裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
判事事項
併合罪
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
120 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
懲役3年
上で,すべての罪が併合罪の関係にあるとしたが,①原判示の各被害児童を撮影...れれば併合罪の関係にあるとすることは,複製行為の性質上,必ずしもそ...は観念的競合の関係にはなく,併合罪の関係にあると解するのが相当である。
1 監禁罪と強制わいせつ罪とが観念的競合の関係にあるとされた事例 2 強制わいせつ罪と児童買春・児童ポルノ等処罰法7条3項の児童ポルノ製造罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
破棄
正化法違反の各罪と刑法45条前段の併合罪の関係にあるとして有罪の判断がさ
併合罪の一部である証拠隠滅教唆の事実につき重大な事実誤認の疑いが顕著であるとして原判決を破棄して差し戻した事例
上告を棄却
所論は,上記両罪は併合罪の関係にあるから,児童ポルノ法違反の事実につ...45条前段の併合罪の関係にあるというべきである。そうすると,児童ポルノ法7
児童福祉法34条1項6号違反の児童に淫行をさせる罪と児童買春・児童ポルノ等処罰法7条3項の児童ポルノ製造罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
所論は,有罪判決の法令の適用において,併合罪関係にある数罪のうちの1個の...しかし,刑法46条は,併合罪関係にある複数の罪のうち1個の罪について死刑...たがって,併合罪関係にある複数の罪のうちの1個の罪について死刑又は無期刑を
併合罪関係にある複数の罪のうちの1個の罪のみでは死刑又は無期刑が相当とされない場合にその罪について死刑又は無期刑を選択することの可否
上告を棄却
罪が成立し,併合罪として処断すべきものであるから(最高裁平成16年(あ)第
誤ってした併合罪関係にある事実についての訴因変更請求と公訴時効停止の効力
懲役3年
いては懲役刑及び罰金刑を選択した上,これらを刑法45条前段の併合罪と認め...しかし,刑法は,併合罪関係にある数罪を併合審理して刑を言い渡す場合,その数罪を包括的に評価して,それに対し1個の主文による刑を言い渡すべきものとし...以上によれば,勾留事実に係る罪を含む併合罪関係にある数罪についての刑に未
併合罪関係にある数罪を併合審理して1個の主文による刑を言い渡す場合と刑法21条にいう「本刑」
懲役3年6月
のない限り,個々の契約又は受領ごとに一罪が成立し,併合罪として処断すべきと...領ごとに一罪が成立し,併合罪として処断すべきものと解される。 また,貸金業法47条2号,11条1項は同法3条1項の登録を受けない者が「...合又は牽連犯とはならず,併合罪として処断すべきものと解するのが相当である。
1 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項所定の行為が反復累行された場合の罪数 2 貸金業の規制等に関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)47条2号、11条1項に違反して無登録で貸金業を営む行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為との罪数関係 3 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項の犯罪収益等の取得につき仮装する行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
携帯した罪は併合罪の関係にあったとする原審の判断は,正当として是認できる。
自動車内において覚せい剤を所持した罪と同車内にとび口を隠して携帯した罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
破棄
と見ることはできず、併合罪の関係にあるから、右二個の罪が観念的競合の関係に...併合罪の関係にあるものというべきであるのに、これを同法五四条一項前段の「一
自動車内における覚せい剤所持の罪ととび口の隠し携帯の罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
各地点における速度違反の行為は別罪を構成し、両者は併合罪の関係にあるものと...令が確定していたとしても、右(2)の本件違反行為は、右(1)の罪とは併合罪... 私は、本件速度違反の罪が確定裁判のあった速度違反の罪と併合罪の関係に立つ
制限速度を超過した状態で継続して自動車を運転した場合の二地点における速度違反の行為が併合罪の関係にある別罪を構成するとされた事例
破棄
併合罪の関係にあると解するのが相当である。
二箇所において検挙された速度違反の罪が包括一罪ではなく併合罪の関係にあるとされた事例
破棄
構成し、併合罪の関係にあることが明らかであるのに、原判決がこれらを一罪と評...違反速度も相違しているような場合には、両地点の速度違反の罪は併合罪の関係に
二箇所において検挙された速度違反の罪が包括一罪ではなく併合罪の関係にあるとされた事例
破棄
れ、残部についての受交付罪と後の供与罪または交付罪とが併合罪となるとするの...と併合罪関係にある同第二の訴因(Aに対する一〇万円の交付、主たる訴因はその...併合罪の関係に立つとするのが、前叙のとおり最高裁判所の判例であつて、この前
一 甲乙共同による受交付罪が成立し甲の乙に対する交付罪の成立が否定された事例 二 受交付罪交付罪の併合罪として起訴された事案につき右両訴因を主位的訴因として共同受交付の予備的訴因の追加をするのが相当とされた事例
無罪
 四 ところで、前記二のとおり、併合罪として起訴された事実中、甲事実につき第一審において、乙事実につき控訴審において、丙事実につき上告審において、順... 一 本件のように併合罪として起訴された複数の訴因事実の一部ずつにつき、第...判によつて併合罪の一部について無罪の裁判をした場合であつても、他の部分につ
一 併合罪の各一部につき第一審、控訴審及び上告審において順次無罪の判決があつた場合の刑事補償請求の期間 二 併合罪の各一部につき第一審、控訴審及び上告審において順次無罪の判決があつた場合の刑事補償の管轄裁判所
無罪
併合罪の各一部につき第一審控訴審及び上告審において順次無罪の判決があつた場合と費用の補償請求
破棄
ないことまで規定したものとはいえないうえ、たとえ併合罪の一部無罪部分と他の
併合罪として起訴された数個の訴因の一部について無罪の裁判が確定した場合における刑事補償請求の可否(積極)
無罪
に関する併合罪の一部が有罪とされ、それが未確定であつて、同人に関する裁判に...請求人に関する併合罪の一部が有罪とされ、それが未確定であることを請求...棄却の一理由としているのであるが、併合罪として起訴された数個の訴因のうち一
併合罪として起訴された数個の訴因の一部について無罪の判決が確定した場合における費用補償請求の可否(積極)
破棄
示第二の二の関税法の無許可輸入罪とが併合罪の関係にあるとして処断したが、両...れぞれ別個の行為であるから、被告人Bらの犯した両罪を併合罪として処断した原...三の覚せい剤所持罪とを併合罪として処断したが、右覚せい剤の所持は、右輸入の
覚せい剤を本邦内に持ち込む過程で犯された覚せい剤取締法の輸入罪と関税法の無許可輸入罪とが併合罪であるとされた事例
上告を棄却
 なお、本件業務上過失傷害罪と殺人罪とは責任条件を異にする関係上併合罪の関
業務上過失傷害罪と殺人罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
覚せい剤の輸入罪(覚せい剤取締法四一条一項一号)と覚せい剤の無許可輸入未遂罪(関税法一一一条二項、一項)を併合罪とした原判断は首肯しえないとしながら、刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められないとされた事例
破棄
ることなく原判示第二の一、二及び三の各事実を併合罪と認定したのは審判の請求...し、右二罪が併合罪の関係にあるとする原判決の判断は誤りであつて、返却前の所...のものに変動が生じ、そのため数個の併合罪と認定するのが相当であると判断され
包括一罪の訴因を数個の併合罪と認定すべき場合に裁判所のとるべき措置
控訴を棄却
     (本件と併合罪の関係にある罪の刑を定める裁判)... (本件と併合罪の関係にある罪の刑を定める裁判)
一、 再審の開始された控訴審において真犯人は被告人以外の第三者であると断定して第一審の無罪判決に対する検察官の控訴を棄却した事例 二、 併合罪の関係にある数罪を認定した確定判決につきそのうちの一部の犯罪事実だけについて再審が開始された場合における審判の範囲
上告を棄却
併合罪の関係にあるとした原判断は、正当である。)。
道路交通法六五条一項、一一七条の二第一号の酒酔い運転の所為と運転開始直後の重過失傷害の所為とが併合罪とされた事例
上告を棄却
の覚せい剤原料を所持する罪とは、別個独立に成立し、両罪は併合罪の関係にあつ
覚せい剤の所持罪と覚せい剤原料の所持罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
第一の無免許運転の罪は、刑法四五条前段の併合罪の関係にあるとした第一審判決
一 道路交通法六四条、一一八条一項一号の無免許運転の所為とその運転中に行われた同法二二条一項、一一八条一項二号、同法施行令一一条一号の速度違反の所為との罪数 二 時間的に接近した二個の道路交通法二二条一項、一一八条一項二号、同法施行令一一条一号の速度違反の事実が併合罪とされた事例
破棄
法四五条前段の併合罪の関係にあり、これらの罪の中で最も犯情重き罪として併合
併合罪の一部に事実誤認の疑いがある場合と刑訴法四一一条
上告を棄却
告人の同署巡査Fに対する暴行の事実が併合罪の関係にあるものとして起訴された...右の全部について有罪と認め併合罪として処断したが、控訴審もこれを支持して同
一、学生集会と憲法二三条の関係 二、併合罪の関係にある二個の公訴事実についてされた原判決につき上告審が主文においてこれを破棄差し戻す旨を示しその理由中において右公訴事実の一部にのみ関係のある破棄理由を示すにとどまる判決を言い渡した場合における右破棄判決の効果
上告を棄却
 所論は、原判決は、第一審判決にはその法令適用中併合罪の刑の加重をするにあ...うえさらに併合罪の刑の加重をする場合に刑法一四条を掲記しなかつた第一審判決...うえ、併合罪の加重をするにあたり刑法一四条を適用しなかつた違法があるが、被
一、併合罪の刑の加重をするにあたり刑法一四条を適用しなかつた違法と判決に及ぼす影響 二、公判調書中の「公判をした裁判所及び裁判官」欄ならびに「裁判所書記官」欄の各記載が単なる誤記と認められた事例
上告を棄却
結果の関係にあるというをえないものであるから、牽連犯ではなく併合罪と解すべ
兇器準備集合の所為とその継続中における暴力行為等処罰に関する法律一条違反の所為とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
関係にあるというをえないものであるから、牽連犯ではなく、併合罪と解すべきで
兇器準備集合の罪とその継続中における暴力行為等処罰に関する法律一条違反の罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
認定し、他の認定事実と刑法四五条前段の併合罪であるとして、被告人を懲役一二
原審が併合罪の一部につき公訴時効の完成を看過した場合と正義
破棄
れと原判示第一の(一)(三)および第四の所為とは併合罪の関係にあるものとし...て右の三項の規定する法定刑のうち四年以下の禁錮刑を選択し、これに併合罪の加...当な法令の適用をしたとしても、併合罪加重の結果は結局その処断刑が六年以下の
併合罪としての処断刑に変わりがなくともその一部に法令の適用を誤つたため判決に影響を及ぼすことが明らかであるとされた事例
上告を棄却
とも併合罪であるかの判断は、判決書に罪となるべき事実として判示された事実を
包括一罪と併合罪とを判別する基準となる事実
上告を棄却
罪の併合罪が成立するとした原判決の判断は、相当である。
売春防止法一〇条一項違反の罪と一一条二項違反の罪が併合罪の関係にあるとされた事例
棄却
九頁)は、いずれも併合罪の関係にある数個の起訴事実のうち一部の事実について
併合罪をなす数個の起訴事実中の一部事実につさ勾留されている場合の権利保釈に関する判例は、包括一罪中の一部事実につき勾留、起訴されている場合の権利保釈事由の存否の判断に関して、事案を同じくするか。
上告を棄却
した罪とを併合罪としょうとするものであつて、その確定裁判による刑の言渡に基...判による刑の言渡がその効力を失つても、そのことは、同法四五条後段の併合罪関
刑法二七条による刑の言渡の失効と同法四五条後段の併合罪関係の成否
上告を棄却
とは併合罪の関係にあると解するのが相当である。)。また、記録を調べても、刑
兇器準備集合の所為と暴力行為等処罰に関する法律第一条違反の所為とが併合罪の関係にあるとされた事例
破棄
(三)、(四)に掲げたとおりの事情に鑑ると、併合罪の関係に立つものと認める...の事実とは包括一罪ではなく併合罪の関係に立つものであることが判明したため、...を認定し、更に公訴事実二の業務上過失傷害の事実をも認定し、以上を併合罪とし
一、 併合罪の関係に立つ甲・乙両事実を含む公訴事実に対し訴因変更の手続により乙事実についてのみ判断を示した判決の是否 二、 右判決に対し被告人が控訴を申し立てた場合における審判の範囲
破棄
判示確定裁判を経た罪があり、原判示第一ないし第五の罪はこれと併合罪の関係に...にかかり、その他の前示各罪とは併合罪の関係にはないものとして別個の刑をもつ
一個の判決手続による併合罪の関係にない数罪についての有罪判決に対し被告人より全部につき控訴のあつた場合においてその一部について原判決破棄の理由がありその余の部分について控訴の理由がない場合の控訴審の措置
控訴を棄却
ると同時に、第一の所為と第二の所為とを併合罪としたのは誤りで、原判示所為は...両名の所為は、同法第四十五条前段の併合罪であるから、………犯情の最も重いと...認める判示第一の(一)のKに対する名誉段損の罪の懲役刑に併合罪の加重をし…
一、 刑法第二三〇条ノ二にいう「真実ナルコトノ証明」の程度 二、 包括一罪ではなく四個の名誉毀損罪が成立し併合罪となるとされた事例
破棄
     所論の要旨は、およそ併合罪である数罪につき同時に審判し、その中間...り、法の趣旨を著しく逸脱することとなる。しかるに原判決は、併合罪である数罪...経た罪と刑法四五条後段の併合罪の関係にあるから、同法五〇条に従い右第一乃至
併合罪でない数個の犯罪に対する数個の懲役刑又は禁錮刑について再度の執行猶予を言い渡す場合の刑期
上告を棄却
て一〇個の犯罪事実を認定し、これを併合罪として処断しているものであるところ、...しかしながら、さらに、職権により検討してみるに、本件犯罪のように併合罪関係...その犯罪以外の他の併合罪関係にある犯罪事実の存在それ自体が情況証拠としてそ
一 一の犯罪事実の自白の補強証拠として他の併合罪関係にある犯罪事実の存在それ自体を援用することの適否。 二 刑訴法第四一一条第一号にあたらない事例。
上告を棄却
所論の如く、両者が併合罪の関係にあつてその処断刑が長期三年を超えることとな
必要的弁護事件でない業務上過失致死罪が併合罪の関係において処断刑が長期三年を超える場合必要的弁護事件となるか。
上告を棄却
の主張であつて(なお、本件起訴状に所論併合罪に関する規定を掲げなくとも違法
起訴状に併合罪に関する規定を掲げることの要否。
上告を棄却
間に刑法四五条後段の併合罪の関係があるとして同法五〇条によつて未だ裁判を経...常習犯の個数に関する法律上の判断を誤り、ひいて併合罪関係に関する法令の解釈...の併合罪の関係にあり、判示第四の(一)、(二)の包括した常習特殊窃盗は右裁
一 常習犯の中間に別罪の確定裁判が介在した場合における罪数。 二 右常習犯と確定裁判を経た罪とは併合罪か。 三 刑訴法第四一一条第一号に当らないとされた事例。
上告を棄却
所為はそれぞれ右二個の確定裁判と併合罪の関係に立ち、結局三個の刑を科すべき
被告人に対し不利益な主張であつて適法な上告理由にあたらないとされた事例。―一罪に対する併合罪の主張―
上告を棄却
三条にそれぞれ該当するところ、右二個の行為は刑法四五条前段の併合罪の関係に
道路交通取締法違反(飲酒酩酊による無謀操縦)の罪と業務上過失傷害罪とが併合罪の関係にあるとされた事例。
控訴を棄却
はあるが両犯罪事実間には単に同条前段の併合罪の関係があるに止まるので、本件...である。元来刑法第四十七条第四十八条第二項等の併合罪の規定において一個の主
併合罪として一個の刑を言渡すべきところ誤つて二個の刑を言渡した場合に、その一方についてのみ上訴の申立があり又は一方についてのみ上訴の取下げがあつたときの措置
破棄
二の所為については新法の罰則を適用し、右各所為は刑法四五条前段の併合罪であ...とが刑法四五条前段の併合罪の関係にあり、犯情の重い第一の罪の刑に法定の加重...処断すべく、所定刑中いずれも懲役刑を選択し、以上は刑法四五条前段の併合罪で
昭和三七年五月一〇日法律第一一二号公職選挙法の一部を改正する法律による改正前の規定の適用を受ける買収罪と改正後の規定の適用を受ける買収罪とが併合罪として処罰された場合に改正後の公職選挙法第二五二条第四項の適用を遺脱した事例
120 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in