裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
教育基本法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
11 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
いう)は、国が教育内容に介入するものであるから、憲法二六条、教育基本法一〇...ずしも教育基本法一〇条の禁止するところではない。以上は、当裁判所の判例(最...教育基本法及び学校教育法の趣旨に合し、教科用に適することを認めるものとする」
一 学校教育法二一条一項(昭和四五年法律第四八号による改正前のもの)、五一条(昭和四九年法律第七〇号による改正前のもの)、旧教科用図書検定規則(昭和二三年文部省令第四号)、旧教科用図書検定基準(昭和三三年文部省告示第八六号)に基づく高等学校用の教科用図書の検定と憲法二六条、教育基本法一〇条 二 学校教育法二一条一項(昭和四五年法律第四八号による改正前のもの)、五一条(昭和四九年法律第七〇号による改正前のもの)、旧教科用図書検定規則(昭和二三年文部省令第四号)、旧教科用図書検定基準(昭和三三年文部省告示第八六号)に基づく高等学校用の教科用図書の検定と憲法二一条二項前段 三 学校教育法二一条一項(昭和四五年法律第四八号による改正前のもの)、五一条(昭和四九年法律第七〇号による改正前のもの)、旧教科用図書検定規則(昭和二三年文部省令第四号)、旧教科用図書検定基準(昭和三三年文部省告示第八六号)に基づく高等学校用の教科用図書の検定と憲法二一条一項 四 学校教育法二一条一項(昭和四五年法律第四八号による改正前のもの)、五一条(昭和四九年法律第七〇号による改正前のもの)、旧教科用図書検定規則(昭和二三年文部省令第四号)、旧教科用図書検定基準(昭和三三年文部省告示第八六号)に基づく高等学校用の教科用図書の検定と憲法二三条 五 学校教育法二一条一項(昭和四五年法律第四八号による改正前のもの)、五一条(昭和四九年法律第七〇号による改正前のもの)、旧教科用図書検定規則(昭和二三年文部省令第四号)、旧教科用図書検定基準(昭和三三年文部省告示第八六号)に基づく高等学校用の教科用図書の検定における文部大臣の裁量的判断と国家賠償法上の違法
棄却
1 県教育委員会が、学校間格差の是正をその主要な考慮要素として、一定の区域内にある公立高等学校4校を合同選抜校として合同選抜試験を実施し、その結果により合同選抜校全体についての合格者を決定した上、合格者を等質とみなされる幾つかのゾーンに分け、各ゾーンごとに各入学志願者の希望、通学条件等を勘案して各高等学校へ振り分けて入学許可がされる合同選抜制度を採用したことにつき、これが能力以外の理由で入学の許否を決しようとする点で憲法26条、教育基本法3条1項に違反するとも、また、入学志願者の学校選択の自由を違法不当に制限するともいえないとして、右合同選抜制度及びその目的は、違憲、違法であるとはいえないとした事例 2 一定の区域内にある公立高等学校4校を合同選抜校として合同選抜試験を実施し、その結果により合同選抜校全体についての合格者を決定した上、合格者を各高等学校へ振り分ける合同選抜制度の実施に当たり、合同選抜校の校長らが定めた、合格者の入学校決定のための振り分け基準は、各校長が裁量により入学許否処分を行う際の内部的な裁量準則であり、右準則の内容に裁量権の逸脱、濫用はないとした事例
却下
由で入学の許可を決しようとすることであつて、憲法二六条一項、教育基本法三条一項に...地域による差別となり、憲法二六条一項、教育基本法三条一項に違反する。...教育基本法三条一項に定める「能力に応じて」のみ差別しうるという大原則に違反してい
1 一定の区域内にある公立高等学校4校を合同選抜校として合同選抜試験を実施し、その結果により合同選抜校全体についての合格者を決定した上、合格者を等質とみなされる幾つかのゾーンに分け、各ゾーンごとに各入学志願者の希望、通学条件等を勘案して各高等学校へ振り分けて入学許可がされる合同選抜制度が採られている場合において、入学希望校ではない高等学校への入学許可を受けた志願者が入学希望校の校長に対して提起した入学希望校への入学を許可しないことが違法であることの確認を求める訴えが、右合同選抜制度の下においては、入学志願者は合同選抜校の各校長に対して4つの入学志願をしたものであり、このうち1校について入学許可があった際には、他の3校の校長は、それぞれ当該高等学校への入学の不許可をしたものと認められるから、訴えの利益を欠くとして却下された事例 2 県教育委員会が学校間格差の是正をその主要な考慮要素として、公立高等学校4校を合同選抜校とし、4校合同の選抜試験を行った上、合格者を右4校に振り分ける合同選抜制度を採用したことにつき、これが能力以外の理由で入学の許否を決しようとする点で憲法26条、教育基本法3条1項に違反するとも、また、入学志願者の学校選択の自由を違法不当に制限するともいえないとして、右合同選抜制度及びその目的は、違憲、違法であるとはいえないとした事例 3 公立高等学校4校を合同選抜校とし、4校合同の選抜試験を行った上、合格者を右4校に振り分ける合同選抜制度の実施に当たり合同選抜校の校長らが定めた合格者の入学校決定のための振り分け基準は、各校長が裁量により入学許否処分を行う際の内部的な裁量準則であり、右準則の内容に裁量権の逸脱、濫用はないとした事例 4 公立高等学校4校を合同選抜校とし、4校合同の合同選抜試験を行った上、合格者を右4校に振り分ける合同選抜制度が採られている場合において、合同選抜試験の合格者に対し、志願者の入学希望校の校長がした入学不許可処分が、違法であるとはいえないとされた事例
却下
教育基本法によつて保障されている宗教教育の自由との関連で、公立学校として超えては...公教育の宗教的中立性の原則とその違反(教育基本法九条違反)...教育基本法九条が公教育と宗教との関係について、一項で「宗教に関する寛容の態度及び
1 区立小学校長が児童の指導要録の出欠の記録に当該児童が欠席した旨記載することは、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 区立小学校長が、日曜日を授業日と指定していわゆる日曜参観授業を実施し、キリスト教の牧師及び副牧師の子で、教会学校に出席したために右授業に欠席した児童に対し、指導要録の出欠の記録に同日欠席した旨の記載をしたことは、憲法14条1項、20条1項、26条、教育基本法3条、7条、19条に違反せず、裁量権の逸脱もないから、不法行為に当たらないとした事例
破棄
中立性を阻害し、教育基本法一〇条一項に違反するというのである。... 右のことを前提として、本件学力調査が教育基本法一〇条に違反するかどうかを...対する不当な支配として教育基本法一〇条に違反する違法はない、と解するのが相
昭和三六年度全国高等学校抽出学力調査の実施と教育基本法一〇条
破棄
一、地方教育行政の組織及び運営に関する法律五四条二項と昭和三六年度全国中学校一せい学力調査の手続上の適法性 二、憲法と子どもに対する教育内容の決定権能の帰属 三、教育行政機関の法令に基づく教育の内容及び方法の規制と教育基本法一〇条 四、昭和三六年当時の中学校学習指導要領(昭和三三年文部省告示第八一号)の効力 五、昭和三六年度全国中学校一せい学力調査と教育基本法一〇条 六、教育の地方自治と昭和三六年度全国中学校一せい学力調査の適法性
控訴を棄却
と同時に、憲法二六条や教育基本法三条の決意に則り最も教育目的に適する方法を...閑視するものと見ることはできないのであつて、教育基本法にも何ら抵触するとこ
1 国立大学附属中学校の入学志願者選抜方法としての抽せんが乱数表を使用し、同大学教育学部会議室で行われたことをもって、右抽せん手続が「公開抽せん」の趣旨に反し、抽せんの具体的実施方法が著しく公正を欠く違法なものとはいえないとした事例 2 国立大学附属中学校の入学志願者選抜方法につき、抽せんの方法を採用したことが、憲法26条、教育基本法3条に反しないとした事例 3 国立大学附属中学校の入学不許可処分の取消請求につき、右入学志願者選抜手続の瑕疵は、司法審査の対象になるとした事例
棄却
が、憲法二六条、教育基本法三条の根本理念およびG中学校の特殊性等に鑑みる...しているかどうか等の問題と同様に、教育基本法や学校教育法等の諸法令に照らし...しかしながら、憲法および教育基本法の右各条規は、すべての国民がその能力に応
1 国立大学附属中学校の入学志願者選抜方法としての抽せんが乱数表を使用し、同大学教育学部会議室で行われたことをもって、右抽せん手続が「公開抽せん」の趣旨に反し、抽せんの具体的実施方法が著しく公正を欠く違法なものとはいえないとした事例 2 国立大学附属中学校の入学不許可処分の取消請求につき、右入学志願者選抜手続の瑕疵は、司法審査の対象になるとした事例 3 国立大学附属中学校の入学志願者選抜方法につき、抽せんの方法を採用したことが、憲法26条、教育基本法3条に反しないとした事例
取り消す
4 教育基本法一〇条違反の主張について...(一) 戦後の教育改革と教育基本法の成立事情...(二) 教育基本法一〇条の趣旨
1 憲法第26条にいう教育を受ける権利と国の機能 2 憲法第21条第1項にいう出版の自由は教科書出版の自由を含むか 3 学校教育法第21条第1項にいう「文部大臣の検定」は憲法第21条第2項にいう「検閲」に当たるか 4 教科書検定制度と憲法第21条第1項にいう「表現の自由」 5 教科書検定と教育基本法第10条
上告を棄却
教育基本法四条一項は「国民はその保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる...育を受けさせる義務履行上に事実上支障を与えるか否かの如きは右教育基本法の関
実刑と教育基本法第四条第一項に規定する「その保護する子女に普通教育を受けさせる義務」。
棄却
教育基本法は、右憲法の規定を受けて、その三条一項において、「すべて国民は、...いうようなことは、右教育基本法三条一項所定の事由によつて差別的待遇を受ける...教育を受ける機会を喪失することは、教育基本法の右条項の保障とはなんの関係も
少年を中等少年院に送致する旨の保護処分決定は教育基本法第三条第一項に違反するか
11 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in