裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61805 
刑事21925民事39880
法律
旧関税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
21 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
 所論の前段は、旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)七五条
旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前)第七五条第二項の関税逋脱未遂罪と刑法第四三条但書。
上告を棄却
 所論は、先ず、昭和二九年法律第六一号による改正前の関税法(以下旧関税法と... 所論は、次に、旧関税法八三条三項は、共犯者ある場合には必ずしも共犯者全員... しかし、旧関税法八三条三項による追徴は、犯罪に対する制裁と、その抑圧の手
一 犯罪貨物の所有者または占有者でない犯人にも追徴を科しうることを規定している旧関税法第八三条第三項は憲法第二九条に違反するか 犯罪貨物の所有者である共犯者が訴追を免がれたために同人に追徴を科することができない場合に犯人である被告人に没収に代わる追徴を科することと憲法第一四条。
上告を棄却
するところは、昭和二九年法律第六一号による改正前の関税法(以下旧関税法とい... 所論は、次に、旧関税法の前記条項が犯罪貨物の所有者または占有者でない被告...人にも追徴を科しうることを規定している旧関税法の所論条項が憲法三一条または
一 旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第八三条第三項により追徴を科せられる犯人の範囲。 二 旧関税法第八三条第三項と憲法第三一条、第二九条。 三 刑罰法令の規定にしたがい一の犯罪につき法廷の主刑を科した上、没収又は追徴を科することは憲法第三九条後段の規定に違反するか。 四 刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法の施行と第三者所有物没収に代わる追徴。
破棄
いては、旧関税法(昭和二九年法律六一号による改正前の関税法をいう。以下同じ。)...供した船舶であるとして、旧関税法八三条一項二項により被告人A、同B、同Cか...同三七年一一月二八日大法廷判決)とするところであり、従つてまた旧関税法八三
一 外国とみなされていた地域から貨物の無免許輸入等の罪と右地域が外国とみなされなくなつたことによる刑の廃止の有無 二 第三者所有物の没収の違憲と旧関税法第八三条第三項による追徴の適否
破棄
 同第一点および第四点について。旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正...法が認められるかということとは、別個の問題である。然るに、旧関税法八三条一...記旧関税法八三条一項によつて第三者の所有物を没収することは、憲法三一条、二
一 旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前の関税法をいう。)第八三条第一項により第三者の所有物を没収することは、憲法第三一条、第二九条に違反するか 二 第三者所有物の没収の違憲を理由として上告することができる
控訴を棄却
条、旧関税法第八十三条第四項の規定により、右貨物の関税は犯則当時の貨物の所...るのであつて、不申告と関税の逋脱とは同義語ではない。しかしながら、旧関税法...受の語の字義より離れて関税逋脱の既遂の時期を定めることは旧関税法第八十三条
免税自動車の譲受と旧関税法第八三条第四項の犯則成立の時期
上告を棄却
 所論は、被告人の本件行為は、旧関税法(昭和二五年四月法律第一一七号による...航行した」というのであるから、原判決が被告人の右所為を以て前記旧関税法七六
旧関税法(昭和二五年法律第一一七号による改正以後のもの)第七六条第一項にいう輸出の意義。
上告を棄却
張であるばかりでなく、旧関税法(昭和二九年法律六一号による改正前のもの)八...号同三三年三月一三日第一小法廷判決、刑集一二巻三号五二七頁、「旧関税法第八...告人A所有のものであるから、第一審判決が、旧関税法八三条一項により共犯者で
旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第八三条第一項は憲法第二九条に違反するか。
上告を棄却
二年法律六一号関税法(以下旧関税法という。)八三条にいう「犯人」には、両罰...件のごとき場合には、被告人F電気貿易株式会社に対し、旧関税法八二条ノ三、七...決が、右被告人会社に対し旧関税法八三条一、三項を適用して所論没収、追徴の言
一 旧関税法(昭和二三年法律第一〇七号により改正された明治三二年法律第六一号)第八三条という「犯人」の意義 二 法人を旧関税法(昭和二三年法律第一〇七号により改正された明治三二年法律第六一号)第八二条ノ三、第七六条第一項により処罰する場合と同法第八三条の没収、追徴
上告を棄却
旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前)第八三条第三項による追徴のない場合の同条第四項による関税徴収の可否
破棄
 旧関税法(昭和二三年七月七日法律一〇七号により改正のもの、以下同じ)八三...に、判示第七の(一)の関税法違反の点は、旧関税法七六条、刑法六〇条に該当す
旧関税法(昭和二三年法律第一〇七号により改正のもの)第八三条第三項の追徴と、没収すべきものが裁判時において犯人の所有又は占有に属することの要否
破棄
 しかし、職権によつて船舶J丸没収の点について調査するに、旧関税法(昭和二...則一三項旧関税法七五条一項刑法六〇条に該当するので懲役を選択し所定刑期範囲
一 判決前文に「当裁判所は検事某関与の上左の通り審理判決する」旨の記載の趣旨 二 旧関税法第八三条第二項にいう「取得」の意義 三 旧関税法第八三条第一、二項による船舶の没収が違法な事例
破棄
記載の第二の公訴事実)は、それぞれ旧関税法(昭和二九年法律六一号による改正
一 旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第八三条第三項の意義と憲法第一四条 二 密輸出入行為の用に供した船舶の換価処分と犯人の占有
上告を棄却
旧関税法第八三条第一項による船舶没収が違法な事例
破棄
る。しかし、この解釈は、旧関税法八三条一項の法文に全然副わない曲解であつて、
一 控訴審において主張判断のない事項を上告理由とすることの適否。 二 旧関税法第八三条第一項の法意と憲法第二九条。
上告を棄却
載の紙幣に該当し旧関税法第一条の貨物であると判断した原判示は正当である(最
米国弗表示軍票は旧関税法第一条の貨物か
上告を棄却
旧関税法(昭和二三年法律第一〇七号による改正のもの)第八三条にいわゆる「原価」の意味
破棄
ら右公訴事実の存在を確定することなく、ただ本件に適用ある旧関税法三一条、七六条にいわゆる「貨物」中には「船舶」を含まないと解し船舶は密輸出入罪の対象...れを外国に向け送り出す場合には、右旧関税法にいわゆる「貨物」にあたり、免許...を受けないで船舶を輸出したときは右旧関税法七六条の罪が成立するものといわな
一 旧関税法にいわゆる「貨物」と「船舶」 二 事実を確定しないで無罪を言い渡した第一審判決を控訴審が書面審理のみにより破棄し自ら有罪の言渡をすることと刑訴第四〇〇条但書
上告を棄却
旧関税法第八三条の規定による追徴金を共同正犯たる各犯人からそれぞれ全額追徴する言渡とその執行
上告を棄却
旧関税法(昭和二三年法律第一〇七号)第七六条第一項にいわゆる「輸出ヲ図リタル者」にあたる一事例
21 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in