裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
法律
旅券法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
旅券法の判決統計
0
1
0
13 件中 1/1 ぺージ
取り消す
との密接なる関係にかんがみ、貴殿は旅券法一三条一項五号にいう著しくかつ直接...第二 旅券法一三条一項五号の規定が憲法に違反するとの被控訴人の主張について...二 旅券法一三条一項五号該当性の有無について
1 旅券法13条1項5号と憲法22条2項 2 外務大臣がした、旅券法13条1項5号に基づく一般旅券の発給拒否処分の通知に付記された、日本赤軍と密接な関係にある旨の処分理由の記載が不明確で拒否理由を読み取ることができないから、同法14条に違反するとの主張が、排斥された事例 3 旅券法13条1項5号該当性の判断についての外務大臣の裁量権 4 日本赤軍と密接な関係にあり、旅券法13条1項5号に該当するとして外務大臣がした一般旅券発給拒否処分が、同大臣に与えられた裁量権を逸脱又は濫用した違法がなく、適法とされた事例
棄却
1 旅券法一三条一項五号に規定されている「外務大臣において、著しく且つ直接...2 そこで、旅券法一三条一項五号における旅券の発給拒否処分の裁量性につい...き、公共の福祉のため合理的な制限を加える旅券法一三条一項五号が、憲法に違反
1 旅券法13条1項5号と市民的及び政治的権利に関する国際規約(昭和54年条約第7号)12条2項、3項 2 外務大臣が旅券法14条の規定による一般旅券発給拒否処分の通知書に日本赤軍と連係関係があるとの事実関係を示している場合は、同処分に処分理由付記の不備の違法があるとはいえないとした事例 3 一般旅券発給拒否処分が、その取消訴訟において、処分通知書に旅券法所定の発給拒否事由該当性を基礎付ける具体的事実の記載がなく、理由付記の不備の違法があるとの理由で取り消された場合、外務大臣は、同判決の趣旨に従って処分理由を補充すべき拘束を受けるが、処分理由を補充した上でされた再度の一般旅券発給拒否処分は、行政事件訴訟法33条2項に違反するものではないとした事例 4 日本赤軍と連係関係があり旅券法13条1項5号に当たるとしてした外務大臣の一般旅券発給拒否処分が、一般に、日本赤軍との連係関係があると認められる者は、同号にいう「著しく且つ直接に日本国の利益又は公安を害する行為を行う虞があると認めるに足りる相当の理由がある者」に当たるが、本件においては申請人にそのような連係関係があるとは認められないとして、同処分が取り消された事例 5 日本赤軍と連係関係があり旅券法13条1項5号に当たるとしてした外務大臣の一般旅券発給拒否処分に故意又は過失がないとして国に対する損害賠償請求が棄却された事例
取り消す
「貴殿の従前からのいわゆる日本赤軍との密接なる関係にかんがみ、貴殿は旅券法...(一) 旅券法一三条一項五号の違憲性...(2) しかるに、旅券法一三条一項五号は、「外務大臣において、著しく且つ直
1 旅券法13条1項5号と憲法22条2項 2 旅券法13条1項5号に基づいて一般旅券の発給を拒否する権限は、申請者が国内にあると国外にあるとを問わず、外務大臣に専属するとした事例 3 外務大臣がした、旅券法13条1項5号に基づく一般旅券の発給拒否処分の通知に付記された、日本赤軍と密接な関係にある旨の処分理由の記載が不明確で、拒否理由を読み取ることができないから、同法14条に違反するとの主張が、同法13条1項5号に基づく一般旅券の発給拒否処分に当たっては、いかなる事実関係を認定して申請者が同号に該当すると判断したかを具体的に記載することを要するが、記載された処分理由と公知の事実を併せ考えれば、本件ではこれをうかがい知ることができるとして、排斥された事例 4 日本赤軍と密接な関係にあり、旅券法13条1項5号に該当するとしてされた一般旅券発給拒否処分が、日本赤軍と密接な関係にあると認められる者については、同号に該当するとの判断をすることは合理的な根拠があるが、本件においては申請者に前記のような関係があるとは認められず、前提となる重要な事実を誤認したものであるとして、取り消された事例
棄却
旅券法一三条一項五号にいう著しくかつ直接に日本国の利益又は公安を害する行為を行う...被告外務大臣は、昭和五二年二月一六日付で、原告の本件申請に対し、旅券法一...日、前処分には旅券法一四条に定める理由付記の不備があるとの理由で原判決を破棄し、
1 旅券法13条1項5号は、市民的及び政治的権利に関する国際規約12条2項、3項に違反するか 2 外務大臣が旅券法14条の規定による一般旅券発給拒否処分の通知書に日本赤軍と連係関係があるとの事実関係を示している場合は、右処分に処分理由付記の不備の違法があるとはいえないとした事例 3 一般旅券発給拒否処分が、その取消訴訟において、処分通知書に旅券法所定の発給拒否事由該当性を基礎付ける具体的事実の記載がなく、理由付記の不備の違法があるとの理由で取り消された場合、外務大臣は、右判決の趣旨に従って処分理由を補充すべき拘束を受けるが、処分理由を補充した上でされた再度の一般旅券発給拒否処分は、行政事件訴訟法33条2項に違反するものではないとした事例 4 日本赤軍と連係関係があり旅券法13条1項5号に当たるとしてした外務大臣の一般旅券発給拒否処分が、一般に、日本赤軍との連係関係があると認められる者は、同号にいう「著しく且つ直接に日本国の利益又は公安を害する行為を行う虞があると認めるに足りる相当の理由がある者」に当たるが、本件においては申請人に右のような連係関係があるとは認められないとして、右処分が取り消された事例 5 日本赤軍と連係関係があり旅券法13条1項5号に当たるとしてした外務大臣の一般旅券発給拒否処分に故意又は過失がないとして国に対する損害賠償請求が棄却された事例
棄却
2 旅券法第一三条第一項第五号の解釈について...旅券法第一三条第一項第五号は、第一次的判断権を外務大臣に与えることを規定し...2 旅券法第一三条第一項第五号の解釈について
1 一般旅券発給の申請人がいわゆる日本赤軍の関係者であるとして、外務大臣が旅券法13条1項5号に基づいてした一般旅券発給拒否処分が適法であるとされた事例 2 外務大臣が旅券法14条の規定による一般旅券発給拒否処分の通知書に申請者が同法13条1項5号に該当する旨示したにすぎないことをもって、処分理由の付記に違法があるとはいえないとした事例
上告を棄却
であるとは認められないから、所論は前提を欠き、旅券法一三条一項三号の違憲を...三条一項一号が憲法三一条、三八条一項、一九条に違反する旨をいう点は、旅券法...た、旅券法の右規定は一定の思想、信条を理由として処罰しようとするものでない
旅券法二三条一項一号の規定違憲(憲法一九条、三一条、三八条一項)の主張が欠前提処理された事例
破棄
 所論は、本件においては、旅券法一三条一項三号や二三条一項一号の規定の憲法...違法があるとは認められない。旅券法一三条一項三号に該当する者からの旅券発給...を否定する理由となるものではなく、本件旅券法違反の罪の成立を否定する事由と
一 旅券法(昭和五二年法律第八二号による改正前のもの。以下同じ。)一三条一項三号の規定は憲法二二条二項、一四条一項、三一条の各規定に違反するか 二 旅券法二三条一項一号の規定は憲法三一条、三八条一項、一九条の各規定に違反するか
破棄
 一 控訴趣意第一点は、原判決が原判示第一の旅券法違反(海外旅券の不法入
旅券法三条一項の旅券発給申請に関する国籍、出入国管理令三条及び外国人登録法三条一項にいう外国人の各認識に事実の錯誤があり犯意が否定された事例
上告を棄却
福祉のために合理的な制限に服するものであり、旅券発給の制限を定めた旅券法一... 旅券法一三条一項五号の旅券発給拒否事由には、旅券の発給を受けようとする者... ところで、外務大臣が旅券法一三条一項五号の規定により、旅券発給拒否処分を
一、旅券法一三条一項五号所定の旅券発給拒否事由と客観的事実考慮の許容 二、旅券法一三条一項五号の規程による外務大臣の旅券発給拒否処分の適否と裁判所の判断の及ぶ範囲 三、旅券法一三条一項五号所定の事由にあたるとしてした外務大臣の旅券発給拒否処分が正当とされた事例
破棄
明文がないのに、旅券法附則第七項に身分証明書の規定があることを以て、右身分...いのである。しかして旅券法附則第七項において、北緯二十九度以南の南西諸島...適用があるのであり、又旅券法附則第七項の規定の文言、趣旨からしても、その者
旅券法附則第七項所定の身分証明書は出入国管理令にいう旅券に代る証明書に該当するか
上告を棄却
入国管理令六〇条二項、七一条および旅券法一三条一項、一四条、一九条一項四号
一 刑訴法第二五五条にいう「犯人が国外にいる場合」の意義。 二 出入国管理令第六〇条第二項第七一条および旅券法第一三条第一項第一四条第一九条第一項第四号の合憲性。
取り消す
 (一) 一般旅券発給の制限に関する旅券法第一三条第一項第五号の規定は、日...ゆうりんされる結果を招来する。したがつて、旅券法の右の規定は、憲法に牴触し...分は、旅券法の前記条項を乱用したものであつて、違法である。すなわち、外務大
一、 旅券法第一三条第一項第五号にいわゆるわが国の利益または公安を害する「行為を行うおそれがあると認めるに足りる」との趣旨 二、 旅券法第一三条第一項第五号により外務大臣のした旅券発給拒否処分が違法でないとされた事例
上告を棄却
 論旨は、旅券法一三条一項五号は憲法二二条二項に違反し無効と解すべきである...にかかわらず、原判決が右旅券法の規定に基き本件旅券発給申請を拒否した外務大...そして旅券発給を拒否することができる場合として、旅券法一三条一項五号が「著
一 旅券法第一三条第一項第五号の合憲性。 二 旅券法第一三条第一項第五号により外務大臣のなした旅券発給拒否の処分が違法でないとされた事例。
13 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in