裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61805 
刑事21925民事39880
法律
独禁法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8 件中 1/1 ぺージ
破棄
都市基盤整備事業を行う法人が特定の地域において指名競争入札の方法により発注する一定規模以上の土木工事について複数のゼネコンがした受注予定者の決定等に関する合意が、独禁法(平成14年法律第47号による改正前のもの)2条6項所定の「不当な取引制限」に当たるとされた事例
上告を棄却
「独禁法」という。)54条3項に基づき,当該行為は独禁法2条5項所定のいわ...ゆる排除型私的独占に該当し,独禁法3条に違反すると認める旨の審決(以下「本...続しようとする他の電気通信事業者の新規参入を阻害している行為が独禁法3条に
自ら設置した加入者光ファイバ設備を用いて戸建て住宅向けの通信サービスを加入者に提供している第一種電気通信事業者が、他の電気通信事業者に対して上記設備を接続させて利用させる法令上の義務を負っていた場合において、自ら提供する上記サービスの加入者から利用の対価として徴収するユーザー料金の届出に当たっては、光ファイバ1芯を複数の加入者で共用する安価な方式を用いることを前提としながら、実際の加入者への上記サービスの提供に際しては光ファイバ1芯を1人の加入者で専用する高価な方式を用いる一方で、その方式による上記設備への接続の対価として他の電気通信事業者から取得すべき接続料金については自らのユーザー料金を上回る金額の認可を受けてこれを提示し、自らのユーザー料金が当該接続料金を下回るようになるものとした行為が、独禁法2条5項にいう「他の事業者の事業活動を排除」する行為に該当するとされた事例
棄却
公正取引委員会の排除措置命令に違反した者を独禁法97条の定める過料に処さないこととした原審の判断が是認された事例
破棄
 所論は、独禁法八九条から九一条までの罪に係る訴訟の第一審の裁判権を東京高...必要とされることを当然の前提としていると解すべきであるが、独禁法八九条から...延することは好ましくないこと等の特殊な事情があることなどに照らすと、独禁法
一 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独禁法」という。)八五条三号の規定と憲法一四条一項、三一条、三二条 二 独禁法八五条三号の規定と憲法七七条一項 三 石油製品の値上げの上限に関し通産省の了承を得させることとする行政指導がある場合と石油製品価格に関する不当な取引制限行為の成否 四 不当な取引制限行為が事業者団体によつて行われた場合と事業者の処罰 五 独禁法二条六項にいう「相互にその事業活動を拘束し」にあたる場合 六 独禁法二条六項にいう「公共の利益に反して」の意義 七 法人の従業者が法人の業務に関して独禁法八九条一項一号違反の行為をした場合と右従業者及び法人の処罰 八 独禁法八九条一項一号の罪の既遂時期 九 石油製品価格に関する行政指導の許される範囲 一〇 適法な行政指導に従つて行われた行為と違法性の阻却 一一 独禁法九六条二項所定の告発状の方式 一二 刑訴規則五八条違反の瑕疵のある告発状の効力 一三 清算の結了による株式会社の法人格消滅の要件 一四 株式会社の吸収合併が不成立ないし不存在とはいえないとされた事例 一五 会社の吸収合併と刑事責任の承継
棄却
 第三 独禁法八九条一項二号が憲法に違反するとの主張について... 独占禁止法、独禁法  私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する 法律... 第三 独禁法八九条一項二号が憲法に違反するとの主張について
一 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下独禁法という。)八五条三号の合憲性 二 独禁法九六条に基づく公正取引委員会の有効な告発があつたとされた事例 三 独禁法八九条一項二号(昭和五二年法律第六三号による改正前のもの)の「競争を実質的に制限した」の意義及びその犯罪構成要件としての明確性と憲法三一条 四 石油連盟による石油精製業者に対する原油処理量の配分(いわゆる生産調整)が独禁法八九条一項二号(昭和五二年法律第六三号による改正前のもの)、九五条二項(右改正前のもの)、八条一項一号所定の一定の取引分野における競争を実質的に制限した罪にあたるとされた事例 五 通商産業省の容認のもとに行なわれたことが石油連盟による生産調整の違法性を阻却しないとされた事例 六 被告人らに違法性の意識がなく、そのことに相当な理由があるとして独禁法違反の故意が否定された事例
  (一)独禁法第八五条第三号は違憲であるから、刑事訴訟法第三三八条第一号...二年法律第六三号による改正前の独禁法第九五条第一項(法定刑は右改正前の同法...て」とは、独禁法の目的が「一般消費者の利益を確保する」とともに「国民経済の
一 石油元売り業者らが石油製品につき私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下独禁法という。)二条六項の「事業者が、他の事業者と共同して対価を引き上げ」るいわゆる共同行為をしたと認められた事例 二 独禁法二条六項の「相互にその事業活動を拘束し」にあたるとされた事例 三 独禁法二条六項の「公共の利益に反して」の意義 四 独禁法八九条一項一号後段(昭和五二年法律第六三号による改正前のもの)所定の不当な取引制限の罪はいわゆる共同行為の内容の実施を成立要件とするか(消極) 五 独禁法八五条三号の合憲性 六 独禁法九六条に基づく公正取引委員会の有効な告発があつたとされた事例 七 株式会社の吸収合併が不成立であり被吸収会社が存続するとされた事例 八 事業者である法人の従業者が同法人の業務に関して同法人が独禁法三条に違反して不当な取引制限をしたことになる行為をしたときの同法人及び同従業者に対する罰条 九 独禁法八九条一項一号後段(昭和五二年法律第六三号による改正前のもの)所定の不当な取引制限の罪の構成要件である「公共の利益に反して」及び「競争を実質的に制限する」の犯罪構成要件としての明確性と憲法三一条
控訴を棄却
正取引の確保に関する法律(以下、単に独禁法という。)に違反し、被控訴...るものとされ(同法第四条第八条等参照)、独禁法第二一条にいわゆる「その性質... (二) しかし、右株式の取得ないし所有が、独禁法違反のもの(なかんづく、
いわゆるタクシー営業を営む会社による他会社の株式の取得ないし所有が独禁法一〇条一項に規定する場合にあたらない。とされた事例
棄却
も正当な理由があるものというべきである。そして、この合理性は、独禁法的立場
1 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第69条にいう「事件記録」の意義 2 公正取引委員会の審判手続において、審判開始決定書に記載されていなかった事実につき審理、判断したことが、信義則に反しないとされた事例 3 公正取引委員会の審決において命じうる措置の範囲 4 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第2条第7項の合憲性 5 育児用粉ミルクの再販売価格維持行為が、独禁法第2条第7項第4号、第19条、不公正な取引方法(昭和28年公正取引委員会告示第11号)8に当たるとした審決を正当とした事例
8 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in