裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
法律
関税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
関税法の判決統計
56
5
31
21
0
148 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
上告を棄却
覚せい剤取締法違反,関税法違反被告事件...われたもので,関税法上許容されていない検査であって,憲法35条が許容しない...証拠能力を認めた第1審判決及びこれを是認した原判決の判断は,関税法,刑訴法
郵便物の輸出入の簡易手続として税関職員が無令状で行った検査等について、関税法(平成24年法律第30号による改正前のもの)76条、関税法(平成23年法律第7号による改正前のもの)105条1項1号、3号によって許容されていると解することが憲法35条の法意に反しないとされた事例
破棄
関税法違反被告事件...が明らかに認められるから,関税法111条3項,1項1号の無許可輸出罪の実行
関税法111条3項、1項1号の無許可輸出罪につき実行の着手があるとされた事例
破棄
関税法違反被告事件...が明らかに認められるから,関税法111条3項,1項1号の無許可輸出罪の実行
関税法111条3項、1項1号の無許可輸出罪につき実行の着手があるとされた事例
上告を棄却
手品ないしマジック用に変造された貨幣(いわゆるギミックコイン)を貨幣損傷等取締法及び関税法が規制することは、憲法21条1項に含まれる手品ないしマジックを演じる自由を侵害するとの主張が、欠前提処理された事例
上告を棄却
輸入罪及び平成17年法律第22号による改正前の関税法109条1項,3項の禁
いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
輸入罪及び平成17年法律第22号による改正前の関税法109条1項,3項の禁
いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
よる改正前の関税法109条1項,3項の禁制品輸入罪(以下「本件各輸入罪」と
船舶から海上に投下し回収する方法により覚せい剤を輸入しようとした行為につき、覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
 なお、所論にかんがみ、関税法一〇九条の禁制品輸入罪の未遂罪の成否について、
関税法一〇九条の禁制品輸入罪につき実行の着手があったとされた事例
上告を棄却
う点は、関税法一一一条が、税関長の許可を受けないで貨物を輸入しようとした行
関税法111条の規定違憲等の主張が原判決の法律見解が正当であることを理由に前提を欠くとされた事例
上告を棄却
 所論にかんがみ、本件において関税法一〇九条一項の禁制品輸入罪(以下「禁制... 関税法上の輸入とは、外国から本邦に到着した貨物を本邦に(本件のように保税
国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律四条に基づくいわゆるコントロールド・デリバリーの実施と関税法上の禁制品輸入罪の既遂の成否
破棄
 論旨は、要するに、原判決は、本件公訴事実中、関税法違反(輸入禁制品輸入未...いうような関税法上の禁制品輸入の実行行為の着手に該当する事実は認められず、...たがって、関税法上の禁制品輸入未遂については犯罪の証明がないといわざるを得
関税法一〇九条の禁制品輸入罪の実行の着手があったと認められる場合
上告を棄却
 弁護人水島正明の上告趣意のうち、関税法(平成六年法律第一一八号による改正
関税法(平成6年法律第118号による改正前のもの)109条の規定と憲法13条、19条、21条、31条
破棄
例の違反、関税法の解釈適用の誤りを主張するものである。... そこで検討するに、関税法(平成六年法律第一一八号による改正前のもの。以下...告人に無罪の言渡しをした原判決は、憲法の解釈を誤り、ひいては関税法一〇九条
関税法(平成六年法律第一一八号による改正前のもの)一〇九条の規定と憲法一三条、三一条
上告を棄却
う点は、関税法一一八条二項にいわゆる犯人とは、犯罪貨物等の所有者又は占有者
関税法118条2項にいう「犯人」の意義と同条項の合憲性(憲法31条)
取り消す
1 原判決三枚目表二行目の「本件の争点は、」の次に「(1)関税法七六条一...ところで、控訴人は、関税法七六条一項、四項の準用する同法七〇条一項、三項に...る。しかし、関税法七六条一項、四項の準用する同法七〇条一項、三項にいう許
1 銃砲刀剣類所持等取締法4条所定の刀剣類の所持の許可は、関税法76条1項、4項の準用する同法70条1項にいう許可に当たるとした事例 2 銃砲刀剣類所持等取締法2条2項にいう「あいくち」の意義 3 フィンランド国において一般家庭の調理用等として製造、販売されているナイフが、銃砲刀剣類所持等取締法2条2項にいう「あいくち」に当たらないとされた事例
棄却
〇日付けで行った関税法七条の四第一項の規定に基づく各更正処分並びに被告名古...のとおり関税法六七条に基づく輸入の許可がされ、他の三件については別表二記載...のとおり関税法七三条一項に基づく輸入の許可前における貨物の引取りの承認がさ
1 関税法6条にいう「貨物を輸入する者」の意義とその判断基準 2 台湾からの冷凍豚部分肉の輸入について、輸入申告の名義人とはなっていないが、自ら輸出者側と交渉して輸入契約の内容を実質的に決定し、この輸入取引により直接利益を取得している者が、関税法6条にいう「貨物を輸入する者」に該当するとした事例
上告を棄却
果さなかつた場合、関税法の無許可輸入罪については未遂罪が成立するにとどまる...が、大麻取締法二四条二号、四条の大麻輸入罪については、同法と関税法とでは外...らである。論旨は、関税法所定の無許可輸入罪の既遂時期については、同法二条一
一 大麻取締法四条、二四条二号の輸入罪の成立時期 二 大麻取締法四条、二四条二号の輸入罪と関税法一一一条の無許可輸入罪との罪数関係
上告を棄却
三条の輸入罪(以下、覚せい剤輸入罪という。)と関税法一一〇条の関税通脱罪と...した場合につき、覚せい剤輸入罪と関税法一一一条一項の無許可輸入罪又は同条二...だし、関税法と覚せい剤取締法とでは、外国からわが国に持ち込まれる覚せい剤に
一 覚せい剤取締法一三条、四一条の輸入罪の既遂時期 二 覚せい剤取締法一三条、四一条の輸入罪と関税法一一一条の無許可輸入罪との罪数関係
破棄
又は法令適用の誤りの主張について(被告人の控訴趣意は、関税法違反の刑の量定...包が関税法上の犯罪貨物であるとの情を知つてこれらを取得していたのであり、す... <要旨第二>ところで、関税法一一八条による犯罪貨物の価額の追徴については、
一 銃砲刀剣類所持等取締法三一条二項にいう「営利の目的」の意義 二 関税法上の犯罪貨物が既に同法以外の法令の規定により他の者から没収されている場合に当該関税犯則者から関税法によりその価額を追徴することの適否
上告を棄却
 昭和四二年法律第一一号による改正前の関税法一一八条二項の規定が所論のよう...る差額関税の逋脱事件である本件について関税法の右規定にしたがい輸入貨物全体... 所論は憲法三一条違反をいうが、関税法一三八条一項但書一号の規定が所論の趣
一 いわゆる差額関税の逋脱事件について関税法(昭和四二年法律第一一号による改正前のもの)一一八条二項の規定にしたがい輸入貨物全体の価格に相当する金額を追徴することと憲法三六条、二九条、三一条 二 関税定率法(昭和四一年法律第三七号による改正前のもの)四条三項にいう「最近に輸入港に到着した」の意義
上告を棄却
関税法一一〇条一項が憲法三八条一項に違反するとの主張が原判断不経由とされた事例
上告を棄却
て覚せい剤取締法により処罰されることになるから、関税法一一〇条は覚せい剤を...なければならないものであるところ(関税法六条の二第一項二号イ、六七条、八条、...い剤であるからといつて、その者に対し関税法一一〇条の罪の成立を認めることが
一 覚せい剤について不正の行為により関税を免れた者に対し関税法一一〇条の罪の成立を認めることと憲法三八条一項 二 覚せい剤について不正の行為により関税を免れた者と関税法一一〇条一項一号
破棄
示第二の二の関税法の無許可輸入罪とが併合罪の関係にあるとして処断したが、両...入罪と関税法の無許可輸入罪とは、ほぼ同一の日時・場所における同一の覚せい剤...外であるとを問わず、直ちに輸入は既遂に達するものと解されるのに対し、関税法
覚せい剤を本邦内に持ち込む過程で犯された覚せい剤取締法の輸入罪と関税法の無許可輸入罪とが併合罪であるとされた事例
上告を棄却
関税法六七条により、当該貨物の品名、数量、価格等を税関長に申告し、その許可...た場合に、関税法一一一条の罪の成立を認めても、憲法三八条一項にいう「自己に...関税法一一一条の罪を免れようとすればその輸入自体をあきらめる以外にないが、この場合にその者の蒙る不利益という観点からみても、それはもともと覚せい剤取
許可を受けないで覚せい剤を輸入した者に対し関税法一一一条の罪の成立を認めることと憲法三八条一項
破棄
 論旨は、要するに(1)関税法所定の犯則事件は同法一三八条一項本文の通告処... そこで、考えるに、関税法所定の犯則事件につき同法一三八条一項但書により税...判調書中の証人Nの供述部分、大阪税関長Q作成の「A株式会社に係る関税法違反
昭和四二年法律第一一号による改正前の関税法一一八条二項といわゆる超法規的刑罰阻却事由
上告を棄却
覚せい剤の輸入罪(覚せい剤取締法四一条一項一号)と覚せい剤の無許可輸入未遂罪(関税法一一一条二項、一項)を併合罪とした原判断は首肯しえないとしながら、刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められないとされた事例
上告を棄却
 弁護人大槻龍馬の上告趣意第二点のうち、関税法一一八条二項(昭和四二年法律...項違反をいう点は、関税法一一八条二項によつて追徴を科される犯人は、犯罪貨物...九条一項に違反する、というのである。しかし、関税法一一八条二項にいわゆる犯
関税法一一八条二項が憲法二九条一項に違反するとの主張を刑訴法四〇八条で処理した事例
上告を棄却
四一条一項一号、二項、一三条及び関税法一一〇条三項、一項一号前段の各罪に同...で述べたとおりである。そうすると、原判決は、同一の日時、場所における同一の覚せい剤輸入の機会にされた覚せい剤取締法違反の罪と関税法違反の罪との罪数に
覚せい剤取締法四一条一項一号、二項の罪と関税法一一〇条三項、一項一号前段の罪との罪数関係について意見が付された事例
上告を棄却
一二条一項及び関税法一〇九条一項、関税定率法二一条一項の各罪に同時に該当す...会にされた麻薬取締法違反の罪と関税法違反の罪との罪数に関し、これらを併合罪
関税法一〇九条一項違反の罪と麻薬取締法一二条一項違反の罪との罪数関係について意見が付された事例
上告を棄却
 弁護人秦重徳の上告趣意のうち、憲法二九条違反をいう点は、関税法一一八条一
関税法一一八条(昭和四二年法律第一一号による改正前のもの)の合憲性
上告を棄却
本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う関税法等の臨時特例に関...関連して、課税手続と刑事裁判手続との関係についてした判断は、関税法(昭和四... おもうに、物品税法一八条三項の規定による物品税の徴収については、関税法一
一、旧物品税法(昭和一五年法律第四〇号)一八条三項にいう「犯人」の範囲 二、関税法(昭和四一年法律第三六号による改正前のもの)一一八条による犯罪貨物の没収または追徴と旧物品税法(昭和一五年法律第四〇号)一八条三項による物品税の賦課・徴収の許否
上告を棄却
 関税法の規定によれば、税関職員が犯則事件の調査を終えたときは、その結果を...点その他行政不服審査法四条一項七号の規定等をも勘案すれば、関税法においては、... 所論は憲法三二条違反をいうが、関税法における通告処分の制度が前記のような
関税法に基づく通告処分と行政事件訴訟
破棄
せて輸出した(関税法違反、右別表1ないし25につき明治三二年法律第六一号関...税法七六条一項、26ないし31につき昭和二九年法律第六一号関税法一一一条一... よつて按ずるに、関税法一一一条一項所定の無許可輸出罪と同法一一三条の二所
一 上告審判決の主文に控訴棄却の旨を表示することの可否 二 関税法一一一条一項所定の無許可輸出罪と同法一一三条の二所定の虚偽申告罪との罪数関係 三 関税法の無許可輸出罪の公訴事実中に税関吏に対し虚偽の申告をした旨の記載があるが同法の虚偽申告罪の起訴はなかつたものとみるのが相当であるとされた事例 四 当初の関税法の無許可輸出罪の訴因につき第一審で無罪とされ検察官が控訴したが控訴審でも罪とならないとされただ外国為替及び外国貿易管理法の無承認輸出罪の成立する余地があるとして破棄差し戻した判決に対し被告人のみが上告した場合と上告審の職権調査の範囲
上告を棄却
であつて、いずれも刑訴法四〇五条の上告理由にあたらない。〔関税法(昭和二九...れを徴収すべきものではない。関税法一一条は、本件犯行後に至り昭和四一年法律...たにすぎないものであつて、明文のなかつた右改正前の関税法においても同様に解
一 輸入貨物につき関税法(昭和二九年法律第六一号)一一八条二項にいう「その没収することができないもの又は没収しないものの犯罪が行われた時の価格」の意義 二 昭和四一年法律第三六号による改正前の関税法における犯罪貨物等の没収追徴と関税徴収の可否 三 いわゆる低価申告輸入の犯罪貨物につき追徴が行なわれた場合における関税返還の要否
上告を棄却
は、税関の許可なしになされたものであり、関税法一一一条一項の無許可輸出罪を... 同第三点について。 所論は、関税法一一八条二項(昭和四二年法律第一一号による改正前のものをい... しかし、関税法一一八条二項にいわゆる犯人とは、犯罪貨物等の所有者または占
一 輸出許可の効力の及ぶ貨物の範囲 二 輸出申告書に記載した貨物名と全く別異の貨物を輸出する所為と無許可輸出罪の成否 三 昭和四二年法律第一一号による改正前の関税法一一八条二項により追徴を科せられる犯人の範囲 四 昭和四二年法律第一一号による改正前の関税法一一八条二項と憲法三一条、二九条
上告を棄却
九年法律第六一号になる改正前の関税法(以下、旧関税法という。)八三条三項お...よび関税法一一八条二項により犯罪に係る貨物の没収に代わる追徴を科すべき「犯... しかし、旧関税法八三条三項および関税法一一八条二項にいう「犯人」とは、没
昭和二九年法律第六一号による改正前の関税法八三条三項および関税法一一八条二項にいう「犯人」の意義
上告を棄却
違反するとの点も、関税法一一八条二項の規定により犯罪貨物等の価格に相当する...主張に帰し、適法な上告理由に当らない(関税法一一一条一項に違反して輸出され
輸出貨物につき関税法第一一八条第二項にいう「その没収することができないもの又は没収しないものの犯罪が行われた時の価格」の意義
破棄
 しかし、職権により調査するに、原判決が被告人E、同Fに対し関税法(昭和二...はなく、関税法も、他の法律にしばしば見るのと同様、いわゆる両罰規定を設け、
関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前)第八三条第一項により没収した貨物の共有者に告知、弁解、防禦の機会を与えなかつたことと憲法第三一条第二九条。
上告を棄却
 所論の前段は、旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)七五条
旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前)第七五条第二項の関税逋脱未遂罪と刑法第四三条但書。
上告を棄却
由により関税法一一八条二項による追徴が許されないとした分につき、刑法一九条
関税法第一一八条の適用されるべき犯則行為に対する追徴没収に関して刑法第一九条、第一九条の二を適用することの当否。
上告を棄却
協定の実施に伴う関税法等の臨時特例に関する法律(昭和三三年法律第六八号によ...て譲り受けようとする場合には、当該譲受を輸入とみなして関税法を適用する旨を
一 外国人と憲法第一四条第一項の法の下における平等の原則。 二 日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定の実施に伴う関税法等の臨時特例に関する法律(昭和三三年法律第六八号による改正前の昭和二七年法律第一一二号)第六条、第一一条第一二条の合憲性。
上告を棄却
六点は、単なる法令違反の主張であり(なお、関税法一一八条二項にいわゆる犯人...なお、関税法一一二条にいう保管とは、委託を受けて犯罪貨物を自己の管理下にお... 所論は、被告人Cは第一審判決判示第四の物件を保管しただけであるから、同被告人に対する追徴の言渡は、判例に違反し、関税法一一八条二項の解釈を誤り、ひ
一 同一の犯罪貨物について関税法第一一二条第一項の媒介と運搬の両罪の成立が認められた事例。 二 関税法第一一八条第二項による追徴をする場合に犯罪貨物を取得した第三者を訴訟手続に参加させないことは憲法第三一条、第二九条に違反するか。 三 関税法第一一二条にいう保管の意義。 四 犯人が犯罪貨物を善意の第三者に譲渡した場合に犯人からその価格を追徴することができるか。
破棄
する関税法違反の犯罪事実(同判決第二の一の(一)ないし(五)、第七の(三)、...一号による改正前の関税法七五条一項、八三条三項、昭和二七年法律一一二号日本...約一二条(b)(l)(i)等を適用した上、右関税法違反罪と被告人らに関する
駐留濠洲軍人所有の外国自動車の譲受について日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う関税法等の臨時特例に関する法律(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第一二条の準用の有無。
上告を棄却
関税法八三条に関するもので、本件に適切でない)、同第二点は、事実誤認および...は、関税法一一八条一項により本来没収すべきものである。そして同条二項により
関税法第一一八条第一項により関税逋脱罪の成立後に犯人以外の第三者がその関税を納付した犯罪貨物の没収と同法第二項により没収に代わる追徴の言渡をする場合の犯罪時の価格の意義。
上告を棄却
 所論は、先ず、昭和二九年法律第六一号による改正前の関税法(以下旧関税法と...旨に適合する限り、立法によつて定めうる事項であり、当該関税法違反の犯罪に関...関税法の所論条項が憲法二九条に違反するものとはいえない(昭和三七年(あ)第
一 犯罪貨物の所有者または占有者でない犯人にも追徴を科しうることを規定している旧関税法第八三条第三項は憲法第二九条に違反するか 犯罪貨物の所有者である共犯者が訴追を免がれたために同人に追徴を科することができない場合に犯人である被告人に没収に代わる追徴を科することと憲法第一四条。
上告を棄却
 所論は、まず関税法一一八条二項によつて追徴を科せられる犯人は、犯罪貨物の... しかし関税法の右条項にいわゆる犯人とは、犯罪貨物の所有者または同貨物の転... 所論はまた、関税法の前記条項が犯罪貨物の所有者または同貨物の転売による利
一 法人の代表者に対する関税法違反被告事件において、同法第一一八条第一項により第三者たるその法人所有の犯罪貨物を没収するにあたり、その法人に対して弁解防禦の機会を与えることの要否。 二 関税法第一一八条第二項により追徴を科せられる犯人の範囲。 三 犯罪貨物の所有者または同貨物の転売による利益の取得者でない犯人にも追徴を科し得ることを規定している関税法第一一八条第二項は憲法第三一条、第二九条に違反するか。
上告を棄却
するところは、昭和二九年法律第六一号による改正前の関税法(以下旧関税法とい... 所論は、次に、旧関税法の前記条項が犯罪貨物の所有者または占有者でない被告...法廷判決参照)、当該関税法違反の犯罪に関与した犯人のすべてに追徴を科するこ
一 旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第八三条第三項により追徴を科せられる犯人の範囲。 二 旧関税法第八三条第三項と憲法第三一条、第二九条。 三 刑罰法令の規定にしたがい一の犯罪につき法廷の主刑を科した上、没収又は追徴を科することは憲法第三九条後段の規定に違反するか。 四 刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法の施行と第三者所有物没収に代わる追徴。
上告を棄却
ざる共犯者が同時に処罰される場合の旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改...は適切でないから、所論はすべて適法な上告理由に当らない。(なお、関税法一一...号四五七頁)の明示するところである。それ故、原判決が被告人Aの所論関税法違
一 関税法第一一八条第二項により追徴を科せられる犯人の範囲。 二 密輸入者から情を知つて犯罪貨物を有償取得した後これを他に譲渡した者に対する追徴の適否。
上告を棄却
反の主張であつて、適法な上告理由に当らない。なお、本件韓国銀行券が関税法に
韓国銀行券は関税法上の貨物か。
上告を棄却
違反の主張に帰し、適法な上告理由に当らない。(本件関税法違反の犯罪の成立に
学童給食用輸入脱脂ミルク横流しの関税法違反罪の成立に必要な犯意の内容。
148 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in