裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61764 
刑事21914民事39850
判事事項
性質
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
290 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6
破棄
集59巻1号64頁参照)。そして,同項にいう賞与又は賞与の性質を有する給与...したがって,本件債務免除益は,所得税法28条1項にいう賞与又は賞与の性質
権利能力のない社団の理事長及び専務理事の地位にあった者が当該社団からの借入金債務の免除を受けることにより得た利益が、所得税法28条1項にいう賞与又は賞与の性質を有する給与に当たるとされた事例
控訴を棄却
所得の性質は,原因行為の内容によって決まり,本件譲渡は,形式・実...を有する金員が含まれていると性質決定するためには,...から離れた所得の性質決定を認めるかのいずれかしかないところ,原判決
個人がその有する資産を法人に対し有償譲渡した場合において、当該資産の譲渡の「対価」たる性質を有しない部分の金額が所得税法34条1項の一時所得に該当するとされた事例
上告を棄却
当該共有物の性質や共有状態の実情に適合した妥当な分割が実現されることを期し
1 共有物について遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合における共有物分割と遺産分割の関係 2 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決がされた場合に支払われる賠償金の性質とその支払を受けた者の保管義務 3 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決において賠償金の支払等に関し命じ得る事項
棄却
務その他の役務又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないものをい...又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないものであるから,所得税法...て所得を構成するという包括的所得概念を採用して,所得がその性質や発生
個人がその有する資産を法人に対し有償譲渡した場合において、当該資産の譲渡の「対価」たる性質を有しない部分の金額が所得税法34条1項の一時所得に該当するとされた事例
棄却
1 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴い金銭を供託する方法により担保を立てさせて強制執行の停止がされた後に債務者につき更生手続開始の決定がされた場合における上記担保の被担保債権の性質 2 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴う強制執行の停止に当たって金銭を供託する方法により担保が立てられた場合において債務者につき更生計画認可の決定がされた後であっても供託金の還付請求権を行使することの可否
控訴を棄却
1 土地区画整理法に基づく仮換地の指定後に仮換地自体に着目して締結された、当該仮換地上に建物の所有を目的とする賃借権を設定する旨の賃貸借契約の法的性質 2 土地区画整理法に基づく仮換地の指定後に当該仮換地上に建物の所有を目的とする定期借地権及び事業用定期借地権の設定を受けた者に対し、土地区画整理事業の施行者が、各借地権の価額を一律に当該借地権が設定された土地の更地価額の50パーセントと評価するなどして徴収すべき清算金の金額を定めてした換地処分が、適法とされた事例
棄却
1 仮放免を許可する処分の義務付けを求める訴えの性質 2 出入国管理及び難民認定法24条4号ロに該当するとされた中国(台湾)国籍を有する外国人が、同法48条の口頭審理の請求を放棄したものとして、東京入国管理局主任審査官から同法47条5項に基づき退去強制令書の発付処分を受けたため、前記処分の取消しを求める訴えとともに提起した在留特別許可処分の義務付けの訴えが、不適法とされた事例
破棄
担保権の性質を有するものにすぎないから,被上告人は所有者として本件車両を撤...の性質を有するからといって上記撤去義務や不法行為責任を免れることはないと解
動産の購入代金を立替払し立替金債務の担保として当該動産の所有権を留保した者は、第三者の土地上に存在しその土地所有権の行使を妨害している当該動産について、その所有権が担保権の性質を有することを理由として撤去義務や不法行為責任を免れるか
取り消す
な在留特別許可の性質に照らすと,在留特別許可の付与をするかどうかの判
1 在留特別許可の義務付けを求める訴えの性質2 日本国籍を有する女性と約16年間にわたる共同生活を続けたガーナ共和国国籍を有する男性がした出入国管理及び難民認定法49条1項に基づく異議の申出を棄却し、在留特別許可を付与しなかった法務大臣から権限の委任を受けた入国管理局長がした裁決が、適法とされた事例
棄却
該賃貸借契約の法的性質については,従前の宅地について建物の所有を目的とする...れた場合であっても,当該賃貸借契約の法的性質については,特段の事情がない限...用がない点において,普通借地権とその権利の内容,性質が大きく異なるものであ
1 土地区画整理法に基づく仮換地の指定後に仮換地自体に着目して締結された、当該仮換地上に建物の所有を目的とする賃借権を設定する旨の賃貸借契約の法的性質 2 土地区画整理法に基づく仮換地の指定後に当該仮換地上に建物の所有を目的とする定期借地権及び事業用定期借地権の設定を受けた者に対し、土地区画整理事業の施行者が、各借地権の価額を一律に当該借地権が設定された土地の更地価額の50パーセントと評価するなどして徴収すべき清算金の金額を定めてした換地処分が、適法とされた事例
上告を棄却
た本件各土地についての入会権(以下「本件入会権」という。)は,共有の性質を...1次的に上告人らが本件土地1∼3について共有の性質を有する本件入会権の内容...に,②被上告人Y 1に対し,第1次的に共有の性質を有する本件入会権の内容であ
共有の性質を有する入会権の処分につき入会集団の構成員全員の同意を要件としない慣習の効力
却下
50条1項の在留特別許可を求める申請権としての性質を併せ有するものとし
1 在留特別許可の義務付けを求める訴えの性質 2 日本国籍を有する女性と約16年間にわたる共同生活を続けたガーナ共和国国籍を有する男性がした、出入国管理及び難民認定法49条1項に基づく異議の申出に対し、法務大臣から権限の委任を受けた入国管理局長がした同申出には理由がない旨の裁決の取消し及び在留特別許可の義務付けを求めた各請求が、いずれも認容された事例
棄却
1 控訴に伴う執行停止の担保により担保される損害賠償請求権の性質 2 控訴に伴う執行停止の申立てにおいて相手方が被る損害について未必的な故意があるとされた事例 3 控訴に伴う執行停止が不法行為となる場合において執行停止決定の後民事再生手続開始決定がされたときの損害の算定
控訴を棄却
在学契約の性質...と,在学契約は,有償双務契約としての性質を有する私法上の無名契約と解するの...学生納付金の性質
1 大学と当該大学の学生との間の在学契約の性質 2 大学の入学試験の合格者が納付する入学金の性質 3 大学と在学契約等を締結した者が当該在学契約等を任意に解除することの可否 4 大学の入学試験の合格者による書面によらない在学契約の解除の意思表示の効力 5 大学の入学試験の合格者が当該大学との間で在学契約等を締結して当該大学に入学金を納付した後に同契約等が解除された場合等における当該大学の入学金返還義務の有無 6 大学の入学試験の合格者と当該大学との間の在学契約における納付済みの授業料等を返還しない旨の特約の性質 7 大学の入学試験の合格者と当該大学との間の在学契約等の消費者契約該当性 8 大学の入学試験の合格者と当該大学との間の在学契約における納付済みの授業料等を返還しない旨の特約に関する消費者契約法9条1号所定の平均的な損害等の主張立証責任 9 大学の入学試験の合格者と当該大学との間の在学契約における納付済みの授業料等を返還しない旨の特約に対する消費者契約法9条1号の適用の効果 10 専願等を出願資格とする大学の推薦入学試験等の合格者と当該大学との間の在学契約における納付済みの授業料等を返還しない旨の特約に対する消費者契約法9条1号の適用の効果
破棄
の性質上,私人でも行うことが可能な商業取引であるから,その目的のいかんにか
1 外国国家の私法的ないし業務管理的な行為と民事裁判権の免除 2 外国国家の行為の性質が私人でも行うことが可能な商業取引である場合と民事裁判権が免除されない私法的ないし業務管理的な行為 3 外国国家が私人との間の契約に含まれた明文の規定により我が国の民事裁判権に服することを約した場合と民事裁判権の免除
取り消す
退職により一時に受ける給与及びこれらの性質を有する給与(以下この条...職所得としての性質をも有しているから,一時所得の金額の計算上,退職...の役務又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないもの」であるから,
厚生年金保険法(平成16年法律第104号による改正前)に定める厚生年金基金の解散に伴い支払を受けた残余財産の分配金のうち、選択一時金の性質を有する部分が所得税法31条2号の「加入員の退職に基因して支払われるもの」に該当し、その余の部分が同法34条1項の一時所得に該当するとされた事例
破棄
特段の事情のない限り,債権担保の目的で締結されたものと推認され,その性質は
買戻特約付売買契約の形式を採りながら目的不動産の占有の移転を伴わない契約の性質
取り消す
う。)がされたが、同一の性質の文書について、本件処分と比較すると格段に広い...としており、事務事業の性質上、公開することにより、事務事業の目的に沿った成...務の性質は必ずしも同一ではなく、各事務の性質を考慮して本号該当性を判断する
1 住民監査請求に基づき監査委員が実施した監査における意見陳述手続の際に請求人らが提出した参考資料等に記載された同人らの住所、氏名、職業及び勤務先並びに同手続における同人らの陳述を記録した文書に記載された同人らの一人が所属する市民団体の名称が、大分県情報公開条例(昭和63年大分県条例第31号、平成9年大分県条例第36号による改正前)9条1号に非開示事由として規定する個人情報に該当するとした事例 2 住民監査請求の審理に関する公文書、資料等に含まれる情報の一部が、大分県情報公開条例(昭和63年大分県条例第31号)9条7号に非開示事由として規定する事務事業情報に該当するとした事例 3 県代表監査委員がした公文書非公開処分は、同一の性質の公文書に係る他の公文書公開請求に対する処分と比較して公開範囲が著しく限定されており、当該非公開処分に係る公文書公開請求をした者を差別したものであって違法であるなどしてされた国家賠償請求が、棄却された事例
執行猶予
するまでは、永年にわたり、水道メーターを買入れる契約は「その性質又は目的が...の全体を訴因として掲げるか否かは、具体的事案における行為の性質等を考慮して...ればならない。東京都が、水道メーターを「性質又は目的が競争入札に適しないも
一 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下独占禁止法という)八九条一項一号の不当な取引制限の罪の性質 二 東京都が発注する水道メーターについての談合につき独占禁止法八九条一項一号の不当な取引制限の罪が各年度ごとに成立するとされた事例 三 東京都が発注する水道メーターについての談合により独占禁止法八九条一項一号の罪が既遂になるとされた事例 四 中小企業保護のための談合であっても独占禁止法八九条一項一号の罪の違法性は阻却されないとされた事例
棄却
る程度と、制限される自由の内容及び性質、これに加えられる具体的制限の態様及...限を受ける権利利益の内容、性質、制限の程度、行政処分により達成しようとする...もので、学術的、教育的な専門技術的判断であるから、事柄の性質上、文部大臣の
一 教科用図書の検定に当たって文部大臣が助言、指導の性質を有する改善意見を付することと国家賠償法上の違法 二 高等学校用日本史教科用図書の改訂検定に当たって文部大臣がこれに応ずることを合格の条件とする修正意見を付したことに裁量権の範囲を逸脱した違法があるとされた事例
破棄
評価を受ける危険性が生ずることによって、不法行為が成立するのであって、当該新聞の編集方針、その主な読者の構成及びこれらに基づく当該新聞の性質について
特定の新聞の性質についての社会の一般的な評価等と当該新聞の記事による名誉殿損の成否
破棄
害する性質の行為であると解される。...益を侵害する性質を有している場合には、相当な根拠、理由もないままそのような...措置を執ってはならないことは当然である。したがって、右のような性質を有する
使用者が企業秩序維持のために従業員の法的利益を侵害する性質を有する指導監督上の措置を執った場合におけるその根拠事実の証明と不法行為の成否
上告を棄却
留分権利者に帰属する権利は、遺産分割の対象となる相続財産としての性質を有し...帰属する権利は、遺産分割の対象となる相続財産としての性質を有しないと解され...特定遺贈とその性質を異にするものではないからである。
遺言者の財産全部の包括遺贈に対して遺留分権利者が減殺請求権を行使した場合に遺留分権利者に帰属する権利の性質
上告を棄却
いわゆるフルペイアウト方式によるファイナンス・リース契約によりリース物件の引渡しを受けたユーザーにつき会社更生手続の開始決定があった場合における未払のリース料債権の性質
取り消す
1 日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定(昭和40年条約第28号)並びに日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定の実施に伴う出入国管理特別法(昭和40年法律第146号、平成3年法律第71号により廃止)に基づく日本国における永住資格の法的性質 2 日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定(昭和40年条約第28号)並びに日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定の実施に伴う出入国管理特別法(昭和40年法律第146号、平成3年法律第71号により廃止)に基づく日本国における永住資格(以下「協定永住資格」という。)を有する在日韓国人がした米国留学を理由とする再入国許可申請に対する不許可処分の取消しを求める訴えにつき、その後同人は出国したことにより協定永住資格を喪失したが、なお訴えの利益が認められるとした事例 3 外国人登録法(昭和62年法律第102号による改正前)に規定する指紋押なつ制度と憲法13条、14条並びに市民的及び政治的権利に関する国際規約(昭和54年条約第7号)2条1項、7条、17条1項、26条 4 日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定(昭和40年条約第28号)並びに日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定の実施に伴う出入国管理特別法(昭和40年法律第146号、平成3年法律第71号により廃止)に基づく日本国における永住資格を有する在日韓国人がした再入国許可申請に対し、法務大臣がした同人が外国人登録法(昭和62年法律第102号による改正前)に規定する指紋押なつを拒否していることを主な理由とする再入国不許可処分が、裁量権の範囲を超え又はこれを濫用した違法があるとされた事例 5 日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定(昭和40年条約第28号)並びに日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定の実施に伴う出入国管理特別法(昭和40年法律第146号、平成3年法律第71号により廃止)に基づく日本国における永住資格を有していた在日韓国人が提起した同資格の存在確認請求が、棄却された事例 6 日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定(昭和40年条約第28号)並びに日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定の実施に伴う出入国管理特別法(昭和40年法律第146号、平成3年法律第71号により廃止)に基づく日本国における永住資格を有していた在日韓国人が法務大臣のした再入国不許可処分の違法を理由としてした国家賠償請求が、処分時に同処分が違法であることを法務大臣において知り又は知り得べきであったとはいえないとして、棄却された事例
棄却
他の点において共通の性質を有する同業者を選別する機能を果たしていない。...く、同業者の中から控訴人と共通の性質を有する者を選別する機能を果たしていな...の方式であって、所得の実額の近似値を求める、いうなれば概算課税の性質を有し
1 推計課税の本質及び推計の合理性の意義 2 所得税の更正の取消訴訟において納税者が行う収入及び経費実額の主張立証の法的性質 3 建築業、飲食業、コンクリートポンプ圧送業及び不動産貸付業を営む白色申告者の事業所得金額につき、反面調査により把握した収入金額に基づき各事業ごとに同業者の平均所得率を用いて前記事業所得金額を推計してした所得税の更正が、適法であるとされた事例
控訴を棄却
1 石炭鉱害賠償等臨時措置法11条の6に基づく地方鉱業協議会の鉱害賠償に関する裁定に対する不服の訴えの性質と鉱害賠償債務の存否確認又は給付に関して裁判所が地方鉱業協議会のした裁定と異なる判断をする場合の判決主文 2 鉱害賠償債務の不存在確認のみを請求の趣旨として掲げている訴えについて、裁定の取消しを求める趣旨が包含されていると解することができるとした事例 3 石炭鉱害賠償等臨時措置法11条の6に基づく地方鉱業協議会の鉱害賠償に関する裁定に対する不服の訴えにおいて、当該裁定には、賠償責任の存否について結論を誤った瑕疵があるから取り消すべきであるとした事例
取り消す
すれば、本碑が本来有していた宗教的施設としての客観的性質自体が全面的に変化...ものとなっていることは明らかであって、今日存在する忠魂碑は、その客観的性質...れ、維持されてきたものであり、その性質は全面的に変化し、払拭されてはいない
1 市が宗教的施設としての性質を有する忠魂碑の維持管理のためにその維持管理主体に対してした補助金の交付が、憲法89条、20条1項、3項に違反しないとされた事例 2 慰霊祭が行われることを補助金の交付の条件としている市の補助金交付要綱及び補助金交付基準に基づく補助金の交付が、憲法20条3項に違反しないとされた事例 3 忠魂碑の維持管理主体である保存会が、憲法89条前段又は同法20条1項後段の団体に当たらないとされた事例 4 市が忠魂碑の維持管理主体に対してした補助金の交付が、地方自治法232条の2に違反しないとされた事例 5 市が忠魂碑等の維持管理主体である遺族会、連合自治会等に対してした補助金の交付が違憲、違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、市長個人に対してされた損害賠償請求が、棄却された事例
上告を棄却
一 中小企業等協同組合の組合員の施設等についての具体的な利用関係の性質 二 中小企業等協同組合の解散後の組合員の除名と法定脱退事由
上告を棄却
を催告するという効果を有する行政処分の性質を有するとした原審の判断は、正当
地方税法(昭和六三年法律第一一〇号による改正前のもの)一二四条二項、五項に基づいてされた料理飲食等消費税の決定通知の性質
破棄
一 民法五六六条三項にいう一年の期間の性質 二 瑕疵担保による損害賠償請求権の除斥期間と裁判上の権利行使の要否
控訴を棄却
1 法人のする債権の放棄、免除等と法人税法37条6項にいう「金銭その他の資産又は経済的な利益の贈与又は無償の供与」 2 鉄鋼等の取引を営む会社である法人がその関連会社に対して売り渡した商品の売上代金の一部を値引きした行為が、業績の悪化していた当該関連会社に対する援助措置として行われた経済的利益の無償供与の性質を有し、法人税法37条所定の寄付金に該当するとされた事例
棄却
1 租税法の分野における個人と法人の寄付の性質の違い等を理由とする取扱いの区別と憲法適合性の判断 2 所得税法78条と憲法14条1項、84条
破棄
する収入たる性質のものと解すべきであって、労働基準法上の賃金には該当しない...る性質を有するものであって、賃金と認めるのが相当である。また、零細な漁業生
漁業生産組合が毎月その事業に従事する組合員に対し労務の提供の程度に応じて支払う報酬の法的性質
取り消す
わゆる計画許可の性質を有するもので、同条二項一、二号の許可要件の審査におい
1 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(平成3年法律第95号による改正前)7条2項1号の「市町村による一般廃棄物の収集、運搬及び処分」は、市町村長の許可を受けた民間業者による一般廃棄物の収集、運搬及び処分を含むか 2 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(平成3年法律第95号による改正前)7条の一般廃棄物処理業の許可の制度の趣旨及び法的性質 3 一般廃棄物処理業の許可申請に対し、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(平成3年法律第95号による改正前)7条2項1号に適合していないとして町長がした不許可処分につき、その認定判断には裁量権の逸脱又は濫用があり、前記許可申請は同条2項1号ないし4号に適合していると認められるところ、同条の許可については効果裁量は認められないから、前記不許可処分は違法であるとして、同処分が取り消された事例 4 浄化槽法35条の浄化槽清掃業の許可の制度の趣旨及び法的性質 5 一般廃棄物処理業の許可申請につき不許可処分を受けた者が同申請と併せてした浄化槽清掃業の許可申請に対し、浄化槽清掃業の業務に関して同人が浄化槽法36条2号ホに該当するとして町長がした不許可処分につき、前記一般廃棄物処理業の不許可処分は取り消されるべきものであり、他に同人について不正又は不誠実な行為をするおそれがあることをうかがわせる事情は認められず、浄化槽清掃業の許可については要件裁量も効果裁量も認められないから、前記浄化槽清掃業の不許可処分は違法であるとして、同処分が取り消された事例
取り消す
の性質を有するものというべきであり、したがって法人税法三七条所定の寄付金に...拠に基づいて行われる通常の取引における売上値引きとはおよそその性質を異にす...わゆる営業経費の性質を有するものを指すものと解すべきことは前記のとおりであ
1 法人のする債権の放棄、免除等と法人税法37条6項にいう「金銭その他の資産又は経済的な利益の贈与又は無償の供与」 2 鉄鋼等の取引を営む会社である法人がその関連会社に対して売り渡した商品の売上代金の一部を値引きした行為が、その時点において、当該法人が売上値引きを行わなければ今後当該法人においてより大きな損失を被ることとなることが社会通念上明らかであると認められるような状況があったものとは認められず、また、その売上値引分に相当する売掛債権の回収が不能な状況にまでなっていたものではないから、業績の悪化していた当該関連会社に対する援助措置として行われた経済的利益の無償供与の性質を有し、法人税法37条所定の寄付金に該当するとされた事例 3 法人税法37条6項にいう「経済的な利益の(・・・中略・・・)無償の供与」の意義 4 鉄鋼等の取引を営む会社である法人の関連会社が商社に売り渡した商品の買手が見つからなかったため、同関連会社に代わって前記の法人がその商社の販売店から当該商品を買い戻し、その後第三者に売り渡した場合において、その買戻し時と売却時との間の当該商品の相場価格の下落によって生じた売買損失につき、その買受けの時点においては、その売買価格は当時の相場価格にほぼ相当する価額となっており、しかも、その商品の相場価格は将来更に上昇に向かうであろうとする見方もあったことからすると、当該買受けの行為自体は、ごく通常の取引行為の性格を持つものであったとも考えられ、また、法人税法37条7項の文言からすれば、仮に当該法人が前記関連会社から当該商品を直接買い受けた場合には、その対価が買受け当時のその商品の時価に相応している限り、たとえ買受け後にその相場が下落して当該法人が売買損失を被ったとしてもこれをもって寄付金に算入することはできないことになることと対比すると、本件において当該法人が被った前記売買損失をもって同条6項の経済的利益の無償供与に当たるとすることは、前記の場合に比して著しく均衡を失することになるなどとして、前記売買損失をもって同条所定の寄付金に該当するものとすることはできないとした事例
控訴を棄却
としても、なんら既設の鉄道路線の廃止、変更を生じさせる性質のものではなく、
一般住民のした鉄道事業法3条に基づく第一種鉄道事業免許の取消しを求める訴えが、同免許は、事業者に対し経営を計画している路線の鉄道事業の免許を付与したというにとどまり、処分本来の効果としてはもとより、処分の必然的な結果として既設の鉄道路線の廃止、変更を生じさせる性質のものではなく、仮に、既設路線廃止を前提に前記免許の申請がされているとしても、別に運輸大臣の許可を得ない限りそのような結果を招来させることはあり得ないとして、その取消しを求める法律上の利益がないとの理由で却下された事例
控訴を棄却
の性質が契約ではなく、合同行為となるものではない。
1 住民監査請求において要求される違法性・不当性に関する主張の程度 2 住民監査請求が特定の法令に違反している等の具体的な事実の摘示がないとの理由で却下された場合において、その却下は不適法なものであり、同監査請求については監査委員による監査又は勧告が行われていないものというべきであるとして、監査請求をした日から60日を経過した日から30日以内に提起された地方自治法242条の2第1項4号に基づく訴えは同条2項3号により適法であるとした事例 3 東京都北清掃工場の建替えに伴う地元還元公共施設の建設が、都が同工場の付近住民が結成した団体との間で締結した東京都北清掃工場設置に関する協定3条に違反するから、その設計委託料の支出は違法であるとして提起された、地方自治法242条の2第1項4号に基づく都清掃局長個人に対する損害賠償請求が、前記協定はいわゆる公害防止協定であり公法上の契約であるところ、前記協定3条は、同協定締結当時の事情に基づいてされたおおよその合意にすぎず、都に前記団体に対する債務を負担させるような法的効果を生ずる性質のものではなく、その後に都と前記団体を事実上承継して地域住民の意向を代表する組織との間で前記協定の内容が適法に変更されたものであるとして、棄却された事例
棄却
することとなった場合においても、その性質上、一般破産債権者に優先して、ある
1 法人税法が清算所得に関する諸規定において、合併による解散の場合を別異に取り扱う旨を定めながら、破産による解散の場合についてはこのような規定をおいていないことに照らせば、予納法人税に関する規定は破産法人に対しても適用され、破産財団の管理処分権限を有する破産管財人は、管理処分権能の一環として同税の申告義務及び納付義務を負うものと解すべきであるとした事例 2 破産財団に対する予納法人税の一般部分に係る債権は、破産法47条2号ただし書の「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たるものと解することはできず、同法15条の「破産宣告前ノ原因ニ基キテ生シタル財産上ノ請求権」にも該当しないが、その性質上、同法46条を準用して劣後的破産債権として取り扱われるのが相当であり、破産財団から配当手続により納付されるべきであるとした事例 3 破産法人が清算中の事業年度中に同法人が所有する不動産を譲渡して所得を得たにもかかわらず、破産管財人が法定の申告期限内に法人税法102条1項所定の予納法人税の申告をしなかったとしてされた無申告加算税賦課決定処分が、申告期限の徒過につき国税通則法66条1項ただし書にいう「正当な理由」があったとは認められず、税額の算出方法にも誤りはないとして、適法とされた事例
取り消す
1 石炭鉱害賠償等臨時措置法11条の6に基づく地方鉱業協議会の鉱害賠償に関する裁定に対する不服の訴えの性質と鉱害賠償債務の存否確認又は給付に関して裁判所が地方鉱業協議会のした裁定と異なる判断をする場合の判決主文 2 鉱害賠償債務の不存在確認のみを請求の趣旨として掲げている訴えについて、裁定の取消しを求める趣旨が当然包含されていると解することができるとした事例 3 石炭鉱害賠償等臨時措置法11条の6に基づく地方鉱業協議会の鉱害賠償に関する裁定に対する不服の訴えにおいて、裁定の法的責任の存否に関する認定判断については同協議会の行政的裁量を許容する余地はないと解すべきところ、当該裁定には、建物に発生した損傷が鉱害打切賠償の合意の対象に含まれていたか否かの点につき事実の認定判断を誤り、賠償責任の存否について結論を誤った瑕疵があるから取り消すべきであるとした事例
控訴を棄却
のであるが、特定の個人に対する権力的意思活動であっても、その性質によっては
1 福岡県情報公開条例(昭和61年福岡県条例第1号)に基づき、公文書の開示請求を行った者に対し、県教育委員会が、公文書非開示決定をした後、開示を求められた文書とは別の文書を開示する旨の一部変更決定をした場合、前記非開示決定は、既にこの一部変更決定により変更されているから、前記非開示決定の取消請求は、一部変更決定によって変更された非開示決定の取消しを求めるものと解されるところ、前記非開示決定の取消しのほかに前記一部変更決定そのものの取消しを求める利益はなく、また、同一部変更決定は、前記非開示決定を、その取消しを求める者に有利に変更したものであるから、同一部変更決定の取消しを求める訴えはその利益を欠くとして、却下した事例 2 福岡県情報公開条例(昭和61年福岡県条例第1号)に基づく開示請求に係る情報が学校教育に関するものであることを理由として、他の一般的な行政情報とは異なった配慮の下に開示の適否を判断すべきであるとする県教育委員会の主張が、情報の開示を原則とする条例の解釈に当たっては、明記された非開示事由以外に当該情報の開示を拒否できる場合を認めることは許されず、また、非開示事由該当性の判断においても、特に条例で認められたもののほかには、その情報の性質等を理由として、特別に緩やかに判断することは容認されないとして、排斥された事例 3 福岡県情報公開条例(昭和61年福岡県条例第1号)に基づき、福岡県内における昭和60年度の各県立高等学校の中途退学者数及び原級留置者数を記録した公文書の開示請求に対し、同県教育委員会が同文書は同条例9条1号本文、3号、5号所定の非開示事由に該当するとしてした非開示決定が、同文書は前記非開示事由のいずれにも該当しないから違法であり、また、前記開示請求は高等学校教育改善のための研究資料として用いるためにされたもので、正当な権利行使というべきであり、権利の濫用に当たらないとして、取り消された事例
棄却
するといった法的効果を生ずる性質のものではないと解するのが相当である。
1 住民監査請求において要求される違法性・不当性に関する主張の程度 2 住民監査請求が特定の法令に違反している等の具体的な事実の摘示がないとの理由で却下された場合において、その却下は不適法なものであり、前記監査請求については監査委員による監査又は勧告が行われていないものというべきであるとして、監査請求をした日から60日を経過した日から30日以内に提起された地方自治法242条の2第1項4号に基づく訴えは、同条2項3号により適法であるとした事例 3 東京都北清掃工場の建替えに伴う地元還元公共施設の建設が、都が同工場の付近住民が結成した団体との間で締結した東京都北清掃工場設置に関する協定3条に違反するから、その設計委託料の支出は違法であるとして提起された、地方自治法242条の2第1項4号に基づく都清掃局長個人に対する損害賠償請求が、前記協定3条は、協定締結当時の事情に基づいてされたおおよその合意にすぎず、都に前記団体に対する債務を負担させるような法的効果を生ずる性質のものではないとして、棄却された事例
棄却
計上の行為又は事実としての性質を有する事項に限られ、これらが先行行為に基礎...を置く場合には、当該先行行為も財務会計上の性質を有することを必要とすると解...実としての性質を有しないから、原告らが違法であると主張する行為は、そもそも
1 「発電所の立地に関する環境影響調査及び環境審査の強化について」と題する昭和52年7月4日付け通商産業省省議決定及び「発電所の立地に関する環境影響調査及び環境調査の実施について」と題する昭和54年6月24日付け通商産業省資源エネルギー庁通達(54資庁第8775号)が原子力発電所の設置を計画する電気事業者等に対して要求している環境影響調査の実施及び環境影響調査書の作成のため、将来電気事業者に調査結果を利用させることを予定した上で、県が当該電気事業者に代わって基礎資料を収集し、もってその原子力発電所立地の手続に便宜を供与する意図で調査会社等との間で海洋調査実施委託契約を締結し、委託料及び調査実施に伴う事務費を支出した行為が違法な公金の支出に当たるとして県知事個人に対し提起された地方自治法242条の2第1項4号前段に基づく損害賠償請求が、地方自治法232条の2所定の「寄附又は補助」は、財政的な観点からされる援助を意味するものであるところ、前記支出行為は、専ら原子力発電所の立地を推進するために必要な手続上のものであり、当該電気事業者が海洋調査結果の使用の対価として前記支出に法定利息相当額を加えた金額を上回る金員を県に納付していることに照らすと、当該行為が財政上の寄附又は補助に該当するということはできないなどとして、棄却された事例 2 県知事が「県有著作物の取扱いに関する要綱」(石川県告示第377号の3)に基づき電気事業者に対してした、県有著作物たる海洋調査結果の使用承諾の取消しを求める訴えが、同調査結果は県の普通財産に該当するところ、普通財産の使用関係はこれを公法的に規制する法令が存しない限り、一般的には私法関係とみるべきものであり、前記要綱はその内容が県有著作物の使用関係を公法的に規制するものではないから、使用承諾権者たる県知事のした使用承諾は、著作権法63条所定の著作権者のした著作物の使用許諾にとどまり、公権力の行使としての行政処分たる性質を有せず、地方自治法242条の2第1項2号の予定する訴訟類型に該当しないとして、却下された事例 3 県知事が「県有著作物の取扱いに関する要綱」(石川県告示第377号の3)に基づき電気事業者に対して県有著作物たる海洋調査結果の使用承諾をし、県の財産管理を怠ったことの違法確認を求める地方自治法242条の2第1項3号による訴えが、当該知事の行為は積極的行為を内容とするものであり、不作為を対象とする同法条の訴訟類型に該当しないとして、却下された事例
棄却
来国に納付されるべき税金の性質を持つ金員の使途を個人の意思にゆだねたのと変...本来国に納付されるべき税金の性質を持つ金員の使途を個人の意思にゆだねる結果
1 租税法の分野における個人と法人の寄付の性質の違い等を理由とする取扱いの区別と憲法適合性の判断 2 所得税法78条と憲法14条1項、84条
取り消す
務の性質上、公開することにより、当該事務若しくは同種の事務の実施の目的が失
1 栃木県公文書の開示に関する条例(昭和61年栃木県条例第1号)の定める公文書開示請求権は、憲法21条の規定に基づいて直接的に発生するものではなく、同条例によって初めて認められたものであり、同条例に基づく公文書開示請求が認められるか否かは、法文解釈の一般原則と同条例中公文書の原則公開の基本理念等を示した解釈基準規定の趣旨に従って、同条例中の公文書の開示をしないことができる事由を定めた規定の法文を解釈し、運用することによって判断すべきであるとした事例 2 現金出納簿に記録された知事交際費の支出の月日、相手方の氏名、職名等及び支出金額の情報が、公文書の開示をしないことができる事由として定めた栃木県公文書の開示に関する条例(昭和61年栃木県条例第1号)6条5号にいう「県の機関又は国等の機関が行う検査、監査、取締り、争訟、交渉、入札、試験その他の事務に関する情報であって、当該事務の性質上、公開することにより、当該事務若しくは同種の事務の実施の目的が失われ、又はこれらの事務の公正若しくは適切な実施を著しく困難にするおそれのあるもの」中の後段の要件に該当するか否かにつき、知事の交際事務に関する情報の公開は、経験則上、必ずしも相手方等の関係者に不快等の感情を生じさせ、前記の事務の実施の目的を失わせる結果を招くとは限らず、前記の結果を生ずることは、交際事務の案件のそれぞれについて個別的具体的に証拠によって証明されなければならないとした上、同条例に基づく公文書開示の実施機関である知事は前記の要件につき主張立証責任を負うにもかかわらず、前記の情報を公開することによってかかる結果を招くことの蓋然性について立証したとはいえないから、当該情報が前記要件に該当するとは、認められないとした事例 3 現金出納簿に記録された知事交際費の支出の月日、相手方の氏名、職名等及び支出金額の情報が公文書の開示をしないことができる事由として定めた栃木県公文書の開示に関する条例(昭和61年栃木県条例第1号)6条1号、2号、4号又は5号に該当するとして、県知事がした、前記文書の非開示決定につき、前記の情報中相手方が個人の交際に関する情報で相手方が識別され得るものは、同条1号にいう「個人に関する情報(事業を営む個人の当該事業に関する情報を除く。)であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るもの」に該当するので、当該公文書中前記情報が記録された部分を非開示とした決定部分は適法であるが、相手方が法人その他の団体の交際に関する情報及び相手方が個人の交際に関する情報で相手方が識別されないものは、同条例が非開示とできると定める事由が存在しないから、当該公文書中前記情報が記録された部分を非開示とした決定部分は違法であるとした事例
控訴を棄却
1 地方自治法242条の2第1項4号の「当該職員」の意義 2 都市再開発法に基づく市街地再開発組合施行による市街地再開発事業の指導、促進の目的で、都特別区によって行われたその基本計画の作成及びこれに先立つ都市計画の見直し作業に係る公金の支出が違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき区長個人及び区都市整備部長個人に対してした損害賠償請求が、同部長個人に対する請求は、同人は同項の「当該職員」に該当せず不適法であるとして、却下され、また、区長個人に対する請求は、区による前記見直し作業及び前記基本計画の作成がそれによって住民に法的効果を及ぼす性質のものではなく、住民の意見を聞く手続がとられなかったとしても違法の問題を生じないこと等を理由として、棄却された事例
棄却
1 地方財政法4条1項の法的性質 2 市が普通財産として所有するため土地を取得した際に、地方財政法4条1項等に違反して公金の支出をした違法があるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、市長ら個人に対してされた損害賠償請求が、同支出は、前記規定に違反しないとして、棄却された事例
破棄
期間付雇用契約の法的性質については、試用期間中の労働者に対する処遇の実情や...した原判決は、雇用契約の期間の性質についての法令の解釈を誤り、審理不尽、理...れないとして本件雇用契約を試用期間付雇用契約であり、その法的性質を解約権留
一 労働者の新規採用契約においてその適性の評価・判断のために設けられた期間の性質 二 試用期間付雇用契約の法的性質
棄却
にも関係するものであるから、この判断については、事柄の性質上、行政の責任者
1 逃亡犯罪人引渡法14条1項に基づく法務大臣の引渡命令の執行停止を求める申立てにつき、同命令の執行が終了した場合には同命令の取消しを求める本案訴訟は訴えの利益を失うことが明らかであり、同命令により被る損害を前記本案訴訟以外の方法で回復することは困難であるから、行政事件訴訟法25条2項にいう「処分の執行により生ずる回復の困難な損害を避けるため緊急の必要があるとき」に当たるとした事例 2 逃亡犯罪人引渡命令取消しの訴えにおける裁判所の審査の範囲 3 逃亡犯罪人引渡法14条1項に基づく法務大臣の引渡命令が違法となる場合 4 逃亡犯罪人引渡法14条1項に基づく法務大臣の引渡命令の執行停止を求める申立てが、当該引渡犯罪は民間航空機に対するハイジャック事犯という重大事犯であり、その内容が同法上保護を必要とするほどの政治的性質を有する犯罪には該当しないとの判断が東京高等裁判所によりされているなどの事情のもとでは、請求国に対する外交的配慮等の諸要素を総合考慮してされるべき高度の政治的、裁量的な性質を有する法務大臣の判断が、社会通念上著しく妥当性を欠くことが明らかで違法であるとはいえないから、行政事件訴訟法25条3項にいう「本案について理由がないとみえるとき」に当たるとして、却下された事例
却下
の訴えの利益を失うに至ることが明らかである。しかも、事柄の性質上、申立人が...(二) 次に、申立人は、本件においては、本件引渡犯罪の性質、引渡請求国たる...国家間における法制の相違という事柄の性質上、ある程度はやむを得ないこととし
1 逃亡犯罪人引渡法14条1項に基づく法務大臣の引渡命令の執行停止を求める申立てにつき、同命令の執行が終了した場合には同命令の取消しを求める本案訴訟は訴えの利益を失うことが明らかであり、同命令により被る損害を前記本案訴訟以外の方法で回復することは困難であるから、行政事件訴訟法25条2項にいう「処分の執行により生ずる回復の困難な損害を避けるため緊急の必要があるとき」に当たるとした事例 2 逃亡犯罪人引渡命令取消しの訴えにおける裁判所の審査の範囲 3 逃亡犯罪人引渡法14条1項に基づく法務大臣の引渡命令が違法となる場合 4 逃亡犯罪人引渡法14条1項に基づく法務大臣の引渡命令の執行停止を求める申立てが、当該引渡犯罪は民間航空機に対するハイジャック事犯という重大事犯であり、その内容が同法上保護を必要とするほどの政治的性質を有する犯罪には該当しないとの判断が東京高等裁判所によりされているなどの事情のもとでは、請求国に対する外交的配慮等の諸要素を総合考慮してされるべき高度の政治的、裁量的な性質を有する法務大臣の判断が、社会通念上著しく妥当性を欠くことが明らかで違法であるとはいえないから、行政事件訴訟法25条3項にいう「本案について理由がないとみえるとき」に当たるとして、却下された事例
290 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in