消訴訟における第7回期日以降に、税務署長が、右の者の事業所得金額について、従来の同業者の売上原価率を適用して推計した売上金額を基礎とする算定方法による主張を、右売上金額を同人が審査請求時に申し立てた額に脱漏分を加えた実額とし、それを基礎とする算定方法による主張に変更したことが、いまだ時機に遅れたものとはいえず、又は時機に遅れたものとしても、税務署長の故意若しくは重大な過失によるものとはいえないとされた事例 2 照明器具等の販売業を営む者の事業所得金額を、同人の取引先における反面調査によって把握した仕入金額を基礎とし、これに同業者の売上原価率を適用するという推計方法により算定してした所得税更正処分に違法はないとした事例
取り消す
所得率による本件推計方法は合理的なものというべきである。...その収入金額に同業者の平均的な所得率を乗ずるという推計方法を用いて算出し、
ズック靴の縫製加工を営む白色申告者の売上利益を、同業者2名の収入金額から売上原価、一般経費、給料賃金及び外注費を控除した額の収入金額に対する割合の平均値を用いて算出した推計方法が、合理的であるとされた事例
控訴を棄却
1 所得税更正処分取消訴訟において、納税者が、異議申立てないし審査請求の段階で提示していなかった自己の営業に関する帳簿書類を、右訴訟提起後4年を経過した後に証拠として提出したことが、信義則に反するとはいえないとされた事例 2 所得税更正処分取消訴訟において、課税庁が実額で把握した収入金額に同業者の売上原価及び一般経費率を乗じて経費を算出する推計方法により所得金額を主張したのに対し、納税者が売上原価についてのみ実額の主張立証をした場合、右売上原価を同業者の売上原価率で除して得られた収入金額が課税庁の主張に係る収入金額をはるかに上回るときには、課税庁の主張に係る収入金額から右実額による売上原価を控除して所得金額を算出する方法は、合理的でなく採り得ないとした事例 3 所得税更正処分取消訴訟において、実額で把握した収入金額に同業者の売上原価及び一般経費率を乗じて経費を算出する推計方法による課税庁の所得金額の主張のうち収入金額について当事者間に争いがない場合にも、課税庁は、予備的推計方法として、納税者主張の売上原価を基礎として、これを同業者の売上原価率で除して当初主張していた右実額による収入金額を上回る収入金額を算出し、これによって所得金額を主張することが許されるとした事例
控訴を棄却
不動産売買業を営む会社が分譲した土地の代金を、同会社が分譲し実際の代金額の判明している数筆の土地の代金合計額と契約書記載の代金合計額との割合を用いて算定した推計方法が合理的であるとされた事例
棄却
(四) 推計方法及び事業所得の明細...主位的主張の推計方法が認められないときは、原告が主張する売上原価(外注費及...その余はすべて争う。また、推計方法については主位的主張、予備的主張いずれも
1 所得税更正処分取消訴訟において、納税者が異議申立てないし審査請求の段階で提示していなかった自己の営業に関する帳簿書類を、右訴訟提起後4年を経過した後に証拠として提出したことが、信義則に反するとはいえないとされた事例 2 所得税更正処分取消訴訟において、課税庁が実額で把握した収入金額に同業者の売上原価及び一般経費率を乗じて経費を算出する推計方法により所得金額を主張したのに対し、納税者が売上原価についてのみ実額の主張立証をした場合、右売上原価を同業者の売上原価率で除して得られた収入金額が課税庁の主張に係る収入金額をはるかに上回るときには、課税庁の主張に係る収入金額から右実額による売上原価を控除して所得金額を算出する方法は、合理的でなく採り得ないとした事例 3 所得税更正処分取消訴訟において、課税庁が実額で把握した収入金額に同業者の売上原価及び一般経費率を乗じて経費を算出する推計方法により主張した所得金額のうち収入金額について当事者間に争いがない場合にも、課税庁は、予備的推計方法として、納税者主張の売上原価を基礎として、これを同業者の売上原価率で除して当初主張していた右実額による収入金額を上回る収入金額を算出し、これによって所得金額を主張することが許されるとした事例
棄却
得率を乗じるという推計方法を用いて、本件更正処分を行なつた。...である。なお、この推計方法の合理性については後記のとおりである。...(四) 売上利益を算出するについて被告が採用した推計方法の合理性について
ズック靴の縫製加工を営む白色申告者の売上利益を、同業者2名の収入金額から売上原価、一般経費、給料賃金及び外注費を控除した額の収入金額に対する割合の平均値を用いて算出した推計方法が、右同業者に業務形態の類似性が認められないから合理性がないとされた事例
控訴を棄却
2 推計課税が許されるとしても、その推計方法には合理性があることを要すると...ころ、そのためには、推計の基礎とされた事実が正確であること、推計方法が具体...「(五)本件において被控訴人がとつた推計方法は、本人比率による比率法と呼ば
1 カフェー経営者が納入すべき料理飲食等消費税に係る課税標準額を、右カフェーの過年度の仕入実額を基礎とし、これに利用客一人当たりの消費額の伸び率等を適用してした推計方法が合理的であるとされた事例 2 料理飲食等消費税の特別徴収義務者で法人税につき青色申告承認処分を受けている者に対し、推計によって料理飲食等消費税を課することが許されるとした事例
取り消す
告主張の推計方法について判断する。右推計につき、被告は、真実の売買代金額の...り、被告主張の推計方法は合理性がないというべきである。すなわち、本件におい
1 推計の必要性がないのに所得金額を推計によって認定した法人税更正処分につき、右処分の効力が争われた訴訟において所得金額の実額が立証され、右処分に係る所得金額が右実額の範囲内であるときは、右処分は適法であるとした事例 2 不動産売買業を営む会社が分譲した土地の代金を、同会社が分譲し実際の代金額の判明している数筆の土地の代金合計額と契約書記載の代金合計額との割合を用いて算定した推計方法が合理的でないとされた事例
却下
の所得金額を推計するうえで妥当なものとはいえず、被告の採用する推計方法は合...ふさわしいものということができるから、被告の採用する前記推計方法には合理性
1 研磨業を営む白色申告者の所得を、同業者10名の収入金額に対する収入金額から売上原価と一般経費を控除した後の金額の割合の平均値を用いて算出した推計方法につき、右同業者らには営業の規模、形態において多様のものが混在しているなどとして、右推計方法は合理性を欠くとした事例 2 研磨業を営む白色申告者の各係争年分の外注費を、その前後の年分の同人の収入金額に対する外注費の割合の平均値を用いて算出した推計方法は、合理性があるとした事例
棄却
(四) 人浴収入金額の推計方法の正当性について詳述する。...ることはできない。結局、単位当り額法が、もつとも合理的な推計方法であり、こ...和四〇年法律第三四号による改正前)三一条二項)が、その推計方法は、事案にそ
浴場業を営む白色申告者の収入金額につき、営業規模、形態等において類似する近隣の同業者1名の使用した水1立方メートル当たりの入浴料金を基礎として算出する推計方法が合理的であるとされた事例
棄却
て按分するという推計方法を用いた。計算は以下のとおりである。...3 被告主張の推計方法については、次に述べるとおりの不合理がある。...(五) 被告は、その主張する推計方法により算出した税額を、原告が一度不満を
1 カフェー経営者が納入すベき料理飲食等消費税に係る課税標準額を、右カフェーの過年度の仕入実額を基礎とし、これに申告に係る利用客延ベ人員及び売上高に基づく平均消費額の伸び率等を適用してした推計方法が合理的であるとされた事例 2 地方税における推計課税に許否
棄却
メリヤス製造業者の係争年分の売上原価を、同人の売上金額に2税務署管内の同規模同業者13名の平均原価率を乗じて算出した推計方法が、合理的であるとされた事例
棄却
被告署長が原告の所得金額を算定にあたつてもちいた前記の推計方法は、以下のと...の雇人費率として、原告の収入金額を算出した推計方法は合理的であるというべき...を本件年分の一般経費率として一般経費を算定したものであつて、右推計方法にな
1 理容業者の収入金額を当該年度の雇人費に納税者自身の過年分の平均雇人費率(収入金額に対して雇入費の占める割含)を適用して推計する方法が不合理であるとされた事例 2 理容業者の収入金額を推計するに当たり、いわゆる遊休椅子がある場合には、設置に係る理容用椅子全部の数に理容用椅子1台当たりの同業者の平均収入金額を乗じて算定する推計方法を用いることは、不合理であるとした事例 3 理容業者の収入金額を当該業者の前年度の従事員1人当たりの平均収入金額に基づき推計する方法は、一応合理的であり、特別な事情のない限り、従事員個々の技能や熟練度を考慮する必要はないとした事例 4 所得税の更正処分に対する審査請求手続を公開せず、書面審理のみによって行っても違法ではない。
棄却
被告主張の売上金額の推計方法の合理性を争う。...いにもかかわらず、被告主張の推計方法はこれらの点をまつたく無視しており、不...推計方法の合理性を争う。
1 デパート及びマーケット内に6ないし12の店舗を構えて魚類の小売業を営んでいた者の各係争年分の売上金額を、右店舗のうちからデパート内の店舗1店とマーケット内の店舗1店を抽出し、その実地調査によって得られた各差益率をデパート分の販売原価とマーケット分の販売原価にそれぞれ適用して算出した推計方法に合理性があるとされた事例 2 青色申告承認取消処分の通知書に取消しの原因となる具体的事実の記載を欠いた瑕疵は、同処分の取消事由となるにすぎず、無効事由には当たらないとされた事例
棄却
推計方法がより合理的であるかのごとき原告の主張は失当というべきである。...があるが故をもつて本件推計方法に合理性がないと主張するが、推計方法の合理性...の判断は、実額計算の可能性の程度、他のより合理的な推計方法の存在の有無、被
1 皮革業を営む白色申告者の各係争年分の一般経費につき、同業者1名ないし3名の一般経経費率によって算出した推計方法が合理的であるとされた事例 2 皮革業を営む白色申告者の係争年分の雇人費につき、同業者3名の雇人費率の平均値によって算出した推計方法は、右各雇人費率の間に著しい高低の差があり、しかも、雇人費が単純に収入金額に比例し難い支出項目であることに照らし、合理性を欠くとした事例
棄却
ち、一般経費率を基礎とする推計方法(原判決採用の方法)も考えられないでもな...合による推計方法に比較して合理性に乏しく、採用できない。
クリーニング業者の収入金額につき、実額のは握の可能な次年度の収入金額に、同年の電力及び水道使用量に対する係争各年度の増減割合を乗じて算定する推計方法が、合理的であるとされた事例
棄却
者と原告の類似性、同業者の選択、推計方法の合理性について、原告に攻撃防禦を...の事業内容に最も即応した推計方法を主張することによつて十分反撃することがで...た推計方法自体に合理性があり、推計の基礎とした事実の選択が事案にとつて適切
1 家庭用電気器具の小売業を営む白色申告者の係争年分の売上金額につき、営業規模、形態、条件において類似する近隣の同業者中3名の平均原価率によって算出した推計方法に、合理性があるとした事例 2 家庭用電気器具の小売業を営む白色申告者の係争年分の売上金額につき、近隣の同業者25名の平均原価率によって算出した推計方法は、右同業者らの売上原価及び原価率が最高と最低とで相当の開きがあり、右同業者中には右白色申告者と営業規模、形態、条件においてかなり相違がある者が含まれているとして、合理性を欠くとした事例
棄却
以上のことから、被告が前叙の推計方法によつて原告の本件係争年分の所得額を算
ゴルフ用品の販売及び喫茶店を経営する者の売上金額及び所得金額を、近隣のそれぞれの同業者の平均差益率及び平均所得率によってそれぞれ算出した推計方法に合理性があるとされた事例
棄却
(2) 被告の本件推計方法は誤りであつて不合理である。すなわち、被告の本件...推計方法は、荒川、小石川両税務署管内の製本等印刷加工業者のうちから適宜抽出...異にする独自のものであつて、本件推計方法は不適当であり、合理性を欠く違法な
1 過少申告加算税賦課決定処分の基礎となる更正処分及び重加算税賦課決定処分について行政不服手続を経由しているときは、右過少申告加算税賦課決定に対する取消しの訴えを不服申立てを経ずに提起することにつき国税通則法(昭和45年法律第8号による改正前)87条1項4号にいう「正当な理由があるとき」に当たるとした事例 2 推計課税の当否が争われている訴訟において、その推計の基礎とした同業者の住所、氏名を明示しないことをもって直ちに違法ないし不当とはいえないとした事例 3 ビニール、アルミニウムなどを使用し、アルバムや日記帳等の製本業を営む特殊な業者に対し、実額によっては握された売上金額を基礎とし、近隣の製本業者らで、原告と同様原材料を他から仕入れ年間収入が一定の範囲内の青色申告者4ないし5名の平均所得率によってその所得金額を推計したことにつき、経費のうち原価率及び営業費率が右同業者と近似し、かつ外注費が右業者に比し相当低いとして、右推計方法に合理性があるとされた事例
棄却
(二) 右推計方法の合理性...に至る間全く変動がないから、右推計方法は合理的である。...けて除々に増加しているから、この事実を考慮しなかつた被告の推計方法は不合理
1 当事者の主張しない推計方法によることも、それが不意打ちにならない限り可能であるとされた事例 2 実額のは握の可能な次年度の売上金額を基礎とし、電力と水道の使用量の割合から係争各年度の売上金額を推計して算出したクリーニング業者の所得金額が、営業実績、従業員数等他の諸条件のほぼ同一である右次年度と所得金額において2ないし3倍、差益率において10パーセント余も異なるなど著しく均衡を失しているときは、右推計方法に合理性があるとはいえないとされた事例
棄却
(原価および一般経費に関する推計方法の不合理性)...してみれば、本件各更正処分における原価および一般経費に関する推計方法は違法...法と異なつた推計方法に関する被告の主張は、本件各更正処分が違法であることを
推計課税の当否が争われている訴訟において、被告税務署長が、その推計の基礎とした同業者の原価及び一般経費率につき右同業者の住所・氏名を公開しない一事をもって右推計方法によることが許されないとはいえないとした事例
29 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in