裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61818 
刑事21927民事39891
法律
破産法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
破産法の判決統計
0
0
0
72 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
棄却
執行の手続(以下「本件強制執行手続」という。)が破産法42条2項本文により...り,以後破産法42条2項本文の適用はないから,本件強制執行手続に同項本文の...開始の決定を受けたときは,当該強制執行の手続につき,破産法42条2項本文の
株券が発行されていない株式(振替株式を除く。)に対する強制執行の手続において配当表記載の債権者の配当額に相当する金銭が供託され、その供託金の支払委託がされるまでに債務者が破産手続開始の決定を受けた場合には、当該強制執行の手続につき、破産法42条2項本文の適用がある
棄却
本件は,被上告人が,本件支払1及び本件支払2について,破産法162条...らの支払であり,これによりAの上告人に対する貸金債務が消滅するから,破産法...しかしながら,原審の上記判断のうち,本件支払2が破産法162条1項の
第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、差押債務者が破産手続開始の決定を受けた場合、破産法162条1項の規定による否認権行使の対象とならない
控訴を棄却
破産法217条1項の規定による破産手続廃止の決定を受けた株式会社の滞納国税に係る第二次納税義務の納付告知処分並びに不動産及び債権の各差押処分がいずれも適法であるとされた事例
棄却
するとされているところ(破産法35条),破産手続は解散における清算...破産法217条1項の規定による破産手続廃止(以下「異時廃止」とい...破産法35条は,
破産法217条1項の規定による破産手続廃止の決定を受けた株式会社の滞納国税に係る第二次納税義務の納付告知処分並びに不動産及び債権の各差押処分がいずれも適法であるとされた事例
破棄
財人である上告人が,破産法162条1項1号の規定により否認権を行使して,当...て債務整理開始通知を送付した行為が,破産法162条1項1号イ及び3項にいう...原審は,本件通知を送付した行為は破産法162条1項1号イ又は3項にい
債務者の代理人である弁護士が債権者一般に対して債務整理開始通知を送付した行為が破産法162条1項1号イ及び3項にいう「支払の停止」に当たるとされた事例
却下
大阪地方裁判所に対し,破産法114条による請求権等の届出として,国税徴...でのもの。破産法148条1項3号。...具体的には,本件交付要求の処分性の有無,本件取消請求は破産法134
社会保険庁長官から権限の委任を受けた社会保険事務局社会保険事務室長が破産法人の滞納している健康保険料、厚生年金保険料及び児童手当拠出金並びにそれらに対する各延滞金の一部が破産債権であるとして破産裁判所に対してした交付要求は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
破棄
本件は,破産管財人である上告人(弁護士)が,破産法(平成16年法律第...75号による廃止前のもの。以下「旧破産法」という。)の下において,破産管財...共益的な支出に係るものであって,旧破産法47条2号ただし書所定の財団債権に
1 弁護士である破産管財人は、自らの報酬の支払について、所得税法204条1項2号所定の源泉徴収義務を負うか 2 弁護士である破産管財人の報酬に係る源泉所得税の債権は、旧破産法(平成16年法律第75号による廃止前のもの)47条2号ただし書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たるか 3 破産管財人は、破産債権である所得税法199条所定の退職手当等の債権に対する配当について、同条所定の源泉徴収義務を負うか
取り消す
考えると,破産法人と破産財団との法律関係及び申告納税関係は,本判決別...争点(1)(破産管財人の管理処分権に専属する破産財団は,破産法人の基準期...旧破産法4条は,解散した
1 破産法人である株式会社に対して行われた、同社が破産宣告後の課税期間中に国内において行った課税資産の譲渡等に係る、消費税等の決定処分及び無申告加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例 2 破産法人である株式会社に対して行われた、同社が破産宣告後の課税期間中に国内において行った課税資産の譲渡等に係る、消費税等の決定処分及び無申告加算税の賦課決定処分について、同社が有する同社の破産した関係会社に対する売掛債権(税込譲渡額)には消費税法39条1項が適用されるため、前記課税期間中の課税資産の譲渡による消費税の申告及び納付の義務を負わないなどとしてした前記各処分の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
譲渡については破産法72条1号又は2号に基づき,債権譲渡の通知については同法74条1項に基づき,それぞれ否認権を行使し,不当利得返還請求権に基づき,... 3 破産法72条2号は,破産者が支払停止又は破産の申立て(以下「支払停止... 破産法72条2号の規定の趣旨及び上記契約の内容,その目的等に照らすと,上
債権譲渡人について支払停止又は破産の申立てがあったことを停止条件とする債権譲渡契約に係る債権譲渡と破産法72条2号による否認
上告を棄却
渡については破産法72条1号又は2号に基づき,債権譲渡の通知については同法... 3 破産法72条2号は,破産者が支払停止又は破産の申立て(以下「支払停止... 上記契約の内容,その目的等にかんがみると,上記契約は,破産法72条2号の
債権譲渡人について支払停止又は破産の申立てがあったことを停止条件とする債権譲渡契約に係る債権譲渡と破産法72条2号による否認
懲役3年
 原判決には,破産法374条3号の解釈適用を誤った違法があり,刑訴法411... 第1審判決は,破産法374条1号の罪の成立を認めたほか,同条3号の罪につ...団に属すべき金銭債権,固定資産を隠匿した点については,破産法374条1号の罪の成立を認めたが,本件総勘定元帳ファイルに虚偽の情報を入力した点について
1 破産法374条3号にいう「商業帳簿」の意義 2 電磁的記録と破産法374条3号にいう「商業帳簿」
破棄
産管財人が破産法五九条一項によりゴルフクラブの会員契約を解除し、ゴルフ場経... 6 被上告人は、平成一〇年三月二六日、上告人に対し、破産法五九条一項によ...とは明らかである。したがって、被上告人は、破産法五九条一項により本件会員契
一 破産管財人が破産法五九条一項に基づく解除権を行使することができない場合 二 年会費の定めのある預託金会員制ゴルフクラブの会員が破産しても破産管財人が破産法五九条一項により会員契約を解除することができないとされた事例
破棄
産管財人が破産法五九条一項によりゴルフクラブの会員契約を解除し、ゴルフ場経... 6 被上告人は、平成九年三月一九日、上告人に対し、破産法五九条一項により...了していないものというべきである。したがって、被上告人は、破産法五九条一項
預託金会員制ゴルフクラブの会員のゴルフ場施設利用料金支払義務と破産法五九条一項の未履行債務
破棄
産管財人が破産法五九条一項によりゴルフクラブの会員契約を解除し、ゴルフ場経... 6 被上告人は、平成七年三月一八日、上告人に対し、破産法五九条一項により... 二 原審は、次のように判断して、被上告人は、破産法五九条一項により本件会
一 破産管財人が破産法五九条一項に基づく解除権を行使することができない場合 二 年会費の定めのある預託金会員制ゴルフクラブの会員が破産しても破産管財人が破産法五九条一項により会員契約を解除することができないとされた事例
破棄
下「本件代物弁済」という。)が破産法七二条一号、二号、四号に該当するとして、否認権を行使し、被上告人に対し、本件物件の返還に代えてその価額の償還を求め... 以上によれば、破産会社の本件代物弁済は、破産法七二条四号による否認の対象
動産の買主が転売先から取り戻した右動産を売主に対する売買代金債務の代物弁済に供した行為が破産法七二条四号による否認の対象になるとされた事例
上告を棄却
業の破産管財人である被上告人が上告人に対し、破産法七四条に基づき本件仮登記...記も対抗要件を充足させる行為に準ずるものとして破産法七四条一項の否認の対象...をした場合には、破産管財人は、破産法七四条一項によって右行為を否認すること
仮登記仮処分命令に基づく仮登記と破産法七四条一項による否認
上告を棄却
 原審の適法に確定した事実関係の下においては、原審判示の手形不渡りが破産法
一回目の手形不渡りが破産法一〇四条二号にいう「支払ノ停止」に当たるとされた事例
上告を棄却
あり、右弁済は、破産法七二条一号による否認の対象とならないというべきである。
特定の債務の弁済に充てる約定で借り入れた金員による当該債務の弁済が破産法七二条一号による否認の対象とならないとされた事例
控訴を棄却
いうべきである。破産法四六条四号が、劣後的破産債権として規定している罰金、...を「存せず、破産法人は破産財団の主体であるほかは何らの権利義務の主体とはな...「控訴人は、A管財人が本件予納法人税の申告をしたとしても、破産法上、その納
1 法人税法の予納法人税に関する規定は破産法人に対しても適用されるから、破産管財人は、破産財団に対する管理処分権能の一環として同税の申告義務を負うとした事例 2 破産財団に対する予納法人税の一般部分に係る債権は、破産法46条4号を準用して劣後的破産債権として取り扱われるのが相当であり、破産財団から配当手続により納付されるべきであるとした事例 3 破産管財人が法定の申告期限内に法人税法102条1項所定の予納法人税の申告をしなかったとしてされた無申告加算税賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
(一) 破産法人に対する予納法人税の一般部分について、破産管財人に申告義務...破産法人に対する予納法人税の一般部分は、破産法四七条二号ただし書の「破産財...二年四月二一日民集四一巻三号三二九頁)、破産法上、破産管財人が配当によらな
1 法人税法が清算所得に関する諸規定において、合併による解散の場合を別異に取り扱う旨を定めながら、破産による解散の場合についてはこのような規定をおいていないことに照らせば、予納法人税に関する規定は破産法人に対しても適用され、破産財団の管理処分権限を有する破産管財人は、管理処分権能の一環として同税の申告義務及び納付義務を負うものと解すべきであるとした事例 2 破産財団に対する予納法人税の一般部分に係る債権は、破産法47条2号ただし書の「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たるものと解することはできず、同法15条の「破産宣告前ノ原因ニ基キテ生シタル財産上ノ請求権」にも該当しないが、その性質上、同法46条を準用して劣後的破産債権として取り扱われるのが相当であり、破産財団から配当手続により納付されるべきであるとした事例 3 破産法人が清算中の事業年度中に同法人が所有する不動産を譲渡して所得を得たにもかかわらず、破産管財人が法定の申告期限内に法人税法102条1項所定の予納法人税の申告をしなかったとしてされた無申告加算税賦課決定処分が、申告期限の徒過につき国税通則法66条1項ただし書にいう「正当な理由」があったとは認められず、税額の算出方法にも誤りはないとして、適法とされた事例
破棄
産隠匿の所為との関係は別としても、包括して破産法三七四条違反の一罪を構成す...定する会計帳簿に当たる帳簿を隠匿すれば破産法三七四条三号による処罰を免れな...たるとしているが、破産法三七四条三号にいう「商業帳簿」とは破産者が株式会社
一 破産法三七四条三号の「商業帳簿」と商法との関係 二 売掛帳などの補助簿や伝票と商法三二条一項の「会計帳簿」 三 破産法三七四条三号の「商業帳簿」に当たるとされた事例
却下
 本件抗告理由中、破産法所定の免責規定、特に免責の不許可決定の要件を規定し...することができる旨を定めた破産法三六六条ノ四の規定及び免責の申立てにつき異... しかしながら、破産法における破産者の免責は、誠実な破産者に対する特典とし
破産法三六六条ノ四第一項及び三六六条ノ八の各規定と憲法三二条
上告を棄却
払い込んだ行為は、組合員が破産宣告を受けた場合において、破産法七二条二号の...者が退職手当をもって債務の弁済に充てていたときは、その弁済は破産法七二条二
一 給与支給機関が地方公務員等共済組合法一一五条二項に基づき地方公務員共済組合の組合員である地方公務員の給与から貸付金残額を控除して右組合に払い込む行為と破産法七二条二号による否認 二 給与支給機関が地方公務員等共済組合法一一五条二項に基づき地方公務員共済組合の組合員である地方公務員の退職手当から貸付金残額を控除して右組合に払い込んだ場合と破産法七二条二号による否認の範囲
破棄
が被上告人に代わってした本件払込が破産法七二条二号による否認の対象にはなら...る破産者のした行為ということができず、破産法上否認制度を設けた趣旨に照らし...宣告を受けた場合、破産法七二条二号の否認の対象となると解するのが相当である。
給与支給機関が国家公務員等共済組合法一〇一条二項に基づきD組合の組合員である国家公務員の給与から貸付金残額を控除して右組合に払い込む行為と破産法七二条二号による否認
破棄
 二 本件において、上告人は、破産法七二条二号により、退職手当の四分の一に...にその支払を求めているのに対し、原審は、次の理由をもって、本件払込は破産法...においてされたものであるから、右承諾は破産法七二条二号による否認の対象とは
給与支給機関が地方公務員等共済組合法一一五条二項に基づきD組合の組合員である地方公務員の給与から貸付金残額を控除して右組合に払い込む行為と破産法七二条二号による否認
破棄
いて、破産法(以下「法」という。)一〇四条二号但書にいう「支払ノ停止若ハ破
一 信用金庫の商人性 二 信用金庫取引約定書四条四項の趣旨 三 破産債権者が支払停止又は破産申立前にされた取立委任に基づき支払停止又は破産申立のあつたことを知つてした手形の取立と破産法一〇四条二号但書
破棄
いなかつた、(5) 上告人は、被上告人に対し、破産法(以下「法」という。)五
請負人の破産と破産法五九条の適用
上告を棄却
も、破産者がその対価として経済的利益を受けない限り、破産法七二条五号にいう...務なくしてDのためにした本件保証及び本件根抵当権の設定は破産法七二条五号に... 私は、破産者Fが義務なくしてした本件保証及び本件根抵当権の設定が破産法七
いわゆる同族会社の実質的な経営者である破産者が当該会社のためにした保証又は担保の供与が破産法七二条五号にいう無償行為に当たる場合
上告を棄却
も、破産者がその対価として経済的利益を受けない限り、破産法七二条五号にいう...め、被上告人は、右根抵当権の設定が破産法七二条五号にいう無償行為に当たると...なくしてDのためにした本件保証及び本件根抵当権の設定は破産法七二条五号にいう無償行為に当たり、被上告人の本件否認権行使を肯認すべきものとした原審の判
一 保証又は担保の供与と破産法七二条五号にいう無償行為 二 いわゆる同族会社の代表者で実質的な経営者でもある破産者が当該会社のためにした保証又は担保の供与が破産法七二条五号にいう無償行為に当たる場合
破棄
 三 破産法四七条二号但書の趣旨...  思うに、破産法四七条二号但書が、国税徴収法又は国税徴収の例により徴収す...財団とは直接関係のない事柄である。また、破産法人が強制和議、同意廃止などに
一 破産法人に対する予納法人税の債権のうち各事業年度の所得に係る部分と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権 二 破産法人に対する予納法人税の債権のうち租税特別措置法(昭和五七年法律第八号による改正前のもの)六三条一項の規定による土地重課税に係る部分と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権 三 破産法人に対する住民税の債権と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権 四 破産法人に対する予納事業税の債権と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権
破棄
する破産法一〇四条二号但し書に該当する事由のないために同号本文により効力を...を持続するものであることにかんがみ、破産法九八条は、その一方が破産宣告を受...することができないものとしている。右各規定は、和議法五条によつて準用され、和議債権者のする相殺についても同様の考慮がされている。破産法一〇四条二号は、
和議法五条の準用する破産法一〇四条二号により効力を有しない相殺と和議手続から移行した破産手続におけるその効力の有無
破棄
自然人であるときには、その最低生活を保障するために破産法六条三項を適用して...して破産法人の自由な管理処分に委ねるべき合理的根拠はもはや存在しないものと...のは明らかに同法五〇条、破産法六条三項の規定の解釈適用を誤つた違法があるも
破産法人の簡易生命保険の還付金請求権と破産財団への帰属
破棄
破産法七四条一項による本件各仮登記の否認登記手続請求を認容した。... 二 しかしながら、破産法七四条一項の「支払ノ停止」とは、債務者が資力欠乏
破産法七四条一項にいう「支払ノ停止」があつたとはいえないとされた事例
棄却
として、(ア)予納法人税が破産法人といえども、所得がある以上、破産終結まで...出する破産法人の自由財産というものがないことをあげる。右前提には異論がない...態である破産法人について、破産法上財団債権として、破産債権の支払(配当)に
破産宣告を受けて清算中の法人につき、右宣告後の事業年度の予納法人税、過少申告加算税、予納事業税及び住民税に係る各租税債権が、破産法47条2号ただし書の財団債権に当たるとされた事例
上告を棄却
 破産法人の清算中の事業年度の所得に係る予納法人税について国税徴収法八二条
破産法人の清算中の事業年度の所得に係る法人税についてされた交付要求と抗告訴訟の対象
取り消す
に二分し後者に付破産法五九条の適用を認めたが、民法上請負契約は一義的に定め...られているのであるから破産法五九条適用についても一義的に決すべきで右のよう...合には破産法六四条により処理されるべきで同法五九条を重複適用する必要はな
建築工事請負契約の請負人の破産と破産法五九条二項の適用の有無(消極)
上告を棄却
ける調査、債権確定訴訟等破産法所定の手続によつて確定すべきものとされており、... 破産法七二条一号所定の否認(以下「一号否認」という。)の制度が民法四二四...認権の消滅時効に関する破産法八五条の規定は一号否認についてもその適用があり、
一 否認権行使の相手方が否認された行為のあつたのちに総破産債権が不存在となつたことを主張して否認権行使の効果を否定することの可否 二 総破産債権につき詐害行行為取消権の消滅時効が完成した場合と破産法七二条一号所定の否認権の消長
破棄
うに至つた慰藉料請求権については、破産法二八三条一項後段の適用がないと解す
一 名誉侵害を理由とする慰藉料請求権と行使上の一身専属性の喪失事由 二 名誉侵害を理由とする破産者の慰藉料請求権が破産終結決定後に行使上の一身専属性を失つた場合と破産法二八三条一項後段の適用の有無
棄却
ぞれ租税債務を負うものであるが、被告らは、本件各租税債権がいずれも破産法四...が、破産法四七条二号但書の「破産財団ニ関シテ生シタ」ものにあたらない。...破産法人の所得にかかる法人税は、破産財団の管理上当然その経費と認められる公
破産宣告を受けて清算中の法人につき、右宣告後の事業年度の予納法人税、過少申告加算税、予納事業税及び住民税に係る各租税債権が、破産法47条2号ただし書の財団債権に当たるとされた事例
控訴を棄却
特定の租税債権についてそれが財団債権に該当するか否かは破産法四七条二号によ
税務署長が破産法人の納付すべき予納法人税に係る租税債権が財団債権であるとして破産管財人に対してした交付要求は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
却下
(一) 破産法四七条二号は、破産宣告後の原因に基づく公租公課は、原則として...(二) ところで、最高裁昭和四三年一〇月八日第三小法廷判決は、破産法四七条...ろ、ある租税債権が財団債権に該当するか否かは破産法四七条二号の規定によつて
税務署長が破産法人の納付すべき予納法人税に係る租税債権が財団債権であるとして破産管財人に対してした交付要求は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
上告を棄却
 破産法七二条二号にいう「債務ノ消滅ニ関スル行為」には、同法七五条の執行行
強制執行としてした行為と破産法七二条二号の適用
破棄
取得は破産法五四条一項により、これをもつて破産債権者に対抗できない、と判断...い限り、転借人の転借権取得は破産法五四条一項所定の破産者の法律行為によらな...人の主張を斥けた原判決は、破産法五四条一項の解釈適用を誤つたものというべき
破産宣告後の不動産転借権の取得と破産法五四条一項
破棄
を受働債権としてする相殺は、破産法上原則として禁止されており(同法一〇四条...であつても、本件相殺が破産法一〇四条二号本文による相殺禁止の場合にあたるこ...相殺を有効とした原審及び第一審の判断には、破産法一〇四条の解釈適用を誤つた
破産法一〇四条二号の規定に違反してされた相殺を有効とする破産管財人と破産債権者との合意の効力
控訴を棄却
し、破産法三七八条(三七四条)所定の詐欺破産罪を構成する行為は破産宣告確定... <要旨>そこで考えてみると、検察官は本件各公訴事実が破産法三七八条、三七四...つて、債権者の財産上の利益を保護しようとするものであるが、現行破産法の規定
破産法三七四条一号に規定する行為の時期
上告を棄却
 破産法七二条二号の債務消滅に関する行為とは、破産者の意思に基づく行為のみ
強制執行としてした行為と破産法七二条二号の適用
破棄
という)に対する本件売掛債権一〇〇万円の債権譲渡通知につき、破産法七四条一
破産法七四条一項所定の期間の起算日
上告を棄却
 よつて、被上告人は、破産法七二条一号により破産会社と上告人との間の前記弁
詐欺を理由に取り消された法律行為に基づく利得を破産者が返還した場合と破産法七二条一号の適用
上告を棄却
 株式会社の整理については、商法四〇三条一項により破産法一〇四条一号が準用
株式会社に対しその整理開始前に負担した停止条件付債務の条件が整理開始後に成就したときと商法四〇三条一項、破産法一〇四条一号
上告を棄却
 破産法七二条一号による否認権行使の場合において、受益者が同条同号但書によ
破産法七二条一号但書と受益者の無過失の要否
72 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in