裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
罪名
騒擾
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
騒擾の判決統計
0
0
0
25 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
 上告趣意一は、単なる法令違反の主張であり、同二は、刑法一〇六条の騒擾罪の...なる法令違反の主張であり、同第二は、憲法三一条、二一条違反をいうが、騒擾罪...して同一の共同意思によるものと認められるから包括して一個の騒擾罪が成立する
一 現場写真の証拠能力 二 複数の集団による暴行脅迫と騒擾罪における共同意思 三 騒擾罪にいわゆる「一地方」における公共の平和静謐に対する侵害の有無の判断基準
破棄
 三 騒擾罪の成否に関する事実誤認、法令違反の各論旨について... 5 騒擾の始期及び終期の認定に関する法令違反の論旨について... 四 被告人Sの騒擾指揮に関する事実誤認、法令違反の論旨について
一 複数の集団による暴行・脅迫と騒擾罪における共同意思 二 騒擾罪における共同意思と故意との関係 三 騒擾罪の成立が認められた事例
上告を棄却
そこで、本件の審理経過を記録によつてみると、被告人は、いわゆる大須騒擾等...被告事件に関連して、騒擾の率先助勢の罪により昭和二七年七月二九日に起訴され、...は、被告人Aを含む合計一五〇名の被告人らに対する同騒擾等被告事件が刑事第一
憲法三七条一項の迅速な裁判の保障条項に反する異常な事態が生じていないものとされた事例
上告を棄却
な認識がなく、かつ、騒擾に加担する意思のなかつた被告人らについて騒擾罪の成...しかし、所論引用の判例は、騒擾罪の成立に必要な共同意思について、...を予見しながら、あえて、騒擾行為に加担する意思があれば足りる。
一 騒擾罪の成立に必要な共同意思の要件 二 騒擾罪の成立に必要な共同意思が認められるとされた事例 三 騒擾の率先助勢の成立要件 四 騒擾の率先助勢が成立するとされた事例 五 憲法三七条一項の迅速な裁判の保障条項に反する異常な事態が生じていないものとされた事例
     3 本件公訴事実中、被告人A59に対する騒擾指揮の点、回A28、...同A45、同A64、同A65、同A62、同A63に対する各騒擾助勢の点につ... 二 同、刑法一〇六条の騒擾罪の規定は、そこにいう「多衆」も、「暴行、脅
一、 刑法一〇六条の規定と憲法三一条 二、 近接した日時場所において構成員を異にする多数の者がそれぞれした暴行脅迫を包括して一個の騒擾罪を構成するものと評価するための要件 三、 多数の者が集合して暴行脅迫をした場合各個人について騒擾罪の罪責を認めるための要件 四、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」に集団の解散措置を含むか 五、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」として集団を解散させるための要件を備えたものと認められなかつた事例 六、 多衆の者のした暴行脅迫がいまだ一地方の静ひつを害するに足りる程度に達していたものと認められないとして騒擾罪の成立が否定れた事例 七、 刑法一〇六条二号の率先助勢の罪が成立する時期 八、 少年が少年調査官にした供述調書の証拠能力
上告を棄却
するに、刑法一〇六条の騒擾罪の規定は、支配階級の利益を守るために、被支配階...いことは、すでに、しばしば判示したところであり、また、刑法一〇六条の騒擾罪...「多衆聚合シテ暴行又ハ脅迫ヲ為シタル者ハ騒擾ノ罪卜為シ左ノ区別ニ従テ処断
一 騒擾罪の成立と共同意思 二 騒擾罪における多衆の意義 三 右共同意思の意義 四 騒擾罪における暴行の意義 五 騒擾罪と他の罪名に触れる暴行脅迫 六 騒擾罪における暴行又は脅迫と認められる場合 七 右罪における共同意思の内容
上告を棄却
とができる。そして騒擾罪は多衆が集合して暴行脅迫をすることによつて成立しそ...の地方の静謐を害することを要件とするものではないから、騒擾罪にあたる事実を
上告を棄却
とができる。そして騒擾罪は多衆が集合して暴行脅迫をすることによつて成立しそ...の地方の静謐を害することを要件とするものではないから、騒擾罪にあたる事実を
上告を棄却
とができる。そして騒擾罪は多衆が集合して暴行脅迫をすることによつて成立しそ...の地方の静謐を害することを要件とするものではないから、騒擾罪にあたる事実を
上告を棄却
とができる。そして騒擾罪は多衆が集合して暴行脅迫をすることによつて成立しそ...の地方の静謐を害することを要件とするものではないから、騒擾罪にあたる事実を
一 騒擾罪の成立要件 二 訴訟費用の裁判に対する不服申立
上告を棄却
告人等がそれぞれ、所論の「指揮ヲ司ル」行為及び「広ク衆ニ抽ンデテ特ニ」騒擾の勢を増大するに適する行為をなしたものであることが窺われるのであつて、事実
上告を棄却
て特に騒擾の勢を増大する行為」に当る行為をしたものであることが窺われるので
上告を棄却
認するに難くない。又騒擾罪にあたる事実を判示するには多衆が聚合して暴行又は
上告を棄却
認するに難くない。又騒擾罪にあたる事実を判示するには多衆が聚合して暴行又は
上告を棄却
 騒擾罪にあたる事実を判示するには、多衆が集合して暴力または脅迫の行為をし...号同二八年五月二一日第一小法廷判決、集七巻五号一〇五三頁)、騒擾罪は多数聚
一 騒擾罪の成立と地方の静謐との関係 二 訴訟費用の裁判に対する不服申立
棄却
 被告人B外三一名に対する騒擾助勢等被告事件記録中の同裁判所刑事第一一部昭
法廷秩序維持のためにした裁判長の退去命令と裁判公開の原則
破棄
地方の静謐又は公共の平和を害する危険性を包蔵するものと認めたが故に騒擾の罪...るものであつても騒擾罪の成立に影響を及ぼすものでないことも多言を要しない。)... をしたものであるから、本件被告人等の所為が騒擾罪にあたること明らかである。
一 騒擾罪の成立には多衆の暴行脅迫が群集の暴動に発展し社会の治安を動揺せしめる危険または社会の治安に不安動揺を生ぜしめた事実を必要とするか 二 刑法第一〇六条にいわゆる「多衆」の意義 三 騒擾罪にあたる殺傷行為が特定の一個人に対するものである場合と騒擾罪の成否 四 騒擾罪の首魁の意義 五 騒擾罪の判示方法 六 不利益変更にあたる一事例
棄却
告人A等に対する騒擾等(被告人B同Cに対しては銃砲等所持禁止令違反)被告事
警察署検察庁等との年末恒例の宴席に出席した裁判官の裁判と公平な裁判所の裁判
上告を棄却
巡査の作成した報告書の内容には関係なしに、他の目的でした証人訊問申請と刑訴応急措置法第一二条第一項
上告を棄却
或は扉を閉して警戒に当らしめた程の騒擾行為をなしたものであるが、その際被告...共に、右騒擾行為に附和随行したものである。」というのである。そしてこの原審...る。又原判決に、本件騒擾行為の首魁或は指揮者又は卒先助勢者が何人であるかを
一 官公署の廳舎に正常な用務を帶びずしかも警察職員の制止を排して押入つた者の罪責 二 騒擾行爲の附和随行者として處罰するに當り首魁、指揮者又は率先助勢者の氏名を判示することの要否
25 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in