裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
電波法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
電波法の判決統計
1
0
0
8 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
電波法100条1項1号及び電波法施行規則44条2項2号に規定する屋内...総務大臣は,電波法100条1項1号及び電波法施行規則44条2項2号に...いて,電波法100条1項1号の許可をしてはならない。
1 電波法施行規則等の改正により導入が認められた屋内において2メガヘルツから30メガヘルツまでの周波数の搬送波により信号を送信し、及び受信する広帯域電力線搬送通信設備について総務大臣がした同規則44条1項1号(1)及び46条の2第1項に基づく型式指定処分に対し、当該通信設備から漏えいする電波によりアマチュア無線通信が妨げられるなどと主張して、アマチュア無線局の免許を有する者らが提起した同処分の取消しを求める訴えが、却下された事例 2 電波法施行規則等の改正により導入が認められた屋内において2メガヘルツから30メガヘルツまでの周波数の搬送波により信号を送信し、及び受信する広帯域電力線搬送通信設備について、当該通信設備から漏えいする電波によりアマチュア無線通信が妨げられるなどと主張して、アマチュア無線局の免許を有する者らが提起した、総務大臣が行う同規則44条1項1号(1)及び46条の2の型式指定処分及び電波法100条1項1号の許可処分の差止めを求める各訴えが、いずれも却下された事例
却下
電波法100条1項1号及び電波法施行規則44条2項2号に規定する屋内...総務大臣は,電波法100条1項1号及び電波法施行規則44条2項2号に...ものについて,電波法100条1項1号の許可をしてはならない。
1 電波法施行規則等の改正により導入が認められた屋内において2メガヘルツから30メガヘルツまでの周波数の搬送波により信号を送信し、及び受信する広帯域電力線搬送通信設備について総務大臣がした同規則44条1項1号(1)及び46条の2第1項に基づく型式指定処分に対し、当該通信設備から漏えいする電波によりアマチュア無線通信が妨げられるなどと主張して、アマチュア無線局の免許を有する者らが提起した同処分の取消しを求める訴えが、却下された事例 2 電波法施行規則等の改正により導入が認められた屋内において2メガヘルツから30メガヘルツまでの周波数の搬送波により信号を送信し、及び受信する広帯域電力線搬送通信設備について、当該通信設備から漏えいする電波によりアマチュア無線通信が妨げられるなどと主張して、アマチュア無線局の免許を有する者らが提起した、総務大臣が行う同規則44条1項1号(1)及び46条の2の型式指定処分及び電波法100条1項1号の許可処分の差止めを求める各訴えが、いずれも却下された事例
棄却
平成三年三月二〇日付けで被告に対し、電波法(以下「法」という。)四条の規定
1 電波法4条所定の無線局の開設免許に当たり、開設免許される周波数が一つであるのに複数の申請がされた場合における各申請の優劣判定と手続の適否 2 テレビジョン放送のための電波法4条所定の無線局の開設免許に当たり、開設免許される周波数が申請者の数に足りない場合において、郵政大臣が割り当てられる周波数に応じて申請を調整するいわゆる一本化の調整のための行政指導をすることの適否
上告を棄却
 なお、電波法一〇九条一項にいう「窃用」とは、無線局の取扱中に係る無線通信
一 電波法一〇九条一項にいう「窃用」の意義 二 電波法一〇九条一項の窃用の罪が成立するとされた事例
上告を棄却
 弁護人五百蔵洋一、同吉羽真治の上告趣意のうち、電波法一〇九条一項に規定す
電波法一〇九条一項の規定が不明確である旨の憲法三一条違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
 論旨は、要するに、(一)本件異議申立てについて上告人のした決定は、電波法九...二)電波法には、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下、独禁法...電波法九九条の解釈・適用を誤つたものである、と主張する。
一、競願関係にある者の一人に免許が付与され他にこれが拒否された場合と取消訴訟の提起 二、競願関係にある者の一人に免許が付与され当該免許期間が満了して再免許が付与された場合と免許処分等の取消訴訟の利益 三、電波法九四条第二項にいう「電波監理審議会が認定した事実」の意味 四、電波法第九四条による郵政大臣の決定に前項の認定事実の記載を欠く場合と裁判所独自の証拠調による事実の確定の許否
棄却
線局開設の免許申請をなしたところ、同年一一月一三日右申請は「電波法第七条第... 免許の要件は電波法第七条第一項の第一号から第四号までに規定されている。原...理由は、たんに「電波法第七条第一項第四号の規定に適合しない」というに止ま
一、 電波法第九四条の規定による郵政大臣の決定に認定事実の記載を欠く場合における決定の効力 二、 右の場合に決定の適否審査のための証拠調をすることができるか
上告を棄却
一 電波法第五二条の解釈―巡視船の行動の通信と漁業通信 二 免許人でない者の無線局運用 三 免許状に記載された通信事項の範囲を逸脱する通信内容の受信と電波法第五二条違反
8 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in