裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
旧河川法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
4 件中 1/1 ぺージ
棄却
右と同時廃止)→旧河川法施行規程...現行河川法の施行法一九条によりなお効力を有する旧河川法施行規程一〇条は、そ...しかして、上記の如く旧河川法施行規程一〇条の補償対象たる堤体は、正しく明治
1 土地収用法133条1項に基づく訴え中収用委員会のした裁決の変更を求める部分が、同項に基づく損失の補償に関する訴えの性質は被収用者が起業者を相手方として補償金の確認又は給付を求める当事者訴訟であるとして、不適法とされた事例 2 いわゆる輪中堤、その敷地等の占用許可の取消しに伴う損失補償につき、輪中堤の文化財的価値についての損失が、河川法76条、旧河川法施行規程(明治29年勅令第236号)10条に基づく損失補償の対象となる損失に当たるとされた事例 3 いわゆる輪中堤の文化財的価値の損失に対する補償金額は、輪中堤の客観的価額に10分の1を乗じた額が相当であるとした事例 4 いわゆる輪中堤が、それ自体独立の構築物として河川法施行法19条、旧河川法施行規程(明治29年勅令第236号)9条、10条に基づき補償金を下付すべき対象物件に当たらないとされた事例
棄却
ところが旧河川法(明治二九年法律七一号)の施行に伴い大正二年一二月二四日付...分有しており、さればこそ旧河川法により河川付属物および河川区域の認定がなさ...旧河川法施行規程一〇条(現行河川法施行法一九条)により補償金を下付するの
1 いわゆる輪中堤が、それ自体独立の構築物として河川法施行法19条、旧河川法施行規程(明治29年勅令第236号)9条、10条に基づき補償金を下付すベき対象物件に当たらないとされた事例 2 いわゆる輪中堤、その敷地等の占用許可取消しに伴う損失補償につき、右輪中堤の文化財的価値についての損失が河川法76条に基づく損失補償の対象となる損失に当たらないとした事例
上告を棄却
 弁護人石原豊昭の上告趣意第一点は、単なる法令違反の主張であり(旧河川法(
旧河川法(明治二九年法律第七一号)第五八条ノ二第一号第一八条と刑法第二三五条ノ二との関係
上告を棄却
旧河川法(明治二九年法律第一七一号)第一八条に基づく河川敷地に対する占用権の喪失が認められた事例。
4 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in