裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61805 
刑事21925民事39880
法律
農地法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
113 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
控訴を棄却
事に対し,農地法(法)18条2項1号(賃借人が信義に反した行為をした場
1 農地法18条2項1号の「賃借人が信義に反した行為をした場合」に当たるとはいえないと判断された事例 2 農地法18条2項5号の「その他正当の事由がある場合」に当たるとはいえないと判断された事例
棄却
たなどの事情があり,農地法(以下「法」という。)18条2項1号又は5号...特に,平成21年法律第57号による法(農地法)の改正で,法1条の目...権を獲得できるという期待である(乙4の5枚目(「農地法18条に係る論
1 農地法18条2項1号の「賃借人が信義に反した行為をした場合」に当たるとはいえないと判断された事例 2 農地法18条2項5号の「その他正当の事由がある場合」に当たるとはいえないと判断された事例
棄却
れており,農地法所定の届出をしないとその所有権が移転しないものとされ...ているところ(平成21年法律第57号による改正前の農地法5条3項及び...本件売買対象土地のうちの農地について農地法所定の届出もされていなかっ
被相続人がその所有する土地(農地を含む。)の売買契約を締結し、手付金を除く残代金の受領及び農地法所定の届出の前に死亡した場合において、相続税の課税財産が売買残代金請求権であるとされた事例
控訴を棄却
たところ,処分行政庁が農地法所定の許可書の添付がないこと等を理由に本件...相続人に対する特定遺贈と,農地法令で農業委員会の許可が不要とされてい...の場合に農地法3条1項の許可を不要と解することはできない。
1 相続人に対する特定遺贈によって生ずる農地の権利移転についての農地法(平成23年法律第105号による改正前)3条1項の許可の要否 2 農地の特定遺贈を受けた相続人による所有権移転登記申請に対して登記官がした却下処分の取消しを求める請求が、認容された事例
却下
ろ,処分行政庁が農地法所定の許可書の添付がないこと等を理由に本件申請を...農地法等...農地法(平成23年法律第105号による改正前のもの。以下同じ。)
1 相続人に対する特定遺贈によって生ずる農地の権利移転についての農地法(平成23年法律第105号による改正前)3条1項の許可の要否 2 農地の特定遺贈を受けた相続人による所有権移転登記申請に対して登記官がした却下処分の取消し及び同申請に基づく登記の義務付けを求める各請求が、前者につき認容され、後者につき棄却された事例
取り消す
行政庁)に対し,農地法(平成21年法律第57号による改正前。以下,特に断る...り,同法による改正後の農地法3条1項の規定によってしたものとみなされる。本...(2) 本件不許可処分に関係する農地法の規定は次のとおりである。
法人が、永年生の植物の苗木を肥培植栽し、成育した苗木を顧客に賃貸してこれを記念樹として植え替えた上、更に生育させる事業のために農地の所有権を取得しようとしてした農地法(平成21年法律第57号による改正前)3条の規定による許可申請に対する不許可処分の取消しを求める請求が、棄却された事例
取り消す
の所有権を取得することについての農地法(平成21年法律第57号による改正...において農地の全てについて耕作の事業を行うとは認められず(農地法3条2項...業生産法人以外の法人がこれを取得しようとする場合である(農地法3条2項2
法人が、永年生の植物の苗木を肥培植栽し、成育した苗木を顧客に賃貸してこれを記念樹として植え替えた上、更に生育させる事業のために農地の所有権を取得しようとしてした農地法(平成21年法律第57号による改正前)3条の規定による許可申請に対する不許可処分の取消しを求める請求が、認容された事例
取り消す
控訴人が平成18年7月3日付けでした農地法5条に基づく農地...控訴人が平成18年7月3日付けでした農地法5条に基づく農地転用許可...本件は,農地法(以下「法」という 。
1 農地法5条、同法施行令1条の15第1項に基づき、農業委員会を経由して処分行政庁である県知事に対し農地転用許可申請をした者が、農業委員会が同申請を受理しなかった行為は県知事による申請に対する拒否処分(却下処分)に当たるとしてした、その取消しを求める訴えが、却下された事例 2 農地法5条、同法施行令1条の15第1項に基づき、農業委員会を経由して処分行政庁である県知事に対し農地転用許可申請をした者が、農業委員会が同申請を受理しなかったことから、県知事は前記申請に対する応答義務を怠っているとしてした、不作為の違法確認を求める請求が、認容された事例
棄却
可処分)をした。本件不許可処分は,原告が,農地法5条の規定に違反し,許可を...受けることなく,無断で農地に土砂を違法堆積しているばかりか,農地法83条の...2の規定に基づく原状回復命令にも従わず違法状態を継続しており,農地法5条2
農地法(平成19年法律第48号による改正前)5条1項に基づく農地一時転用許可申請の不許可処分に係る取消裁定申請に対し、公害等調整委員会がした却下裁定の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
しを求める訴訟である。上告人は,前記賃貸借契約は,農地法3条1項所定の許可...22巻10号2145頁)。他方,農地法3条は,農地について所有権を移転し,... 以上によれば,【要旨】時効による農地の賃借権の取得については,農地法3条
農地の賃借権の時効取得と農地法3条の適用の有無
却下
て,農地法5条に基づく農地転用目的譲渡許可処分(以下「本件許可処分」とい...の要件に,本件許可処分は農地法5条2項等の要件にそれぞれ違反し,裁量権の範...被告愛知県知事は,農地法5条に基づく農地転用目的譲渡許可処分を行う権限をそ
1 農業振興地域整備計画のうち農地利用計画について、市が農業振興地域の整備に関する法律13条1項、2項に基づいてした一定の土地を農用地区域から除外する旨の変更計画が、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとされた事例 2 県知事がした農地法(平成19年法律第48号による改正前)5条に基づく農地転用目的譲渡許可処分の無効確認を求める訴えにつき、同処分の対象となる土地の隣接地に居住し農業に従事する者の原告適格が否定された事例
上告を棄却
 1 弁護人津谷裕貴の上告趣意のうち,農地法(平成10年法律第56号による...ることにあると認められる。この規制目的は,農地法の立法当初と比較して農地を
1 農地法(平成10年法律第56号による改正前のもの)4条1項、5条1項、92条と憲法29条 2 農地法(平成10年法律第56号による改正前のもの)4条1項違反の罪と同法5条1項違反の罪の双方が成立するとされた事例
控訴を棄却
1 本件は,宅地に転用するための農地法5条1項の許可を受けて,農地である本... 第1審は,農地法5条1項の許可があったことは,地方税法73条の21第1項...(ア) 本件土地は,単に農地法5条1項の許可を受けたというにすぎないもので
宅地に転用するため農地法5条1項の許可を受けて農地を取得した者が、当該農地取得についてされた不動産取得税の賦課決定が課税標準を固定資産税課税台帳に登録された農地の価格によることなく宅地として算定された価格によることとしたのは違法であるとしてした前記賦課決定の取消請求が、棄却された事例
破棄
 1 本件は,上告人が被上告人から農地を買い受け,農地法5条所定の転用許可...た。本件売買契約においては,昭和54年3月31日までに農地法5条所定の転用... (4) 本件農地につき,昭和52年7月19日売買(条件 農地法5条の許可)
転用目的の農地の売買につき農地法5条所定の許可を得るための手続が執られていない場合における買主の自主占有の開始時期
棄却
地」という。)を購入したが、購入に先立ち、千葉県知事から農地法5条1項の許...について農地法第5条第1項の規定による道府県知事の許可を受けた場合も(法7...原則どおり、同条本文の適用があることが前提とされている。加えて、農地法5条
宅地に転用するため農地法5条1項の許可を受けて農地を取得した者が、当該農地取得についてされた不動産取得税の賦課決定が課税標準を固定資産税課税台帳に登録された農地の価格によることなく宅地として算定された価格によることとしたのは違法であるとしてした前記賦課決定の取消請求が、棄却された事例
破棄
持分全部移転登記を申請したところ,被上告人が農地法3条1項の許可(以下,単...る行為であって,農地法3条1項に定める農地の所有権等の移転を目的とする法律...その効果もそ及しない。したがって,農地法3条1項7号を相続分の譲渡に類推適
1 共同相続人間においてされた相続分の譲渡に伴って生ずる農地の権利移転についての農地法3条1項の許可の要否 2 共同相続人間の相続分の贈与を原因とする農地の持分移転登記の申請を農地法3条1項の許可を証する書面の添付がないことを理由に却下することの可否
棄却
2 農地法二〇条によれば、農地の賃貸借の当事者は、同条一項各号の一に該当す...3(一) 原告は、平成四年七月二四日、農地法二〇条一項及び同法施行規則(平...八)、平成六年七月二〇日、原告の本件契約の解約の申入れは農地法二〇条二項各
農地の賃貸借契約解約申入れの許可申請に対する不許可処分の取消請求が、農地法20条2項3号にいう「賃貸人が耕作に供するのを相当とする場合」に当たらないとして、棄却された事例
取り消す
 三 本件の争点は、本件登記申請に当たり、農地法三条一項所定の農業委員会の... 二 そこで、相続財産中に農地がある場合に相続分を譲渡するためには農地法三... <要旨>1 農地法は、農地は耕作者自らが所有することを最も適当であると認め
農地について共同相続登記がされた後に共同相続人間において相続分の譲渡による持分移転登記申請をする場合と農地法三条所定の許可があったことを証する書面の要否
取り消す
申請に当たり、農地法三条一項の許可を証する許可書を提出しなかった。」を加え...三 本件の争点は、本件登記申請に当たり、農地法三条一項所定の農業委員会の許...可又は県知事の許可(原判決にいう「農地法三条の許可」)を証する許可書の提出
農地について共同相続登記がされた後に共同相続人間において相続分の譲渡による持分移転登記申請をする場合と農地法3条所定の許可があったことを証する書面の要否
破棄
却すべきであると判断した。すなわち、本件売買は農地法所定の富山県知事の許可...後に、当該農地を農地法五条一項四号、農地法施行規則七条六号所定の用途に供す...ないで効力を生ずるものと解するのが相当である。けだし、農地法が農地に係る権
地方公共団体が使用目的を定めないで農地を買い受ける契約をした後に右農地を農地法施行規則七条六号所定の用途に供することを確定したときと売買契約の効力
取り消す
1 農地法の究極の目的は、農地法一条に定めるとおり「耕作者の地位の安定と農...業生産力の増進とを図る」ことにあるが、昭和二七年農地法制定当時においては、...としても、それが永小作権であれば、農地法二〇条の適用がなく、期間の定めのな
農地賃貸借解約申入れの許可が、農地法20条2項3号に掲げる場合に当たるとして、適法であるとされた事例
上告を棄却
拠関係及び記録に照らし、結論において是認することができ(農地法二〇条所定の
農地の賃貸借の解除と農地法二〇条一項所定の知事の許可を得るべき時期
控訴を棄却
地に変じた場合において、右農地の所有権移転及び宅地への変更が農地法五条の趣...たものであり、かつ、本件土地の所有権移転及び宅地への変更について農地法五条...う。)について指令呉農経第五七一号をもってなした農地法五条の規定による農地
農地法5条に基づいて県知事がした農地所有権移転許可処分の取消しを求める訴えが、売買契約後に農地が恒久的に宅地に変じた場合において、当該農地の所有権移転及び宅地への変更が同条の趣旨に反しないときには、当該契約は、同条所定の許可を経ることなく完全に効力を生じ、前記許可処分を取り消しても、当該契約の効力に何ら影響を与えないから、訴えの利益を欠くとして、不適法とされた事例
却下
2 Dらは、昭和六〇年二月一四日、農地法二〇条一項に基づき、本件賃貸借の解...(二) 本件賃貸借について、農地法二〇条二項一号の「賃借人が信義に反した行...(二) 農地法二〇条の趣旨は耕作者の地位の安定等にあるから、原告Aが同年こ
1 農地法3条1項所定の許可を受けていない無効な転貸借契約の転借人は、賃借人の履行補助者として農地を使用してきたにすぎないから、転借人が農地賃貸借の解除許可処分の取消しによって受ける利益は事実上の利益であって法律上の利益ではないとして、前記転借人は、前記解除許可処分の取消訴訟の原告適格を有しないとした事例 2 農地法2条5項は、同法3条以下の規定の適用に当たって、耕作の事業を行う個人を基準とせず、その者の属する世帯を基準として「自作」と「小作」との区別をすることとした規定であり、農地法上一般的に、世帯員が所有権その他の権利を有する農地について、耕作の事業を行っている他の世帯員がその権利を有するものとみなす旨を定めた規定ではないとして、農地の賃借人の世帯員は、当該農地の賃貸借の解除許可処分の取消訴訟の原告適格を有しないとした事例 3 農地賃貸借の解除の許可申請に対し、農地法20条2項1号所定の「賃借人が信義に反した行為をした場合」に該当するとしてされた許可処分が、内容上も手続上も違法はないとされた事例
棄却
一日付けで、本件土地についての国からAに対する農地法三六条による売渡処分
1 地方税法348条1項、702条の2第1項所定の国等の非課税団体が真実の所有者である土地の登記名義人が、同土地に係る固定資産税及び都市計画税を納付した場合において、登記名義人から課税主体に対し、納付税額相当額の不当利得の返還を請求できるか 2 国から農地法36条の規定による土地の売渡処分及びこれに基づく所有権移転登記を受けた者が、その後同処分が取り消されたにもかかわらず、登記名義を保有し、固定資産税及び都市計画税を納付していた場合において、同人から課税主体に対してした納付税額相当額の不当利得返還請求が、否定された事例
上告を棄却
 農地法の構造及び賃借権と地上権の性質、存続期間の相違等を勘案すれば、農地
地上権と農地法一九条の適用又は準用の有無
却下
二 被告が原告及びAの別紙目録記載の土地に係る昭和五三年七月四日付農地法第...係る昭和五三年七月七日付農地法第三条の規定による許可申請(以下「本件許可申...て買収が終わつていて本件許可申請は農地法第三条第二項第二号の事由にも該当す
1 農地法3条所定の農地の所有権移転許可申請につき、申請者が右申請を撤回する意思のないことを明確にしている場合において、町農業委員会が申請者に対し申請書原本を郵送により返戻した行為が、通達の定める決定の通知方法とは一致しないが、右申請に対する却下処分であるとされた事例 2 農地法3条所定の農地の所有権移転許可申請の申請書原本の返戻による却下処分を受けた申請者が、右却下処分がされていないものと誤信して当該申請に対する不作為についての審査請求をし、却下の裁決を受けた場合において、右却下処分に対する審査請求を経ないままでした右却下処分の取消しを求める訴えの提起につき、右の誤信は、法令に基づかず、通達にも違背した不明確な方法により却下処分がされたためにもたらされたものであるとして、行政事件訴訟法8条2項3号にいう「裁決を経ないことにつき正当な理由があるとき」に当たるとした事例 3 農地法3条所定の農地の所有権移転許可申請に対し、町農業委員会が右農地は公図上その所在が確認できないこと及び申請書における利用者氏名欄、利用権原欄等の記載が真実に反することを理由としてした却下処分につき、右各事由はいずれも同条2項各号所定の不許可事由の有無に関する実体的判断を不可能にするほどのものとは認められないから、右申請を不適法として却下することは許されないとして、右処分が違法であるとされた事例
控訴を棄却
控訴人は、原審においては、本件農地売買契約上の権利(農地法所定の届出を条件...する本件農地売買契約上の権利は、譲渡人に対する本件土地に係る農地法所定の手
1 取得する土地が市街化区域内に存する農地である場合において、租税特別措置法(昭和49年法律第17号による改正前)65条の7第2項にいう資産の取得があるというためには、買換資産の取得指定期間の最終日までに右農地につき農地法5条1項所定の許可を受けるか又は同項3号所定の届出をすることを要するとした事例 2 市街化区域内に存する農地につき、取得指定期間内に農地法5条1項所定の許可又は同項3号所定の届出がなく、租税特別措置法(昭和49年法律第17号による改正前)65条の7第2項にいう資産の取得がないとしてした更正処分が適法とされた事例
控訴を棄却
被控訴人が昭和五三年一二月一九日補助参加人に対してなした農地法二〇条一項に...2 同二六枚目裏一行目の次に「農地法二〇条二項一号は、賃借人の非難すべき行...のみならず、仮に原告の前記認定の行為が農地法二〇条二項一号の信義に反する行
1 農地の賃借人が、右農地所有者の代理人と称する者に代理権がないのではないかとの疑念を有しながら、本人の意思を確認することなく、右の者との間で右農地を買い受ける旨の契約を締結した行為が、農地法20条2項1号にいう「信義に反した行為」に当たるとされた事例 2 農地の賃借人が、右農地所有者の代理人と称する者に代理権がないのではないかとの疑念を有しながら、本人の意思を確認することなく、右の者との間で右農地を買い受ける旨の売買契約を締結した後、右農地の所有者が右契約が無効であると主張していることを知りながら、約40年間にわたり水田として使用してきた右農地をはっさく畑に転換し、右農地の所有権に関する右所有者との間の訴訟において訴訟が確定した後も、右転換についての右所有者からの抗議や右農地の明渡要求を無視して何の措置も採らなかったという一連の行為が、農地法20条2項1号にいう「信議に反した行為」に当たるとされた事例 3 農地の所有者の生活の困窮、賃借人の生計の状況、右農地の地域性及び賃借人の従前の行為が、これらを総合考慮すると、農地法20条2項5号にいう「正当の事由」に当たるとされた事例
破棄
 本件上告理由は、要するに、農地法五条所定の許可の制度は、専ら国民経済的な...般的に農地法五条所定の許可の取消しを求める法律上の利益を有しないものと解す
農地法五条所定の許可がされた農地に隣接する農地の所有者が当該許可の取消しを求める原告適格を有しないとされた事例
棄却
1 被告が昭和五三年一二月一九日補助参加人に対してなした農地法二〇条一項の...六月七日、破告に対し、本件農地につき農地法(以下、法という。)二〇条一項に...イ 農地法は、同法二〇条の知事の許可処分について理由の明示を要求していない
農地の貸借人が、右農地所有者の代理人と称す者に代理権がないのではないかとの疑念を有しながら、本人の意思を確認することなく、右の者との間で右農地を買い受ける旨の契約を締結した行為が、農地法20条2項1号にいう「信義に反した行為」に当たるとされた事例
棄却
(二) 取得する物件が農地である場合、その権利の移動については農地法三条ま...届出に基づく許可または届出の効力を生じた通知等(以下「農地法所定の手続」と...乙、丙物件を取得するためには、滋賀県知事に対して農地法五条一項三号に規定す
1 取得する土地が市街化区域内に存する農地である場合において、租税特別措置法(昭和49年法律第17号による改正前)65条の7第2項にいう資産の取得があるというためには、買換資産の取得指定期間の最終日までに右農地につき農地法5条1項所定の許可を受けるか又は同項3号所定の届出をすることを要するとした事例 2 市街化区域内に存する農地につき、取得指定期間内に農地法5条1項所定の許可又は同項3号所定の届出がなく、租税特別措置法(昭和49年法律第17号による改正前)65条の7第2項にいう資産の取得がないとしてした更正処分が適法とされた事例
棄却
る。しかし右小作料を農地法及び関係法令の定めに従い算定すると最高額でも二万
1 農地法3条所定の知事の許可を受けていない農地の耕作権が、租税特別措置法(昭和50年法律第16号による改正前)31条にいう「土地の上に存する権利」に当たるとされた事例 2 農地法3条所定の知事の許可を受けていない農地が特定住宅地造成事業のために買い取られる場合に、右農地の耕作権を解消させるための対価として耕作権者が右農地の所有者から受領した離作料につき、租税特別措置法(昭和49年法律第17号による改正前)34条の2第1項、2項4号の適用を受けるのは土地所有者に限られるとして、同条の適用がないとした事例
上告を棄却
三月一五日に告示された都市計画決定により農地法四条一項五号に規定する市街化
買収農地が売り渡されたのちに農地法四条一項五号に規定する市街化区域内にある農地となつた場合と右農地につき小作農として売渡しを受けるべき地位にあると主張する者が右売渡処分の取消しを求める法律上の利益
取り消す
でした譲受人A・譲渡人B間の農地法第五条の規定による農地転用許可処分を取り...は農林水産大臣)は、農地法の目的(第一条)に照らして、当該転用許可に係る農...譲受人A・譲渡人B間の農地法第五条の規定による農地転用許可処分(以下「本件
農地転用許可に係る農地に隣接する農地の耕作者がその農地を確保して農業生産力を増進しその地位の安定を図ることは、農地法の保護する耕作者の権利ないし利益であるとして、右隣接農地の耕作者は、右転用許可処分の取消しを求める法律上の利益を有するとした事例
破棄
木から栽培して肥培管理をしており、右土地は農地法にいう農地にあたるから、上... しかし、農地法二条一項にいう農地とは、「耕作の目的に供される土地」をいうのであつて、その土地が農地であるかどうかは該土地にいわゆる肥培管理が施され
庭園等に使用する各種花木を幼木から栽培している土地が農地法二条一項にいう農地にあたらないとはいえないとされた事例
棄却
会という)の農地法三八条の規定による進達に基づき、別紙目録記載の土地(同法...け、現実にこれを耕作していたのであるから、農地法三六条一項一号に規定する...律上の利益を有する者ではない。すなわち、原告が農地法三六条以下の規定に基づ
1 買受人自らは耕作する意思を有せず、農事実行組合に所有させる意思でした農地の買受申込みに対してされた売渡処分には重大な瑕疵があるが、買受人が右土地の周辺に居住する自作農であり、自ら耕作し農業に精進する外観を呈し、市農業委員会の大多数の委員が右買受人の真意を知らなかった以上、右売渡処分の瑕疵は明白であるとはいえず、同処分は無効でないとした事例 2 農地法36条1項3号により農地の買受適格を有すると主張する者につき、第三者に対してされた当該農地の売渡処分の無効確認を求める法律上の利益が認められた事例
棄却
ところで、農地法三条は、農地の上に権利を設定し、もしくはこれを移転する場合...して、農地法三条の許可を受けている永小作権、地上権、賃借権等を予定していた...以下に述べるとおり、原告は、本件農地に関して農地法所定の許可を得ていないと
1 農地法3条所定の知事の許可を受けていない農地の耕作権が、租税特別措置法(昭和50年法律第16号による改正前)31条にいう「土地の上に存する権利」に当たるとされた事例 2 農地法3条所定の知事の許可を受けていない農地が特定住宅地造成事業のために買い取られる場合に、右農地の耕作権を解消させるための対価として右農地所有者から耕作権者に対して支払われた離作料が、租税特別措置法(昭和50年法律第16号による改正前)31条にいう「土地の上に存する権利」の譲渡による譲渡所得に当たり、同条及び同法(昭和49年法律第17号による改正前)34条の2の適用を受けるとされた事例
上告を棄却
から進行するものと解するのが相当である。けだし、農地の売買に基づく農地法三...主と買主の連名ですべきものとされているから(農地法施行規則四条二項)、売主...愛知県知事に対する農地法三条所定の許可申請手続をすることを求めるものである
他人の農地の売買における買主が売主に対して有する農地法三条所定の所有権移転許可の申請協力請求権の消滅時効の起算点
上告を棄却
 所論は、要するに、農地法の一部を改正する法律(昭和四五年法律第五六号。以...下「農地法改正法」という。)附則八項は憲法二九条に違反するというのであるが、...同附則八項は、農地法改正法による改正前の農地法二一条等の規定が右改正法の施
農地法の一部を改正する法律(昭和四五年法律第五六号)附則八項と憲法二九条
却下
もつてした農地法五条による別紙物件目録(一)及び(二)記載の各土地の各所有...について昭和四四年一一月四日、各所有者から被告Bへの農地法(以下法という)...復は事実上不可能に近いものであつて、すでに農地法の適用外の土地となつたもの
農地法5条による農地の所有権移転許可処分の無効確認を求める訴えにおいて、右農地の小作人は原告適格を有するか
棄却
(一)番号5、6の土地の譲渡につき昭和四三年中に農地法所定の許可がなされた...るが、右農地の譲渡に対する農地法五条による知事の許可は昭和四四年以降になさ...農地の譲渡については、農地法所定の知事の許可を要し、これが許可を得て、譲渡
農地の譲渡に関する農地法所定の知事の許可がされる以前に譲渡代金が収受された場合において、これによる収益は、その代金収受の時期の属する年分の収入金額として計算すベきであるとした事例
上告を棄却
 所論は、農地法六条一項一号の規定は、憲法二九条に違反すると主張する。しか...又は処分の権利に制限が加えられるのはやむをえないところであり、農地法六条一
農地法六条一項一号と憲法二九条
上告を棄却
相続人に対する農地の遺贈と農地法による許可の要否
上告を棄却
 宅地に転用するための農地の売買契約につき、買主が農地法五条による許可申請
売買代金を完済した農地の買主が農地法五条の許可申請手続に協力しない場合と売主の契約解除権
上告を棄却
別紙土地目録(五)記載の土地)の現況が農地法の対象とする農地に該当し、上告人... 農地法三条所定の許可は、その対象たる農地の所有権移転につき効力発生要件で
買受人が農地を宅地化した場合と農地法三条の適用
棄却
三、ところが被告は、農地法一五条一項に基づき、昭和四三年五月二二日をもつて...1 第1項の事実のうち、本件買収処分が農地法一五条一項によるものであること...二、仮りに、本件土地の耕作者が不法占有者であつたとしても、農地法一五条一項
自作農創設の目的で売渡しを受けた者が、その後、右土地を不法に占有して耕作している者に対し、これを黙認し、あるいはこれと同様の状態を続けている場合には、農地法15条1項により国が買収することができるとした事例
控訴を棄却
四六年一〇月八日付指令海農第五一-六三九をもつてした農地法第五条第一項第三...(同年一〇月二〇日)の五〇日前になされたものではないから、農地法施行規則第...二 「農地法施行規則の一部を改正する省令について」と題する昭和四四年一〇月
1 農地法5条1項3号による農地転用届出に対する知事の受理行為が、抗告訴訟の対象となる行政処分であるとした事例 2 農地を譲り受けたと主張してこれを占有する者は、同土地の他への譲渡につきされた右農地転用届出の受理処分の取消しを求めるにつき原告適格を有するとした事例
却下
てした農地法第三条による許可処分は、無効であることを確認する。...(四) よつて、被告の本件許可処分には、農地法第三条第二項第一号に違反する...者間に争いがないので、Aが本件各農地を他に譲渡する場合には、原告は農地法第
農地法3条2項1号により他の者に優先して譲受人となる法的地位を保障されている者は、第三者に対してされた譲渡について県知事がした農地法3条の許可処分の無効確認訴訟を提起する原告適格を有するとした事例
破棄
 上告人は、昭和二五年七月六日、農地法五条所定の知事の許可(昭和四三年法律
農地法五条の知事の許可を条件とする所有権移転登記請求訴訟において土地の現況が宅地であるかどうかにつき釈明権を行使すべきであるとされた事例
113 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in