裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
罪名
不動産侵奪
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
不動産侵奪の判決統計
0
0
0
20 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
1 小型船舶の船籍及び総トン数の測度に関する政令(平成13年政令第383号による改正前のもの)8条の2の船籍簿と刑法157条1項にいう「権利若しくは義務に関する公正証書の原本」 2 小型船舶の船籍及び総トン数の測度に関する政令(平成13年政令第383号による改正前のもの)4条1項に基づく船籍票の内容虚偽の書換申請と刑法157条1項にいう「虚偽の申立て」
上告を棄却
て不動産侵奪罪が成立するとした原判断は、正当である。
使用貸借の目的とされた土地の無断転借人が土地上の簡易施設を改造して本格的店舗を構築した行為が不動産の侵奪に当たるとされた事例
破棄
一 本件公訴事実のうち、不動産侵奪の事実は、「被告人は、Aと共謀の上、中古...6 不動産侵奪罪にいう「侵奪」があったか否かについては、具体的事案に応じて、...後を通じて、本件土地を明け渡すようにとの趣旨にとどまり、不動産侵奪をいうも
公園予定地の一部に無権原で簡易建物を構築するなどした行為が不動産の侵奪に当たるとされた事例
上告を棄却
 二 なお、所論にかんがみ、不動産侵奪罪の成否について、職権で判断する。...るから、被告人両名につき不動産侵奪罪の成立を認めた原判決の判断は、相当であ
所有者による現実の支配管理が困難になった土地上に大量の廃棄物を堆積させた行為につき不動産侵奪罪が成立するとされた事例
上告を棄却
一、 弁護人との接見交通権の制限を含めて検討しても自白の任意性に疑いがないとされた事例 二、 迅速裁判保護条項違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
有効な差押の標示として刑法96条の罪の客体になるとされた事例
棄却
申立人に対する不動産侵奪被告事件について昭和五三年一一月二一日(本件申立書
召喚、勾引に関し不服をいう特別抗告が利益を欠くとして不適法とされた事例
破棄
不動産侵奪罪を肯認したのは、事実の誤認、法令適用の誤りをおかしたものであ...もつて直ちに不動産侵奪罪にいわゆる侵奪もしくは新たな占有の取得と見られる占...使用した行為は、不動産侵奪罪に該当する」としたものであつて、本件と土地占有
賃借権に基づく適法な土地占有者の用法違反の所為が不動産侵奪に当たらないとされた事例
破棄
 検察官の所論は、要するに、原判決が不動産侵奪・器物損壊の公訴事実につき、...れないとして、不動産侵奪罪の成立を否定したのは、不動産侵奪罪の成立に必要な... 所論に鑑み検討するのに、刑法二三五条の二にいう不動産侵奪罪が成立するため
不動産侵奪罪における「侵奪」に当たるとされた事例
控訴を棄却
 所論は、刑法二三五条ノ二の不動産侵奪罪の対象となるべき不動産の占有は、そ...うな仮処分による執行官の占有は、その裏付けとなる本権がないから、不動産侵奪...しなければならないものではなく、そして、この点は、不動産侵奪罪のばあいにお
執行官が仮処分決定に基づき保管中の建物の一室は不動産侵奪罪の対象となるか
破棄
二、 原判示第二の事実(封印破棄、不動産侵奪)に関する控訴趣意について...(二) 不動産侵奪の事実に関する理由不備の主張(小川弁護人ほか一名の趣意書第二点、...七畝歩」と認定判示しているが、不動産侵奪罪は不動産に対する他人の具体的な占有を侵害するこ
不動産侵奪罪が成立するとされた事例
破棄
意を欠如するものとか、同第二の所為をもつて不動産侵奪罪の侵奪行為に該当せぬ
建物賃借権者につき占有による自救行為を認めた一事例
棄却
 (二) 不動産侵奪罪、道路法違反罪に関する控訴趣意について。...方、原判決中、同被告人に対する道路法違反、不動産侵奪および入場税法違反に関
一、 株式会社設立登記に関し公正証書原本不実記載同行使罪の成立を否定した事例 二、 不動産侵奪罪につき不法領得の意思を道路法違反罪につき違法性をそれぞれ否定した事例 三、 国税犯則取締法一三条一項に規定する告発の有効要件
上告を棄却
 弁護人赤沢敬之の上告趣意中憲法三九条違反をいう点は、原判決は不動産侵奪罪...いずれも刑訴法四〇五条の上告理由に当らない(本件被告人の行為を不動産侵奪罪
不動産侵奪罪にあたるとされた事例
控訴を棄却
 論旨は、先ず原判決は不動産侵奪罪における占有の解釈を誤り、被告人が本件土...により一は不動産侵奪となり、他は単に一時使用たるに止まるのであつて、原判決...たことは正当であるから、原判決には不動産侵奪罪の法条を誤り適用したかしはな
土地占有の態様が一時使用から侵奪に変化したとして不動産侵奪罪の成立を認めた事例
上告を棄却
旧河川法(明治二九年法律第七一号)第五八条ノ二第一号第一八条と刑法第二三五条ノ二との関係
上告を棄却
当らない。なお、刑法二三五条ノ二の不動産侵奪罪の規定は、他人の不動産に対す...としたうえ、Cの占有に移したというのであるから、これを不動産侵奪罪に当るも
刑法第二三五条ノ二の法意
破棄
基づき正当に占有使用していたものであるから、不動産侵奪罪の成立する余地がな...る。以上何れにしても本件について不動産侵奪罪の成立するいわれはないのにかか...とと対比して考えれば、新たに設けられた不動産侵奪罪(同法第二三五条ノ二)の
従来占有中の敷地内に建物を増築した場合と不動産侵奪罪の成否
破棄
しに本件の排水口を他人所有の空地に設置したことが不動産侵奪罪を構成するかど... <要旨>案ずるに刑法二三五条の二の不動産侵奪罪は右規定の位置と右規定が刑法...であり、いまだもつて不動産侵奪罪にいう他人の不動産を侵奪した行為に該当しな
不動産侵奪罪の成立を否定した事例
破棄
 <要旨>刑法第二三五条ノ二のいわゆる不動産侵奪罪の罪質は、継続犯ではなく即...不法占拠は、いまだ、不動産侵奪罪の成立する余地は全然なかつたものと解するの...に影響を及ぼすものであることは前記不動産侵奪罪の罪質に照し明らかである。
刑法第二三五条ノ二のいわゆる不動産侵奪罪の罪質
20 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in