裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61805 
刑事21925民事39880
法律
行政不服審査法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
33 件中 1/1 ぺージ
棄却
また,平成26年法律第68号による改正後の行政不服審査法は,標準
行政不服審査法34条2項(平成26年法律第68号による改正前のもの)に基づく執行停止をしない旨の審査庁の決定は、取消訴訟の対象となる行政処分に当たるか
棄却
る行政不服審査法第14条第1項本文又は第45条の期間は,当該処分を受
下水道使用料納入通知処分について処分があったことを知った日の翌日から60日を経過した後に審査請求を行ったことにつき、行政不服審査法14条1項ただし書にいう「やむをえない理由」があるとされた事例
却下
京都知事は,同年10月3日,本件審査請求は行政不服審査法(以下「行審
下水道使用料納入通知処分について処分があったことを知った日の翌日から60日を経過した後に審査請求を行ったことにつき、行政不服審査法14条1項ただし書にいう「やむをえない理由」があるとされた事例
破棄
る被上告人の審査請求について,建設大臣が,行政不服審査法14条1項所定の審...し,原審は,行政不服審査法14条1項本文の「処分があったことを知った日」と... (2) 行政不服審査法14条1項本文の規定する「処分があったことを知った日」
行政処分が通知ではなく告示をもって画一的に告知される場合における行政不服審査法14条1項にいう「処分があったことを知った日」の意義
控訴を棄却
は、被告に対し、行政不服審査法(以下「行服法」という。)二五条一項ただし書
1 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成5年法律第41号による改正前)3条による指定に不服があるとして国家公安委員会に対してされた審査請求において、行政不服審査法31条に基づき警察庁の職員に審理を行わせることの可否 2 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成5年法律第41号による改正前)3条による指定に対する審査請求を棄却した国家公安委員会の裁決の取消請求が、同法26条1項は憲法13条及び31条に違反せず、審理手続に違法はなく、また、理由付記の不備もないとして、棄却された事例
棄却
は、被告に対し、行政不服審査法(以下「行服法」という。)二五条一項ただし書
1 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成5年法律第41号による改正前)3条による指定に不服があるとして国家公安委員会に対してされた審査請求において、行政不服審査法31条に基づき警察庁職員に審理を行わせることの可否 2 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成5年法律第41号による改正前)3条による指定に対する審査請求を棄却した国家公安委員会の裁決の取消請求が、審理手続に違法はなく、理由付記の不備もないとして、棄却された事例
控訴を棄却
1 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令につき、行政不服審査法57条1項所定の不服申立てについての教示をしなかったことは違法であるが、その教示がなかったからといって、当該賠償命令が取り消されるほどの違法性を帯びるものではないとした事例 2 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令は行政処分であり、同命令に対する不服申立手続の中で、賠償義務の存否及び範囲について争う機会を与えられているのであるから、不服申立期間を徒過し、賠償命令を争うことができなくなった後は、同命令に無効事由があることや、その後弁済等により賠償義務が消滅したことを主張して、賠償命令に基づく賠償金支払請求を争うのはともかく、これ以外の事由によりこれを争うことは許されないとした事例 3 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令に基づき、町が元の町収入役に対して提起した賠償金支払請求が、同命令に無効事由があることや、その後の弁済等によって賠償義務が消滅したことの主張、立証がないとして、認容された事例
棄却
(二) そこで、原告らは被告に対し、行政不服審査法(以下、「審査法」とい
1 市教育長がした就学援助非認定処分について、市教育委員会に対する不服申立てがされ、市教育長がこれに対する異議申立て棄却決定をした場合において、原告が市教育委員会を被告とする異議申立て棄却決定の取消しの訴えを審査請求について裁決をしないことの違法確認の訴えに交換的に変更し、被告がその訴えの変更に異議を述べた場合につき、この訴えの変更は民事訴訟法232条の要件を満たすものとして適法であり、当該訴訟の審理の対象は、原告が追加した不作為違法確認の訴え及び被告の不同意によりその取下げの効果が生じなかった前記棄却決定取消しの訴えの両者であるとした事例 2 市教育委員会の就学援助認定又は非認定に関する処分権限が市教育長に委任されている場合において、教育委員会は、教育長の処分権限の行使を指揮監督する上級行政庁に該当するから、教育長がした就学援助非認定処分に対する行政不服審査法所定の不服申立てについては、教育委員会に対する審査請求のみが認められ、教育長に対する異議申立ては認められないとした事例 3 市教育委員会の就学援助認定又は非認定に関する処分権限が市教育長に委任されている場合において、教育長が非認定処分をするとともに、教育委員会に対して異議申立てができる旨の教示をし、前記処分を受けた者が教育委員会に対して「異議申立書」と題する書面を提出した場合につき、同書面の内容、形式及び前記教示の内容に照らし、同書面の提出により行政不服審査法に基づく審査請求がされたものと認められた事例 4 市教育委員会の就学援助認定又は非認定に関する処分権限の委任を受けて市教育長がした非認定処分についての教育委員会に対する審査請求に対して教育長が異議申立棄却決定をした場合につき、市教育委員会に対し前記異議申立棄却決定の取消しを求める訴えを被告適格を欠くものとして却下し、教育委員会に対し審査請求について裁決をしないことの違法確認を求める訴えを認容した事例
棄却
行政不服審査法の教示に関する規定は訓示規定であり、これに違反しても処分の効力には...なるほど、行政不服審査法五七条一項は、行政庁が不服申立てのできる処分を書面でする...のないよう保障規定が設けられている(行政不服審査法一八・一九条、五八条 )
1 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令につき、行政不服審査法57条1項所定の不服申立てについての教示をしなかったことは違法であるが、右教示がなかったからといって、当該賠償命令が取り消されるほどの違法性を帯びるものではないとした事例 2 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令は行政処分であり、右命令に対する不服申立手続の中で、賠償義務の存否及び範囲について争う機会を与えられているのであるから、不服申立期間を徒過し、賠償命令を争うことができなくなった後は、右命令に無効事由があることや、その後弁済等により賠償義務が消滅したことを主張して、賠償命令に基づく賠償金支払請求を争うのはともかく、右以外の事由によりこれを争うことは許されないとした事例 3 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令に基づき、町が収入役に対して提起した賠償金支払請求が、右命令に無効事由があることや、その後の弁済等によって賠償義務が消滅したことの主張、立証がないとして、認容された事例
上告を棄却
 行政不服審査法五七条一項は、同項所定の処分を書面でする場合に、その処分の...として行うものではないから、右指定については行政不服審査法五七条一項の適用はないものといわなければならない(利害関係人は、同条二項により教示を求める
建築基準法四六条一項に基づく壁面線の指定と行政不服審査法五七条一項の適用の有無
棄却
しかるに本件裁決には、行政不服審査法(以下「行審法」という 。
1 建築基準法46条所定の壁面線の指定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 市長が建築基凖法46条所定の壁面線の指定をした旨を市報に登載してした公告が、同条3項所定の公告として適法であるとされた事例 3 市長が市報に登載してした公告に係る建築基準法46条所定の壁面線の指定に対する審査請求期間の起算日は、利害関係人が現実に右公告を知ったかどうかにかかわりなく、右公告がされた日の翌日であるとした事例 4 建築基凖法46条所定の壁面線の指定は、行政不服審査法57条1項にいう「不服申立てをすることができる処分を書面でする場合」に当たるとした上、同項の教示を怠ったことは、右指定の無効事由とはならず、また、右指定に対する審査請求期間の進行を妨げるものではなく、さらに、同法14条1項ただし書にいう「やむをえない理由」にも当たらないとした事例 5 処分庁が行政不服審査法57条1項に基づく教示をしなかった場合に同法58条1項に基づいてされた不服申立てに関する審査請求期間については、同法14条が適用されるか
控訴を棄却
定めた本件都市計画決定に関し、被控訴人知事が行政不服審査法(以下、単に審査
1 行政不服審査法5条1項1号にいう「上級行政庁」の意義 2 都道府県知事は、市がした都市計画決定に関し、行政不服審査法5条1項1号にいう「上級行政庁」に当たらないとした事例
却下
上級行政庁ではなく、行政不服審査法四〇条五項にいう処分の変更を行う権限がな...5 よつて、本件裁決は行政不服審査法四〇条一項に違反し違法であるから、その...被告が大津市の上級行政庁でないことは明白であるから、行政不服審査法四〇条五
市の施行する土地区画整理事業に係る仮換地指定処分につき県知事に対してした右処分の変更を求める審査請求を、知事は行政不服審査法40条5項の上級行政庁に当たらず右処分の変更権限を有しないとして却下した裁決が、右審査請求は右処分の取消しを求める限度で適法であるとして、違法とされた事例
控訴を棄却
ず、口頭陳述の機会を与えることなく前記却下の決定をしたことは行政不服審査法...ところで、行政不服審査法四八条、一四条三項によれば、処分についての異議申立...ところで、行政不服審査法二〇条によれば、審査請求は、原処分につき異議申立て
異議申立て又は審査請求が、法定の期間経過後にされたものであるときその他不適法なものであって、その補正ができないものであることが一見して明らかな場合には、行政不服審査法25条1項ただし書所定の申立てがあったとしても、口頭陳述の機会を与えることなく、異議申立て又は審査請求を却下することができるとした事例
控訴を棄却
1 法令違背の「法令」には訓示現定も含まれるのであり、行政不服審査法第五七
1 行政庁が、不服申立てをすることができる処分を書面でする場合に、行政不服審査法57条1項に基づく教示をしなかったことは、右処分の違法事由とはならないとした事例 2 行政代執行の対象となる物件の名称は、その除却命令、戒告及び代執行令書にすべて個別的、具体的に記載されることを要せず、右書面に添付された図面等により当該物件が代執行の対象となることが特定されていれば足りるとした事例
却下
3 被告知事は、右審査請求につき、「行政不服審査法第五条所定の審査庁に当ら...につき、被告知事は、行政不服審査法五条一項所定の「上級行政庁」であり、か...被告市の行政不服審査法五条にいう直近上級行政庁であるから、原告らの本件審査
1 行政不服審査法5条1項1号にいう「上級行政庁」に当たるための要件 2 都道府県知事は、市町村の都市計画決定に関し、行政不服審査法5条1項1号にいう「上級行政庁」に当たらないとした事例
控訴を棄却
建築確認処分の対象である建築物に隣接する土地の所有者は、右建築物の敷地の一部に通行権を有していたとしても、行政不服審査法24条1項の利害関係人には当たらないとした事例
棄却
1 行政処分に対する不服申立てについての教示義務を定めた行政不服審査法第五...しかしながら、行政不服審査法第五七条第一項は、行政庁が審査請求若しくは異議
1 行政庁が、不服申立てをすることができる処分を書面でする場合に、行政不服審査法57条1項に基づく教示をしなかったことは、右処分の違法事由とはならないとした事例 2 行政代執行の対象となる物件の名称は、その除却命令、戒告及び代執行令書にすベて個別的、具体的に記載されることを要せず、右書面に添付された図面等により当該物件が代執行の対象となることが特定されていれば足りるとした事例
棄却
昭和五二年一二月一二日付をもつて行政不服審査法第二四条に基づき参加人として...又、原告は行政不服審査法第二四条第一項で定める利害関係人に該当しないのであ...行政不服審査法第二四条第一項の規定は利害関係人が審査庁の許可を得て参加人と
建築確認処分の対象である建築物に隣接する土地の所有者は、右建築物の敷地の一部に通行権を有していたとしても、行政不服審査法24条1項の利害関係人には当たらないとした事例
控訴を棄却
地方税法19条の4と行政不服審査法45条との関係
却下
条の四第二号により異義申立てをなしたが、行政不服審査法(以下「行審法」とい
地方税法19条の4と行政不服審査法45条との関係
棄却
そこで原告らは、行政不服審査法(以下「行服法」という。)六条により被告に対
1 地方鉄道法21条2項に基づく旅客運賃変更の申請に対し運輸大臣のした認可処分につき、当該鉄道の個々の利用者は、その手続に参与すべき資格や、右処分について救済を求める法律上の利益を有しないとした事例 2 行政不服審査法4条1項にいう「行政庁の処分に不服がある者」の範囲
棄却
(一) 本件審査請求は、行政不服審査法(以下、審査法という。)第一四条第一
知事が漁業権免許処分に際して、公示その他の所要手続を怠ったとしても、原告らが右処分のあったことを処分後間もなく知ったと認められる場合には、右処分に対する審査請求の不服申立期間徒過につき、行政不服審査法14条1項ただし書の「やむをえない理由」及び同条3項ただし書の「正当な理由」があるものとはいえないとされた事例
控訴を棄却
原判決は、本件裁決が行政不服審査法(以下「審査法」と略称するし三三条二項に...とを拒否した。しかし行政不服審査法(以下単に審査法という。)第二二条の規定
1 重加算税賦課決定処分が国税通則法(昭和45年法律第8号による改正前)68条所定の要件を欠き違法である場合には、右処分中、過少申告加算税額に相当する部分についても取消しを求める法律上の利益があるとした事例 2 更正処分とこれを維持した裁決の取消しを求める請求につき併合して判決し、原処分の取消請求を棄却する場合でも、裁決を取り消す利益があるとした事例 3 所得税更正処分に対する審査手続において、審査請求人に対し反面調査結果等の記載されている所得調査書の閲覧を拒否したことにつき、行政不服審査法33条2項にいう「正当な理由」が認められないとした事例 4 所得税更正処分に対する審査手続において、審査請求人に対し反面調査結果等の記載されている所得調査書の閲覧を拒否したことにつき、行政不服審査法33条2項にいう「正当な理由」が認められないから前記審査手続は違法であるとした事例
棄却
たく許さなかつた。これは行政不服審査法一二条に違反する。...で、それ以外の書類の閲覧謄写を拒否した。これは行政不服審査法四八条、三三条...すなわち、行政不服審査法一二条によれば不服申立てについて代理人の関与が認め
1 日本自転車振興会が競輪選手登録消除処分を受けた選手に対して行った競輪出場のあっせん保留が、右開始後1年を経過した以降はあっせん保留の期間延長の要件を欠くに至ったとして、違法とされた事例 2 日本自転車振興会のした競輪選手登録消除処分に対する異議申立手続において、弁護士でない申立代理人の関与を拒絶したことは行政不服審査法12条に違反するが、その後の手続が申立人の利益を実質的に侵害していないとして、異議申立棄却決定を取り消すべき違法事由には当たらないとした事例 3 競輪出場選手の所為が、競輪審判員、選手及び自転車登録規則21条7号にいう「公正かつ安全な競走を行うに不適当と認められる理由があるとき」に当たるとされた事例
棄却
対し行政不服審査法(以下単に審査法という。)第二二条に基づき処分庁である被
1 審査請求人から弁明書副本の送付請求があった場合、審査庁は必ず処分庁に対し弁明書の提出を求め、その副本を審査請求人に送付すべき義務があるとは解されないとした事例 2 審査庁の協議官が処分庁に出向き、所得調査書を閲覧しその重要部分を書き写した調査メモは、行政不服審査法第33条第2項の閲覧の対象とならないとした事例
却下
 原告は、昭和三九年九月一八日、行政不服審査法(以下単に「審査法」とい
1 所得税の申告税額等につき、更正処分がされた後増額再更正処分がされた場合において、当初の更正処分の取消しを求める訴えが不適法とされた事例 2 更正処分に対する不服申立手続を経由した後その出訴期間内に再更正処分がされた場合、不服申立手続を経由しないで提起した再更正処分の取消しを求める訴えにつき、国税通則法(昭和45年法律第8号による改正前)第87条第1項第4号にいう「正当な理由があるとき」に当たるとした事例 3 審査庁の審査担当協議官が処分庁の調査書あるいはその要点を写した調査メモは、行政不服審査法第33条第2項にいう「書類その他の物件」に当たるか
棄却
 行政不服審査法(以下法という)第二五条が書面審理を原則としながら、補充的
行政不服審査請求における要件審理と行政不服審査法第二五条一項但書の適用ないし準用の有無
棄却
 行政不服審査法(以下法という)第二五条が書面審理を原則としながら、補充的...置しておいたことを考慮にいれゝば、行政不服審査法第二一条の補正命令をなす義... 被控訴人は昭和四五年三月二〇日付準備書面で控訴人には行政不服審査法(以下
1 土地区画整理事業において第一次仮換地指定処分がされた後、その面積を拡張したほかは同一内容の第二次仮換地指定処分がされた場合、右第二次処分は第一次処分を撤回する意思表示を含むとされた事例 2 行政不服審査法第25条第1項ただし書の規定は、審査請求の適法要件に関する審理に適用ないし準用されるか
却下
恩給局長は、行政不服審査法四七条五項の規定に違反して、前記異議決定書におい...であるから、該期間の徒過は、まさに、行政不服審査法一四条一項但書にいう「や... しかして、本件裁定は、行政不服審査法の施行された昭和三七年一〇月一日以前
1 行政不服審査法第14条第1項ただし書にいう「やむをえない理由」の意義 2 処分庁の不教示により審査請求期間を徒過した場合につき、行政不服審査法第14条第1項にいう「やむをえない理由があるとき」に当たらないとした事例 3 行政不服審査法第14条第1項ただし書にいう「やむをえない理由」がないのに審査請求期間を徒過してした審査請求につき、審査庁が実質的判断を下したことによって、右審査請求期間徒過の瑕疵が治癒されるものでないとした事例
却下
(三) 原告は昭和三八年四月三日本件審査請求につき行政不服審査法第二五条一...三、行政不服審査法第二五条一項は実体審理に関する規定であるから、審査請求が...手続による国民の権利利益の救済を図る行政不服審査制度の目的(行政不服審査法
1 従前の土地につき前後二つの仮換地指定処分がされ、後の処分は前の処分により指定された仮換地の地積を増加して変更したにすぎない場合、前の処分に対する審査請求の取扱い 2 審査請求が不適法な場合、行政不服審査法第25条第1項ただし書に違背してされた裁決の効力
棄却
長の弁明書副本の送付方を請求した(行政不服審査法―以下単に審査法という。―...二、行政不服審査法の法的位置づけ
1 審査請求人が審査庁に対し弁明書副本の送付を求めた場合には、同庁は処分庁に右弁明書の提出を求めるべき義務を生ずるか 2 審査庁が審査請求人から弁明書副本の送付の請求を受けながら、処分庁に対し弁明書の提出を求めず、ひいて審査請求人に対しその副本を送付しないまま、審査請求を棄却する旨の裁決をした場合において、その審査手続に存する行政不服審査法第22条違反の瑕疵が、裁決の取消事由に当たらないとされた事例 3 行政不服審査法第33条第2項前段にいう「処分庁から提出された書類その他の物件」の意義 4 国税局協議団の担当係官が処分庁におもむき所得調査書等を閲覧したうえ必要事項について作成したメモが行政不服審査法第33条第2項前段所定の閲覧請求権の対象となる書類に当たるとされた事例 5 国税局協議団の担当係官が処分庁におもむき所得調査書等を閲覧したうえ必要事項について作成したメモの閲覧請求を拒むにつき、行政不服審査法第33条第2項後段にいう「正当な理由があるとき」に当たらないとした事例 6 裁決書に、その理由として「収入金額については反面調査により判明したOO円を計上し、経費については提出の計算書に基づき同業者の経費等を比較検討して所得金額を算定した原処分は相当である。」と記載されている場合において、右裁決には理由不備の違法がないとした事例 7 行政不服審査法第33条第2項前段に基づく書類の閲覧請求を正当な理由もなく拒否した手続違背を理由に裁決を取り消した事例
控訴を棄却
できる」旨の教示があつたので、控訴人は昭和四〇年二月八日行政不服審査法によ...を誤つてなされたものであるとしても、行政不服審査法第一九条により、右教示に...答したものの、控訴人らの申立が行政不服審査法の審査請求に当ると解する余地も
行政不服審査法第一九条の「教示」にあたらないとされた事例
33 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in