裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
罪名
裁判官忌避申立
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
171 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4
棄却
裁判官忌避申立て却下決定(簡易却下)についての異議申立て棄却決定に対する特別抗告が利益が失われるものとして不適法とされた事例
棄却
忌避申立て簡易却下の裁判に対する準抗告が利益を欠くとして不適法とされた事例
却下
上告取下げの有効性が争われた事件において忌避申立てが適法とされた上で理由がないといて排斥された事例
棄却
榎井村再審請求事件裁判官忌避申立て却下決定に対する特別抗告審棄却決定
却下
最高裁判所規則の制定に関する裁判官会議への参加を理由とする忌避申立ての許否
棄却
裁判官忌避申立却下の裁判に対する準抗告棄却決定の謄本が被告人と弁護人の双方に日を異にして送達された場合の特別抗告期間の起算日
棄却
 本件抗告申立の適否について判断するに、裁判官忌避申立却下の裁判は、当該裁
裁判官忌避申立却下の裁判と不服申立の利益
棄却
申立の利益を欠く裁判官忌避申立棄却決定に対する不服申立と憲法三一条、三二条、三七条一項
棄却
一項違反をいうが、その実質は、原原審のした裁判官忌避申立却下決定に対する即
地方裁判所の一人の裁判官が刑訴法二四条により忌避申立却下の裁判をした場合とこれに対する不服申立方法
棄却
 ところで、元来裁判官忌避申立却下の裁判は、当該裁判官が審理を継続している
忌避申立簡易却下の裁判と不服申立の利益
棄却
一 民訴規則六一条と憲法三二条 二 特例抗告の理由書提出期間の遵守の有無を到達主義によつて決することと憲法三二条
棄却
裁判官忌避申立却下の裁判に関する憲法三二条、三七条一項違反及び判例違反の主張が原決定の判示にそわないものとして前提を欠くとされた事例
棄却
共犯者の事件審理を担当したことが憲法三七条一項に違反するものでないとされた事例
棄却
裁判官に対する忌避申立の簡易却下決定に関し判例違反はないとされた事例
棄却
とに原審が高等裁判所のした裁判官忌避申立却下決定に対する本件異議申立を棄却
即時抗告文はこれに代わる異議の申立について申立理由が示されない場合の処置
棄却
起訴前の勾留処分を担当したことを理由とする違憲(三七条一項)の主張が理由がないとされた事例
棄却
頁)によつて明らかである。ところで、裁判所がする裁判官忌避申立却下決定及び
裁判官忌避申立却下決定及びこれに対する抗告事件についての抗告棄却決定と憲法八二条
却下
民訴法三九条が憲法一四条に違反する旨の特別抗告理由の適否
却下
忌避の申立を受けた裁判官が退官した場合と右申立を排斥する決定に対する特別抗告の利益
棄却
勾留に対する準抗告の裁判に裁判長として関与したことなどの事由があるからといつて忌避の原因にならないとされた事例
棄却
裁判官忌避申立却下の裁判に対する準抗告棄却決定の謄本が被告人と主任弁護人とに送達された場合の特別抗告提起期間の始期
棄却
特別抗告申立書自体に違憲及び判例違反の具体的な摘示がなく、抗告期間内にこれを補う理由書も提出されていないとして、特別抗告が不適法とされた事例
棄却
略式命令を不相当とし、その事件の通常裁判手続をも担当した裁判官が、刑訴法二五六条六項の趣旨に反する措置をとつたことをもつて、直ちに不公平な裁判をする虞れがあるとは認められないとされた事例
棄却
忌避事件の特別抗告が原認定にそわない事実関係を前提とするものとされた事例
棄却
共犯者の審理と憲法三七条一項 判例の具体的摘示を欠く事例
棄却
付審判請求事件における付審判の請求者の忌避申立権の有無
棄却
即時抗告と題する申立を準抗告の趣旨に善解処理した原措置につき正当であると判示された事例
却下
最高裁裁判官に対する忌避申立の簡易却下事例
棄却
不適法な不服申立を棄却する決定に対する特別抗告(いわゆるルート違いの特別抗告)の処理方法
却下
忌避申立簡易却下の事例
取り消す
一 審理の方法態度と裁判官忌避 二 裁判官の忌避申立につき簡易却下が相当であるとされた事例
却下
裁判官が任官前審理の対象となつている条例の立案過程において法務府法制意見第一局長として意見回答をしたことと刑訴法二一条一項の「不公平な裁判をする虞」
棄却
 申立人は、山形地方裁判所鶴岡支部のした裁判官忌避申立却下決定に対する準抗
不適法な不服申立を棄却する決定に対する特別抗告の処理方法
却下
本件裁判官忌避申立却下決定(原審昭和四六年(ウ)第九二一号)に対する抗告人
原裁判所がした特別抗告却下決定が憲法三二条に違反するとの論旨を前提を欠くとして排斥した事例
棄却
付審判請求事件の審理方式に不当な措置が認められるが、不公平な裁判をするおそれがあるとはされなかつた事例
棄却
単独体の受訴裁判所の裁判官が保釈請求却下決定を行なつた後、その事件が合議体で審理されることになり、その裁判官が合議体の構成員となつた場合と公平な裁判所
171 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in