裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61818 
刑事21927民事39891
法律
關税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
11 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
關税法第七六條第一項違反の不能犯でない一場合
上告を棄却
關税法第七六條第一項にいわゆる「輸出を図りたる者」及び貿易等臨時措置令第四條第一項にいわゆる「輸出しようとした者」にあたる事例
上告を棄却
關税法第七六條第一項の「免許ヲ受ケズシテ貨物ノ輸出ヲ図リタル者」の意義
上告を棄却
一 昭和二一年勅令第二七七號關税法の罰則の特例に關する件第一條第二項の「輸出しようとした者」の意義 二 刑訴法第四一一條に該当しない一事例
破棄
昭和二三年法律第一〇七號に依る改正後の關税法第七六條第一項違反罪の判示方
上告を棄却
關税法違反行爲の幇助の事實に對し懲役刑を選擇しながら刑法第六三條、第六八條第三號の適用をしない判決の違法
上告を棄却
一 關税法の罰則等の特例に關する勅令第一條第二項にいわゆる「輸出しようとした者」に該當する一例 二 證據調を經ない證據を他の證據と綜合して罪事犯實を認定した違法があつても原判決に影響を及ぼなさい場合
上告を棄却
免許を受けないで輸入を圖つた被告人の占有に係る當該物件の没收と關税法第八三條第一項
上告を棄却
貿易等臨時措置令及び關税法の罰則等の特例に關する勅令の規定にいわゆる「物品の輸出をしようとした」行爲に該る一場合
上告を棄却
關税法の罰則等の特例に關する勅令第一條第二項にいわゆる「輸出しようとした者」に該る一場合
上告を棄却
一 刑訴應急措置法第一二條の法意 二 勾留前より終始一貫してなした自白と憲法第三八條第二項にいわゆる「不當に長く抑留若しくは拘禁された後の自白」 三 期待した船舶が偶々來航しなかつたため密輸出が不成功に終つた場合と不能犯 四 關税法の罰則等の特例に關する勅令第一條第二項にいわゆる「輸出しようとした者」の意義 五 召喚状不送達のため證人を喚問しえなかつた場合と憲法第三七條第二項 六 沒收物に對する證據調の要否
11 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in