裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
行政代執行法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8 件中 1/1 ぺージ
却下
に関する法律19条の8第5項,行政代執行法5条の規定に基づく79万64...により硫酸ピッチ等を撤去し,平成20年5月7日,同条5項,行政代執行法5条に基づき,原告に対し,その費用のうち79万6470円の納付を命...しかし,廃棄物処理法19条の8第5項が準用する行政代執行法5条に基づ
廃棄物処理法19条の8第5項が準用する行政代執行法5条に基づく代執行費用の納付命令を受けた者が提起した、前記納付命令の取消しを求める訴えが、適法とされた事例
控訴を棄却
行政代執行法3条1項の戒告につき、義務を課する行政処分と同一の文書でされ、また、その文書が戒告書である旨表示されていなかったとしても、同項所定の内容が記載され、同項の戒告であることが義務者に容易に理解されものであれば、右文書でされた戒告に瑕疵があるとはいえないとした事例
却下
されているに過ぎないから、行政代執行法上の正当な義務者に対する送達を欠くも...2 一般に、行政代執行法に基き、物件の除却命令が発せられ代執行をなすため、
1 前主又は前々主を名あて人としてされた行政代執行法に基づく建物除去命令に対する効力停止の申立てにつき、申立人の右建物取得が専ら行政庁の処分を免れる目的の下に仮装してされた無効のものであるとして、行政事件訴訟法25条3項にいう「本案について理由がないとみえるとき」に当たるとした事例 2 前主又は前々主を名あて人としてされた行政代執行法に基づく建物除去命令に対する効力停止の申立てにつき、右建物は都市計画法上の市街化調整区域に建築されているため近い将来における除去を免れず、また右除去に至るまでの損害も金銭的賠償によって十分償うことができるとして、行政事件訴訟法25条2項にいう「回復の困難な損害」は生じないとした事例
棄却
とともに、あわせて、原告がこれに応じなければ、行政代執行法の規定に基づき代...(一) 行政庁が行政代執行法に基づき、代執行をなす場合には、その事前手続と...む命令文言に引続き「この義務を履行しない場合は、行政代執行法(昭和二三年法
行政代執行法3条1項の戒告につき、同項所定の内容が記載され、同項の戒告であることが義務者に容易に理解されるものであれば、義務を課する行政処分と同一の文書でされ、また、その文書が戒告書である旨表示されていなかったとしても、右戒告に瑕疵があるとはいえないとした事例
却下
本件代執行命令は、行政代執行法二条の要件を欠く違法なものである。すなわち、...いないのである。これを要するに、本件除却命令については行政代執行法二条にい...原告は、代執行令書を送達して代執行命令を発した旨主張する。行政代執行法によ
1 都市公園法5条2項ないし同法6条1項に基づく許可なしに公園地内に存在している工作物に対して公園管理者が同法11条1項1号に基づいてする除却命令は、右工作物の所有者から同法5条2項に基づく許可申請中にされたとしても特段の事情がない限り、原則として違法となることはないとされた事例 2 不作為の違法確認の訴えの要件としての「法令に基づく申請」の意義 3 行政代執行法3条2項にいう通知は、取消訴訟の対象となる行政処分か
却下
う命令し、さらに、同年七月一九日付戒告書で、申立人らに対し、行政代執行法三...管第六二二号の二をもつて、行政代執行法第三条第一項に基づく戒告をなした。し...り、しかも行政代執行法による代執行をなすべき旨の戒告がなされている。
いかだ運送事業を営む者が、木材いかだのけい留場として使用してきた河川の占用水面について原状回復命令を受け、更に行政代執行法3条1項に基づく戒告を受けたので、右戒告に続く代執行手続の続行の停止を求めてした申立てにつき、回復困難な損害があることについての疎明がなく、かつ、公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれのあることが明らかであるとして却下した事例
却下
付建関水第一五九号戒告書をもつて、申立人Aに対し、行政代執行法三条一項の規
1 河川法に基づく工作物設置許可申請をするとともに、その許可を待たずに土地の利用、工作物の設置等をしている場合に、右許可申請を不許可とした処分に対する執行停止の申立てが、執行停止がなされても単に申請が存する状態に復するのみで、これにより工作物を設置する権限を付与されるものでないから、執行停止を求める利益がなく不適法であるとされた事例 2 行政代執行法第3条第1項に基づく戒告が行政処分とは解されないとされた事例 3 河川法第75条第1項に基づく監督処分のうち許可を待たずに設置した工作物の除去を命じた部分の効力の停止を求める申立てが、右処分により被ることあるべき損害は執行停止という緊急措置による救済に値する程度の損害とは認められないとして却下された事例
却下
の訴の提起が本件行政代執行につき行政代執行法第七条の規定により訴願を提起...わゆる訴願前置主義に則り行政代執行法第七条の規定により訴願裁決又は異議の決
行政代執行法第七条第三項と行政事件訴訟特例法第二条との関係
8 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in