裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61764 
刑事21914民事39850
判事事項
同一性
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
146 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
却下
性同一性障害者につき性別の取扱いの変更の審判が認められるための要件として...同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律3条1項4号の規定(以下「本件...規定」という。)の下では,性同一性障害者が当該審判を受けることを望む場合に
性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律3条1項4号は、憲法13条、14条1項に違反しない
却下
ない者について世帯同一性を認定するに際し,相互の間で依存援助関係...場合にまで世帯同一性を認定すべきことを判示したものではない。...計の同一性は認められない。
1 生活保護法10条本文にいう「世帯」の同一性を認めた事例 2 同条ただし書にいう「これによりがたいとき」に当たらないとされた事例
破棄
づく財団法人の寄附行為の変更においては,当該法人の同一性を失わせるような根...本的事項の変更は許されない。そして,本件変更1は上告人の同一性を失わせるよ...うな根本的事項の変更ではなく有効であるが,本件変更3は上告人の同一性を失わ
特例財団法人は、その同一性を失わせるような根本的事項の変更に当たるか否かにかかわらず、その定款の定めを変更することができるか
破棄
関係証拠によると,第1暴行と第2暴行との間には機会の同一性も認められるから,...第1暴行と第2暴行との間に機会の同一性も認められないと判断しているから,原判...し,両暴行に機会の同一性が認められるのであれば,取りあえず,死亡の結果の発
二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
破棄
実のほか,前記(2)の事実と同一性が認められる,普通乗用自動車を運転して故意...による通行禁止違反の事実と同一性が認められるからといって,公訴を提起するこ
少年につき禁錮以上の刑に当たる罪として家庭裁判所から少年法20条1項の送致を受けた事件をそれと事実の同一性が認められる罰金以下の刑に当たる罪の事件として公訴を提起することの許否
却下
本件は,性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(以下「特例...2条に規定する性同一性障害者であったところ,平成16年に性別適合手術を受...である(注1)。戸籍上女性とされていた性同一性障害者の性別を男性に変更する
性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律3条1項の規定に基づき男性への性別の取扱いの変更の審判を受けた者の妻が婚姻中に懐胎した子と嫡出の推定
棄却
手続に関する定めがある場合であっても,財団法人の同一性を失わせるよ...設立者の意思に反するかどうか(財団法人としての同一性を害するかど...又は当該財団法人の同一性を失わせるような定款変更であっても,これ
1 包括宗教団体である宗教法人が、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」40条1項により存続するものとされ、所定の登記をしていない特例財団法人に対する同法45条に基づく一般財団法人への移行認可の取消訴訟の原告適格を有するとされた事例 2 「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」40条1項により存続するものとされ、所定の登記をしていない特例財団法人が同45条に基づく一般財団法人への移行認可の申請をした場合において、同申請書に添付された定款の変更の案が当該財団法人の設立者の意思に反し、又は当該財団法人の同一性を失わせるような目的等の変更であっても同法117条1号所定の要件を満たすか
懲役6年
前科証拠を被告人と犯人の同一性の証明に用いようとする場合は,前科に...の同一性の証明に用いようとする場合にも同様に当てはまると解すべきである。そ...うすると,前科に係る犯罪事実や被告人の他の犯罪事実を被告人と犯人の同一性の
1 前科に係る犯罪事実及び前科以外の他の犯罪事実を被告人と犯人の同一性の間接事実とすることの許否 2 前科に係る犯罪事実及び前科以外の他の犯罪事実を被告人と犯人の同一性の間接事実とすることが許されないとされた事例
破棄
人と犯人の同一性の証明に用いる場合についていうならば,前科に係る犯罪事実が
1 前科証拠を被告人と犯人の同一性の証明に用いる場合の証拠能力 2 前科証拠を被告人と犯人の同一性の証明に用いることが許されないとされた事例
棄却
的事実関係が同一で非両立の関係にあり,同一性を認めることができ,さらに,原...所論は,①少年法27条の2第2項の「審判に付すべき事由」とは,保護処分決定で認定された非行事実自体であり,これと同一性のある事実まで含むもので...認定された非行事実と事実の同一性があり,構成要件的評価が変わらない事実をも
1 保護処分決定で認定された日には非行事実の存在が認められないが、これと異なる日に事実の同一性のある範囲内で同一内容の非行事実が認められる場合と少年法27条の2第2項による取消しの要否 2 保護処分取消し申立て事件において、事実の同一性のある範囲内で保護処分決定と異なる非行事実を認定するに当たり、申立人に対して十分に防御の機会を与えているとされた事例
控訴を棄却
使用している。したがって,本件協会とFは同一性があるから,本件各交...両者に同一性はない。...にわかに理解し難いが,本件協会と原告の主張するF7団体の同一性につき
市長がした社団法人に対する補助金の交付決定が違法であるとして、市長個人に市が支出した補助金相当額の損害賠償の請求をすること等を求める住民訴訟の係属中に、市が当該訴訟に係る訴訟代理人弁護士に対して着手金を支払ったことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、市長個人に市が支出した着手金相当額の損害賠償の請求をすることを求める訴えが、住民監査請求との間に対象事項の同一性がなく、監査請求前置の要件を欠くとして、却下された事例
棄却
建築基準法52条2項にいう「前面道路」と同法43条2項による接道義務を満たす道路との同一性の要否
上告を棄却
るなど,その同一性を確認する格別の手段も講じられていなかった。...Gは,3日前の術前回診でYに会っていたが,意識的に患者の同一性の確認をする...その後入室した執刀医兼主治医である原審相被告人Iは,患者の同一性を確認をす
1 患者の同一性確認について手術に関与する医療関係者が負う義務 2 患者を取り違えて手術をした医療事故において麻酔を担当した医師につき麻酔導入前に患者の同一性確認の十分な手立てを採らなかった点及び麻酔導入後患者の同一性に関する疑いが生じた際に確実な確認措置を採らなかった点で過失があるとされた事例
取り消す
と住民訴訟との間に同一性があるか否かについては,あくまで「財務会計上の行為又は怠る事実」が同一であることが...らかに同一性がない。したがって,丙事件のうちaに関する訴えは,不適法なものとして却下されるべきである。...違法な給与支出を是正する意味を持つ請求である限り,監査請求と同一性を有するものとして許されると解すべきであ
1 県が現職の教諭を民間の研究団体である県同和教育研究協議会に研修名目で派遣してその給与を支出してきたことは違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、知事に対し、教育委員会委員長個人に対して損害賠償請求することを求める訴えにつき、住民監査請求との間に対象事項の同一性がなく、監査請求前置の要件を欠くとして、訴えが却下された事例 2 県が現職の教諭を民間の研究団体である県同和教育研究協議会に研修名目で派遣してその給与を支出してきたことは違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、知事個人に対してされた損害賠償請求及び前記改正後の同号に基づき、知事に対してされた、知事個人に対して損害賠償請求することを求める請求が、知事個人に故意、過失はないとして棄却された事例
控訴を棄却
1 納税告知の処分としての同一性の範囲 2 外国のプロダクションから同国の外国人の招へいを受け、これを日本国内の複数の飲食店に派遣することを業としている会社が前記プロダクションに招へいの対価として支払った手数料が所得税法(平成10年法律第24号による改正前)161条2号及び所得税法施行令282条1号所定の「人的役務の提供に係る対価」に当たるとしてされた源泉徴収に係る所得税の納税告知処分が、違法とされた事例
取り消す
(ア) 納税告知の同一性を画する基準...の種類が同一なので,納税告知の処分としての同一性は,同一の法定納期限におけ...(通則法74条1項),納税告知の同一性をどのように画するかという問題(この
1 納税告知の処分としての同一性の範囲 2 外国のプロダクションから同国の外国人の招へいを受け、これを日本国内の複数の飲食店に派遣することを業としている会社が前記プロダクションに招へいの対価として支払った手数料が所得税法(平成10年法律第24号による改正前)161条2号及び所得税法施行令282条1号所定の「人的役務の提供に係る対価」に当たるとしてされた源泉徴収に係る所得税の納税告知処分が、違法とされた事例
破棄
依拠し,かつ,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ,具体的表現に修...著作物と同一性を有するにすぎない場合には,翻案には当たらないと解するのが相当である。...活気づくことを表現している点及びその表現の順序において共通し,同一性がある。
1 言語の著作物の翻案の意義 2 表現それ自体でない部分又は表現上の創作性がない部分において既存の言語の著作物との同一性を有する著作物を創作する行為と翻案
上告を棄却
売する上告人の行為は,被上告人の有する同一性保持権を侵害するものであると主...る同一性保持権を侵害するものと解するのが相当である。けだし,本件ゲームソフ...ついて同一性保持権を侵害するものであるところ,前記認定事実によれば,上告人
1 メモリーカードの使用がゲームソフトの著作者の有する同一性保持権を侵害するとされた事例 2 専らゲームソフトの改変のみを目的とするメモリーカードを輸入、販売し、他人の使用を意図して流通に置いた者の不法行為責任
棄却
され、その不一致に悩む者(性同一性障害者)の存在とそれに対する治療の問題が...論じられるようになった。日本精神神経学会が「性同一性障害に関する特別委員...会」答申に基づいて平成9年5月に公表した「性同一性障害に関する答申と提言」
いわゆる性同一性障害の治療としての性転換手術を受けた場合と戸籍法一一三条による戸籍訂正の許否
棄却
い。しかしながら、変更後の新請求と変更前の旧請求との間に訴訟物の同一性が認
1 住民訴訟の対象となる行為又は事実は、監査請求に係る行為又は事実から派生し、又はこれを前提として後続することが必然的に予測されるすべての行為又は事実に及ぶとした上、公金の違法な支出の差止めを求めた監査請求の対象とその支出による損害の賠償を代位請求する住民訴訟の対象との同一性を認めた事例 2 地方自治法242条の2第1項1号の規定による県知事に対する公金支出差止めの訴えに、当該公金支出の違法を理由とする同項4号の規定による県知事個人に対する損害賠償請求の訴えを追加して提起した場合には、新請求に係る訴えを当初の訴え提起の時に提起されたものと同視し、出訴期間の遵守において欠けるところがないと解すべき特段の事情があるとした事例 3 県のした漁業協同組合の行う水産振興特別事業に対する補助金の交付が、公益上の必要があると認められるから、違法でないとされた事例
棄却
営農の主体の同一性には変更がない場合であっても、農地としての保全が行われな...だけで、右固定資産税等の納税義務主体たる所有者の同一性が失われることになる...よっても本件土地を利用して行われる営農の同一性、継続性は何ら阻害されていな
長期営農継続農地に係る固定資産税及び都市計画税の徴収猶予取消処分の取消しを求める請求が、当該農地の共有者の一人が他の共有者にその持分を譲渡した場合は、その後も営農の主体に変更がない場合であっても、農地の一部について所有者の変動が生じたことになり、しかも、共有者全員が共有土地全体の価格を課税標準とする納税義務を連帯して負うことからすると、その納税義務主体たる所有者の同一性が失われることになり、地方税法(平成3年法律第7号による改正前)附則29条の5第1項にいう「引き続き長期営農継続農地として保全」したといえないこととなるから、同条7項の「第一項の規定の適用がないことが明らかとなつたとき」に当たるとして、棄却された事例
棄却
1 町が、県が行う県道敷設のための用地買収に協力し、これが円滑に行われることを目的として、買収に伴う代替地をあらかじめ確保しておくためにした売買に関する契約をその契約成立後10年以上経過した後に解除したことが、違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、同契約の相手方に対してされた、所有権移転仮登記の抹消回復登記手続請求に、同契約解除の違法を理由として、同号に基づく町長個人に対する損害賠償請求を主観的予備的に併合することは、この両請求については当事者の実質的同一性を肯定する余地がないから、不適法であるとした事例 2 町が、県が行う県道敷設のための用地買収に協力し、これが円滑に行われることを目的として、買収に伴う代替地をあらかじめ確保しておくためにした売買に関する契約をその契約成立後10年以上経過した後に解除したことが、無効であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、同契約の相手方に対してされた所有権移転仮登記の抹消回復登記手続請求が、前記解除には地方自治法237条2項等の趣旨に反する違法な点があるが、その解除を無効とすることは相当ではないとして、棄却された事例 3 町が、県が行う県道敷設のための用地買収に協力し、これが円滑に行われることを目的として、買収に伴う代替地をあらかじめ確保しておくためにした売買に関する契約をその契約成立後10年以上経過した後に解除したことが、違法であるとして地方自治法242条の2第1項4号に基づき、同契約の相手方に対してされた損害賠償請求が、同契約の解除において、町が前記相手方に契約時から解除時までの返還代金の金利を免除した点は地方自治法237条2項等の趣旨に照らし違法であるから、金利免除分の限度で理由があるとして、一部認容された事例
上告を棄却
訴事実の同一性を認めた原判断は正当である。
覚せい剤使用罪につき使用時間、場所、方法に差異のある訴因間において公訴事実の同一性が認められた事例
上告を棄却
同一性がない事実につき訴因追加を許可し、その追加された訴因の事実についての
誤つて公訴事実の同一性のない訴因の追加及び立証がされた場合の事後措置
却下
実質的同一性を肯定する余地のない事案であるから、行政訴訟において例外的に主観的予
1 町が、県が行う県道敷設のための用地買収に協力し、これが円滑に行われることを目的として、買収に伴う代替地をあらかじめ確保しておくためにした売買に関する契約を右契約成立後10年以上経過した後に解除したことが、違法であるとして提起された、右契約の相手方に対する所有権移転仮登記の抹消回復登記手続請求住民訴訟に、右契約解除の違法を理由とする町長個人に対する損害賠償請求住民訴訟を主観的予備的に併合することは、右両請求については当事者の実質的同一性を肯定する余地がないから、不適法であるとした事例 2 町が、県が行う県道敷設のための用地買収に協力し、これが円滑に行われることを目的として、買収に伴う代替地をあらかじめ確保しておくためにした売買に関する契約を右契約成立後10年以上経過した後に解除したことが違法であるとして提起された、右契約の相手方に対する所有権移転仮登記の抹消回復登記手続請求が、右の解除には違法の点はないとして、棄却された事例
棄却
者が取得した還付請求権(本件で言えば、賃料債権の実質を有するもの)の同一性を損な...た同一性を損なうものである。したがつて、このように当該還付請求を不適法なものにす
供託金の還付請求に際して供託受諾の意思表示に付することのできる留保は、被供託者が取得した還付請求権の同一性を損なわない範囲のものでなければならないとして、土地賃料債務の弁済供託に対して、右土地の不法占拠による賃料相当損害金として受領する旨の留保を付してした還付請求を却下した処分が、適法とされた事例
却下
いずれも登記簿上の一個の建物の同一性を明らかにし、当該建物の物理的現況を正確に示...つたというべきである。そして、一個の丙建物が甲建物と同一性を有すると共に、これと...は全く別個の乙建物とも同一性を有するということは考えられず、また、甲乙各建物のう
1 甲建物とそれに隣接して建築され独立の建物として表示登記及び所有権保存登記がされた乙建物との一体化工事がされた場合に、登記官がした合棟を原因とする甲建物の滅失登記処分につき、右工事前の乙建物は、甲建物の附属建物として甲建物の登記簿に記載されるべきものであり、右工事により甲建物に付合したものであるから、甲建物は同一性を失っておらず、甲建物所有権の客体の拡張を登記簿上に表示すべきであったとして、右滅失登記処分は違法であるとした事例 2 甲建物とそれに隣接して建築され独立の建物として表示登記及び所有権保存登記がされた乙建物との一体化工事がされ、登記官が、甲建物につき合棟を原因とする滅失登記処分を、甲乙両建物が一体化してできた丙建物につき合棟を原因とする表示登記処分を、それぞれした場合に、甲建物の根抵当権者がした右表示登記処分の取消しを求める訴えが、右滅失登記処分が判決で取り消されることによって登記が回復されるから、訴えの利益を欠くとされた事例
棄却
はとうてい考えられず、計画の同一性を損わず、三条資格者の利益を害することの...討したうえで当該変更が計画の同一性を損わないものか、三条資格者の利益を害し...右によれば、四六年変更は、変更の前後における計画の同一性自体に疑問があるば
1 土地改良法87条の3第1項所定の変更手続を欠いたまま行われた変更工事につき、右工事完成後、右変更部分も含めた事業計画変更の手続が行われたことによって、当初の手続的瑕疵が治癒されたとした事例 2 土地改良事業の事業計画と現実の工事との間に多少の相違があっても、右相違が事業計画の実施過程における技術的理由等によって生ずるものであって、事業計画の同一性を損なわず、土地改良法3条所定の土地改良事業に参加する資格を有する者の利益を害しないような程度の変更であれば、同法87条の3第1項にいう変更に当たらないとした事例
控訴を棄却
工後の機械が新たな機械であり、加工前と加工後の機械に同一性がない(加工後の...とが必要であるといえる。そして、機械が加工によつて機械としての同一性を失う...工後の機械の同一性を判定する上において、特別の意味を有しない。例えば、A、
中古ぱちんこ機に対する加工行為が、加工前後において機械の同一性が失われたとはいえないとして、物品税法3条2項にいう「製造」に当たらないとされた事例
控訴を棄却
が・・・・・・なお同一性を有するとされるのは、当該建物の曳行移動による場合...合には、その同一性は失われ、したがつて従前の建物について設定された抵当権は...れほど変動がないときは、新旧両建物の間に同一性があるとする大審院以来の裁判
1 土地区画整理法77条の規定に基づき、事業施行者が、いわゆる直接施行による解体移転の方法により、従前地上の建物を取り壊し、仮換地上に移築した場合において、仮換地上の建物が、旧建物の材料の大部分を使用し、旧建物と同一の種類・構造のものであるときは、その外観及び床面積に多少の相違があっても新旧建物の同一性は失われず、旧建物の登記簿を閉鎖して新建物につき新登記用紙に表示の登記をすることは許されないとした事例 2 土地区画整理法77条の規定に基づき、いわゆる解体移転の方法により仮換地上に移築された建物と、従前地上の建物との間には社会通念上同一性が保持されているとして、従前地上の建物についてされた滅失の登記及び仮換地上の建物についてされた表示の登記は、いずれも実体を欠く無効の登記であるとした事例
上告を棄却
既存の著作物を知らないでこれと同一性のある作品を作成した者と著作権侵害の責任
上告を棄却
に公訴事実の同一性を認めた原判断は、正当である。... 問題は、第一審における本位的訴因と予備的訴因とが公訴事実の同一性の範囲内...賄側の共犯者とみたのであつて、そこに基本的事実関係の同一性があるのはもちろんのこと、わたくしのいわゆる構成要件的共通性(団藤・新刑事訴訟法綱要・七訂
枉法収賄と贈賄の各訴因の間に公訴事実の同一性が認められる事例
破棄
が相違しており、このような場合には、右両訴因間に公訴事実の同一性を認めるこ...い渡しをせず、これと公訴事実の同一性ありと認めることのできない予備的訴因に...る。そこで、右本位的訴因と予備的訴因との間に公訴事実の同一性が認められるか
公訴事実の同一性があるとされた事例
破棄
 建物につき改造が施され、物理的変化が生じた場合、新旧の建物の同一性が失わ...て判断すべきであり、右建物の物理的変化の程度によつては、新旧の建物の同一性...き改造が施された場合にその同一性を判断するに当たつても同様であるところ、原
建物の改造によるその物理的変化と新旧建物の同一性の有無
破棄
変更の請求をしたのを許可したのは、公訴事実の同一性のない事実について訴因変...同一性について検討する。...同一性の限度を害したもので、刑訴法三一二条一項に違反し、これにもとずき審理
公訴事実の同一性がないとされた事例
上告を棄却
公訴事実の同一性があるとの原審の判断は正当である。)、同第二点は、事実誤認、...日に開かれた第一審第五四回公判期日にいたり、検察官から予備的訴因の追加が請求され、これに対し、弁護人らから公訴事実の同一性を害するという理由で異議の...に公訴事実の同一性があるかどうかの点である。詐欺罪は、「人ヲ欺罔シテ財物ヲ
一 公訴事実の同一性があるとされた事例 二 金沢市金銭物品等の寄附募集に関する条例または小松市寄附金品取締条例にいう寄附募集にあたるとされた事例
破棄
所は同一であつたとしても、賭場を開張した事実と賭博をなした行為とは同一性が...がつて、右両者の間には、公訴事実の同一性がないから、前記のような予備的訴因
賭博開張図利罪と常習賭博罪との間における公訴事実の同一性の有無
棄却
したという事実とは、社会的経済的に同一性を有しないから、これにつき被告は本...(ロ) また、仮りに右両者が同一性を有するとしても、「感謝金制度」に関する...も、これに記載されている事実と社会的、経済的に同一性を有する限り、審判の対
1 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第69条にいう「利害関係人」の範囲 2 公正取引委員会は、審判開始決定書に記載した事実そのものでなければ審判をし審決をしえないという拘束を受けるものではないが、右事実と同一性の範囲内にない事項について審理、認定することによって被審人の防御権を制約する場合には審判をし審決することが許されないとした事例 3 不公正な取引方法(昭和28年公正取引委員会告示第11号)8の拘束条件付取引の意義 4 不公正な取引方法(昭和28年公正取引委員会告示第11号)8にいう「正当な理由」がある場合
上告を棄却
るから、事件の同一性を欠くものと解すべきである。したがつて、これを同一性が
事件の同一性を欠くとされた事例
上告を棄却
同一性を有するものであるとする原審の判断は、当裁判所も正当としてこれを肯認
旧建物と工事後の新建物とが同一性を有するものとされた事例
上告を棄却
備的訴因との間に、公訴事実の同一性が認められるとした原判断は相当である。)、
公訴事実の同一性があるとされた事例
上告を棄却
抵当権の被担保債権に関する主張と認定との間に同一性が認められ弁論主義の違背がないとされた事例
控訴を棄却
れと同一性を欠くか否か、すなわち無許可の集団行動となるか否かは、両集団行動...が許可したところのものと同一性を有し、無許可の集団行動とはならないと解する...加予定人員の一〇分の一以下であつたことも、両者の同一性を判断するについて重
現になされた集団行進及び集団示威運動と公安委員会が許可の対象としたそれとの間に同一性が認められるとした事例
上告を棄却
印鑑証明書の交付のさいの印影および人物の同一性の確認について市吏員に過失がないとされた事例
上告を棄却
個の新たな取消処分をしたものと認むべきではなく、その処分の同一性は失なわれ
一 法人税法(昭和二二年法律第二八号)第二五条第八項第一号による取消処分と同項第三号による取消処分との同一性の有無 二 法人税法による審査の請求の手続において係争処分を他の処分に転換して維持することを許されないとされた事例
上告を棄却
の間に公訴事実の同一性が認められるとした原判断は相当である。)
甲が乙に三〇万円を供与したとする訴因と甲乙共謀のうえ右三〇万円のうち二四五、〇〇〇円について丙らに供与したとする訴因との間の公訴事実の同一性
上告を棄却
求書記載の殺人の事実との間に公訴事実の同一性を認めた原判断は正当である。)
公訴事実の同一性が認められた事例
上告を棄却
たとする予備的訴因との間には、公訴事実の同一性が認められから、右予備的訴因
一 公職選挙法第二一一条第一項第一号の供与等を共謀した者の間における金銭又は物品の授受と同条項第五号の交付又は受交付の罪の成否 二 右共謀にかかる供与等が行なわれた場合における供与等の罪と交付又は受交付の罪との関係 三 前記共謀にかかる供与等が共謀者間で授受された金銭又は物品の一部について行なわれた場合における供与等の罪と交付又は受交付の罪との関係 四 二審が一審判決を破棄するにさいし二審で追加された予備的訴因に基づいて自判することと審級の利益 五 甲が乙に三万円を交付したとする訴因と甲乙共謀のうえ右三万円中二万七、〇〇〇円について丙らに供与等をしたとする訴因との間の公訴事実の同一性。
破棄
  そこで、まず、右本位的訴因と予備的訴因との間に公訴事実の同一性が存する...りうけたとの事実)を媒介として公訴事実の同一性を考察するとしても、右媒介の...詐欺の事実とが公訴事実の同一性の範囲内にあることは認められるけれども、右背
公訴事実の同一性がなく訴因の予備的追加の請求が許されないとされた事例
上告を棄却
の主張と認定との間に同一性を失つたとは解されないから、所論違法はない。また、
主張と認定との間に同一性があるとされた事例
146 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in