裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
罪名
逃走
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
逃走の判決統計
0
0
1
41 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
留中である同年11月13日,看守者の隙をついて逃走した(逃走)という事案で...ていることや,被告人Bが捜査段階では(1)(2)の犯行についておおむね認め,逃走
死刑の量刑が維持された事例(大牟田の4名殺害等事件)
懲役7年
場に降り,更に同駐車場北西側出入口から同署敷地外に走り出て逃走した...7日に同署から逃走したものであるが,その逮捕及び処罰を免れる目的で,同...に来てほしい。 などとその情を打ち明けて逃走への便宜を図るように依頼し ,
上告を棄却
 なお、所論にかんがみ、職権により判断すると、刑法九八条のいわゆる加重逃走...罪のうち拘禁場又は械具の損壊によるものについては、逃走の手段としての損壊が...開始されたときには、逃走行為自体に着手した事実がなくとも、右加重逃走罪の実
一 拘禁場又は械具の損壊による加重逃走罪における実行の着手 二 拘禁場又は械具の損壊による加重逃走罪につき実行の着手があつたとされた事例
上告を棄却
き採るを得ず、同一四条違反の主張は本件加重逃走罪の動機となつたと主張する米...三六条違反の主張は本件加重逃走をして再び逮捕、拘禁されてからの同刑務支所内
控訴を棄却
 弁護人の控訴趣意及び被告人の控訴趣意中逃走罪に関する主張について。...のものと認めるのが相当である。論旨は、右施設は本来精神異常者の狂暴、逃走等...この拘禁状態を離脱した被告人の所為は刑法第九七条の未決の囚人が逃走したとき
鑑定留置と単純逃走罪の成否
控訴を棄却
 <要旨>(四) 逃走罪は公の拘禁作用を侵害する所為であるから、その主体は法...部を損壊して逃走を遂げた以上、同条所定の罪責を免れ得べきでない。なお同罪の
逮捕状の執行を受けた者と刑法第九八条にいう「勾引状ノ執行ヲ受ケタル者」
上告を棄却
 所論は憲法七六条三項違反をいうけれども、所謂被告人の本件犯行(単純逃走及
裁判長の認印を欠く公判調書の効力
破棄
 所論は被告人の原判示所為は単純逃走であつて、加重逃走でないと主張するので...錠を車外に投棄した上、列車窓から飛降り逃走し」と起訴状記載の公訴事実と同旨...も、被告人が右逃走に際し手錠等を損壊したと認むべき証左は存在せず、手錠(証
刑法第九八条にいう損壊の意義と同条の損壊にあたらない事例
破棄
記載の第二の事実につき単純逃走罪の既遂を認定しているが、原判決のあげている...際逃走しようと決意し右乙巡査の隙に乗じて突如右手に手錠をはめたまま同便所附...の姿を見失つたけれども、通行人等の指示により被告人の逃走径路を辿つて被告人
逃亡者の一時的所在不明と逃走罪
破棄
検事が量刑意見を述べない儘弁論を終結することは違法か
棄却
論既決の囚人逃走の場合に関し、刑法第九十七条が憲法に違反する旨の主張は到底
刑法第九七条の合憲性
控訴を棄却
より看守者E巡査の隙に乗じて逃走したものであるというにありその所為の単純逃
刑法第九七条にいう「未決ノ囚人」の意義
上告を棄却
するに難くないのである。判示第一の事実によれば被告人は逃走の目的を以て着衣
殺害行為自体により殺意を推認することの適否
上告を棄却
免れようとする衝動から逃走するのは、憲法が保障する自由を回復する行為ではな...る囚人の自己逃走を処罰するために設けられた前記刑法規定は公共の福祉を保持す
一 刑法第九八条、同法第一〇二条の合憲性 二 違憲審査権の限界(違憲の主張のない法令の違憲審査はできるか)
上告を棄却
破棄差戻又は移送後の第一審の訴訟手続にする刑訴法第二五六条第六項、第二九一条、第二九二条、第二九八条及び第三〇一条の適用の有無と憲法違反の主張
上告を棄却
逮捕後四七日目、勾留後四五日目、犯行後一六日目の自白と不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白
上告を棄却
 論旨は、詐欺窃盗の点につき事実誤認を、加重逃走の点につき量刑の不当を主張
上告を棄却
心神耗弱の主張を排斥した判決と、心神喪失の主張に對する判斷
上告を棄却
憲法違反と主張するも實質は刑訴違反の主張に過ぎない場合と刑訴法第四〇五條
破棄
一、 実況見分書の証拠調の方式 二、 有罪判決における法令の適用方
上告を棄却
終始犯行を自白し抑留又は拘禁との間に因果關係の存しないことが明らかな場合に右自白を採證することの可否
上告を棄却
横領として起訴された事實を裁判所が詐欺と認定したことの正否
上告を棄却
勾留の執行停止の申請に對する裁判の要否
死刑
所持禁止令第二条第一条に第三の加重逃走未遂の点は刑法第九八条第一〇二条第六...罪として処断することとなるので所定刑中死刑を選択し、これと加重逃走未遂の罪
一 憲法第三八條第二項、刑訴應急措置法第一〇條第二項の不當に長い抑留又は拘禁の意義と公判廷における自白 二 住居侵入の所爲を罰する趣旨であること明かな場合でありながらその適用法條を明示しない判決の違法と舊刑訴法第四四八條の二同第四五〇條に該らぬ場合
上告を棄却
情状論と心神耗弱の主張の有無
41 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in