裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61818 
刑事21927民事39891
法律
選舉法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
一 衆議院議員選舉法第九八條と二人以上の選舉人を戸別訪問した事實に對する包括一罪の一部を陳述しなかつた場合に全部について審判の能否 二 包括一罪として處斷すべき案件を連續一罪とした判決の成否
上告を棄却
酒粕配給券の供與が衆議院議員選舉法第一一二條にいわゆる「財産上の利益の供與」にあたると判示したことの正否
上告を棄却
選舉人並びに選舉運動者である者が、自己の投票と選舉運動に對する報酬及び費用並びに他の選舉人又は選舉運動者に對する報酬及び費用に充てる趣旨の下に金錢をもらい受けた場合と衆議院議員選舉法第一一二條第一項第四號の罪が成立
上告を棄却
一 候補者推薦届出書に通名により署名する場合と昭和二二年勅令第一號第一五條第一項の「政治上の活動」 二 市教育委員會委員候補者推薦行爲と昭和二二年勅令第一號(公職に關する就職禁止、退官、退職等に關する件)第一五條第一項にいわゆる「政治上の活動」 三 教育委員會委員選舉において立候補届出前に候補者推薦届出書に連署する行為と衆議院議員選舉法第九五條 四 公職追放令第一五條に所謂「政治上の活動」の意義 五 第一審の訴訟手續の瑕疵を理由とする上告の適否
上告を棄却
一 衆議院議員選舉法第一一五條第二號の演説妨害に該る一場合 二 選舉權停止を不當とする主張と上告理由 三 衆議院議員選舉法第一一五條第一號の暴行に該る一場合
上告を棄却
一 刑の種類の選擇刑の量定、刑の執行猶豫の言渡と事實審裁判所の自由裁量權 二 辯護人より出廷不能のため期日變更の申請があつたに拘わらず之を許容しなかつた場合と辯護權の不當制限 三 共同被告人の供述と刑訴應急措置法第一〇條第三項にいわゆる「本人の自白」 四 共同被告人の供述による被告人本人の自白の補強 五 被告人が公判廷において聽取書中の供述を取消した場合と採證の自由 六 選舉法違反につき有罪判決を言渡すにあたり選舉權被選舉權を停止しないとの宣言をなすことの當否
上告を棄却
一 受傷の診斷治療に當つた醫師が後日作成した診斷書の證據能力 二 衆議院議員選舉法第一一五條第二號にいわゆる演説妨害の意義
上告を棄却
衆議院議員選舉法第一一二條第一項第一號の金錢供與罪又はその申込罪の成立
8 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in