裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61805 
刑事21925民事39880
法律
海難審判法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
2 件中 1/1 ぺージ
却下
海難審判法第四条第二項の規定により、同法第五条第一項第三号を適用して同人を戒告す
1 高等海難審判庁の裁決のうち、海難審判法4条1項により海難原因を明らかにした部分は、抗告訴訟の対象となる処分に当たるか 2 海上衝突予防法17条2項の趣旨 3 海上衝突予防法17条1項により針路及び速力の保持義務を負う船舶が全長285メートル、総トン数8万3、874トンの巨大船である場合において、遅くとも、避航義務を負う船舶との距離が1.2海里に狭まった時点で、前記保持義務が解除されたとした事例 4 海上衝突予防法17条2項は、同条1項による針路及び速力の保持義務を負う船舶に対し、右義務を解除する規定であって、更に避航義務までをも課する規定ではないが、右保持義務を負う船舶が全長285メートル、総トン数8万3、874トンの巨大船である場合には、右巨大船の海技従事者には、右解釈にかかわらず、遅くとも、避航義務を負う船舶との距離が1.2海里に狭まった時点のころにおいて、職務上の注意義務としての避航義務があるとした事例
取り消す
海難審判法(以下単に「法」という)が、二審制をとつているのは、海難原因の究...「指定海難関係人」は、法自体には直接規定されず、海難審判法施行規則(運輸省...そうだとすれば、海難審判法令上指定海難関係人につき定めのない事項については
1 地方海難審判庁のした原因解明裁決につき、受審人及び指定海難関係人は、海難審判法46条1項によって第二審の請求をすることができないとして右各人からの右請求を棄却した高等海難審判庁の裁決を取り消した事例 2 地方海難審判庁のした原因解明裁決の確定によって損害賠償を請求されるなど実際上の不利益を受けるおそれのある受審人は、直接法律上の権利関係に不利益を受けなくても、高等海難審判庁へ右裁決の取消しを請求する利益があるとされた事例 3 地方海難審判庁の原因解明裁決において過失の一因を与えたとされた指定海難関係人は、高等海難審判庁に右裁決の取消しを請求できるとした事例
2 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in