裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
認定方法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
6 件中 1/1 ぺージ
棄却
土地収用法133条所定の損失補償に関する訴訟における「正当な補償額」の認定方法
棄却
土地収用法133条所定の損失補償に関する訴訟における「正当な補償額」の認定方法
棄却
1 土地収用法に基づく損失補償と憲法29条3項 2 土地収用法88条にいう「通常受ける損失」の意義 3 土地収用法77条、88条に基づく建物等の物件の移転料に係る補償の内容 4 製薬会社が土地収用に伴い移転する場合において、従前製造許可を得ていた医薬品につき移転先で新たに製造許可を受けてその製造を再開するために移転料等の額を上回る費用が必要であるとしても、同費用の額自体を補償すべき損失と認めることはできないとした事例 5 我が国における医薬品の品質規制(いわゆる「GMP」規制)の実情に即した構造設備を有する製薬工場が土地収用に伴い移転する場合につき、その生産機能を回復するために通常支出を余儀なくされる構造設備の改善費用の運用利益相当額は、土地収用法88条にいう「通常受ける損失」に当たるとした事例 6 製薬工場が土地収用に伴い移転する場合につき、収用委員会の裁決後明渡期限までに設置された機械及び装置の移転料が、土地収用法88条にいう「通常受ける損失」に当たらないとされた事例 7 土地収用法133条に基づく損失補償増額請求の訴えにおいて、収用委員会に対して請求していなかった移転料の補償請求をすることの可否 8 事業認定の告示後に知事の承認を受けることなく設置された物件についての移転料を損失補償の対象とすることの可否 9 事業の用に供されていた土地が収用された場合における土地収用法88条によって補償の対象となる営業上の損失の意義及びその認定方法 10 収用に伴う移転のため、当該企業が操業を停止した期間中の固定経費が、土地収用法88条にいう「営業上の損失」に当たらないとされた事例 11 被収用者である製薬会社が起業者である市に対してした土地収用に係る損失補償増額請求が一部認容された事例
棄却
1 土地収用法に基づく損失補償と憲法29条3項 2 土地収用法88条にいう「通常受ける損失」の意義 3 土地収用法77条、88条に基づく建物等の物件の移転料に係る補償の内容 4 製薬会社が土地収用に伴い移転する場合において、従前製造許可を得ていた医薬品につき移転先で新たに製造許可を受けてその製造を再開するために移転料等の額を上回る費用が必要であるとしても、同費用の額自体を補償すべき損失と認めることはできないとした事例 5 我が国における医薬品の品質規制(いわゆる「GMP」規制)の実情に即した構造設備を有する製薬工場が土地収用に伴い移転する場合につき、その生産機能を回復するために通常支出を余儀なくされる構造設備の改善費用の運用利益相当額は、土地収用法88条にいう「通常受ける損失」に当たるとした事例 6 製薬工場が土地収用に伴い移転する場合につき、収用委員会の裁決後明渡期限までに設置された機械及び装置の移転料が、土地収用法88条にいう「通常受ける損失」に当たらないとされた事例 7 土地収用法133条に基づく損失補償増額請求の訴えにおいて、収用委員会に対して請求していなかった移転料の補償請求をすることの可否 8 事業認定の告示後に知事の承認を受けることなく設置された物件についての移転料を損失補償の対象とすることの可否 9 事業の用に供されていた土地が収用された場合における土地収用法88条によって補償の対象となる営業上の損失の意義及びその認定方法 10 収用に伴う移転のため、当該企業の生産活動や研究活動が停止ないし縮小を余儀なくされる場合に、固定経費が土地収用法88条にいう「営業上の損失」に当たるとした事例 11 被収用者である製薬会社が起業者である市に対してした土地収用に係る損失補償増額請求が一部認容された事例
控訴を棄却
1 地方税法(昭和57年法律第10号による改正前)603条の2第1項1号所定の「恒久的な利用に供される」建物等の基準を定める地方税法施行令(昭和25年政令第245号)54条の47第1項1号及び2号に適合するか否かの認定方法 2 自動車の販売及び修理を目的とする会社が営業所等を開設する目的で取得した土地上に存した建物につき、基準日において、同建物の取壊しが予定されており、同会社は、同建物を利用する意思がなく、実際にも利用しておらず、基準日の約半月後には同建物の解体工事に着手し、その後これを完了していることから、同建物は、地方税法施行令(昭和25年政令第245号)54条の47第1項2号所定の基準に適合しないとした事例
控訴を棄却
暴力行為等処罰に関する法律一条の三にいう常習の認定方法
6 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in