裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61764 
刑事21914民事39850
判事事項
罪数
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
170 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4
上告を棄却
罪数に関する法令適用の誤りがあるが、刑訴法411条を適用すべきものとは認められないとされた事例
上告を棄却
労働基準法32条1項(週単位の時間外労働の規制)違反の罪と同条2項(1日単位の時間外労働の規制)違反の罪との罪数関係
上告を棄却
う点は,罪数判断に関して被告人にとり不利益な主張をするもので不適法であり,
1 児童ポルノを、不特定又は多数の者に提供するとともに、不特定又は多数の者に提供する目的で所持した場合の罪数 2 児童ポルノであり、かつ、刑法175条のわいせつ物である物を、不特定又は多数の者に販売して提供するとともに、不特定又は多数の者に販売して提供する目的で所持した行為が、全体として一罪とされた事例
上告を棄却
不正アクセス行為の禁止等に関する法律8条1号の罪と私電磁的記録不正作出罪との罪数関係
懲役3年6月
 なお,所論にかんがみ,本件の罪数関係につき職権で判断する。
1 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項所定の行為が反復累行された場合の罪数 2 貸金業の規制等に関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)47条2号、11条1項に違反して無登録で貸金業を営む行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為との罪数関係 3 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項の犯罪収益等の取得につき仮装する行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
恐喝の手段として監禁が行われた場合の罪数関係
破棄
他の自動車の登録番号標を、道路運送車両法所定の検査を受けておらず、かつ、自動車損害賠償責任保険契約等も締結されていない自動車に取り付けた上で、これを無免許運転して運行の用に供した場合における道路運送車両法98条3項違反の所為と道路交通法64条、道路運送車両法58条1項、自動車損害賠償保障法5条各違反の所為との罪数
上告を棄却
同一の事業活動に関し複数の外国人に不法就労活動をさせた場合における出入国管理及び難民認定法七三条の二第一項一号の罪の罪数
控訴を棄却
保管所持した行為の罪数について、銃砲刀剣類所持等取締法三一条の二第二項は、...すれば、その罪数もその危険の個数すなわち加重所持の行為の個数によって決する... それ故、右と見解を異にする原判決の罪数判断は誤っているといわざるをえない
複数のけん銃をそれぞれに適合する実包と共に所持した場合の罪数
破棄
酒気帯び運転の所為とその際の免許証不携帯の所為の罪数(観念的競合) 処断刑超過による非常上告
上告を棄却
一 議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律により一個の宣誓に基づき同一の証人尋問手続においてされた数個の虚偽の陳述と同法六条一項違反の罪の罪数 二 議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律六条一項違反の罪として一罪を構成する数個の陳述の一部分についてされた同法八条(昭和六三年法律第八九号による改正前のもの)による告発の効力の及ぶ範囲
上告を棄却
一 地方公務員法六一条四号のあおりの企ての罪を構成するとされた事例 二 地方公務員法六一条四号のあおりの罪を構成するとされた事例 三 地方公務員法六一条四号のあおりの企ての罪とあおりの罪の罪数関係
上告を棄却
常習累犯窃盗罪と軽犯罪法一条三号の侵入具携帯罪の罪数関係につき検討する。
常習累犯窃盗の罪と別の機会に窃盗目的で犯された軽犯罪法一条三号(侵入具携帯)の罪との罪数関係
破棄
居侵入罪の罪数関係について検討することとする。軽犯罪法は、いまだ... <要旨第二>すすんで、侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪の罪数について考えてみる...を有する犯罪であることが明らかであり、その罪数関係についても、侵入具携帯罪
一 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と住居侵入罪との罪数関係 二 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪との罪数関係 三 本来包括一罪となりうる関係にある甲乙両罪のうち乙罪が甲罪に対する一審判決言渡し後に犯され乙罪に対する判決が先に確定した場合における甲罪の公訴の効力
破棄
 <要旨第一>そこで、まず、侵入具携帯罪と住居侵入罪の罪数関係を検討すること... <要旨第二>そこで、更に侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪の罪数を考えるに、常習...ともに集合的一罪を形成するものであることに照らすと、右罪数関係についても、
一 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と住居侵入罪との罪数関係 二 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪との罪数関係
上告を棄却
同一の日時場所において多数の選挙人に対し饗応接待をした場合の罪数
上告を棄却
 三 なお、原判示偽計業務妨害罪と有線電気通信妨害罪の罪数関係について一言...く、次に罪数関係についても原判決の肯認した第一審判決は業務妨害罪と有線電気
一 有線電気通信法二条一項にいう「符号」に当たるとされた事例 二 マジツクホンと称する電気機器を電話回線に取り付けた行為と有線電気通信妨害罪及び偽計業務妨害罪の成否並びにその罪数関係
破棄
か現実に成立した場合の罪数関係についてである。この点に関し、弁護
一 地方公務員法六一条四号にいう「あおり」等の意義 二 地方公務員法六一条四号にいう「あおりの企て」と「あおり」との罪数関係 三 地方公務員法六一条四号にいう「あおりの企て」に当たるとされた事例
上告を棄却
金員の供与が公職選挙法二二一条一項一号及び三号の双方の目的をもって行われた場合の罪数関係
上告を棄却
合罪の関係にあるものとし、原判決がこれを是認したのは、罪数関係についての法...との罪数関係について、多数意見は、両罪は自然的、社会的見解上一個の行為であ
一 大麻取締法四条、二四条二号の輸入罪の成立時期 二 大麻取締法四条、二四条二号の輸入罪と関税法一一一条の無許可輸入罪との罪数関係
上告を棄却
ぎず、所論の罪数関係につき法律判断を示しているものとは認められないから、同...の罪数関係について判断を示したものであるから、本件とは事案を異にし適切でな... そこで、進んで覚せい剤輸入罪と無許可輸入罪(未遂罪を含む。)との罪数関係
一 覚せい剤取締法一三条、四一条の輸入罪の既遂時期 二 覚せい剤取締法一三条、四一条の輸入罪と関税法一一一条の無許可輸入罪との罪数関係
上告を棄却
みのしろ金取得の目的で人を拐取した者が被拐取者を監禁しみのしろ金を要求した場合の罪数関係
破棄
科したもので、右両罪に関する罪数関係についての法律の解釈適用を誤つたものと
住居侵入罪と軽犯罪法一条二三号の罪との罪数関係 住居侵入罪と軽犯罪法一条二三号の罪との罪数関係(反対意見がある)
上告を棄却
一 常習累犯窃盗の罪と窃盗の着手に至らない窃盗目的の住居侵入の罪との罪数関係 二 不起訴となつた住居侵入の罪についての未決勾留日数を右と一罪の関係にある常習累犯窃盗の罪の本刑に算入することの可否
上告を棄却
麻薬の譲受けと譲渡しが営利の目的で行われた場合の罪数関係
破棄
訴時効は三年であるところ、第一審判決のいうように本件各事実の罪数関係を併合
一 検察官が被告人の利益のために控訴をした事件と刑訴法四〇二条にいう「被告人のため控訴をした事件」 二 出資の受入、預り金及び金利等の取締等に関する法律五条一項違反の罪が反覆累行された場合の罪数
上告を棄却
一 数人共同して二人以上に対しそれぞれ暴行を加え一部の者に傷害を負わせた場合の罪数 二 起訴状に記載されていない罰条の適用 三 起訴状に記載されていない罰条の適用が許されるとされた事例
上告を棄却
 そうすると、原判決は、右両罪の罪数に関し、これらを併合罪の関係にあると判
覚せい剤取締法の輸入罪と無許可輸入未遂罪との罪数関係について意見が付された事例
破棄
昭和四八年総理府令一一号による改正後の様式の自動車運転免許証に数種の免許の記載があるものを偽造した場合の罪数
上告を棄却
救識義務違反と報告義務違反の罪数に関する大法廷判例に反する旨の主張が原判決後の判例として不適法とされた事例
上告を棄却
で述べたとおりである。そうすると、原判決は、同一の日時、場所における同一の覚せい剤輸入の機会にされた覚せい剤取締法違反の罪と関税法違反の罪との罪数に
覚せい剤取締法四一条一項一号、二項の罪と関税法一一〇条三項、一項一号前段の罪との罪数関係について意見が付された事例
上告を棄却
 (一) わたくしも刑法理論において構成要件理論をとる者であり、罪数論につ...的に観察しても社会的に評価してもそのままでは罪数評価の対象とはなりえず、こ...ならないと解釈しても、違憲の疑いの生ずる余地は全くない。罪数問題は、立法政
道路交通法七二条一項前段の義務違反の罪と同項後段の義務違反の罪との罪数関係
破棄
同一の日時場所における免許証不携帯の罪と酒酔い運転の罪との罪数関係
上告を棄却
酒酔い運転と業務上過失傷害の罪数(観念的競合との主張)
破棄
一 集団行進及び集団示威運動に関する条例(昭和二七年徳島市条例第三号)三条三号、五条と道路交通法七七条一項四号、三項、一一九条一項一三号、徳島県道路交通施行細則一一条三号との関係 二 刑罰法規があいまい不明確のゆえに憲法三一条に違反するかどうかの判断基準 三 集団行進及び集団示威運動に関する条例(昭和二七年徳島市条例第三号)三条三号の「交通秩序を維持すること」の意義とその犯罪構成要件としての明確性 四 集団行進及び集団示威運動に関する条例(昭和二七年徳島市条例第三号)三条三号、五条の集団行進者に交通秩序の維持に違反する行為をするようにせん動した所為と道路交通法七七条一項四号、三項、一一九条一項一三号、徳島県道路交通施行細則一一条三号の警察署長の付した道路使用許可条件に違反してだ行進をした所為との罪数
無罪
 そこで検討するに、一罪か数罪であるかの罪数問題については、従来多くの研究...る。してみればその罪数は、被害者ごとに一罪が成立すると解さなけれ
一、 暴力行為等処罰に関する法律一条に定める共同暴行罪の罪数 二、 学生集団が他の学生集団に共同暴行を加えたという暴力行為等処罰に関する法律一条違反の事件について訴因の明示を欠くとされた事例
上告を棄却
業過、酒酔、無免許の罪数判断に誤りがあるが四一一条を適用しないとされた事例
破棄
るものと理解され、これを前提として罪数判断がなされているのである。... 罪数に関する私の考え方は、多数意見引用の酒酔い運転と業務上過失致死につい...るべき性質のものであるのみならず、その法的評価も入つていてこそ、そこにいう社会的評価がわれわれの法意識法感情に合致し、罪数問題についても常識的な結論
道路交通法六四条、一一八条一項一号の無免許運転の所為とその運転中に行われた同法二二条一項、一一八条一項二号、同法施行令一一条一号の速度違反の所為の罪数
上告を棄却
罪数に関する判例違反の主張が被告人に不利益な主張であり不適法とされた事例
上告を棄却
会にされた麻薬取締法違反の罪と関税法違反の罪との罪数に関し、これらを併合罪
関税法一〇九条一項違反の罪と麻薬取締法一二条一項違反の罪との罪数関係について意見が付された事例
上告を棄却
一 無免許運転の所為と酒気帯び運転の所為の罪数 二 無免許運転及び酒気帯び運転の所為とその運転中犯した信号無視の所為の罪数
上告を棄却
一 道路交通法六四条、一一八条一項一号の無免許運転の所為とその運転中に行われた同法二二条一項、一一八条一項二号、同法施行令一一条一号の速度違反の所為との罪数 二 時間的に接近した二個の道路交通法二二条一項、一一八条一項二号、同法施行令一一条一号の速度違反の事実が併合罪とされた事例
上告を棄却
道路交通法六四条、一一八条一項一号の無免許運転の所為と道路運送車両法(昭和四四年法律第六八号による改正前のもの)五八条、一〇八条一号の自動車検査証の有効期間が満了した自動車を運転した所為とが同一の日時場所において行われた場合の罪数
上告を棄却
審院判決・刑集一巻七四一頁)、この立場は、罪数論でいわれている、いわゆる意
一 刑法五四条一項前段にいう一個の行為の意義 二 酒に酔つた状態で自動車を運転中に過失により人身事故を発生させた場合における道路交通法(昭和四五年法律第八六号による改正前のもの)六五条、一一七条の二第一号の酒酔い運転の所為と業務上過失致死の所為との罪数
上告を棄却
道路交通法六四条、一一八条一項一号の無免許運転の所為と同法六五条一項、一一七条の二第一号の酒酔い運転の所為とが同一の日時場所において行われた場合の罪数
上告を棄却
業務上過失傷害罪と酒酔い運転の罪の罪数に関する判例違反の主張が被告人に不利益な主張で不適法とされた事例
破棄
兇器準備集合罪と公務執行妨害罪との罪数関係
上告を棄却
密輸けん銃および実包の故買の罪とそのけん銃および実包の不法所持の罪との罪数関係
破棄
同一犯人により同一被害者に対して数回の強盗予備行為の後強盗の実行行為がなされたときの罪数
170 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in