裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61764 
刑事21914民事39850
判事事項
確定判決
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
確定判決の判決統計
0
0
0
115 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
破棄
した(以下,同判決を「前訴確定判決」という。)。ウ...被上告人は,前訴確定判決に基づき,チッソから850万円及びこれに対す...原審は,上記事実関係等の下において,前訴確定判決は被上告人の水俣病に
公害健康被害の補償等に関する法律4条2項の認定を受けた者が原因者に対する損害賠償請求訴訟の確定判決に基づく損害賠償義務の全ての履行を既に受けている場合には、都道府県知事は、同法に基づく障害補償費の支給義務の全てを免れる
棄却
う。)の開放を抗告人に命ずる確定判決に基づき,間接強制の申立てをした事案で...人に命ずる確定判決(以下「本件確定判決」という。)を得ている。...い旨の義務を負うなどしたため,本件各排水門の開放という本件確定判決に基づく
確定判決により干拓地の潮受堤防の排水門を開放すべき義務を負った者が第三者の申立てに基づく仮処分決定により上記排水門を開放してはならない旨の義務を負ったという事情がある場合における上記確定判決に基づく間接強制決定の許否
棄却
ってその開放を継続することを抗告人に命ずる確定判決(以下「別件確定判決」と...これに対し,抗告人は,別件確定判決により本件各排水門を開放すべき義務を負...行することができるものである。このことは,抗告人が別件確定判決により本件各
仮処分決定により干拓地の潮受堤防の排水門を開放してはならない旨の義務を負った者が第三者の提起した訴訟の確定判決により上記排水門を開放すべき義務を負っているという事情がある場合における上記仮処分決定に基づく間接強制決定の許否
破棄
以上の事情に照らせば,賃料増減額確認請求訴訟の確定判決の既判力は,原告が
借地借家法32条1項の規定に基づく賃料増減請求により増減された賃料額の確認を求める訴訟の確定判決の既判力
棄却
た株式会社の解散の訴えに係る請求を認容する確定判決につき,相手方会社の株...機会を奪われたから,上記確定判決につき民訴法338条1項3号の再審事由が...ある抗告人は,上記訴えに係る請求を認容する確定判決を取り消す固有の利益を
1 株式会社の解散の訴えに係る請求を認容する確定判決に対する再審の訴えと上記確定判決の効力を受ける第三者の原告適格 2 当事者の一方の請求に対して訴え却下又は請求棄却の判決を求めるのみの独立当事者参加の申出の適否
棄却
行の無効の訴え」という。)に係る請求を認容する確定判決の効力を受ける抗告人...が,上記確定判決につき,民訴法338条1項3号の再審事由があるとして申し立...新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決の効力を受ける第三者は,
1 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決に対する再審の訴えと上記確定判決の効力を受ける第三者の原告適格 2 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決と民訴法338条1項3号の再審事由 3 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決に民訴法338条1項3号の再審事由が存在するとみる余地があるとされた事例
棄却
の確定判決に対する再審請求が福岡地方裁判所に係属しており,請求が競合する状...本件のように,再審請求が競合した場合において控訴を棄却した確定判決に対す
控訴棄却の確定判決に対する再審請求が適法な再審事由の主張がなく不適法であることが明らかなときと刑訴規則285条1項による訴訟手続の停止
破棄
る確定判決を詐取したなどと主張して,不法行為に基づく損害賠償等を求める事案...矛盾する損害賠償請求をするものであるが,当事者間に確定判決が存在する場合...に,その判決の成立過程における相手方の不法行為を理由として,その判決の既判力ある判断と実質的に矛盾する損害賠償請求をすることは,確定判決の既判力によ
前訴において相手方が虚偽の事実を主張して裁判所を欺罔し勝訴の確定判決を取得したことを理由とする不法行為に基づく損害賠償請求が許されないとされた事例
懲役1年2月
り,前訴の確定判決の一事不再理効は後訴に及ぶから,本件については刑訴法33
前訴の建造物侵入、窃盗の訴因と後訴の非現住建造物等放火の訴因との間には公訴事実の単一性がなく、前訴の確定判決の一事不再理効は後訴に及ばないとされた事例
破棄
となり,同一の訴訟物につき別訴を提起した場合,前訴の確定判決の既判力に拘束...と,本件訴訟に係る訴えは,前事件の確定判決の既判力に拘束されるというべきで...ある。したがって,前事件の確定判決において本件仮差押命令の申立てに基づく損
前訴において1個の債権の一部についてのみ判決を求める旨が明示されていたとして、前訴の確定判決の既判力が当該債権の他の部分を請求する後訴に及ばないとされた事例
破棄
の請求を全部認容する判決を言い渡し,同判決は確定した(以下,この確定判決を...「本件確定判決」という。)。...抗告人は,本件確定判決の正本を提出し,本件自動車について,上記駐車
登録自動車を目的とする民法上の留置権による競売において民事執行法181条1項1号所定の「担保権の存在を証する確定判決」に該当するための要件
却下
同裁判は外国裁判所の確定判決として,わが国の人事訴訟における確定...し類推適用により,わが国でも外国裁判所の確定判決としてその効力が承...外国裁判所の確定判決に当たるかどうかについては明らかでなく,本件裁
1 法律上の親子関係の確定を内容とし対世的効力を有する外国裁判所の裁判と民訴法118条にいう「外国裁判所の確定判決」 2 民訴法118条3号にいう「日本における公の秩序又は善良の風俗に反しないこと」の意義 3 ネバダ州在住の米国人女性が日本人夫婦といわゆる代理出産契約を締結して分娩した子について上記夫婦が上記子の血縁上及び法律上の父母であることを確認することなどを内容とするネバダ州裁判所の裁判は民訴法118条3号にいう「日本における公の秩序又は善良の風俗に反しないこと」の要件を具備するとした事例
上告を棄却
 1 所論は,確定判決の一事不再理効に関する原判決の判断が,所論引用の高松... 原判決は,本件起訴に係る建造物侵入,窃盗の各行為が,確定判決で認定された...しながら,確定判決前に犯された余罪である本件各行為が単純窃盗罪(刑法235
前訴及び後訴の各訴因が共に単純窃盗罪であるが実体的には一つの常習特殊窃盗罪を構成する場合と前訴の確定判決による一事不再理効の範囲
控訴を棄却
訟の確定判決により支持された以上,法27条10項により被控訴人は再審...対して刑罰が科せられる(法28条)。しかるに確定判決に使用者が違反を...消訴訟における確定判決によって本件初審命令が支持された以上,当該
救済申立てを一部認容した地方労働委員会の命令が使用者の提起した取消訴訟の確定判決によって支持された場合において中央労働委員会が当該命令のうち救済申立てを棄却した部分を再審査することの許否
懲役1年
判決」という。),前件確定判決の建造物侵入,窃盗の各犯行も常習特殊窃盗罪に該当...一罪の一部について既に確定判決があったことになるから,免訴とされるべきであるに...もかかわらず,原判決は,被告人Aの本件各犯行及び前件確定判決における各犯行は
単純窃盗罪として確定判決を経た窃盗事件と実体的には常習特殊窃盗罪の一罪を構成すると見られる窃盗事件が起訴された場合において確定判決の一事不再理効は単純窃盗罪としての当該起訴に及ぶか(消極)
破棄
罪の確定判決を得ることができず、また、証拠欠缺以外の理由により有罪判決を得...又は証拠の欠缺以外の理由により有罪の確定判決等を得ることができないときに限...り、右の訴えを提起することができる。ところで、右の有罪の確定判決等を得るこ
民訴法三三八条一項五号に規定する罰すべき行為の公訴時効が完成したが同条二項に規定する有罪の確定判決等を得ることができないときに当たらないとして除権判決に対する不服の理由があるとはいえないとされた事例
棄却
 一 本件再審請求の対象である第一審判決(以下「確定判決」ともいう。)が認...のである。右放火の罪は、確定判決において強盗殺人、同未遂の罪と一個の行為で...ろ、このように確定判決において科刑上一罪と認定されたうちの一部の罪について
一 確定判決が科刑上一罪として処断した一部の罪について無罪とすべき明らかな証拠を新たに発見した場合と刑訴法四三五条六号の再審事由 二 確定判決が詳しく認定判示した犯行の態様の一部に事実誤認のあることが明らかになった場合と刑訴法四三五条六号の再審事由 三 刑訴法四三五条六号の再審事由の存否を判断するに当たり確定判決が標目を挙示しなかった証拠及び再審請求後の審理において新たに得られた証拠を検討の対象にすることの可否
上告を棄却
取得原因事実を後の訴訟において主張することは、右確定判決の既判力に抵触する... 二 いうまでもないところであるが、確定判決の既判力(民訴法一九九条一項)...とは、確定判決の内容について認められる拘束力であって、この既判力が生ずると、同一当事者間の後の訴訟において、裁判所は、前の訴訟の確定判決の主文に包含さ
所有権確認請求訴訟で敗訴した原告が後訴において共有持分の取得を主張することが前訴の確定判決の既判力に抵触して許されないとされた事例
棄却
 一 確定判決の有罪認定とその証拠関係... 1 本件再審請求の対象である第二審判決(以下「確定判決」という)が認定し... 2 そして、確定判決は、その判文に照らし、以下の三つの証拠群を有罪認定の
一 再審請求段階で新たに提出された証拠により確定判決の有罪認定の根拠となった証拠の一部について証明力が大幅に減殺された場合における刑訴法四三五条六号にいう「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」に当たるか否かの判断方法 二 再審請求段階で新たに提出された証拠により確定判決の有罪認定の根拠となった証拠の一部について証明力が大幅に減殺されても右新証拠が刑訴法四三五条六号にいう「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」に当たらないとされた事例
即時抗告を棄却
が宣告した有罪判決(以下「確定判決」という。)は、同裁判所が昭和四二年三月...法であり、取消しを免れない旨、「2」確定判決は、申立人らがB株式会社C店...だけでなく、確定判決とは異なる放火の方法を認定しており、このような原決定は
一 刑訴法四三五条六号にいう「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」に当たらないとされた事例 二 確定判決において科刑上一罪として処断された一部の罪について刑訴法四三五条六号の事由を主張して再審の請求をすることの可否
上告を棄却
また、同条二項の「証拠欠缺外ノ理由ニ因リ有罪ノ確定判決…ヲ得ルコト能ハサル...本来ならばその実体において有罪の確定判決を得ることが可能であったのに、被疑...られなくなったことをいうものであるから、文書の偽造等につき有罪の確定判決が
再審の訴えの対象となった原判決の証拠とされた文書の偽造等につき有罪の確定判決を得ることを可能とする証拠が原判決の確定後に収集された場合の再審の訴えの許否
破棄
七〇号、右判決を以下「本件確定判決」という。)、(三) 被上告人らはFの子又...るべきであり、認知の確定判決を第三者が再審の手続で争う余地があると解される...再審手続をもって本件確定判決を争うことができるものと解すべく、再審事由につ
検察官を被告とする認知の確定判決に対する再審の訴えと認知を求められた亡父の子の原告適格
棄却
1 地方公共団体の議会の議員の定数配分を定めた条例の規定の違憲、無効を理由として選挙の無効を求める訴えが、訴えの利益を欠くものとはいえないとされた事例 2 地方公共団体の議会の議員の定数配分を定めた条例の規定の違法性の判断基準 3 千葉県議会議員の選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号、昭和61年同県条例第45号による改正後)2条の議員定数配分規定によれば、昭和62年4月12日に行われた同県議会議員選挙当時、いわゆる逆転現象が31通りも生じていた上、存置のの必要性につき特別な理由もないまま公職選挙法271条2項に基づく特例選挙区3区が存置された結果、議員1人当たりの人口最大区と最小区である右特例選挙区(3区のうちの1区)との間には3・98対1の較差が生じており、右較差が示す選挙区間における投票価値の不平等は、地方公共団体の議会において地域間の均衡を図るため通常考慮し得る諸般の要素をしん酌してもなお、一般的に合理性を有するものとは考えられない程度に達していたというベきであり、これを正当化すベき特別の理由も認められないとして、右投票価値の較差は、公職選挙法15条7項所定の選挙権の平等の要求に反するものというベきであるとした事例 4 千葉県議会議員の選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号、昭和61年同県条例第45号による改正後)2条の議員定数配分規定が、右は、改正前の配分規定は選挙権の平等の要求に反するとの確定判決を受けて改正されたものであるにもかかわらず、改正の際に特例選挙区の存廃につき根本的な見直しを行わず、議員1人当たりの人口最大区と最小区である右特例選挙区(3区のうちの1区)との間の3・98対1の較差を放置したものであり、公職選挙法15条7項の規定上要求される合理的期間内における是正をしなかったものというベきであるとして、昭和62年4月12日に行われた同県議会議員選挙当時、同条項の規定に違反するといわなければならないとした事例 5 千葉県議会議員の選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号、昭和61年同県条例第45号による改正後)2条の議員定数配分規定に基づいて施行された千葉県議会議員選挙の市川市選挙区における選挙の無効を求める請求につき、右選挙は違法であるが、行政事件訴訟法31条1項に示された一般的な法の基本原則に従い、選挙を無効とすることを求める請求を棄却するとともに当該選挙の違法を宣言するのが相当であるとされた事例
棄却
確定判決は、舞鶴鎮守府軍法会議が海軍軍法会議法により昭和二〇年二月二三日に...一年勅令第二七八号失効後においても、右確定判決は、旧刑訴法四八五条の「有罪...ノ言渡ヲ為シタル確定判決」に当たり、これに対しては、同条により再審の請求が
海軍軍法会議が言い渡した有罪の確定判決に対する再審請求の許否
控訴を棄却
1 供託官がした供託金払渡認可処分の取消処分が、右払渡請求書に供託規則24条2号にいう「還付を受ける権利を有することを証する書面」の添付がなかったとして、適法であるとされた事例 2 供託官の審査に対する司法審査の範囲 3 債権の帰属について争いがあるとして供託が行われ、その旨供託書に記載されている場合において、当該供託物の還付請求をするに当たって供託規則24条2号の規定により添付すべき「還付を受ける権利を有することを証する書面」は、特段の事情がない限り、債権の帰属を争う者の間で、右債権が請求者に帰属する旨を明らかにした確定判決、調停調書、和解調書若しくは帰属を争う相手方の印鑑証明書付きの承諾書又はこれらに準ずる書面に限られるとした事例 4 供託官の審査権限の範囲
上告を棄却
確定判決が、その理由中において、上告人らが被上告人の構成員たる地位にあり、...する上告人らの右請求が理由がないとして排斥されても、別件訴訟の確定判決の既
一 入会団体の構成員たる地位に基づき該団体が特定年度に共同財産の売却により獲得した収益金の配当請求を認容した確定判決と該団体の構成員たる地位の存否についての既判力の有無 二 原告(反訴被告)らが入会団体たる被告(反訴原告)の構成員たる地位に基づき特定年度にその共同財産の売却により獲得した収益金の配当を求める本訴請求において被告が反訴請求として右共同財産につき共有の性質を有する入会権を有し原告らが被告の構成員でないことの確認を求めたとしても原告らと被告間の紛争が専ら原告らが被告の構成員としてその共同財産の使用収益につき一定の権利を主張しうる地位を有するかどうかにあるなど本件紛争の事情に徴すれば被告の右反訴請求は専ら原告らが被告の構成員でないことの確認を求めるにありこれと併せて併列的な別個独立の請求として被告の共同財産につき入会権を有することの確認をも求める趣旨のものではないとされた事例
棄却
るには、還付請求権者は、権利の行使を妨げている者を相手方とする確定判決、調...と東洋シート支部間の訴訟の確定判決、調停調書又は和解調書若しくは東洋シート...権が原告に帰属する旨を明らかにした確定判決、調停調書、和解調書若しくは東洋
1 債権の帰属について争いがあるとして供託が行われ、その旨供託書に記載されている場合において、当該供託物の還付請求をするに当たって供託規則24条2号の規定により添付すべき「還付を受ける権利を有することを証する書面」は、特段の事情がない限り、債権の帰属を争う者の間で、右債権が請求者に帰属する旨を明らかにした確定判決、調停調書、和解調書若しくは帰属を争う相手方の印鑑証明書付きの承諾書又はこれらに準ずる書面に限られるとした事例 2 供託官がした供託金払渡認可処分の取消処分が、右払渡請求書に供託規則24条2号にいう「還付を受ける権利を有することを証する書面」の添付がなかったとして、適法であるとされた事例 3 供託官の審査に対する司法審査の範囲 4 供託官の審査権限の範囲
棄却
 本件抗告の趣意は、本件再審請求の対象となつた確定判決の憲法違反、事実誤認、
再審請求の対象となつた確定判決の憲法違反等をいう主張が、再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告理由として不適法とされた事例
上告を棄却
不実の公示送達申立により確定判決を得た場合と再審事由
上告を棄却
 なお、所論は、本件旧起訴に対する前記確定判決のいわゆる内容的確定力を援用...し、前記確定判決の判断内容と異る判断をした原判決に法令解釈の誤りがあるとす...るのであるが、前記確定判決の理由中本件の受訴裁判所を拘束するのは、旧起訴は
一 訴因の特定が十分でない起訴状による公訴提起と公訴時効停止の効力 二 二個の事実のいずれに対する起訴であるのか一見まぎらわしく訴因の特定が十分でない起訴状による公訴提起が一方の事実に関する公訴時効停止の効力を有するとされた事例 三 再起訴に対する判断が旧起訴に対する確定判決のいわゆる内容的確定力に抵触しないとされた事例 (三につき反対意見がある)
上告を棄却
一 所有権に基づく登記請求を認容した確定判決と所有権の存否についての既判力の有無 二 所有権に基づく登記請求を認容した確定判決と所有権の存否についての既判力に類似する効力(いわゆる争点効)の有無
上告を棄却
を提起し、昭和四四年四月六日被上告人勝訴の確定判決を得た、(二) 上告人は、
所有権保存登記抹消登記手続請求訴訟において勝訴の確定判決を得た原告が被告の口頭弁論終結後の承継人に対し真正な登記名義の回復のための所有権移転登記手続を求める訴と訴の利益
取り消す
白地手形による手形金請求を棄却した確定判決の既判力の標準時後に白地部分が補充された場合における手形金請求の許否
破棄
とされたE運輸の損害賠償請求権の存在を認定することなく、右確定判決の存在か... しかしながら、不真正連帯債務者中の一人と債権者との間の確定判決は、他の債...肯定した確定判決が存在する場合であつても、この判決の効力は他の債務者と債権
不真正連帯債務者中の一人と債権者との間の訴訟において相殺を認めた確定判決の他の債務者に対する効力
上告を棄却
し、勝訴の判決(以下「本件確定判決」という。)が確定した、その事実審口頭弁...有権を取得したのは本件確定判決の基礎となつた事実審口頭弁論の終結時より以後...ず、本件確定判決の基礎となつた事実審口頭弁論終結後に本件建物を収去して本件
土地所有権に基づき建物収去土地明渡を命ずる確定判決の基礎となつた口頭弁論の終結後に建物の所有権を取得した者がその終結前に経由した所有権移転仮登記に基づく本登記を経由した場合と口頭弁論終結後の承継人
破棄
論に基づき、同年九月一三日言い渡された確定判決がある。その主文は、第二八一号証書による強制執行は元本債権中五四万二二五〇円を超える部分並びに利息及び...(二)これに対し前訴確定判決は、被上告人の異議事由を、右(1)及び(2)について...訴確定判決の既判力に抵触し、許されないものと解するのが相当である。したがつ
公正証書に対する再度の請求異議の訴において異議事由の主張がさきの請求異議の訴に対する確定判決の既判力に抵触し許されないとされた事例
控訴を棄却
     仙台高等裁判所が昭和二七年五月三一日被告人に対し言渡した確定判決...   一、 「原二審」    ―確定判決をした仙台高等裁判所... 仙台高等裁判所が昭和二七年五月三一日被告人に対し言渡した確定判決中銃砲等
一、 再審の開始された控訴審において真犯人は被告人以外の第三者であると断定して第一審の無罪判決に対する検察官の控訴を棄却した事例 二、 併合罪の関係にある数罪を認定した確定判決につきそのうちの一部の犯罪事実だけについて再審が開始された場合における審判の範囲
上告を棄却
であるところ、その主債務は、右判決確定後、主債務関係の当事者である被上告人と右相続人ら間の確定判決により不存在と確定されたから、上告人は、連帯保証債...者からの保証債務履行請求訴訟において、主債務者勝訴の確定判決を援用すること...敗訴の確定判決を受けているときは、保証人敗訴の判決確定後に主債務者勝訴の判
保証人敗訴の判決確定後に主債務者勝訴の判決が確定した場合と保証人敗訴の確定判決に対する請求異議
取り消す
 本件確定判決に対しては、次の理由からも、被控訴人はその主張の債権による相... (一) 本件確定判決は、被控訴人が訴外会社から控訴人への債務支払代行のた... (二) 本件確定判決にかかる被控訴人の債務は、詐害行為取消により生じた特
詐害行為取消請求ならびにこれを前提とする債権者代位による金員支払請求を認容した確定判決に対しその被告であつた者が反対債権をもつて相殺することは許されないとされた事例
棄却
盗犯等の防止及び処分に関する法律違反被告事件につき言い渡した有罪の確定判決
地裁の確定判決に対する最高裁への再審請求の適否(否)
上告を棄却
けん銃の不法所持につきさきに確定判決を受けたけん銃の不法所持の事実と包括一罪の関係にあるとして憲法三一条、三九条違反をいう上告趣意が欠前提とされた事例
上告を棄却
の確定判決は、右仮処分が不法行為を構成するとして仮処分債務者によつて提起さ
仮処分異議訴訟における仮処分却下の確定判決と当該仮処分が不法行為であるとして提起された損害賠償訴訟に対する拘束力
棄却
盗犯等の防止及び処分に関する法律違反被告事件につき言い渡した有罪の確定判決...却の確定判決の破棄を求めるというものであつて、その管轄裁判所は、名古屋地方
地裁又は高裁のした確定判決に対し最高裁に申し立てられた再審請求が管轄権を欠くとして棄却された事例
破棄
人勝訴の判決(以下、本件確定判決という。)が昭和三七年一一月三〇日に確定し...受けたのは、本件確定判決の訴訟の第二審口頭弁論終結時以前のことがらであり、...件確定判決のうち建物収去土地明渡を命ずる部分について、上告人は、口頭弁論終
一、敷地不法占有と家屋収去請求の相手方 二、土地所有権に基づく家屋収去土地明渡の確定判決の事実審口頭弁論終結前に家屋を譲り受けた第三者に対する右確定判決の効力
取り消す
の確定判決を添付のうえ、右父欄に前記Aを父として記載することを求める旨の戸
民法七八七条の認知の訴えの出訴期間を経過して提起された父子関係存在確認の訴えを認容する確定判決に基づく戸籍訂正の許否
上告を棄却
人身保護事件の確定判決を不服として子を暴力で奪い去つた実母に対する事実上の養親からの人身保護請求が認容された事例
上告を棄却
確定判決の弁論手続が民訴法一四三条に違反する場合と判決の絶対無効
上告を棄却
と訴外Dとの間の前記確定判決の存在によつて左右されない。そして、被上告人は...から、同上告人が、右確定判決につき、同訴外人の承継人として被上告人に対する... ところが、原審の確定したところによれば、上告人Aは右確定判決につき被上告人に対する承継執行文の付与を受けて、これに基づき、本件土地の所有名義を自己
通謀による虚偽の登記名義を真正なものに回復するための所有権移転登記手続請求訴訟における被告敗訴の確定判決と口頭弁論終結後被告から善意で当該不動産を譲り受けた第三者
上告を棄却
訟において上告人が請求棄却の確定判決を受け、本件換地処分につき取消原因とな
換地処分取消請求棄却の確定判決の既判力と右換地処分の違法を理由とする国家賠償請求
破棄
違法に累犯加重をした確定判決が刑訴法四五八条一号但書にいう「被告人のため不利益であるとき」にあたらないとされた事例
115 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in