裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
相続税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
相続税法の判決統計
0
1
0
67 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
取り消す
(相続税法...相続税法22条は,...ところで,相続税法は,地上権等を除き,財産の評価の方法について直接
市街化区域内にある無道路地である雑種地の時価(相続税法22条)につき、財産評価基本通達に定める評価方式によっては適正な時価を算定することができない特別の事情があるとして、相続税更正処分等が一部取り消された事例
棄却
たことから,控訴人aは相続税法9条(平成19年法律第6号による改正前...の持分の価額増加分は,相続税法9条により控訴人bがfから贈与により取...本件は,控訴人らが,本件各譲渡に関し控訴人らに相続税法9条は適用さ
1 同族会社に該当する会社に対してされた時価より著しく低い価額の対価での財産の譲渡により譲渡を受けた当該会社の資産の価額が増加した場合、当該会社の株主又は社員は、相続税法9条に規定する「対価を支払わないで、又は著しく低い価額の対価で利益を受けた」といえるか 2 同族会社に該当する会社である株式会社及び合名会社に対して取引相場のない有限会社の持分がそれぞれ譲渡された場合における当該持分の価額について、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56・直審(資)17(例規)国税庁長官通達。ただし、平成18年10月27日付け課評2-27・課資2-8・課審6-10による改正前のもの)189-3に定める方式によって評価することとするのが相当であるなどと判断された事例
棄却
びP4の持分の価額が増加したことから,相続税法9条(平成19年法律第6...本件各譲渡に関し原告らについて相続税法9条の規定を適用することが...原告らは本件各譲渡により相続税法9条に規定する「対価を支払わない
1 同族会社に該当する会社に対してされた時価より著しく低い価額の対価での財産の譲渡により譲渡を受けた当該会社の資産の価額が増加した場合、当該会社の株主又は社員は、相続税法9条に規定する「対価を支払わないで、又は著しく低い価額の対価で利益を受けた」といえるか 2 同族会社に該当する会社である株式会社及び合名会社に対して取引相場のない有限会社の持分がそれぞれ譲渡された場合における当該持分の価額について、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56・直審(資)17(例規)国税庁長官通達。ただし、平成18年10月27日付け課評2-27・課資2-8・課審6-10による改正前のもの)189-3に定める方式によって評価することとするのが相当であるなどと判断された事例
控訴を棄却
原告らは,本件各死亡給付請求権は,相続税法24条1項に規定する定...金請求権は,相続税法24条1項に規定する定期金給付契約には当たらず,...本件各死亡給付請求権は,相続税法24条1項に規定する定期金給付契約に
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
控訴を棄却
相続税法(平成22年法律第6号による改正前のものをいい,以下,特に断...の価額を,相続税法24条1項1号に従い,有期定期金の残存期間に受けるべ...原審は,本件受給権に相続税法24条1項1号の適用があるものと判断して
変額個人年金保険契約に基づく死亡給付金の支払請求権が、相続税法24条1項柱書にいう「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に当たるとされた事例
控訴を棄却
る相続税法9条の適用の有無」をいずれも「本件共済金の受給が,相続税法...はできず,相続税法9条のみなし贈与に該当しないから,所得税法9条に...原判決12頁2行目の「本件共済金の受給に対する相続税法9条の適用
1 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金は、相続税法9条のいわゆるみなし贈与財産に該当しないとされた事例 2 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金を一時所得として所得税の課税対象とするに際し、納付済みの共済負担金を控除しなかったことに違法がないとされた事例
取り消す
件死亡給付金請求権2」という。)について,いずれも,相続税法(平成...22年法律第6号による改正前のもの。以下,相続税法の規定については,...以上の方法が相続税法基本通達〔昭和34年1月28日付け直資10(例
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
取り消す
という。)について,相続税法(平成19年法律第6号による改正前のもの。...以下,「相続税法」という場合,特に断りがない限り,本件時点において有効...であった相続税法をいう。)3条1項1号に規定するみなし相続財産とした上
変額個人年金保険契約に基づく死亡給付金の支払請求権が、相続税法24条1項柱書にいう「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に当たるとされた事例
棄却
与により取得するもの(相続税法(昭和25年法律第73号)の規定によ...相続税法の定め...相続税法5条1項は,生命保険契約や損害保険契約について死亡を伴う
1 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金は、相続税法9条のいわゆるみなし贈与財産に該当しないとされた事例 2 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金を一時所得として所得税の課税対象とするに際し、納付済みの共済負担金を控除しなかったことに違法がないとされた事例
取り消す
する。以下「本件敷地」という。)を相続税法(平成19年法律第6号による改...物件目録1記載の土地について一定の評価減を行わなかった本件処分は相続税法...相続税法12条1項関係
弁財天及び稲荷を祀った各祠の敷地部分が、相続税法12条1項2号所定の非課税財産に当たらないとしてされた相続税の更正処分が、違法とされた事例
控訴を棄却
まで。ただし,原判決22頁20行目の「相続法」を「相続税法」に改め
1 相続税法34条1項(平成15年法律第8号による改正前)に規定する相続人間の連帯納付義務と憲法29条1項 2 相続税法34条1項(平成15年法律第8号による改正前)に規定する相続人間の連帯納付義務と憲法31条 3 本来の納税義務者に対して生じた時効中断の効力は相続税法34条1項(平成15年法律第8号による改正前)に基づく連帯納付義務者に及ぶか
棄却
らの出資(持分)の価額の増加については相続税法9条の適用はない,③本件...第2事件は,長野税務署長が,原告Eにつき上記のように相続税法9条の規...相続税法の定め
1 医療法人の定款に、社員資格を喪失した者は拠出した資金の返還を請求することができる旨及び解散時に資金拠出者に対して資金を返還することは差し支えない旨の各規定がある場合に、同法人が、持分の定めのある社団である医療法人に当たるとされた事例 2 持分の定めのある社団である医療法人の定款に、社員の退社時や同法人の解散時に払戻しを受け得る額を自らの払込出資額の限度とする旨の定めがある場合に、同法人の社員が死亡し、社員たる資格を喪失したことに伴い、他の社員の持分の価額が、同法人の財産全体を基礎として出資割合に応じて算定される額だけ増加したとして、この金額につき、相続税法(平成19年法律第6号による改正前)9条の規定により、他の社員が贈与により取得したものとみなしてされた相続税の更正処分が、適法とされた事例
却下
平成15年法律第8号による改正前の相続税法34条1項(以下「相続税法...5年法律第8号による改正前の相続税法41条1項に基づき,別紙2財産...法律第10号による改正前の相続税法42条5項の規定により準用する
1 相続税法34条1項(平成15年法律第8号による改正前)に規定する相続人間の連帯納付義務と憲法29条1項 2 相続税法34条1項(平成15年法律第8号による改正前)に規定する相続人間の連帯納付義務と憲法31条 3 本来の納税義務者に対して生じた時効中断の効力は相続税法34条1項(平成15年法律第8号による改正前)に基づく連帯納付義務者に及ぶか
破棄
とにつき,所轄税務署長から相続税法(平成15年法律第8号による改正前のも...は800口であり,それは相続税法の施行地外にある財産(以下「国外財産」とい...う。)であるところ(相続税法10条1項8号参照),A及びその妻B(以下,A
香港に赴任しつつ国内にも相応の日数滞在していた者が、国外財産の贈与を受けた時において、相続税法(平成15年法律第8号による改正前のもの)1条の2第1号所定の贈与税の課税要件である国内(同法の施行地)における住所を有していたとはいえないとされた事例
破棄
以下に摘示する相続税法及び所得税法の各規定は,それぞれ別表記載のものをい...る更正を受けたため,上告人において,当該年金は,相続税法3条1項1号所定の...他方,上告人は,Aを被相続人とする相続税の確定申告においては,相続税法2
1 相続税法(平成15年法律第8号による改正前のもの)3条1項1号の規定によって相続により取得したものとみなされる生命保険契約の保険金であって年金の方法により支払われるもののうち有期定期金債権に当たる年金受給権に係る年金の各支給額は、そのすべてが所得税の課税対象となるか 2 所得税法(平成18年法律第10号による改正前のもの)207条所定の生命保険契約等に基づく年金の支払をする者は、当該年金が同法の定める所得として所得税の課税対象となるか否かにかかわらず、その年金について所得税の源泉徴収義務を負うか
棄却
関する主位的な主張として,本件各更正の請求の事由が相続税法55条,3...相続税法55条の適用があることについて...相続税法32条1号は,同法55条による未分割遺産について法定相続分
1 審査請求についての裁決を経ずに提起された相続税の更正処分等の取消しを求める訴えにつき、前記更正処分等に係る審査請求はされた上で取り下げられているところ、この取下げは担当官の誤った教示によって陥った錯誤に基づくもので無効であるから、前記訴えは適法であるとの主張が排斥された事例 2 被相続人の財産に係る相続税につき、他の相続人との間に訴訟上の和解が成立したとして、主位的に相続税法55条、同32条1号に基づいて、予備的に国税通則法23条2項1号に基づいてした更正の請求に対して、税務署長がした更正に理由がない旨の通知の取消請求が、棄却された事例
取り消す
相続税法 平...65号324頁など)や通達(相続税法基本通達1・1の2共-5及び6)
外国法人の出資口の贈与に係る贈与税の決定処分及び無申告加算税賦課決定処分を受けた者が、贈与日に日本に住所を有せず、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)1条の2第1号により納税義務を負わないとしてした前記各処分の取消請求が、棄却された事例
取り消す
の相続税法49条の規定により,平成16年1月1日から同年12月31日ま...控訴人は,控訴理由において ,(1)改正後の相続税法には,過去に公示された...日前記改正前相続税法49条が規定した公示制度が廃止されたとしても,特別
1 相続税法(平成18年法律第10号による改正前)49条の規定により、同条の要件に該当する者の相続税の申告書の記載に従って一定期間公示されていた、その者の氏名、納税地及び課税価格の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号本文所定の不開示情報に該当し、同号ただし書イ所定の例外的開示情報に該当しないとされた事例 2 相続税法(平成18年法律第10号による改正前)49条の規定により、同条の要件に該当する者の相続税の申告書の記載に従って一定期間公示されていた情報のうち、課税価格の情報について、行政機関の保有する情報の公開に関する法律6条2項に基づき前記情報のみを部分開示すべき場合に当たらないとされた事例
棄却
8年法律第10号による改正前の相続税法(以下「改正前相続税法」という。)4...なお,平成18年法律第10号による改正によって,改正前相続税法49条...税務官署においては,平成17年3月末日まで,改正前相続税法49条
相続税法(平成18年法律第10号による改正前)49条の規定により、同条の要件に該当する者の相続税の申告書の記載に従って一定期間公示されていた、その者の氏名、納税地及び課税価格の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号本文所定の不開示情報に該当し、同号ただし書イ所定の例外的開示情報に該当しないとされた事例
なかったから、相続税法(平成11年法律第87号による改正前のもの、以下...(1) 相続税法は、贈与税の納税義務者について、贈与により財産を取得した個...(2) 相続税法基本通達(昭和34年1月28日付け直資10による国税庁長官
外国法人の出資口の贈与に係る贈与税の決定処分及び無申告加算税賦課決定処分を受けた者が、贈与日に日本に住所を有せず、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)1条の2第1号により納税義務を負わないとしてした前記各処分の取消請求が、認容された事例
棄却
「さらに,相続税法40条2項は ,...れば,全額徴収できたはずであり,また,相続税法基本通達39-2の適...株式の評価が純資産価額方式によるものであったとしても,相続税法38
1 国税徴収法39条による第二次納税義務制度と国税通則法42条により準用される民法424条による詐害行為取消制度との関係 2 国税徴収法39条にいう「滞納者の国税につき滞納処分を執行してもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 3 相続税法34条1項に基づく連帯納付義務を負担するものとされた者から財産の贈与を受けた者に対し、国税徴収法39条に基づく第二次納税義務を負うとしてされた納付通知書による告知処分及び納付催告書による督促処分の取消請求が、前記各処分に違法はないとして棄却された事例
取り消す
ところ,税務署長である被告が,当該株式の譲受けは相続税法7条の「著しく低い価額の対価で財産の譲渡を受けた場...(1) 相続税法...産の譲渡を受けた者が,当該対価と当該譲渡があった時における当該財産の時価(当該財産の評価について相続税法第
非上場会社の株式を譲り受けたことが、相続税法7条の「著しく低い価額の対価で財産の譲渡を受けた場合」に該当するとしてされた贈与税の決定処分及び無申告加算税賦課決定処分の各取消請求が、その譲渡価格は財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達(平成7年6月27日付け課評2−6による改正前))の定めを適用して算出される価額を上回るから、前記の場合に該当しないとして、認容された事例
棄却
いて,相続税法34条1項に基づく連帯納付義務を負担するものとされたP2から...き平成5年3月5日に,それぞれ相続税法39条1項に基づく延納許可申請をし...(ク) 同年5月31日,大野税務署長は,相続税法40条2項に基づき,
1 国税徴収法39条の第二次納税義務と納税義務者の詐害の意思の要否 2 国税徴収法39条にいう「滞納者の国税につき滞納処分を執行してもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 3 相続税法34条1項に基づく連帯納付義務を負担するものとされた者から財産の贈与を受けた者に対し、国税徴収法39条に基づく第二次納税義務を負うとしてされた納付通知書による告知処分及び納付催告書による督促処分の取消請求が、前記各処分に違法はないとして棄却された事例
控訴を棄却
って相続財産として相続税の申告をしたとして,遺産分割協議書成立後に相続税法...  (2) 平成15年の相続税法の改正により,更正の請求ができる場合として「相...ついての判決があったこと」(相続税法32条5号,相続税法施行令の一部を改正
相続財産でない財産を誤って相続財産として相続税の申告をしたとして、相続人らが遺産分割協議成立後にした相続税法32条1号に基づく更正の請求に対し、税務署長がした更正すべき理由がない旨の通知処分が、適法とされた事例
棄却
期限の制約はない。その場合に備えて,相続税法32条が国税通則法23条の特則...相続税法32条1号は,同法55条による申告をしていた場合につい...場合も,相続税法32条に基づき更正の請求をすることができるというべきであ
相続財産でない財産を誤って相続財産として相続税の申告をしたとして、相続人らが遺産分割協議成立後にした相続税法32条1号に基づく更正の請求に対し、税務署長がした更正すべき理由がない旨の通知処分が、適法とされた事例
取り消す
7350円と評価され,本件売買契約は相続税法(平成15年3月法律第8号改正...が,本件譲受は相続税法7条の低額譲受には当たらない等として,その取消しを求...であり,本件売買契約は相続税法7条の規定による低額譲受に該当し,本件土地の
土地の売買契約が相続税法(平成15年法律第8号による改正前)7条の規定による低額譲受に該当し、同土地の時価との差額に相当する金額が贈与により取得したものとみなされるとしてされた贈与税賦課決定処分の取消請求が、一部認容された事例
取り消す
得した相続財産のうち法定相続分相当額については上記更正の時点から相続税法上...続税法51条2項2号ロ」を「相続税法(平成15年法律第8号による改正前のも...しては相続税法51条2項2号ロの規定により延滞税は課されるべきではないと主
遺産分割審判の確定により課税価格が増額したものの配偶者控除の適用により納付税額の減額再更正をした上で確定した相続税額に対し、法定納期限から納付日までの期間に応じて賦課された延滞税について、前記再更正は、実質的には課税価格の増額分に応じて相続税を増額させる増額再更正とみるべきであるから、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)51条2項2号ロの適用により当該部分には延滞税が課されないとしてした延滞税納付債務不存在確認請求が、棄却された事例
却下
以下「相続税増加部分」という。)に対しては、相続税法51条2項2号ロにより...べき遺産の価額が増額される一方で、配偶者控除の規定(相続税法19条の2)が...るべきものである。そうだとすると、相続税法51条2項2号ロにより、増額され
1 国税局長が国税税通則法63条5項に基づいてした相続税にかかる延滞税の免除の額に不服があるとしてした延滞税一部不免除処分の取消しの訴えが、却下された事例 2 遺産分割審判の確定により課税価格が増額したものの配偶者控除の適用により納付税額の減額再更正をした上で確定した相続税額に対し、法定納期限から納付日までの期間に応じて賦課された延滞税について、前記再更正は、実質的には課税価格の増額分に応じて相続税を増額させる増額再更正とみるべきであるから、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)51条2項2号ロの適用により当該部分には延滞税が課されないとしてした延滞税納付債務不存在確認請求が、一部認容された事例
控訴を棄却
続に係る相続税額が本件支払により過大となったとして、相続税法(平成10年法... 原審は、相続税法特有のいわゆる後発的更正の請求事由を定める法第32条の規...1 相続税法の改正と後発的事由による相続税の更正の請求
認知者の死後に認知の裁判が確定し、被認知者が民法910条に基づき他の相続人から遺産分割に代わる価額の支払を受けた場合において、認知者の死亡により開始した相続に関し、被認知者に対してされた相続税法(平成10年法律第83号による改正前)35条3項に基づく相続税の決定処分が、違法であるとされた事例
控訴を棄却
(1)ア 原判決は,「相続税法34条1項の連帯納付義務は,補充的に責任を負...る担保を徴さなければならない(相続税法38条4項)ところから,乙7の1ない...く,滞納者でない控訴人(選定者を含む。)に対して,相続税法34条1項の規定
1 相続税の滞納処分として不動産の参加差押処分を受けた者が、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)34条1項により負担した連帯納付義務の消滅時効が完成しているとして、前記処分の取消しを求めた請求が、棄却された事例 2 相続税の滞納処分として固有財産の差押処分及び参加差押処分を受けた者が、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)34条1項にいう「相続又は遺贈により受けた利益に相当する金額を限度とする」とは、現に利益が存する限度をいうとして、前記各処分の取消しを求めた請求が、棄却された事例
棄却
 本件は、夫の財産を相続した原告が、相続税法に定められた配偶者の相続税額の... 相続税法(ただし、平成4年法律第16号による改正前のもの。以下「相続税... しかし、相続又は遺贈に係る相続税法27条1項の規定による相続税の申告書の
相続税法(平成4年法律第16号による改正前。以下同じ)19条の2第1項所定の配偶者の相続税額の軽減規定の適用を受けるためにされた、遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請につき、相続税法施行令(平成4年政令第86号による改正前)4条の2第2項所定の承認申請書の提出期限を徒過したことを理由にされた却下処分が、適法とされた事例
棄却
 相続税法34条1項の連帯納付義務は,相続税が被相続人の一生の税負担の清算... すなわち,相続税法22条にいう「時価」とは,課税時期において,それぞれの...を負わないというべきであるから,相続税法34条1項にいう「相続又は遺贈によ
1 相続税の滞納処分として不動産の参加差押処分を受けた者が、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)34条1項により負担した連帯納付義務の消滅時効が完成しているとして、前記処分の取消しを求めた請求が、棄却された事例 2 相続税の滞納処分として固有財産の差押処分及び参加差押処分を受けた者が、相続税法(平成15年法律第8号による改正前)34条1項にいう「相続又は遺贈により受けた利益に相当する金額を限度とする」とは、現に利益が存する限度をいうとして、前記各処分の取消しを求めた請求が、棄却された事例
取り消す
被告が,Aの死亡により開始した相続に係る原告の相続税に関し,相続税法(平成... (以下,各年に施行されている個別の相続税法については,「昭和25年相続税...ていた相続税法を総称して「旧相続税法」といい,また,通則法の制定以後施行さ
認知者の死後に認知の裁判が確定し、被認知者が民法910条に基づき他の相続人から遺産分割に代わる価額の支払を受けた場合において、認知者の死亡により開始した相続に関し、被認知者に対してされた相続税法(平成10年法律第83号による改正前)35条3項に基づく相続税の決定処分が、違法であるとされた事例
控訴を棄却
① 相続税基本通達42ー2は,管理又は処分をするのに不適当という相続税法4
税務署長が、相続税の物納許可申請に対し、物納申請に係る土地は相続税法(平成15年法律第8号による改正前)42条2項ただし書にいう「管理又は処分をするのに不適当」な財産であるとしてした変更要求通知が、適法とされた事例
控訴を棄却
相続税法64条のごとく租税回避行為の否認を認める法律上の明文規定が存する場...きる相続税法上の明文規定が存しないのであるから,これを採用しなかった他の納...3 争点3(相続税法19条違反)
被相続人の生前に同人から相続人がされた有限会社の出資持分の譲受けが相続税法7条にいう「著しく低い価額の対価で財産の譲渡を受けた場合」に該当するとして、同出資の時価を評価するにあたり、財産評価基本通達185、186−2(昭和39年直資56、直審(資)17国税庁長官通達、平成3年課評2−4、課資1−6による改正前)185、186−2所定の法人税額等相当額の控除をしないでした贈与税賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
申請財産」という。)が相続税法四二条二項に規定する「管理又は処分をするのに...1 本件申請財産が相続税法四二条二項ただし書に規定する「管理又は処分をする...ような見地から、相続税法四二条二項は、物納できる財産の種類を列挙するととも
税務署長が、相続税の物納許可申請に対し、物納申請に係る土地は相続税法(平成15年法律第8号による改正前)42条2項ただし書にいう「管理又は処分をするのに不適当」な財産であるとしてした変更要求通知が、適法とされた事例
控訴を棄却
すべき債務を相続税法一四条一項の確実な債務に準じて計算すべきであり、右計算...の事実も認められないことから、本件更正請求に係る債務は、相続税法一四条1項...認められないことから、本件更正請求に係る債務は、相続税法一四条1項に規定す
1 相続税更正処分に関する事実が国税不服審判所長に対する審査請求に係る審査請求書に記載されなかったが、国税通則法104条4項、2項により前記更正処分についてもあわせ審理された場合につき、同更正処分の取消請求は、審査請求を経ていないとして、不適法とされた事例 2 相続財産のうち連帯保証債務及び物上保証債務を控除するという内容の相続税の更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、当該各債務は相続税法14条1項の「確実と認められる」債務に該当しないとして、棄却された事例
棄却
1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」を相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達、平成3年12月18日付け課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正、平成2年8月3日付け直評12、直資2−203による改正前)の定める評価方法以外の方法で評価することの可否 2 負担付贈与に係る上場株式の時価を証券取引所の公表する課税時期の最終価格と評価してした贈与税の更正処分等の取消請求が、棄却された事例
棄却
右金額は、右(一)の課税価格から相続税法二一条の五に規定する基礎控除六〇万...(一) 相続税法二二条にいう時価とは、課税時期におけるそれぞれの財産の現況...相続税法二二条の定める時価を前記のとおりとすると、証券取引所における取引価
1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」を相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達、平成3年12月18日付け課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正、平成2年8月3日付け直評12、直資2−203による改正前)の定める評価方法以外の方法で評価することの可否 2 負担付贈与に係る上場株式の時価を証券取引所の公表する課税時期の最終価格と評価してした贈与税の更正処分等の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
定処分に違法はないとした原審の判断は、相続税法五五条本文にいう「相続分」に
相続税法五五条本文にいう「相続分」と共同相続人間の譲渡に係る相続分
棄却
1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」を相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達、平成3年12月18日付け課評2ー4課資1ー6により「財産評価基本通達」と題名改正、同題名改正前)の定める評価方式以外の方法で評価することの可否 2 相続開始直前に被相続人が多額の金員の借入れを行って土地を取得し、相続開始後に相続人が当該土地を売却して借入金を返済した場合における当該土地の相続財産としての評価につき、客観的な市場価格を算定してした相続税更正処分等の取消請求が棄却された事例
棄却
(一) 相続税法(以下「法」という。)二二条は、相続税の課税価格となる相続...体としては相続税法二二条の定める時価として許容できる範囲内のものであったと...という相続税法の立法趣旨からして著しく不相当なものというべきである。
1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」を相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日直資56、直審(資)17国税庁長官通達、平成3年12月18日課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正、同題名改正前)の定める評価方式以外の方法で評価することの可否 2 相続開始直前に被相続人が多額の金員の借入れを行って土地を取得し、相続開始後に相続人が当該土地を売却して借入金を返済した場合における当該土地の相続財産としての評価につき、客観的な市場価格を算定してした相続税更正処分等の取消請求が棄却された事例 3 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」の意義と租税法律主義
取り消す
これに対し、相続税法(以下「法」という。)三四条四項の場合には、受贈者に対...(三) なお、平成元年四月一〇日、相続税法の基本通達の改正が行われたが、こ...Bのした贈与税負担の合意は、(一)贈与者であるBが相続税法上の連帯納付義務
1 書面によらない贈与に基づく債務は、相続税法14条1項にいう「確実と認められるもの」に当たるか 2 贈与者が贈与税を実質負担する旨の書面によらない合意に基づく債務が、相続税法13条1項1号の債務控除の対象として認められた事例 3 受贈者との間で贈与税を負担する旨の合意をした贈与者が、当該贈与をした暦年の終了する前に死亡した場合、当該合意に基づく債務は相続税法14条1項にいう「確実と認められるもの」に当たるか
控訴を棄却
(一) 本件更正処分は、相続税法三五条三項に基づきなされたものである。しか...し、相続税法三五条三項による更正は、同法三二条一号から四号までの規定による...四号までの規定による更正請求に基づく更正をしないで相続税法三五条三項の更正
1 遺産中の未分割財産について共同相続人間で相続分の譲渡がされた場合と、相続税法55条の「相続分」の算定方法 2 相続税の更正処分が、正当な課税標準額の範囲内で各相続人の相続分の割合に応じてされた適法なものであり、過少申告加算税の賦課決定処分も適法であるとされた事例
棄却
(1) 相続税法(以下「法」という。)は、相続税の課税価額の計算上控除する...しかし、相続税法一九条によれば、相続開始前三年以内に被相続人から贈与により...ことも不当になるはずである。昭和二五年の相続税法改正前においては、贈与者に
1 相続税法34条4項の規定する連帯納付義務の性質 2 贈与者の死亡後にその相続財産から相続税法34条4項に基づく連帯納付義務の履行として贈与税が支払われた場合につき、相続開始時において受贈者が無資力の状況にあって求償権を行使しても納付した税額に相当する金員の返済を受ける見込みが全くないなどの特別の事情があるのなら格別、贈与者に連帯納付義務があるというだけでは、前記連帯納付義務は同法14条1項に定める「確実と認められる債務」には該当しないとして、贈与税額を同法13条の債務控除の対象とすることはできないとした事例
棄却
右贈与は、本件相続開始の日から前三年以内の贈与として、相続税法一九条により、相続...相続税法五五条は、遺産の全部又は一部が未分割の場合には、その未分割遺産に...る方法)が相続税法五五条の解釈として誤りで、遺産の総額に各人の相続分を乗じて計算
1 遺産中の未分割財産について共同相続人間で相続分の譲渡がされた場合と相続税法55条の「相続分」の算定方法 2 相続税の更正処分が正当な課税標準額の範囲内で各相続人の相続分の割合に応じてされた適法なものであり、過少申告加算税の賦課決定処分も適法であるとされた事例
控訴を棄却
さいし適用すべき相続税法は被相続人死亡時すなわち本件では昭和四三年一〇月二...法三条の二によると、相続税法上、特別縁故者の分与財産の取得は当該財産(正確...の税額もその当時施行の相続税法によつて特別の手続を要せず当然算出確定される
1 相続税法3条の2に基づき相続財産の時価に相当する金額を遺贈により取得したものとみなされる者の相続税の納税義務の成立時期 2 相続税法3条の2に基づき相続財産の時価に相当する金額を遺贈により取得したものとみなされる者が特別縁故者への財産分与の審判を受けるために支出した審判費用等の経費が、同法13条1項各号所定の課税価格の算定に当たって控除すべき債務等に当たらないとされた事例
棄却
続・・・・に因り取得した財産について相続税法・・・・の規定による申告書の提...(五) 相続税の連帯納付責任を定めた相続税法三四条一項は、「当該相続又は遺...任はないという趣旨であるから(相続により取得した財産の価額から、相続税法一
1 国税徴収法による差押えが、差押えをした時点において同法48条1項の禁止する超過差押えに当たらなかった場合には、その後、差押えに係る国税の一部の納付等により差押財産の価額が差押えに係る国税等の額を著しく超過するに至ったとしても、右差押えを受けた者は、同法79条により右差押えの全部又は一部の解除を求め得ることがあるのは格別、そのことを理由に、右差押えが違法であると主張してその取消しを求めることはできないとした事例 2 相続開始後約5年を経過した後に、相続財産の大部分を占めていた株式が当該株式会社の倒産によりほとんど無価値になったとしても、災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律4条を適用又は類推適用することはできず、また、同法の精神又は条理に基づき右株式の価額を是正して相続税を算定することもできないとした事例 3 相続税法22条にいう「時価」の意義 4 相続税法34条1項にいう「相続又は遺贈により受けた利益の価額」の意義
棄却
(一) 相続税法の適用時について...(イ) 相続税法(以下、「法」ともいう。)三条の二は、民法九五八条の三第一...贈があつたものとして、同確定時の相続税法を適用すべきである。
1 相続税法3条の2に基づき相続財産の時価に相当する金額を遺贈により取得したものとみなされる者の相続税の納税義務の成立時期 2 相続税法3条の2に基づき相続財産の時価に相当する金額を遺贈により取得したものとみなされる者が財産分与の審判を受けるために支出した審判費用の経費が、同法13条1項各号所定の課税価格の算定に当たって控除すべき債務等に当たらないとされた事例
控訴を棄却
と同一であるから、これを引用する。控訴人の相続税法二三条に規定する地上権に...る」までの部分を「前判示のとおり、本件区分地上権の価額は、相続税法二二条に...税申告に際し、被控訴人所部係官の指導により、本件区分地上権を相続税法二三条
1 相続税法23条にいう「地上権」は、民法269条ノ2に規定する地上権を含むか 2 鉄道用地下トンネルの埋設を目的として民法269条ノ2に規定する地上権が設定されている土地につき、権利金を支払うことなく賃借権の設定を受けることによって右権利金相当額を贈与により取得した場合及び右土地の底地を贈与により取得した場合における各贈与税の課税価格の算出に当たり、右地上権の設定により右土地の利用が妨げられる割合(阻害率)を0.1としたことが相当とされた事例
67 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in