裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
判事事項
自動車運転者
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
60 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
破棄
黄色点滅信号で交差点に進入した際、交差道路を暴走してきた車両と衝突し、業務上過失致死傷罪に問われた自動車運転者について、衝突の回避可能性に疑問があるとして無罪が言い渡された事例
上告を棄却
 二 右のような状況の下で停車した場合、自動車運転者は、同乗者が降車するに...ことを指示したものであるとしても、前記注意義務は、被告人の自動車運転者とし
信号待ちのため停止車中同乗車が後部左側ドアから降車しようとする場合における自動車運転者の注意義務
破棄
夜間無灯火で自車の進行車線を逆行して来た対向車と正面衝突した事故につき自動車運転者の過失が否定された事例
破棄
交差点を直進する自動車運転者に交差点内で右折のため停止している車両の後続車が停止車両の側方を通過して右折することまでの予見義務がないとされた事例
上告を棄却
自動車運転者に注意義務を課す根拠となる具体的事実が訴因変更手続を経て撤回された場合につき右事実を認定することに違法はないとされた事例
破棄
交差点を直進する自動車運転者に信号を無視して交差点に進入してくる車両のありうることまでも予想してこれに対応できる態勢で交差点に進入すべき注意義務がないとされた事例
上告を棄却
警察官が交通事故発生の直後に現場に来合わせて事故を知り負傷者の救護等の措置を開始した場合における自動車運転者の救護報告義務
上告を棄却
であつて、このように、自動車運転者が逃走の過程で暴行の犯意のもとに車両の交
自動車運転者が暴行の犯意のもとに車両の運転により人の死傷の結果を発生させた場合と道路交通法七二条一項後段の報告義務
上告を棄却
自動車相互間での交通事故が発生した場合における自動車運転者の事故報告義務
破棄
交差点に進入しようとする自動車運転者に交通法規に違反して交差点に進入する車両を予想した安全確認をすべき義務上の注意義務がないとされた事例
上告を棄却
転者または第三者から事故報告がなされても、他方の自動車運転者の事故報告義務
自動車相互間での交通事故が発生した場合における自動車運転者の事故報告義務
上告を棄却
交差点を直進する自動車運転者に信号を無視して交差点に進入してくる車両のありうることまでも予想すべき注意義務がないとされた事例
破棄
り、かつ、国道の幅員が県道の幅員より明らかに広いとは認められなかつたから、このような場合、自動車運転者としては、道路交通法(昭和四六年法律第九八号に...を表示している交差点に進入しようとする自動車運転者としては、特段の事情がな...ものであることを容易に認めうるのであつて、それは被告人の経験上、千慮の一失であつたのかもしれないけれども、およそ自動車運転者としては、かかる交差点に
交差点に進入しようとする自動車運転者に交通法規に違反して交差点に進入する車両を予想した安全確認をすべき業務上の注意義務がないとされた事例
破棄
点に進入する自動車運転者にとつて、右徐行義務は業務上の注意義務に当然含まれ
自動車運転者に私人の赤旗による停止の合図を無視し交差点に進入してくる車両のありうることまでを予想して徐行しなければならない業務上の注意義務はないとされた事例
控訴を棄却
自動車運転者が自車を運転中に傷害の故意をもつて他人を転落負傷させた場合と道路交通法七二条一項前段所定の救護義務の存否
破棄
「このような場合、自動車運転者としては、Aの右側方を通過することになること...てみるに、自動車運転者に安全運転義務があることは道路交通法七〇条に規...すなわち、自動車運転者が車両の往来が比較的に少ないとはいえ、地方の幹線道路
道路左側端の路側帯を通行中の歩行者(六六才の男子)が突然道路中央に飛びだしたことにより発生した自動車事故につき自動車運転者にいわゆる「信頼の原則」を適用した事例
破棄
信号が黄色燈火表示に変つた場合と自動車運転者の業務上の注意義務
破棄
複数の自動車間に交通事故が発生した場合における自動車運転者の事故報告義務
破棄
自動車運転者は他の交通関与者が交通規則または交通道徳に従つて行動をとること
交差点で左折しようとして一時停止した自動車運転者に後続車両確認の注意義務があるとされた事例
破棄
のであるから、自動車運転者としては、たとい自車の進行する道路の幅員が相手方のそれよりも広いものであるとしても、いつでも停止できるように法定速度以下に...れるものと思つたのは自動車運転者として当然のことであつたのであるから、被告...行なわれていない交差点にはいろうとする自動車運転者としては、その時点におい
道路交通法六八条に違反して時速八〇キロメートルで運転をしていた自動車運転者にいわゆる信頼の原則が適用された事例
破棄
状況にあつたわけである。したがつて、このような状況のもとにある自動車運転者...のと信じたのは自動車運転者として当然のことであり、これを不注意であるという...点にはいろうとする自動車運転者としては、その時点において、自己が道路交通法
道路交通法一七条三項に違反して道路の中央から右の部分を通行していた自動車運転者にいわゆる信頼の原則が適用された事例
上告を棄却
交差点で右折する自動車運転者に信号を無視して交差点に進入してくる車両のありうることまでも予想すべき注意義務がないとされた事例
上告を棄却
までは人家のため見とおしが悪いのであるから、自動車運転者としては、右交差点...自動車運転者としては、信号機の表示するところに従つて自動車を運転すれば足り、
信号機による交通整理の行なわれている交差点を通過する自動車運転者の注意義務
上告を棄却
自動車運転者および自動車運行供用者に賠償義務がないとされた事例
破棄
交差点で左折しようとする自動車運転者の後続車両に対する注意義務の限度
破棄
一、 業務上過失傷害被告事件について自動車運転者の過失を否定した事例 二、 右の場合にも道路交通法第一一七条、第七二条第一項前段の罪(轢逃げ)は成立するか
破棄
タクシー会社に勤務する自動車運転者の稼働期間中の無免許運転行為と罪数
破棄
己の進入する交差点の信号を注視するのは自動車運転者として当然の行為であり、
薄暮時に対向車の間を縫つて道路を横断して来た無灯火の自転車と衝突した自動車運転者に過失がないとされた事例
破棄
降雨のため路面が湿潤していたのであるから、かような場合、自動車運転者として
進路上に正体不明の障害物を発見した場合における自動車運転者の注意義務
控訴を棄却
 二、 これにつき、原判決は、自動車運転者たる者は、その進路前方右側に停止... <要旨>三、 そこで責任の有無について考えるに、およそ自動車運転者は法定の...揮しているとき、本件において自動車運転者である被控訴人Bに対し、走行中前記
対向車両の陰から自車の進路直前に進出してきた横断歩行者に自車を衝突させた事案につき自動車運転者の過失責任を否定した事例
破棄
交通整理が行なわれておらずかつ左右の見とおしのきかない交差点における自動車運転者の注意義務
破棄
このような場合自動車運転者としては、信号が変わつた直後であるからなお東から
自動車運転者に赤信号を無視して交差点に進入してくる車両のありうることまで予想すべき注意義務がないとされた事例
破棄
停止の道路標識および停止線の表示のある交差点に進入しようとする自動車運転者
交差点に進入しようとする自動車運転者に交通法規に違反して高速度で交差点を突破しようとする車両のありうることまでも予想すべき注意義務がないとされた事例
破棄
るに際し、自動車運転者たるものは、常に自車の進路の安全を確認し、もつて事故
判示のような場所的条件のもとに自動車を後退させる場合の自動車運転者の注意業務
破棄
交通整理の行なわれていない交差点に進入する場合における自動車運転者の右方進路に対する注意義務
控訴を棄却
開始するまでは訴外Aは自動車運転者として通常守るべき注意義務を尽したものと... けだし、通常自動車運転者が交差点を右折するに当つて、本件のように交差点の
いわゆる「信頼の原則」を適用して交差点を右折せんとする自動車運転者に後方の安全確認の注意義務がないとした一事例
破棄
速約五粁の低速(歩行者の速度)で発車進行しようとする際には、自動車運転者と
自動車運転者に交通法規を無視して自車の前面を突破しようとする車両のありうることまで予想すべき注意義務がないとされた事例
破棄
 しかし、本件で問題とされるのは、自動車運転者の運転開始に際しての業務上の... <要旨>(6) およそ自動車運転者としては、道路運送車両法所定の仕業点検義...課することは自動車運転者に対し、余りに多くを望むものと言わざるを得ない。試
運転開始に先き立ち故障個所等発見のため自動車運転者のなすべき車体点検の方法程度
破棄
 被告人は自動車運転者であるところ、昭和三八年一二月二〇日午後六時一〇分頃...しなければならない状況にあり、従つて自動車運転者たるものは、かかる道路を横
死角と自動車運転者の注意義務
破棄
その根拠として、自動車運転者に業務上の注意義務が科せられるのは「自己が直接...であつて、「無資格者、技術未熟者等の運転する車に同乗する自動車運転者であつ...運転する場合と同視できるような特別の状況にない限り、自動車運転者として要求
一、 同一被告人につき数個の不注意な行為が段階的に認められる場合と過失の認定 二、 技倆未熟な運転無資格者に自己の運行管理すべき自動車の運転を委ねつつ同乗する自動車運転者の業務上の注意義務
上告を棄却
 所論は、本件事故は自動車運転者として業務上注意すべき限界を超えた事由によ
自動車運転者の過失が不可抗力によるものでないとされた事例。
破棄
 一、 被告人は、自動車運転者であつて、A株式会社B営業所に勤務し、後記茨...路面の状態、自動車運転者の措置、自転車搭乗者の挙措等具体的状況の如何によつ...ければならなかつたとか、平素中学生達は被告人ら自動車運転者の注意を聞き入れ
大型乗合自動車運転者の業務上の注意義務が認められる事例
上告を棄却
注意を怠つたことを認定して過失責任を認めたのであつて、被告人が自動車運転者
刑法第二一一条違反の被告人が自動車運転者なる場合と憲法第一四条にいわゆる「社会的身分」。
上告を棄却
自動車運転者が工事従業者の交通整理係の手旗信号による合図により運転する場合の注意義務。
控訴を棄却
うとする自動車運転者としては、予め一時停車するはもちろん、横断者を発見した...然的に自車の進路に出てくることが予想される場合とでは、自ら自動車運転者とし...で予見し、これに対処することを要求するが如きは、もはや自動車運転者に対し要
自動車運転者に対し最大限徐行の義務を認めなかつた一事例
破棄
広い道路と狭い道路とが十字路を形成する場合において広い道路を交さ点に向かつて進行する自動車運転者の注意義務に関する一事例
破棄
 (四)、 更に進んで、被告人が自動車運転者としてよく前方注視の義務をつく...自動車運転者において、右の事態を認識すると同時に、警笛を吹鳴し、あるいは急
進路前方の道路交叉点左端で幼児(当五年)を同伴したおとなが、車馬の通過を待避している姿勢でたたずんでいるのを発見した場合の自動車運転者の注意義務
上告を棄却
学校の正門前道路を進行する場合における乗合自動車運転者の注意義務。
上告を棄却
貨物自動車運転者が交叉点で同一方向に歩行している児童を認めた場合の注意義務。
控訴を棄却
の整備はもとより必要であるが、何をおいても、まづ自動車運転者において、自己...が肝要である。交通事故の原因の多くは、自動車運転者の交通法規の違反であつ...旨>にくくなることは経験的に理解できるととろである。それゆえ、自動車運転者た
飲酒めいていと自動車運転者の業務上注意義務
60 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in