裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
判事事項
判決
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
判決の判決統計
20
0
3
0
1856 件中 1/38 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄
執行判決請求事件...第二小法廷判決...原判決を破棄する。
訴訟当事者に判決の内容が了知されず又は了知する機会も実質的に与えられなかったことにより不服申立ての機会が与えられないまま確定した外国裁判所の判決に係る訴訟手続は民訴法118条3号にいう公の秩序に反する
の判決を閲覧することができる裁判所ウェブサイトのURL(利用者の求めに応じ...所で控訴審判決がされて確定した自己の担当外の事件である犬の返還請求等に関す...用いて驚きと疑問を示すとともに,上記飼い主による犬の返還請求を認めた判決が
1 裁判所法49条にいう「品位を辱める行状」とは、職務上の行為であると、純然たる私的行為であるとを問わず、およそ裁判官に対する国民の信頼を損ね、又は裁判の公正を疑わせるような言動をいう 2 裁判官の職にあることが広く知られている状況の下で、判決が確定した担当外の民事訴訟事件に関し、インターネットを利用して短文の投稿をすることができる情報ネットワーク上で投稿をした行為が、裁判所法49条にいう「品位を辱める行状」に当たるとされた事例
懲役18年
平成30年7月13日 第二小法廷判決...原判決を破棄する。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411
被告人を殺人及び窃盗の犯人と認めて有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
懲役1年
平成30年5月10日 第一小法廷判決...原判決を破棄する。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411
いわゆるSTR型によるDNA型鑑定の信用性を否定した原判決が破棄された事例
破棄
平成30年3月19日 第二小法廷判決...原判決を破棄する。...所論に鑑み職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411条1号により破棄
1 刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為の意義 2 子に対する保護責任者遺棄致死被告事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例 3 裁判員の参加する合議体で審理された保護責任者遺棄致死被告事件について、訴因変更を命じ又はこれを積極的に促すべき義務がないとされた事例
懲役9年
条の上告理由に当たらない(なお,原判決が,理由中において,訴因外の被告人の...決は相当と認められるから,これに対する控訴を棄却した原判決の結論に誤りはな
原判決が理由中において訴因外の共同正犯が成立するとしたことが是認できないとされた事例
上告を棄却
第1審判決は,大要,以下のとおり認定し,被告人に,殺人未遂幇助の意思...第1審判決に対し,被告人は,事実誤認,法令適用の誤り,訴訟手続の法令...原判決は,第1審判決による被告人の認識の推認過程には,論理則,経験則に照
殺人未遂幇助被告事件について、第1審判決が説示する間接事実の積み重ねによって殺人未遂幇助の意思を認定できないとして事実誤認を理由に有罪の第1審判決を破棄し無罪とした原判決が是認された事例
棄却
本案として,本件決定の効力を本案の判決の確定まで停止することを求める本件申...に先立つ同月23日,本件決定の効力を本案の第1審判決の言渡し後30日を経過...(オ)第557号同年10月23日第三小法廷判決・民集10巻10号1312頁
村議会の議員につき地方自治法92条の2に該当する旨の決定がされ、その後補欠選挙が行われた場合において、上記議員が上記決定の取消判決を得ても上記議会の議員の地位を回復することはできないとされた事例
上告を棄却
大法廷判決...訴訟法上,債務者に意思表示をすべきことを命ずる判決の確定をもって当該意思表...対して原告が承諾の意思表示を命ずる判決を得なければ受信料を徴収することがで
1 放送法64条1項は、受信設備設置者に対し受信契約の締結を強制する旨を定めた規定であり、日本放送協会からの受信契約の申込みに対して受信設備設置者が承諾をしない場合には、その者に対して承諾の意思表示を命ずる判決の確定によって受信契約が成立する 2 放送法64条1項は、同法に定められた日本放送協会の目的にかなう適正・公平な受信料徴収のために必要な内容の受信契約の締結を強制する旨を定めたものとして、憲法13条、21条、29条に違反しない 3 受信契約の申込みに対する承諾の意思表示を命ずる判決の確定により受信契約が成立した場合、同契約に基づき、受信設備の設置の月以降の分の受信料債権が発生する 4 受信契約に基づき発生する受信設備の設置の月以降の分の受信料債権の消滅時効は、受信契約成立時から進行する
破棄
第二小法廷判決...原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...主張しなかった。前訴の第1審判決は,前訴における上記原告らの請求額は,基本
公害健康被害の補償等に関する法律4条2項の認定を受けた者が原因者に対する損害賠償請求訴訟の確定判決に基づく損害賠償義務の全ての履行を既に受けている場合には、都道府県知事は、同法に基づく障害補償費の支給義務の全てを免れる
懲役1年
第二小法廷判決...原判決及び第1審判決を破棄する。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決及び第1審判決
置き忘れられた現金在中の封筒を窃取したとされる事件について、封筒内に現金が在中していたとの事実を動かし難い前提として被告人以外には現金を抜き取る機会のあった者がいなかったことを理由に被告人による窃取を認定した第1審判決及び原判決の判断が論理則、経験則等に照らして不合理で是認できないとされた事例
控訴を棄却
平成28年12月7日 東京高等裁判所第3刑事部判決...当審における未決勾留日数中170日を原判決の刑に算入する。...原判決認定の犯罪事実
差し押えたパソコンに対する検証許可状を得てサーバにアクセスし、メール等を閲覧するなどの検証をして作成された検証調書等の証拠能力を否定したものの、その他の証拠については、本件検証がなくても、捜査機関がそれらの証拠を取得することが可能であったと認められるため、本件検証と密接な関連性がないとして証拠能力を認めた原判決の判断が是認された事例
棄却
平成28年11月29日判決言渡...分を併せて「別件各更正処分等」という。)を取り消す旨の判決(以下「前訴...判決」といい,前訴判決に係る訴訟を「前訴」という。)を受けた原告が,所
納税義務者が弁護士に委任して提起した所得税に関する訴訟の判決の確定後に過納金の還付及び還付加算金の支払を受けた場合において、弁護士費用の金額を上記過納金と上記還付加算金の各金額に応じて按分した上記還付加算金に対応する金額が、所得税法37条1項前段に規定する必要経費である「総収入金額を得るため直接に要した費用」に該当しないとされた事例
破棄
平成28年3月18日 第三小法廷判決...原判決を破棄する。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411
自動車運転過失致死の公訴事実について防犯カメラの映像と整合しない走行態様を前提に被告人を有罪とした原判決に、審理不尽の違法、事実誤認の疑いがあるとされた事例
却下
平成28年2月12日判決言渡...に対し,判決書正本である本件文書の開示請求をしたところ,被告から,その...3月6日,本件相続人らの請求を一部認容する旨の判決を言い渡した(以
1 独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律5条1号前段にいう「他の情報」に含まれる情報の範囲 2 自殺した労働者の遺族が使用者に対して提起した損害賠償請求訴訟の判決書に記録された情報のうち、当該労働者が勤務していた支店に関する情報や、当該労働者の婚姻状況に関する情報が、独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律5条1号本文前段所定の不開示情報に当たるとされた事例
破棄
第一小法廷判決...原判決を破棄する。...被上告人は,上告人に対し,原判決別紙物件目録記載の貸室(以下「本件
1 訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合と不利益変更禁止の原則 2 訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合において、控訴審が、当該和解が無効であり、かつ、請求の一部に理由があるが第1審に差し戻すことなく自判をしようとするときの判決主文
控訴を棄却
東京高等裁判所第5刑事部判決...論旨は,被告人に過失を認め,業務上過失致死罪の成立を認めた原判決には,...判決に影響を及ぼすことが明らかな事実の誤認がある,というのである。
山岳ガイドの業務に従事していた被告人が、有料登山ツアーを企画、主催し、5名の女性登山客を引率して、降雨の中、登山を開始し、その登山道上で天候悪化のため、登山客らを強風、みぞれ、吹雪等にさらさせて、追従、歩行ができない状態に陥らせ、そのうち4名を低体温症で死亡させるに至ったという遭難事故について、過失判断の前提としての予見の内容としては、遭難事故となる危険性のあるような天候の悪化の可能性で足り、それ以上に、現に生じたような著しい天候の悪化の可能性は予見の対象とはならないとして、被告人に過失を認め、業務上過失致死の責任を認めた原判決を是認した事例
上告を棄却
所論指摘の原判決の判示部分は余論であって,結局,所論は,その結論に影響のな
刑訴法461条以下の略式手続の規定違憲の主張が原判決の結論に影響のない事項に関するものであるとして不適法とされた事例
破棄
第三小法廷判決...原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...て又は訴えについての決定,裁決又は判決があった場合(当該決定,裁決又は判決
個人住民税の所得割に係る賦課決定の期間制限の特例を定める地方税法(平成25年法律第3号による改正前のもの)17条の6第3項3号にいう決定、裁決又は判決があった場合の意義
上告を棄却
第二小法廷判決...原判決の認定によれば,被告人が本件犯行に至った経緯は,次のとおりである。...原審は,以下のとおりの理由を示して,第1審判決の結論を是認し,被告
1 妄想性障害に罹患していた被告人が実行した殺人、殺人未遂等の事案につき、事理弁識能力及び行動制御能力が著しく低下していたとまでは認められないとする原判決が是認された事例 2 死刑の量刑が維持された事例(加古川8人殺傷事件)
破棄
名古屋高等裁判所第2刑事部判決...原判決を破棄する。...第2 原判決の認定事実等
二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
棄却
毀損被告事件について,平成27年1月27日大阪高等裁判所が言い渡した判決に...事項証明書によれば,被告人は上記判決宣告前の同月25日に死亡したことが明白
控訴審判決の宣告前に被告人が死亡していた場合について最高裁判所において公訴棄却決定がされた事例
懲役20年
第1審判決が死刑を選択した量刑理由の要旨...本件を裁判員の参加する合議体で取り扱った第1審判決は被告人を死刑に処した...最高裁昭和56年(あ)第1505号同58年7月8日第二小法廷判決・刑集3
被告人を死刑に処した裁判員裁判による第1審判決を量刑不当として破棄し無期懲役に処した原判決の量刑が維持された事例
上告を棄却
第1審判決が死刑を選択した量刑理由の要旨...本件を裁判員の参加する合議体で取り扱った第1審判決は被告人を死刑に処した...原判決が第1審判決を破棄して無期懲役に処した理由の要旨
被告人を死刑に処した裁判員裁判による第1審判決を量刑不当として破棄し無期懲役に処した原判決の量刑が維持された事例
上告を棄却
をいう点は,原判決が,第1審判決の証拠の標目に同報告書が掲げられておらず,...示しているから,原判決の結論に影響のないことが判示自体において明らかな事項...目撃者が再現したとおりの犯罪事実の存在が要証事実になるものであって,原判決
被害者等が被害状況等を再現した結果を記録した捜査状況報告書を刑訴法321条1項3号所定の要件を満たさないのに同法321条3項のみにより採用した第1審の措置を是認した原判決に違法があるとされた事例
棄却
う。)の開放を抗告人に命ずる確定判決に基づき,間接強制の申立てをした事案で...人に命ずる確定判決(以下「本件確定判決」という。)を得ている。...判決に基づき,防災上やむを得ない場合を除き,本件各排水門を開放し,以後5年
確定判決により干拓地の潮受堤防の排水門を開放すべき義務を負った者が第三者の申立てに基づく仮処分決定により上記排水門を開放してはならない旨の義務を負ったという事情がある場合における上記確定判決に基づく間接強制決定の許否
棄却
ってその開放を継続することを抗告人に命ずる確定判決(以下「別件確定判決」と...これに対し,抗告人は,別件確定判決により本件各排水門を開放すべき義務を負...行することができるものである。このことは,抗告人が別件確定判決により本件各
仮処分決定により干拓地の潮受堤防の排水門を開放してはならない旨の義務を負った者が第三者の提起した訴訟の確定判決により上記排水門を開放すべき義務を負っているという事情がある場合における上記仮処分決定に基づく間接強制決定の許否
控訴を棄却
平成26年10月30日判決言渡...原判決を取り消す。...をめぐって争われた訴訟において言い渡された判決
相続財産に株式が含まれるとして相続税の申告をした相続人が、別件民事訴訟の判決において当該株式は相続財産に含まれていなかったことが確定したなどとしてした相続税に係る更正の請求に対し、税務署長がした更正をすべき理由がない旨の通知処分が適法であるとされた事例
破棄
第一小法廷判決...原判決を破棄する。...承継前被上告人は,昭和48年10月16日,第1審判決別紙1物件目録
借地借家法32条1項の規定に基づく賃料増減請求により増減された賃料額の確認を求める訴訟の確定判決の既判力
懲役10年
第一小法廷判決...原判決及び第1審判決を破棄する。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決及び第1審判決
傷害致死の事案につき、懲役10年の求刑を超えて懲役15年に処した第1審判決及びこれを是認した原判決が量刑不当として破棄された事例
棄却
た株式会社の解散の訴えに係る請求を認容する確定判決につき,相手方会社の株...機会を奪われたから,上記確定判決につき民訴法338条1項3号の再審事由が...ある抗告人は,上記訴えに係る請求を認容する確定判決を取り消す固有の利益を
1 株式会社の解散の訴えに係る請求を認容する確定判決に対する再審の訴えと上記確定判決の効力を受ける第三者の原告適格 2 当事者の一方の請求に対して訴え却下又は請求棄却の判決を求めるのみの独立当事者参加の申出の適否
上告を棄却
なお,所論に鑑み記録を調査しても,以下のとおり,被告人を無罪とした原判決...は,第1審判決の事実認定が論理則,経験則等に照らして不合理であることを具体...第1審判決は,大要,①被告人が,本件当日午前1時頃(以下,時間のみを記載
女子高校生に強いてわいせつな行為をして殺害したとして起訴された事案につき、目撃証言の信用性を否定するなどして事実誤認を理由に有罪(無期懲役)の第1審判決を破棄し無罪とした原判決が是認された事例(舞鶴女子高校生殺害事件)
破棄
執行判決請求事件...第一小法廷判決...原判決を破棄する。
1 人事に関する訴え以外の訴えにおける民訴法118条1号のいわゆる間接管轄の有無の判断基準 2 違法行為により権利利益を侵害され又は侵害されるおそれがある者が提起する差止請求に関する訴えと民訴法3条の3第8号の「不法行為に関する訴え」 3 違法行為により権利利益を侵害され又は侵害されるおそれがある者が提起する差止請求に関する訴えにおける民訴法3条の3第8号の「不法行為があった地」の意義 4 違法行為により権利利益を侵害され又は侵害されるおそれがあるとして差止請求を認めた外国裁判所の判決について民訴法118条1号のいわゆる間接管轄の有無を判断する場合において、民訴法3条の3第8号の「不法行為があった地」が当該外国裁判所の属する国にあるというために証明すべき事項
破棄
第三小法廷判決...原判決を破棄する。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411
公判前整理手続を終了するに当たり確認された争点に明示的に掲げられなかった点につき、公判手続で争点として提示する措置をとることなく認定した第1審判決に違法はないとされた事例
懲役6年
第一小法廷判決...原判決を破棄する。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411
保護責任者遺棄致死被告事件について、被害者の衰弱状態等を述べた医師らの証言が信用できることを前提に被告人両名を有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
上告を棄却
年4月27日第三小法廷判決・刑集64巻3号233頁を引用して判例違反をいう...審理経過及び1,2審判決...第1審判決
覚せい剤の密輸入事件について、共犯者供述の信用性を否定して無罪とした第1審判決には事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
取り消す
平成26年2月26日判決言渡...原判決を取り消す。...事案の概要(以下,略語等は原判決の例による。)
市が住民基本台帳ネットワークシステムに接続していないことは住民基本台帳法に違反するとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき当時の市長個人に損害賠償の請求をすることを地方公共団体の執行機関である後任の市長に対して求めた前訴たる住民訴訟において、前記不接続に伴って生じた郵送費等相当額の損害賠償の請求を命じた一審判決が、前訴の補助参加人であった前記市長個人の申し立てた控訴を前記後任の市長が取り下げたことにより確定した後、同法242条の3第2項に基づき提起された訴訟による同損害賠償の請求が、棄却された事例
棄却
平成26年2月18日判決言渡...成22年11月19日に言い渡した判決により,亡Aの相続財産に含まれてい...なつた事実に関する訴えについての判決(判決と同一の効力を有する和
相続財産に株式が含まれるとして相続税の申告をした相続人が、別件民事訴訟の判決において当該株式は相続財産に含まれていなかったことが確定したなどとしてした相続税に係る更正の請求に対し、税務署長がした更正をすべき理由がない旨の通知処分が適法であるとされた事例
上告を棄却
第二小法廷判決...原判決中共有物分割請求に関する部分についての本...は民法258条に基づく共有物分割訴訟であり,共有物分割の判決によって遺産共
1 共有物について遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合における共有物分割と遺産分割の関係 2 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決がされた場合に支払われる賠償金の性質とその支払を受けた者の保管義務 3 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決において賠償金の支払等に関し命じ得る事項
棄却
行の無効の訴え」という。)に係る請求を認容する確定判決の効力を受ける抗告人...が,上記確定判決につき,民訴法338条1項3号の再審事由があるとして申し立...とする判決(以下「前訴判決」という。)を言い渡した。そして,前訴判決は,同
1 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決に対する再審の訴えと上記確定判決の効力を受ける第三者の原告適格 2 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決と民訴法338条1項3号の再審事由 3 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決に民訴法338条1項3号の再審事由が存在するとみる余地があるとされた事例
懲役3年
第三小法廷判決...原判決中「当審における未決勾留日数中90日を原判決...職権をもって調査すると,記録によれば,被告人は,第1審判決判示第1の覚せ
原判決中未決勾留日数算入部分が破棄された事例
懲役7年6月
第三小法廷判決...原判決中「当審における未決勾留日数中80日を原判決...記録によれば,被告人は,第1審判決判示第1の覚せい剤の営利目的所持の事実
原判決中未決勾留日数算入部分が破棄された事例
上告を棄却
当審における未決勾留日数中450日を原判決の懲役刑...27日第三小法廷判決・刑集64巻3号233頁を引用して判例違反をいう点は,...審理経過及び1,2審判決
密輸組織が関与する覚せい剤の密輸入事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
破棄
東京高等裁判所第10刑事部判決...原判決を破棄する。...原判決には判示第4の2の事実について法令適用の誤りがある,第3に,原判決
殺害された被害者が1名の強盗殺人等の事案につき、被告人が短期間に強盗致傷や強盗強姦という重大事件を複数回犯したことなどの事情を考慮して被告人を死刑に処した原判決が量刑不当として破棄された事例
破棄
東京高等裁判所第10刑事部判決...原判決を破棄する。...ともないから,これを認定した原判決には事実の誤認がある,③原判決は被告人
被害者1名の強盗殺人の事案につき二人を殺害するなどした前科を重視して被告人を死刑に処した原判決が量刑不当として破棄された事例
上告を棄却
第一小法廷判決...求を全部認容する旨の確定判決を得ており,本件訴訟は,その残部を請求するもの...上告人の請求を全部認容する旨の判決(以下「別件判決」という。)を言い渡し,
1 いわゆる明示的一部請求の訴えに係る訴訟において、債権の一部消滅の抗弁に理由があると判断されたため判決において上記債権の総額の認定がされた場合における、残部についての消滅時効の中断 2 いわゆる明示的一部請求の訴えの提起と残部についての裁判上の催告としての消滅時効の中断 3 消滅時効期間の経過後、その経過前にした催告から6箇月以内にした催告と消滅時効の中断
棄却
る相手方が,Aが仮執行宣言付判決に対する控訴の提起に伴って立てた担保の取消...執行宣言付判決(以下「本案1審判決」という。)を言い渡した。(2)...Aは,平成22年3月8日,本案1審判決に対し控訴を提起するととも
1 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴い金銭を供託する方法により担保を立てさせて強制執行の停止がされた後に債務者につき更生手続開始の決定がされた場合における上記担保の被担保債権の性質 2 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴う強制執行の停止に当たって金銭を供託する方法により担保が立てられた場合において債務者につき更生計画認可の決定がされた後であっても供託金の還付請求権を行使することの可否
上告を棄却
当審における未決勾留日数中370日を原判決の懲役刑...用の判例は,原判決の宣告後になされたものであるから,刑訴法405条2号にい...第1審判決
覚せい剤を密輸入した事件について、被告人の故意を認めながら共謀を認めずに無罪とした第1審判決には事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
平成25年3月26日判決言渡...この判決は,仮に執行することができる。...費等相当額の損害賠償請求をすること等を命じる判決が確定したが,被告は上
市が住民基本台帳ネットワークシステムに接続していないことは住民基本台帳法に違反するものであり、この不接続に伴って生じた郵送費等を支出したことは財務会計上の違法行為に該当するなどとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき当時の市長個人に損害賠償の請求をすることを市長に対して求める住民訴訟において、前記郵送費等相当額の損害賠償の請求を命ずる判決が確定した後、同法242条の3第2項に基づき提起された訴訟による同損害賠償の請求が、認容された事例
上告を棄却
弁護人高島章,同鯰越溢弘の上告趣意のうち,原判決が本位的訴因を認定したこ...なお,所論に鑑み,原判決が本位的訴因である賭博開張図利の共同正犯を認定し...第1審判決は,本位的訴因については,被告人自身が主宰者として本件賭博場を
本位的訴因を否定し予備的訴因を認定した第1審判決に対し検察官が控訴の申立てをしなかった場合に、控訴審が職権調査により本位的訴因について有罪の自判をすることが違法であるとされた事例
1856 件中 1/38 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in