裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
罪名
建造物損壊
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
建造物損壊の判決統計
0
0
0
58 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
控訴を棄却
平成28年(う)第727号 有印私文書偽造,有印公文書偽造,建造物損壊,...(原判示第8の1ないし4。以下,これらの建造物損壊及び非現住建造物放火
差し押えたパソコンに対する検証許可状を得てサーバにアクセスし、メール等を閲覧するなどの検証をして作成された検証調書等の証拠能力を否定したものの、その他の証拠については、本件検証がなくても、捜査機関がそれらの証拠を取得することが可能であったと認められるため、本件検証と密接な関連性がないとして証拠能力を認めた原判決の判断が是認された事例
懲役11年
爆発物取締罰則違反,建造物損壊被告事件...建造物損壊の点
無期懲役
被告人に対する器物損壊,建造物損壊被告事件に関する平成24年1月25...割りを繰り返す中,犯罪事実第1の学校や交番への器物損壊,建造物損壊に及び,...犯罪事実記載の年月日頃,それぞれの場所において,器物損壊,建造物損壊の
懲役9年
ともに同建物に放火したという建造物損壊,現住建造物等放火,火炎びんの使用等
無期懲役
建造物損壊,殺人被告事件(平成20年3月6日宣告)...建造物損壊の点
懲役3年
建造物損壊の点...文化財保護法違反,建造物損壊及び建造物侵入は1個の行為が3個の罪名に...窃取した文化財保護法違反・建造物損壊・建造物侵入・窃盗1件(判示第1の犯
控訴を棄却
訴事実の一部を建造物損壊罪として本件公訴を提起しているところ ,...かわらず,罰金刑のない建造物損壊罪で起訴したものであり,②原判決は,...の一部については建造物損壊罪として起訴したものである。
上告を棄却
所論にかんがみ,本件建造物損壊罪の成否について,職権で判断する。...ら,器物損壊罪が成立するにすぎないのに,原判決が建造物損壊罪の成立を認めた...しかしながら,建造物に取り付けられた物が建造物損壊罪の客体に当たるか否か
1 建造物に取り付けられた物が建造物損壊罪の客体に当たるか否かの判断基準 2 住居の玄関ドアが建造物損壊罪の客体に当たるとされた事例
上告を棄却
所論にかんがみ,建造物損壊罪の成否につき,職権で判断する。
公園内の公衆便所の外壁にラッカースプレーでペンキを吹き付け「反戦」等と大書した行為が刑法260条前段にいう建造物の「損壊」に当たるとされた事例
懲役15年
る。その結果,建造物損壊の被害者は約370万円もの財産的損害を被ったほか,精...と,共犯者が(2)の建造物損壊の被害者に10万円の被害弁償をしていること,被告人
懲役18年
平成14年(わ)第21号,第33号 傷害致死,傷害,器物損壊,建造物損壊被告事件... 被告人は,①判示第1の器物損壊及び第2の建造物損壊について,自分の運転する... (3) 以上の次第で,被告人には器物損壊罪(判示第1)及び建造物損壊罪(判示第2)
懲役1年2月
平成16年2月12日宣告,平成15年刑(わ)第1410号,建造物損壊被告事件...あったため,通常あり得ない建造物損壊罪での起訴がされたのであり,このような...いうことができないのであって,被告人の本件落書き行為は建造物損壊罪の構成要
懲役2年
組上層部の者が関与した建造物損壊事案であるという疑いをもってこれを裏付ける
懲役8年
法違反,建造物損壊,殺人未遂被告事件... 科刑上一罪の処理   第1の2の罪のうちけん銃発射,建造物損壊及び殺人... 科刑上一罪の処理   第1の2の罪のうちけん銃発射及び建造物損壊の各罪
懲役13年
  建造物損壊の点     刑法60条,260条前段...  建造物損壊の点     刑法60条,260条前段...と建造物損壊との間),10条(1罪として重い建造物
破棄
れ建造物損壊罪に該当し,被告人の原判示第4及び第8の各行為は,それぞれ器物... 1 検察官は,上記各事実に共通する前提として,原判決が,建造物損壊罪及び...   しかし,原判決の説示全体に照らすと,原判決は,建造物損壊罪及び器物損
控訴を棄却
玄関ドア本体を損壊しても器物損壊罪が成立するにとどまり、建造物損壊罪は成立...しないのに、これを建造物損壊罪に該当するとした原判決には、判決に影響を及ぼ...ような誤りはなく、また、原判決が(弁護人の主張に対する判断)の建造物損壊罪
店舗兼住宅のアルミ製玄関ドアが建造物の一部に当たるとされた事例
上告を棄却
が刑法二六〇条の構成要件に該当するか否か、すなわち建造物損壊罪の成否が決ま...建造物損壊罪の構成要件のように、「他人ノ」建造物が行為の客体となつていると... 四 刑法二六〇条の建造物損壊罪の保護法益は、当該建造物に対する所有権にあ
刑法二六〇条の「他人ノ」建造物に当たるとされた事例
控訴を棄却
することを覚悟していたためであり、本件建造物損壊行為の時点においては、強制...という事情があり、これらの事情を総合すれば、被告人の本件建造物損壊行為は、...の事情に所論「3」の事情を併せて考察しても、いまだ被告人の本件建造物損壊行
刑法二六二条にいう「差押」には民訴法上の不動産の仮差押を含むか(積極)
棄却
 右の者に対する住居侵入、建造物損壊被告事件(昭和五七年(あ)第七二九号)
決定に記載された自己の本籍の表示の訂正を求める異議の申立が不適法とされた事例
上告を棄却
いわゆる東北電々ビルビラ貼り事件
上告を棄却
建造物損壊(ビラ貼り)罪の成立を認めた原判断(一審は無罪)が維持された事例
破棄
被告人の緊急避難の主張を斥けた原判決には審理不尽、理由不備の違法があるとして破棄された事例
上告を棄却
自救行為の主張と刑訴法三三五条二項
控訴を棄却
 論旨は、要するに、原判決は建造物損壊および事務所東側、北側の窓硝子戸と同...に使用者の施設管理に支障をきたし、殊に本件の如く建造物損壊或いは器物損壊に...建造物損壊或いは器物損壊を内容とする暴力行為等処罰に関する法律違反の構成要
一、 いわゆる闘争手段としてのビラ貼りの行為が刑法第二六〇条の建造物損壊および同法第二六一条の器物損壊に該当するとされた事例 二、 右ビラ貼りの行為が労働組合法第一条第二項本文にいわゆる正当な組合活動にあたるとしてその罪責をいずれも否定すべきものとされた事例
上告を棄却
住居不退去罪につき違法性を阻却すべき事由が認められないとされた事例
上告を棄却
た場合には、窃盗罪のほかに、建造物損壊罪が成立するとした原判断は相当である)。
解体材料を領得する目的で建造物を解体しその材料を領得した場合と建造物損壊罪の成否
上告を棄却
いわゆる闘争手段としてのビラ貼り行為が刑法第二六〇条の建造物損壊および同法第二六一条の器物損壊に該当するとされた事例
上告を棄却
行為は、刑法二六〇条の建造物損壊ということはできないとする点は、事実誤認な
いわゆる闘争手段としてのビラ貼り行為が刑法第二六〇条にいう建造物の損壊に該当するとされた事例
控訴を棄却
これを建造物に当るとして被告人の本件所為を建造物損壊罪に問擬した原判決には
未完成の建物が刑法第二六〇条の「建造物」にあたるとされた事例
上告を棄却
刑法第九二条にいう外国国章の除去にあたるとされた事例。
破棄
する損壊は建造物損壊でないのみならず、ペンキを以て汚したことはりムバー液を... よつて案ずるに、原判示第一の建造物損壊の事実は、その挙示証拠により優に認...当審における事実調べの結果その他一件記録に徴しても、原判決の建造物損壊の認
刑法第九二条にいわゆる除去の意義
上告を棄却
自己所有にかかる建物につき根抵当権の設定されていることを知りながら、右建物を完全に解体した所為と擬律。
上告を棄却
建造物損壊罪の成立する事例。
破棄
家屋の損壊撤去について正当防衛の成立を認めた一事例
上告を棄却
一 証拠を排斥する理由を説明することの要否 二 刑訴法第二二七条、第二二八条により被告人、被疑者または弁護人に審問の機会を与えずに作成された証人尋問調書を証拠とすることは、憲法第三七条第二項に違反するか。 三 旧銃砲刀剣類等所持取締令にいう「刃渡」の意義。
破棄
建物損壊行為が正当防衛にあたらないとした事例
上告を棄却
一 被告人の検察官に対する供述調書が刑訴法第三二二条第一項および第三二一条第一項第二号の書面として取調請求がなされたものと認められる事例 二 証拠調に関するかしが治癒されたと認められる事例
破棄
建造物損壊行為に正当防衛を認めた事例
58 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in