裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
罪名
窃盜
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
窃盜の判決統計
0
0
0
253 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6
破棄
一 死刑選択の許される基準 二 無期懲役を言い渡した控訴審判決が検察官の上告により量刑不当として破棄された事例
上告を棄却
刑法二四〇条前段所定の法定刑が重きに失して憲法一四条に違反するとの主張が欠前提(立法政策)とされた事例
上告を棄却
刑訴法三一四条の違憲の主張が欠前提として不適法処理された事例
上告を棄却
補強証拠を欠くとの違憲主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
憲法一四条違反の主張が前提を欠き不適法とされた事例
上告を棄却
一 被告人の自白のみに基づいて認定したものではないとして違憲の主張が欠前提とされた事例 二 被告人が不利益な供述を強要されたと認めるに足る証拠はないとして違憲の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
第一小法廷の上告棄却決定において「いまだ同(刑訴)法四一一条を適用すべきものとは認められない」と判示された事例
上告を棄却
判例の具体的摘示を欠くとされた事例
上告を棄却
常習累犯窃盗を構成する数個の窃盗行為の罪数
上告を棄却
ある罪について逮捕勾留中の被疑者が官に発覚していない同種の余罪を自発的に供述した場合と自首の成否
破棄
非常上告における破棄自判の標準時
上告を棄却
犯情による科刑の差異と憲法第一四条。
上告を棄却
言渡された二個の刑が存する場合の未決勾留日数の裁定通算の方法。
上告を棄却
控訴審が被告人から意思の疏通を欠くとして弁護人改任の上申があつたのでさきに選任した被告人のための国選弁護人を解任し即日(控訴趣意書提出最終日経過後)新たに国選弁護人を選任し、同弁護人が異義なく弁論した場合における裁判所の措置と憲法第三七条第三項。
上告を棄却
一 公訴事実の同一性の認められる事例−業務上横領と窃盗 二 同一事実に対する別訴の提起が二重起訴にあたらないとされた事例
上告を棄却
公判調書に黙否権の告知の記載がない場合と右告知の有無。
上告を棄却
起訴状に罰条の記載の遺脱があつた場合と控訴提起の効力。
上告を棄却
一 公判調書に刑訴規則第一九七条の二所定の処置をした記載がない場合と右処置の有無 二 刑訴法第二九一条の二にいわゆる「有罪である旨を陳述した」と認められる事例
上告を棄却
被告人は公判調書以外の公判記録を閲覧する権利を有しないか。
上告を棄却
刑法第二三八条の強盗にあたる事例。
上告を棄却
裁判所が裁判所外で証人を尋問する場合と刑訴法二八九条適用の有無。
上告を棄却
下級裁判所の裁判官と憲法前文にいう「国民の代表者」
上告を棄却
刑法第五六条、第五七条と憲法第一四条。
上告を棄却
刑法第二三八条の「逮捕ヲ免レ」るための暴行にあたる事例。
上告を棄却
一 刑法第四五条後段の法意 二 確定裁判前に犯した罪が数個あるときの適条。
上告を棄却
控訴審における職権破棄と量刑判断。
破棄
刑訴法第四一一条第一号にあたる事例。―刑の執行と重復する未決勾留日数の通算―
上告を棄却
刑法第二三八条の「逮捕ヲ免レ」るための暴行にあたる事例。
上告を棄却
控訴趣意書に証人尋問請求の旨の記載があつた場合、これに基く弁論は、証人尋問の請求となるか。
上告を棄却
一 証拠の標目の表示程度。 二 外来語である「ドル」は日本語か。
上告を棄却
刑訴法第二一二条第一項にいう「現に罪を行い終つた者」にあたる事例
上告を棄却
一 いわゆる共謀共同正犯の成立要件 二 実行行為に関与しない共謀者の刑責と憲法第三一条 三 「共謀」または「謀議」は、共謀共同正犯における「罪となるべき事実」であるか 四 共謀の判示方法 五 憲法第三八条第二項の法意 六 憲法第三八条第三項の法意 七 被告人本人との関係における共犯者の犯罪事実に関する供述と、憲法第三八条第三項にいわゆる「本人の自白」 八 数人間の順次の共謀と共謀共同正犯の成立
上告を棄却
掏摸現行犯逮捕手続において警察官等職務執行法第五条に違反しないと認められる場合
上告を棄却
刑訴規則第一七八条第一項前段、第三項の規定は、控訴の審判に準用があるか
上告を棄却
刑訴法第四三五条第六号にいう「明らかな証拠をあらたに発見したとき」にあたらない一事例
破棄
投票用紙の持出と不法領得の意思。
破棄
一 一部破棄の一事例 二 原判決が既になされた高等裁判所の判例および原判決後になされた右判例と同趣旨の最高裁判所の判例と相反する判断をしている場合と刑訴法四〇五条第三号の適用
上告を棄却
検証調書の日附の相異とその証拠能力
破棄
刑訴法第四一一条第一号にあたる一事例。−制限住居の不備による送達の不完全から被告不出頭のまま審理判決した場合−
上告を棄却
刑訴法第四四条第一項にいう「裁判の理由」の意義
253 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in