裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
道路交通取締法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
道路交通取締法の判決統計
1
0
0
40 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
して上告人車を避譲する必要がなかつたものというべく、一方、道路交通取締法一八条ノ二により、交差点で右折しようとする上告人車の方で一時停止または徐行す
道路交通取締法第一八条の二が適用された事例
上告を棄却
道路交通取締法違反(飲酒酩酊による無謀操縦)の罪と業務上過失致死罪との関係。
上告を棄却
わらず、自動三輪車を運転した行為は道路交通取締法二八条一号、七条一項(二項... 所論は、道路交通取締法二八条一号、二四条一項違反の罪は道路交通の安全が侵...に当らない。(道路交通取締法は、道路における危険防止及びその他の交通の安全
道路交通取締法違反(飲酒酩酊による無謀操縦)の罪と業務上過失傷害罪とが併合罪の関係にあるとされた事例。
上告を棄却
く(本件場所が道路交通取締法第二条第二項の「一般交通の用に供するその他の場
道路交通取締法(昭和二二年法律第一三〇号)第二条第二項にいう「一般交通の用に供するその他の場所」に該当するとされた事例。
破棄
定し、道路交通取締法二四条一項、二八条一号、同法施行令六七条二項により処罰... しかしながら、道路交通取締法(以下法と略称する)は、道路における危険防止... 多数意見は道路交通取締法施行令六七条二項の報告義務の対象である「事故の内
一 道路交通取締法施行令第六七条第二項にいう「事故の内容」の意義 二 同条項中事故の内容の報告義務を定めた部分の合憲性。
破棄
というのであり、右は、本件行為当時の道路交通取締法施行令四一条による旧新潟... (二)道路交通取締法二三条一項は「諸車の乗車、積載又はけん引の制限について必要な事項は、命令でこれを定める」と規定し、同三〇条は「……第二十三条第...できる」と定めており、右法律の委任に基づいて道路交通取締法施行令(昭和二八
一 旧道路交通取締法施行令第四一条に基づく旧新潟県道路交通取締規則(昭和三一年新潟県公安委員会規則第一号)第八条の改正と刑の廃止の有無 二 第一、二審の免訴の判決を上告審において事実の取調をすることなく有罪の判決を言い渡した事例
破棄
のであり、右は、本件行為当時の道路交通取締法施行令四一条による旧新潟県道路... (二)道路交通取締法二三条一項は「諸車の乗車、積載又はけん引の制限について必要な事項は、命令でこれを定める」と規定し、同三〇条は「……第二十三条第...できる」と定めており、右法律の委任に基づいて道路交通取締法施行令(昭和二八
旧道路交通取締法施行令第四一条に基づく旧新潟県道路交通取締規則(昭和三一年新潟県公安委員会規則第一号)第八条の改正と刑の廃止の有無
上告を棄却
るというのであり、右は、本件行為当時の道路交通取締法施行令四一条による旧新... (二)道路交通取締法二三条一項は「諸車の乗車、積載又はけん引の制限につい...できる」と定めており、右法律の委任に基づいて道路交通取締法施行令(昭和二八
旧道路交通取締法施行令第四一条に基づく旧新潟県道路交通取締規則(昭和三一年新潟県公安委員会規則第一号)第八条の改正と刑の廃止の有無
控訴を棄却
道路交通取締法施行令第六七条第一項にいう被害者に対する緊急救護義務の発生要件
控訴を棄却
た友人同志だから道路交通取締法第八条第一項にいわゆる公衆に当らないとして無...(二)また原判決は、道路交通取締法第八条第一項の公衆とは不特定又は多数人を...でき、右事実が道路交通取締法第八条第一項に違反すると主張するが、しかし、道
道路交通取締法第八条第一項違反罪と過失犯の処罰
控訴を棄却
て訴因及び罰条(道路交通取締法第七条第二項第五号)の追加を命じた上、右制限...に起因して人を死傷に致すことによつて成立する犯罪であつて、右道路交通取締法
一、 刑法第二一一条にいわゆる業務の意義 二、 道路交通取締法第七条第一項に違反した無謀操縦継続行為と右行為継続中惹起された業務上過失致死傷の行為とは刑法第五四条第一項前段にいわゆる想像的競合となるか
上告を棄却
道路交通取締法施行令第二四条所定の「止むを得ない場合」にあたらない事例
上告を棄却
なる法令違反、事実誤認の主張であり(道路交通取締法第八条第一項に関する原判
道路交通取締法第八条第一項の解釈
控訴を棄却
 所論は、本件は道路交通取締法第十五条但書にいわゆる「その他の事由により安
道路交通取締法第一五条但書にいわゆる「その他の事由によリ安全であることを確認したとき」の意義
上告を棄却
規制した所論道路交通取締法規、すなわち道路交通取締法二六条一項四号、同二九...条一号、道路交通取締法施行令六九条一項、道路交通取締施行細則(昭和二九年一
道路において演説をなし人寄をする場合を許可制とした道路交通取締法令の合憲性。
控訴を棄却
対し道路交通取締法第二十八条第一号第二十四条第一項同法施行令第六十七条第二...述を強要されないと定められて居る。而して所論道路交通取締法施行令...て規定された道路交通取締法中第三章雑則として、車馬又は軌道車の交通に因り、
一、 道路交通取締法施行令第六七条第二項により報告すべき「事故の内容」の意義 二、 道路交通取締法施行令第六七条第二項の合憲性
控訴を棄却
に事故発生の届出をしなかつた旨を認定し、これに対し道路交通取締法(以下法と
道路交通取締法施行令第六七条第二項の報告義務と憲法第三八条第一項
破棄
であるというにあつて、これに対する適条として、検察官は、道路交通取締法二六...公安委員会規則一三号同法施行細則二六条八号(以下道路交通取締法規と称す... <要旨第一>そこで、前記道路交通取締法規の法意を検討して、被告人等の刑責の
一、主催者が道路交通取締法規の定める手続による許可をうることなく開催した街頭演説会であることを知りながら、街頭演説を行つた者の刑責 二、街頭演説のための道路使用を許可制度とし、無許可で使用した場合を処罰する道路交通取締法規と憲法第二一条
破棄
とし、道路交通取締法には過失を処罰する特別の規定なく、またその趣旨も認めら...のとおりである。そして、所論は、この点について、およそ道路交通取締法には、...ら、道路交通取締法のごときいわゆる行政刑罰法規においてはたとえ明文をもつて
道路交通取締法第九条第三項違反の罪には過失犯も含むか
破棄
めることができるうえ、このような場合は道路交通取締法第一五条但書にいわゆる...確認した場合にあたるとは言えない。けだし、道路交通取締法はいうまでもなく道...ついても、同法第五条道路交通取締法施行令第三条等において、道路を通行する歩
一、 道路交通取締法第一五条但書にいわゆる「その他の事由により」安全であることを確認した場合にあたる事例 二、 軌道踏切警手は同法条但書にいわゆる「信号人」にあたるか
控訴を棄却
透もよく、通過の安全が確認されたのであるから、まさに道路交通取締法第十五条... よつてこの点について考えてみるに道路交通取締法第十五条が、「車馬又は軌道...記の遮断機の開放、左右の見透と相俟つて被告人の安全確認は道路交通取締法第十
一、 鉄道踏切における遮断機は道路交通取締法第十五条にいう「信号機」にあたるか 二、 鉄道踏切における遮断機の開放と車馬の一時停車義務 三、 鉄道踏切における左右の見透と車馬の一時停車義務 四、 鉄道踏切において踏切警手から制止をうけずかつ前車が一時停車をした場合と車馬の一時停車義務
上告を棄却
論遮断機は道路交通取締法一五条所定の信号機にあたるものではなく、また遮断機
鉄道踏切における遮断機の上昇開放と道路交通取締法第一五条但書。
破棄
を超えて乗車させた」事実を認定し右事実に道路交通取締法第二十三条第一項第三
一、 自動車運送事業等運輸規則第一一条、第二六条、第二七条と道路交通取締法施行令第三九条第二項との関係 二、 乗合旅客自動車に乗客が定員を超過して乗車した場合道路交通取締法施行令の規定に従いこれを阻止することを運転者に期待する可能性の有無 三、 積雪ある道路差を同一方向に進行する自転車の傍を追越そうとする乘合旅客自動車の運転者の注意義務
控訴を棄却
道路交通取締法施行令第二九条にいわゆる徐行
上告を棄却
一個の道路交通取締法違反(居眠り運転)行為と二個の刑法第二一一条にあたる行為とがそれぞれ想像的競合犯の関係にある場合とその擬律
上告を棄却
一 道路交通取締法違反(無謀操縦)と業務上過失致死の各事実が公訴事実の同一性を欠く一事例 二 道路交通取締法違反(無謀操縦)罪と業務上過失致死罪との間に牽連関係乃至一所為数法の関係が存しない場合
控訴を棄却
 <要旨>而して道路交通取締法第一八条第一項は、車馬又は軌道車が狭い道路から...俟たない。原判決が、原判示事実に対して道路交通取締法第一八条第一項第二九条
道路交通取締法第一八条第一項の避讓義務と一時停車または徐行との関係
破棄
ら、被告人Aは、まさに、道路交通取締法第二四条第一項に謂う所の「乗務員その
道路交通取締法第二四条第一項にいわゆる「乗務員その他の従業者」に該当する事例
破棄
道路交通取締法施行令第十七条第九号に規定する制動装置が不完全で道路における... <要旨>而して、道路交通取締法第二条によれば、自転車が同法施行令第十七条に...することは禁止されているものと解するを相当とする。蓋し、道路交通取締法及び
競走用自転車に道路交通取締法施行令第一七条第九号の適用の有無
控訴を棄却
道路交通取締法第七条第一項には車馬又は軌道車の操縦者は無謀な操縦をしてはな... しかし道路交通取締法第七条第二項においては無謀な操縦とは左の各号の一に該
道路交通取締法第七条第二項第二号違反の場合無謀操縦というためにはさらに正常安全な運転ができない危険が存することを要するか
破棄
年政令第二六一号道路交通取締法施行令(以下政令という。)第六八条第一三号に...年法律第一三〇号道路交通取締法(以下法という。)によれば、その第二五条に... ところで、旧令は、昭和二八年八月三一日総理府令第五四号道路交通取締法施行
一、 昭和二三年大分県規則第五号道路交通取締令施行規則第七条第五号の根拠法令 二、 道路交通取締法施行令(昭和二八年政令第二六一号)第六八条第一三号の法意
破棄
べきものである。しかるに、原判決が有罪と認定して被告人を道路交通取締法違反...業務上過失致死とは法律的価値を異にし、前者は道路交通取締法違反罪に、後者は... 法律に照すと、被告人の判示所為中無謀な操縦をなした点は、道路交通取締法第
道路交通取締法第七条違反の罪および過失傷害罪に対する刑法第五四条第一項前段の適用
控訴を棄却
 本件においては道路交通取締法第二十二条第一項にいわゆる「右折」の語の解釈...してよいであろう。これを要するに、原判決が被告人の所為を道路交通取締法第二
道路交通取締法第二二条にいわゆる「右折」にあたる一事例
控訴を棄却
て、道路交通取締法を適用処断したのは、法令の解釈適用を誤つたものである旨主...張するがしかし、道路交通取締法は、道路における危険防止及びその他の交通の安...場所であることが認められるのであるから、道路交通取締法にいう道路中「一般交
道路交通取締法第二条第二項にいわゆる「道路」にあたる一事例
控訴を棄却
 道路交通取締法が禁じて居る転回行為とは車馬が従来の進行方向とは逆の方向に...道路交通取締法第一二条第二項による転回禁止区域と指定した判示道路上の地点に...転回禁止違反罪に該るとし道路交通取締法第二九条第四号、第一二条第二項を適用
道路交通取締法第一二条にいわゆる転回の意味
控訴を棄却
脅かしていないから、原審が本件につき道路交通取締法を適用処断したのは法律の... <要旨>仍て考察するに道路交通取締法は道路における危険防止及びその他の交通...般公衆の多数出入する小学校校庭の如も道路交通取締法にいう「道路」の中に包含
道路交通取締法にいわゆる「道路」
控訴を棄却
 <要旨>道路交通取締法第七条第二項第三号の「酒に酔い……諸車又は軌道車を運
道路交通取締法第七条第二項第三号にいわゆる「酒に酔い」の意義
控訴を棄却
 案ずるに昭和二十四年五月二十六日法律第百七号道路交通取締法の一部を改正す
改正前の道路交通取締法第九条第一項の「携帯」の意義
破棄
原略式命令の確定した事実に対し法令を適用すると、被告人の所為は道路交通取締法一一条、道路交通取締令一六条三項、昭和二十三年山口県規則第二四号道路交通
罰金等臨時措置法施行前の道路交通取締法違反被告事件に對し科料五〇〇圓の刑を科した略式命令と非常上告
破棄
転進行したものであるとの犯罪事実を判示し、これに対し道路交通取締法五条、二
罰金等臨時措置法施行後の道路交通取締法違反の行爲に對し科料金千圓の刑を科した略式命令と非常上告
40 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in