裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
米国法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
18 件中 1/1 ぺージ
棄却
米国法人の関連会社である日本の証券会社等の従業員らが、米国法人から報酬として付与されたいわゆるストック・ユニットの転換日の到来により、米国法人の株式を取得して経済的利益を受けた場合において、その経済的利益に係る給与等の収入すべき日は転換日であるとされた事例。
上告を棄却
訴訟の提起当時に既に係属していた別件米国訴訟は,米国法人である被上告人が,
米国法人がウェブサイトに掲載した記事による名誉等の毀損を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求訴訟について、民訴法3条の9にいう「特別の事情」があるとされた事例
棄却
この点,米国法上,原告らが本件各 P11株式上の権利を取得するに...原告らは,米国法上,本件各証券口座に本件各P11株式が移管される
米国法人の関連会社である日本の証券会社等の従業員らが、米国法人から報酬として付与されたいわゆるストック・ユニットの転換日の到来により、米国法人の株式を取得して経済的利益を受けた場合において、その経済的利益に係る給与等の収入すべき日は転換日であるとされた事例。
控訴を棄却
米国法人販売の投資商品を取得するため国内の取扱銀行に支払った為替手数料を、同投資商品に係る雑所得の金額の計算上必要経費に算入しないでされた所得税の決定処分及び無申告加算税賦課決定処分等の各取消請求が、いずれも棄却された事例
棄却
米国法人 P2 INC. (P2社)は,米国の医療機関から医療保険会社
米国法人販売の投資商品を取得するため国内の取扱銀行に支払った為替手数料を、同投資商品に係る雑所得の金額の計算上必要経費に算入しないでされた所得税の決定処分及び無申告加算税の賦課決定処分等の各取消請求が、いずれも棄却された事例
棄却
本件は,原告が,勤務先会社の親会社である米国法人から付与された譲渡制...訴外米国法人ヒューレット・パッカード・カンパニー(以下「米国HP
1 米国法人の子会社である日本法人の取締役が親会社である米国法人から付与されていた同法人の譲渡制限株式の譲渡制限が解除されたことにより受けた利益が所得税法28条1項所定の給与所得に当たるとされた事例 2 米国法人の子会社である日本法人の取締役が親会社である米国法人から付与されていた同法人の譲渡制限株式(いわゆるリストリクテッド・ストック)の譲渡制限が解除されたことにより受けた利益に係る所得の帰属年分は、同制限解除の年分であるとされた事例
取り消す
米国法人の子会社である日本法人の役員が、親会社である米国法人から同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で購入することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が所得税法28条1項所定の給与所得に当たるとされた事例
上告を棄却
という。)の代表取締役を務めていた。D社は,米国法人であるE・インク(以下
米国法人の子会社である日本法人の代表取締役が親会社である米国法人から付与されたいわゆるストックオプションを行使して得た利益が所得税法28条1項所定の給与所得に当たるとされた事例
取り消す
本件は,原告が,勤務先の会社の親会社である米国法人から付与されたストック・オプション(会社が自社又は
米国法人の子会社である日本法人の役員が、親会社である同米国法人から同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で購入することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が、所得税法34条1項所定の一時所得に該当するとされた事例
棄却
1 米国法人が、子会社である日本法人に勤務する従業員に付与したストックオプション(一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で、自社株式について新株の発行を受け、又は発行済み株式の譲渡を受けることができる権利)及びその権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)は、所得税法上の給与所得に当たる。 2 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で、自社株式について新株の発行を受け、又は発行済み株式の譲渡を受けることができる権利)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした取消請求が、棄却された事例 3 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で、自社株式について新株の発行を受け、又は発行済み株式の譲渡を受けることができる権利)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした、過少申告加算税賦課決定の取消請求が、一部認容された事例
取り消す
1 米国法人が、子会社である日本法人に勤務する従業員に付与したストックオプション(特定の株式を、一定の条件の下、一定の期間内に、市場価格ではなく、あらかじめ定められた権利行使価格で取得することのできる権利ないし契約上の地位)及びその権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)は、所得税法上の給与所得に当たる。 2 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(特定の株式を、一定の条件の下、一定の期間内に、市場価格ではなく、あらかじめ定められた権利行使価格で取得することのできる権利ないし契約上の地位)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした取消請求が、棄却された事例 3 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(特定の株式を、一定の条件の下、一定の期間内に、市場価格ではなく、あらかじめ定められた権利行使価格で取得することのできる権利ないし契約上の地位)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした、過少申告加算税賦課決定の取消請求が、一部認容された事例
取り消す
日本法人の取締役がその親会社である米国法人から付与されたいわゆるストックオプションの行使による株式の取得に係る経済的利益が給与所得に該当するとされた事例
取り消す
イクロソフト社の子会社である米国法人マイクロソフト・アジア・リミテッドに転
1 米国法人の子会社である日本法人の従業員ないし取締役が、親会社である同米国法人から、同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で取得することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が、給与所得に当たるとされた事例 2 米国法人の子会社である日本法人の従業員ないし取締役が、親会社である同米国法人から、同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で取得することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が譲渡所得又は一時所得に当たるとして確定申告したのに対し、前記利益は給与所得に当たるとしてされた過少申告加算税賦課決定処分が、違法とされた事例
控訴を棄却
引」といい,また,そのうち,株式会社明立と上記米国法人との取引を「本件明立...側取引」,上記米国法人と株式会社エレクトロコインとの取引を「本件ECT側取...に必要な知識等であって,米国法人であるUDNが有していたものではなく,日本
パチスロ機のメイン基盤を販売し所得を得ていたにもかかわらず、米国法人がこれを行ったかのように仮装し、同取引によって得た所得等を申告していなかったとしてされた法人税、消費税及び地方消費税の更正が、いずれも違法とされた事例
取り消す
当たり8万円で販売する取引を行って所得を得ていたにもかかわらず,米国法人U...原告ではなく,上記の米国法人であると主張して,被告に対し,上記各処分の取消... 米国法人Universal Distributing of Nevad
パチスロ機のメイン基盤を販売し所得を得ていたにもかかわらず、米国法人がこれを行ったかのように仮装し、同取引によって得た所得等を申告していなかったとしてされた法人税、消費税及び地方消費税の更正が、いずれも違法とされた事例
控訴を棄却
先の米国法人による技術相談料のようなものが発生する余地はないと認められ
内国法人が米国法人との間で締結した、同米国法人等主催の各種スポーツ競技のテレビ放映権の取得に係る契約に基づき、前記米国法人に支払われた金員が国内源泉所得に当たるとしてした源泉所得税の納税告知が、適法とされた事例
却下
本件は、海外で開催されるスポーツイベントの主催団体等である米国法人からテレ...等を行っている原告が、右米国法人に対して支払った金員が日本国内源泉所得に当...う。)においては、米国法人等が日本国法人等から受ける使用料等に係る課税につ
内国法人が米国法人との間で締結した、同米国法人等主催の各種スポーツ競技のテレビ放映権の取得に係る契約に基づき、前記米国法人に支払われた金員が国内源泉所得に当たるとしてした源泉所得税の納税告知が、適法とされた事例
却下
1 特許紛争に係る和解契約に基づき米国法人に支払った金員が国内源泉所得に該当するとしてした源泉所得税の納税告知の取消しを求める訴えにつき、同納税告知中税率の特例の適用があるとして還付された金額に係る部分については、その取消しを求める訴えの利益を欠くとして、却下した事例 2 特許紛争に係る和解契約に基づき米国法人に支払った金員が国内源泉所得に該当するとしてした源泉所得税の納税告知の取消請求が、一部認容された事例
18 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in