裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
表示方法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
11 件中 1/1 ぺージ
破棄
未決誤算入部分を破棄する場合における主文の表示方法(反対意見がある)
破棄
双方から上告があつて未決誤算入部分を破棄する場合における主文の表示方法
破棄
双方から上告があつて未決誤算入部分を破棄する場合における棄却部分の主文の表示方法
上告を棄却
一 上告判決の当事者たる検察官の表示 二 人事訴訟事件の上告審判決における当事者たる検察官の表示方法
上告を棄却
独立当事者参加訴訟の上告判決における訴訟当事者の表示方法につき参考となる事例
棄却
 要するに、市選管の前記政党名の表示方法は違法というべきであり、このような...り、市選管はかかる誤認を防止するための処置として原告主張のような表示方法を
公職選挙法第一七三条の規定による候補者の党派別掲示における政党名の表示方法
破棄
一 借地法第一七条第二項の期間の起算点 二 「罹災建物の借主」の意義 三 民訴第七一条の参加人の附帯上告のみ理由がある場合と主文の表示方法
上告を棄却
一 刑訴第一〇七条にいう「捜索すべき場所」の表示方法 二 たばこ専売法第六六第一項にいう「所持」の法意
上告を棄却
手形の裏書の連続のための被裏書人および裏書人の表示方法
上告を棄却
一 起訴状における犯罪事実の表示方法として、司法警察官意見書記載の犯罪事実を引用することの可否 二 旧刑訴第二九一条において公判請求書に犯罪事実表示のため司法警察官意見書記載の犯罪事実を引用することの可否
上告を棄却
一 更新拒絶の意志の表示方法 二 借家法第一条の二の「正当ノ事由アル場合」の一事例
11 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in