裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
評価方法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
22 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
「a飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」(平成19年8月...成した「a飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」は違法であ...た「a飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」(本件方法書)を
1 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続に不備等があるとして、前記事業の主体である沖縄防衛局長が環境影響評価方法書及び同準備書の作成並びに前記手続をやり直す義務を負うこと等の確認を求める訴えが、却下された事例 2 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続における不備等によって、同法及び同条例によって保障されている意見陳述権が侵害され、これにより精神的苦痛を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づきされた損害賠償請求が、棄却された事例
却下
行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」(平成19年8月14日公...飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」(平成19年8月14...した「a飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」は違法である
1 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続に不備等があるとして、前記事業の主体である沖縄防衛局長が環境影響評価方法書及び同準備書の作成並びに前記手続をやり直す義務を負うこと等の確認を求める訴えが、却下された事例 2 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続における不備等によって、同法及び同条例によって保障されている意見陳述権が侵害され、これにより精神的苦痛を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づきされた損害賠償請求が、棄却された事例
取り消す
市街化区域農地の評価について前記イ(ア)と同様の評価方法を定めるとと...許されず,農地については,その原則的評価方法を定めた評価基準第1章...とはできず,評価基準及び評価要領所定の評価方法によって,その価格を
都市計画決定により市街化区域とされた区域内の土地のうち、固定資産評価基準及び西宮市土地評価要領に基づき、宅地並み評価方法により評価された農地、原野及び雑種地の各固定資産課税台帳登録価格の審査申出棄却決定の取消請求が、棄却された事例
棄却
あるから,評価される船舶に対する評価方法が当該船舶の『時価』を認定す...るに足りる合理性を備えていれば,その評価方法による評価も認められると...ける時価とすると定め,評価通達136は,船舶について時価の評価方法
相続により取得した取引相場のない株式の価額を算出する基礎となる当該株式の発行会社等が所有する船舶の課税時期における価額の評価につき、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達(平成10年9月10日付け課評2−10、課資2−264による改正前))136に定める船舶の価額の評価方法によらず、取得価額を基準として取得時から課税時期までの期間の減価償却費の合計額を控除した額が評価額であるとしてされた更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分が、いずれも適法とされた事例
棄却
評価通達における評価方法...評価通達に評価方法の定めのない財産の価額は,評価通達に定める評価...の評価方法及び評価対象に問題があると主張して,本件更正処分等の全部取
相続により取得した取引相場のない株式の価額を算出する基礎となる当該株式の発行会社等が所有する船舶の課税時期における価額の評価につき、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達(平成10年9月10日付け課評2−10、課資2−264による改正前))136に定める船舶の価額の評価方法によらず、取得価額を基準として取得時から課税時期までの期間の減価償却費の合計額を控除した額が評価額であるとしてされた更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分が、いずれも適法とされた事例
棄却
域内農地,雑種地及び原野につき,宅地並み評価方法によると定めるものの,当該...評価基準に基づき,宅地並み評価方法によって算定した本件登録価格は,適正な時...ついて,宅地並み評価方法により算定した本件登録価格は,その土地の適正な時価
都市計画決定により市街化区域とされた区域内の土地のうち、固定資産評価基準及び西宮市土地評価要領に基づき、宅地並み評価方法により評価された農地、原野及び雑種地の各固定資産課税台帳登録価格の審査申出棄却決定が、全部取り消された事例
棄却
あることは明らかである。そこで,法は,評価方法を総務大臣の定める固定資...き,宅地介在農地については,上記bと同様の評価方法により,その価格を...)に基づく評価方法の合理性
都市計画決定により市街化区域とされた区域内の土地のうち、固定資産評価基準及び西宮市土地評価要領に基づき、宅地並み評価方法により評価された農地、原野及び雑種地の各固定資産課税台帳登録価格の審査申出棄却決定が、全部取り消された事例
棄却
ついても、一貫して財産評価通達一六九の定める評価方法によって評価したところ
1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」を相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達、平成3年12月18日付け課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正、平成2年8月3日付け直評12、直資2−203による改正前)の定める評価方法以外の方法で評価することの可否 2 負担付贈与に係る上場株式の時価を証券取引所の公表する課税時期の最終価格と評価してした贈与税の更正処分等の取消請求が、棄却された事例
棄却
評価方法を画一的に適用するという形式的な平等を貫くことによって、かえって実...場合には、財産評価通達に基づく評価方法によるべきではなく、別の合理的かつ妥...当な評価方法によることが許されると解すべきである。
1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」を相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17国税庁長官通達、平成3年12月18日付け課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正、平成2年8月3日付け直評12、直資2−203による改正前)の定める評価方法以外の方法で評価することの可否 2 負担付贈与に係る上場株式の時価を証券取引所の公表する課税時期の最終価格と評価してした贈与税の更正処分等の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
年分償却法が前年中に取得された償却資産の評価方法として合理性を欠くことを前
固定資産評価基準(昭和三八年一二月二五日自治省告示第一五八号)と前年中に取得された償却資産の評価方法
棄却
原告は本件係争年度の時点ではたな卸資産の評価方法として総平均法による原価法を選定...な評価方法をとつたものである。...右のような特殊な事情の下では、原告の用いた評価方法も総平均法として容認される
1 会社が、従業員及び役員の全員を構成員とし福利厚生を目的とする団体に対して支出した金員につき、右団体は、その運営費の4分の3を右会社に依存していること、その組織に関する規則を持たず代表者も定められていないこと、その事業は右会社の役員が出席した会議で相談して決定されていることなどからすると、右会社から独立した団体ということはできないから、右支出金のうち、右団体が当該年度中に支出しなかった金額は、法人税法上右会社の同年度中に支出した経費と解することはできず、また、右団体が当該年度中にその事業としてその構成員に支出したバカンス表彰金等のうち4分の3に当たる金額は、所得税法上右会社が同年度中に右構成員に支給した賞与又は給与の支払と解すべきであるとした事例 2 法人税法上の期末たな卸資産の評価につき、実際に採られた評価方法はあらかじめ選定し届け出られた総平均法とは全く異なるものであるから、右総平均法により評価し得る資料があるとしても、同法29条1項、同法施行令31条1項により、同令28条1項1号ト所定の最終仕入原価法により評価すベきであるとした事例 3 会社がした従業員の香港慰安旅行に対する1人当たり2万円の費用負担が、レクレーション行事のための費用の負担として社会通念上一般に行われている程度のものであり、従業員に対する給与の支払として所得税法上課税の対象となるものではないとされた事例
控訴を棄却
昭和五四年度における本件土地の固定資産の評価が高すぎること及びその評価方法や計算...し前認定のような抽象的な説明をさせたのみで、本件土地の具体的な評価方法や計算根拠
1 固定資産評価委員会は、固定資産課税台帳に登録された固定資産の評価に関する審査の申出をした者に対し、同人が不服事由を明らかにし、かつ、不服事由となった評価に関する反論の主張及び立証をするために合理的な範囲で、右評価の根拠、計算方法等価格決定の理由を了知させる措置を執るべきであるとした事例 2 地方税法415条により、納税者が縦覧することのできる固定資産課税台帳の範囲 3 固定資産課税台帳に登録された土地の固定資産の評価に関する審査の申出を棄却した審査決定が、固定資産評価委員会が、右申出前に右土地周辺の土地の課税台帳の縦覧等を許されなかった右審査申出人に対し、右土地の具体的な評価方法や計算根拠を明らかにし、あるいは右評価に関する詳細な資料の内容を明らかにするなどして、不服事由に関する実質的な主張及び立証の機会を与えることをしなかった点において、口頭審理の手続に重大な瑕疵があるとして、取り消された事例
棄却
(2) 固定資産評価基準の評価方法...あるが、このような評価方法は、建物につき生存権的財産か非生存権的財産かを全...(2) 固定資産評価基準によれば、宅地の評価方法は、「主として市街地的形態
1 市長のした固定資産の評価につき、固定資産担当職員が実地調査類似の調査を行っており、右評価も実質的に違法とはいえないとして、地方税法408条に定める実地調査を欠いたとしとも、右評価自体が違法となるものではないとした事例 2 固定資産の評価に関する審査決定に評価方法及び計算根拠についての具体的な理由が付記されていないとしても、審査の申出人は右の点を不服事由として主張していないから、右審査決定に理由不備の違法はないとした事例 3 宅地の評価につき、居住用宅地と非居住用宅地とを区別することなく一律に売買実例価額を基準とする旨の固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)が、憲法25条、13条、14条に違反しないとされた事例 4 市長が居住用土地建物につき固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)に基づいてした評価が適法とされた事例 5 市固定資産評価審査委員会の委員長が同市の非常勤特別職たる顧問弁護士であるとしても、市と弁護士との顧問契約は委任契約であるから、地方税法425条2項に違反するものではないとされた事例
棄却
場株式の評価方法としては極めて不適正なもので、右に基づきなされたゼネラルの...が、類似業種比準方式が合理性ある適正な評価方法であるといえるためには、複数...(四) 被告は、右とは別に、本件株式の評価方法としてゼネラルの上場後の株価
1 税務署長がした贈与税決定及び無申告加算税賦課決定の通知書を、国税局職員が国税通則法12条4項に基づき交付送達をした瑕疵が、右各決定の取消事由とはならないとされた事例 2 取引相場のない株式の時価の評価方法につき、相続税財産評価に関する基本通達の定める評価方法に従い、類似業種比準方式を採用したことが合理的であるとされた事例
棄却
二条)とされているが、具体的な評価方法については同法において僅かの規定しか...(四) そこで、基本通達の定める取引相場のない株式の評価方法の合理性につい...前掲乙第二六号証及び証人Oの証言によれば、基本通達の定める右評価方法は大略
取引相場のない同族会社の非上場株式の時価の評価方法につき、「相続税財産評価に関する基本通達」の定める評価方法に従い、同族株主以外の株主等の取得した株式については配当還元方式を、同族株主の取得した株式については評価対象会社の営業規模が大規模である場合は類似業種比準方式を、小規模である場合は純資産方式を、中規模の場合は右類似業種比準方式と純資産方式との混合方式を、それぞれ採用したことが合理的であるとされた事例
棄却
謂例外的評価方法(同評価基準第一章第七節山林、第九節原野の各第一項但書によ...資産評価基準第二章第二節の二が新設され、全て右に述べた例外的評価方法による...う。)を作成追加し、これにより右山林、原野については全て前記例外的評価方法
1 市街化区域内山林の固定資産税課税標準価格の決定につき、自治大臣の定める固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)において例外的評価方法とされている「附近の宅地、農地等の価格に比準して、その価格を求める」方法を原則としている市の取扱要領が、地方税法及び自治大臣の定める固定資産評価基準の許容範囲を逸脱していないとされた事例 2 市街化区域内の原野の固定資産税課税標準価格の決定につき、市街化区域内の山林の評価方法に準じてその価額を求める旨定めた市の取扱要領が、地方税法及び自治大臣の定める固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)の許容範囲を逸脱していないとされた事例 3 固定資産課税台帳における登録価格に関する審査申出についての固定資産評価審査委員会の審査決定書の理由記載に不備はないとした事例
棄却
敷地使用権とともにマンションを分譲した場合における売上原価の算定に当たり、右使用権は民法上の地上権に類似する権利であるとして、相続税法23条に定める地上権価額の評価方法を類推してその価額を算定した事例
破棄
相続税の課税価格の算出上控除すべき弁済期未到来の金銭債務の評価方法
棄却
三 原告の農地の評価方法に関する主張に対する反論...原告は農地の評価方法として、別紙二の第一の一(二)、二(二)、三(三)、四...したがつて、原告主張のような評価方法をとるとぎは、奥行調整を二度行なう結果
相続財産中の宅地転用可能農地を宅地と仮定し、「路線価設定地域図」による路線価を基礎として、「宅地評価通達」に定める路線価方式により計算した金額から、農地を宅地に転用する場合の整地費相当額として坪当たり金840円の割合による金額を控除した残額に、転用許可済農地との調整を図るため80パーセントを乗じ、更に公簿面積としての評価に引き直すために地籍図から算出した面積に対する公簿面積の割合を乗じて得た金額をもって右農地の評価額とした評価方法が相当とされた事例
上告を棄却
中小企業等協同組合法に基づく協同組合の脱退組合員に対する持分払戻と持分計算の基礎となる組合財産の評価方法
再審を開始
旧刑事訴訟法第四八五条第六号にいう「明確ナル証拠」の評価方法
棄却
一、 刑訴第四三七条における「その事実の証明」の意義 二、 あらたな証拠の評価方法
22 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in