裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61816 
刑事21926民事39890
法律
民事調停法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
5 件中 1/1 ぺージ
棄却
とを骨子とする民事調停法17条決定を行い,当時京都市長であった一審被告aは
市が民事調停法17条による調停に代わる決定に基づいてゴルフ場開発予定地の買取代金を支出したことにつき、その支出当時の市長が同決定による代金額が著しく高額に過ぎることを認識しながら異議申立てをせずに同決定を確定させた違法により、市が前記支出額と適正価格との差額の損害を被ったとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき前記市長個人に対してされた損害賠償請求が、一部認容された事例
棄却
(二) 本件調停において、裁判所は、民事調停法一七条に基づき、同年五月一三...(民事調停法一八条三項)、当事者の一方が、異議の申立てをしさえすれば右確定...回期日において、次のとおり、民事調停法一七条に基づく調停に代わる本件決定を
市が民事調停法17条による調停に代わる決定に基づいてゴルフ場開発予定地の買取代金を支出したことにつき、その支出当時の市長が同決定による代金額が著しく高額に過ぎることを認識しながら異議申立てをせずに同決定を確定させた違法により、市が前記支出額と相当価格との差額の損害を被ったとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき前記市長個人に対してされた損害賠償請求が、一部認容された事例
上告を棄却
  民事調停法に基づく調停の申立ては、自己の権利に関する紛争を裁判所の関与
民事調停法に基づく調停の申立てと民法一五一条による時効中断の効力
上告を棄却
 民事調停法一一条所定の利害関係人の参加についての原判決の判断説示は正当と
民事調停法第一一条にもとづき調停手続に参加した利害関係人にはあたらないとされた事例
上告を棄却
 民事調停法一六条は「調停において当事者間に合意が成立し、これを調書に記載
民事調停法第一六条の法意。
5 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in